2013年04月20日

交通事故2

■国道をノリノリで熱唱しながらドライブ、赤信号で停車中。
その時、前の軽自動車が急バックして俺の車と衝突。
俺は車道の端へ車を寄せフロント部分を見ていた。
軽自動車の運転席から出てくる男。
18〜20くらい、上下ジャージ、金髪プリンの見た目DQN。
ヘラヘラしながら近づいて来て「すいませんw俺の知り合い板金やってるんでそこに頼んだら完璧に直せるっす」
俺「これ国産じゃないからディーラーに出すけど、とりあえず警察呼ぼうか」
DQN「いやいやいや、まじ警察勘弁っす。マジ知り合い完璧に治せるんすよ」
俺は無言で携帯から警察へかけようとすると、そのDQNは俺の携帯を取り上げ
DQN「いやいやいや。マジで。マジで。なんなんすか自分マジで。」と、俺の車のフロントガラスを叩いた。
ちょっとムカついたが我慢。
この我慢は後で分かるが俺からすると必然的なものだった。
DQNも相当イラついている様子。
しかし、ちょっとそこはムキになって携帯を取り返し、改めて話を聞いた。
DQN「あれ女の車なんすよ。せめて女が運転してたって事にしてくないっすか」
俺「アホかw彼女も今乗ってんの?彼女になすりつけるとか最低やなw」
DQN「マジ頼みますって。俺今、免停中なんすよ」
俺「知らんわw保険とかおりないじゃん。大丈夫かこれ。払える?」
DQN「は?ゆすってんすか?俺○○組の幹部知ってるんすよ」
俺「www」
助手席からDQNの彼女が降りて来たところで、俺は警察へ電話。
↑ここまでのやりとりは全て俺のドライブレコーダーで音声付で残っており、警察2人・俺・DQNの4人でそれを見ていた時、DQNは泣いていた。
また、その彼女は無免許で、その軽自動車は彼女は姉のものだった。
ドライブレコーダーを付けて3年目、初めて付けてて良かったと思った。

ただ検証の為に繰り返し再生される度に俺の熱唱からスタートするという辱めも受けた。

交通事故
恥ずかしい話34

posted by 現実主義 at 12:00| 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

露出狂3

■うちの地域ではショートパンツを横からマジックテープで開くように改造していたプロの露出狂がいた

■寒くなると露出魔激減するよな

>>意外と根性ないよな

■高校のときに下半身裸でチャリこいでるオッサンいたわ

>>痛そうなんだがww

■露出狂って別に悪くないよな?
具体的な被害者がいる訳でもないし、様々なファッションがある中、服を着ない事をアイデンティティと考える考え方も、まあ一理あると思う。

>>満員電車の中に全裸のBBAがいたらどう思うよ

>>人間裸で産まれてくるのに裸でいちゃいけない、ってのは確かにちょっとおかしい気はする

■昨日の夜に露出変態に遭遇した。
道尋ねられて教えてあげたら「お礼にキ○タマ蹴らせてあげる」って 上着捲くってチ○コ見せてきた…
ちなみに、かなり小ぶりな包茎チンだったw

■常に鏡で後ろを確認しながら歩いていたら、正面に露出狂が居た
「後ろから来いよ!!!」と叫んだら、驚いた顔して逃げてた
でも実際後ろから来られて、鏡に映っていたらあんな風に叫べなかったと思う…
叫ぶことが出来るかどうかって結構重要だよ…

■私も女子高で、雨上がりに全裸かMAXイチモツを出した男がいつも教室の窓辺に立つって事が在学中ずっと続いたよ
でも大抵は無視か「小指姫」とか「親指爺」と呼ばれ 興味の無い珍獣扱いだったけど、その中で変態行為を続けたあいつは本物の変態かもな
さすがに飽きたのか、何年か後に自転車で女子高生追っかけて
興奮したのか 自転車のハンドルに下げた傘が車輪に入っちゃって 勝手に転倒して大怪我してから出る事は無くなったみたいだけど

■昔、学校の近くに放課後になると「和銅開チン!!」と言いながら粗末な物を出す変質者がいた。
皆見て見ぬふりしてたんだけど、1ヶ月近く居たためキレた友人が「寛エイ通報!!」とデカイ石を投げ警察に電話した。
変質者は捕まったが、友人のあだ名が「岡っ引き」になった。

■【社会】捜査中、女性に見えるようにズボンのチャックを下ろし、下半身を露出…男性巡査長、懲戒処分後に依願退職・大阪
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351763125/

