2011年12月19日

放射能

「放射性物質=うんこ」
「放射線=うんこの臭い」
「放射能=うんこの臭い発生能力」
「圧力減らす蒸気放出=おなら」
「蒸気の放射線=おならのにおい」
「放射性物質漏れ=うんこ放出」
「セシウム検出=おならでちょっともれた」
「燃料棒溶融=下痢ってしまりがない」
「炉心溶融=内臓ごとうんこ大放出」

益戸育江(高樹沙耶)

posted by 現実主義 at 09:34| 環境問題・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ロケット

■スペースシャトルって 地球上では自力で飛行できないから、アメリカの基地と基地とを移動する時はジャンボ旅客機みたいなのに乗っかって運ばれるんだね
テレビで初めて見た時、飛行機の上に飛行機が乗って飛んでる姿にビックリしたw

>>NASAが2機保有してるシャトル輸送機の片方は、もとは日本航空が国内線で使ってたボーイング747SRなんだよ。

■鹿児島県の種子島に住んでいます。
ロケットの打ち上げの時は、打ち上げを見に行ってから通勤通学する人も多く、この時ばかりは渋滞します。

ロケットエンジンの音は、なんせ縦長(南北52キロ、車で2時間以上)の島なので、逆がわの西之表市では聞こえません。
しかし夜の打ち上げだと、打ち上げの時鹿児島市内でも、打ち上げの光が見えることがあるようです。

夜のロケット打ち上げでは、星空から一瞬で昼のような青空が見えました。
定期的な打ち上げも予定されているようですし、ぜひ目の覚めるような光景ですので見学にこられてください。
宇宙センターでは見学バスが無料です。

仕事・・・そういえばロケット関連の技術屋さんなどの方も多いと思います。
常時数100人いらっしゃるとか。
管制はすべて筑波のほうでしているようですが、ロケット搬入は港から宇宙センターまでそのために整備された道があり、広いです。
通常夜間に行われ、信号機が搬入のためだけに、手動で歩道側にたためます。

打ち上げの日は直前まで非公開ですが、種子島空港、および高速船の予約が、一気に満席になっている
・・・そんな日があれば打ち上げの予定があるのかもしれないという話です。
(関係者の方の情報は、一般よりも早いため)
打ち上げの見学できる公園では、打ち上げの時記念のピンズが配られます。
先日は、雲が一定量を超えたため30分前に延期になりましたが、(あかつきやきぼうとかかれたそのときのバッジ)は配られ、延期後の打ち上げでは配られなかったそうです。

>>たためる信号機は工場地帯にもあるよ
主に深夜、2車線使う巨大なトレーラーがたまに通る

>>そうそう。
大きなものを運ぶ時って、保険屋さんに連絡して保険かけて、役所に届け出て運ぶんだよね。
大きな物を運べる道路ってルートが限られてるから、そういう道路は信号が畳めるようになってる。

>>種子島のロケット輸送は、テレビでやってた。
山道のS字カーブだと、トレーラーの先頭部分が道を走って、
ロケット本体は、谷の上を通して$みたいになってた。
(Sが道で、$の棒がロケット)

■H-Iロケットの打ち上げの際、一瞬爆炎が広がってそれが吸い込まれるように消えていくシーンがあるんですが、あれがなんだかわかる人いますか?

>>始動シーケンス中に捨てられた未燃焼のケロシンに一気に火がついて燃焼
低気圧になったところに吸い込まれていった・・・
という感じじゃないの?
車でいうところのバックファイヤみたいなものかと

■固体ロケットと液体ロケットって打ち上げ見てて違い分かる?
炎の色が違うとか、音が違うとか

>>固体ロケットは噴煙がすごい
液体ロケットは噴煙なし
H-IIAのメインエンジンは液体ロケット(LE-7A)だけど、横の固体ロケットブースターから噴煙が出る
スペースシャトルもメインエンジンは液体ロケット(SSME)で、やはり横の固体ロケットブースターから噴煙が出るよ

宇宙2
銀河英雄伝説

posted by 現実主義 at 19:00 | TrackBack(0) | 環境問題・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

宇宙2

■そもそもなんで宇宙が存在するんだよ
考えただけでも恐ろしいわ

■ビックバンが起こる前は何があったの?

>>宇宙の始まりは時間のはじまりでしょ?
時間が生まれる過去になにがあったかっていうのは、北極点の北はどこ?
というのと一緒じゃないかな。。

■正確に言うとビッグバンは宇宙の最初の現象ではないんだ。
ごく短い時間の間に、無からの誕生 → インフレーション → ビッグバンの順に起きたとされてる。
つまりビッグバンは爆発ではなくそのときの宇宙の状態のこと。

■宇宙の誕生と共に時間が生まれたとかウソですよね?
発想が都合良すぎです

>>宇宙の誕生と共に時間が生まれたかどうかについては科学者の中でも議論が分かれている。
つまりハッキリしたことはわかってない。

■ビッグバンモデル以来、宇宙論に再び宗教が乗り込んでくるようになってしまった
永遠普遍の宇宙というのも変だしな…かと言って誰かが故意的に作った訳でもあるまい

>>再びというか、いつだって宗教屋はいちゃもん付けてくるよ。

「神が○○を作ったのだ」

「いや○○は××から出来たって証明されたぜ」

「じゃあ神は××を作ったのだ」

これが永遠に繰り返されるだけ。

■しかしよくまぁビッグバンから宇宙の全質量が生まれたねぇ。
何億トンとかいうレベルじゃないよね?
そこがわからん。

■ビッグバン論では元々針の先くらいの大きさの中に 今の宇宙を作る全てのものが詰まってたらしい
んなあほな

>>たとえば半径1cmのブラックホールがあるとするとその質量は地球よりちょっと重いぐらい。
しかもこの半径も事象の地平面の半径だから物質としてはもっと凝縮されてるはず。
こんな信じられないようなものも実際に存在するわけだ。

■ビッグバンとは核融合の燃焼とは関係無いですか?

>>ビッグバンが原因で核融合は起きている。
ビッグバンの原因として核融合は考えられない

■ホーキング博士の説によると、宇宙は極限まで膨張したら逆に収縮し、その際に時間も逆転するといってますが
そうなるとお墓から死体が出てきて蘇り、老人から若者そして幼児になって母の体内に戻るらしいですが これは本当ですか?
どうも僕には信じられません。

>>ホーキングは確かに以前、宇宙が収縮に転じたら時間も逆転すると言っていたが
だいぶ前に「ありゃ間違えだった。何言ってたんだろうな俺」って撤回してる

■地球のこともわからないのに
ましてや宇宙のことなどわからないやねー

宇宙

posted by 現実主義 at 08:08 | TrackBack(0) | 環境問題・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。