>>はみだし刑事露出系

>>ボス「よし、今日からお前のニックネームはノーパンだ」

>>警察官なんて制服着てた方がモテると思うんだけどなー
制服姿で落としてからいくらでもパンツ脱げばいいのに

>>モテたいから露出したわけではないとマジレス

>>モテてあわよくば付き合うとかそれ以上を期待するんじゃなくて 純粋に間柄は他人のままで局部を見てほしかったのか。
なんか理解できん。

>>チ○コをさらけ出したときの、あの万能感というか無敵感はなんなんだろうな。
ただ「チ○コを露出させている」だけなのに、ものすごく自分がグレイトな気分になる。
不思議だ。

だそうだ。
変態さんの心理は良くわからんw

>>ちょっと気持ちがわかる気がする
プールにパンツ忘れて行ってノーパンで帰ったとき、変な人に因縁つけられたり スーパーのレジが感じ悪かったりしたとき、「フン、アンタ知らないだろうけど私今パンツはいてないんだから」と、なぜが変な優越感が湧いた

>>変態にもきっと色々いるだろうね。
母親が「露出狂は騒げば喜ぶから無視が一番」ってよく言ってたけど、無視が快感って輩もいるんだろうな。

>>いきなり鞄からハーモニカ出して吹き出したり、相撲甚句独唱したら 変態は萎えるかな?それとも興奮するかな?
実験してみたいですw

■【千葉】「性的欲求があり、驚く顔が見たかった」 51歳女性コンビニ店員に向け下半身露出 26歳男を逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130221-00000514-san-soci

>>驚かせたいんだったら、51でなくても良かったんじゃない?

>>51歳にしてみたら、ち○こなんて驚く対象ではないw

>>51歳のババアもリアクションに困っただろうな
まるっきり驚かないのも失礼だし、
キャーとか叫んでカマトトぶるのも怒りを買うだろうし
ありがとうございましたと礼を言うのも変質者をバカにしてるみたいだし、どうしたらいいのか

>>「温めますか?」と聞いてみる。

>>「貴女に温めてほしい」って言われるかも

>>コンビニだからお湯あるじゃん。

>>かけるのかw

■600 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2013/04/11(木) 22:14:49.51 ID:GaCvnwTW
高校の帰り道 友達と楽しく歩いてたら、ビルの陰からよく見るAA(精○飛び出してる奴)みたいな変質者に遭遇した。
茶色いコート着てておもむろにパッて前開けたと思ったらすっ裸。
それ見て叫びながら逃げる友達。
ムスコを可愛がりながら友達を追う変質者。
まさかの出来事に笑いながら変質者(と友達)を追う私。
私が追いかけたからかな?変質者は途中で慌ててまたビルの陰に逃げていった。
友達を落ち着かせて警察に通報、捕まったかどうかは知らないけど、可愛い子って大変だなって再確認した出来事でした。

>>600読んでなんか心のノートが開いた
中学生の頃、仲の良い人たちと集団で帰ってたんだけど、歩き去った背後で「うおりゃあああああ!」って声が聞こえて、振り返ったらハサミを逆手に握った、明らかにやばい目つきの男がいた。
みんないっせいに叫んで走り出したんだけど、そこは両方に家々が続く一本道。
しかも、その男の足の速さ。
男は後方の友達を抜き去り、さらに加速して先頭にいた私達めがけて走ってきた。
私達は声にならない悲鳴を上げながら、精一杯走ったけど、なぜか男が追いつき並走。
そしてバトンのようにさわやかにハサミを私に渡し、駆け抜けていった。
あれから20年経つけど、未だにさっぱりわからん

露出狂2
貨幣

posted by 現実主義 at 12:00| 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

オレオレ詐欺

■550 : 卵の名無しさん[sage] : 投稿日:2013/01/07 20:40:44 ID:HIQOim2p0
先日12月25日なんですが、うちの母が、「オレオレ詐欺」の被害にあいました。
被害にあった本人の許可ももらったので、被害状況を完全公開させていただきますが、「200万円」きっちり持っていかれました。
本当は、こんなお恥ずかしい親族の話は、そのまま闇に葬り去りたいところがあるんですが、詐欺の全貌を聞いたところ、「これは、できるだけ多くの人が知るべき情報じゃないか」と、判断したこともあり、思い切って書かせて頂くことにしました。

「うちの親は、絶対に大丈夫だよ」
そう思った人もいると思いますが、そう思った人ほど、これを読んでもらいたいと思います。
うちの母親は、ごく普通の70歳のおばあさんで、特に物忘れが多いとか、ボケているわけでもありません。
むしろ、物事には慎重な方ですし、過去にもオレオレ詐欺の電話が2回ほどかかってきいても、すぐに察して、無視して電話を切っています。
だから、僕自身も「うちの親は大丈夫だ」と、ずっと思っていました。
でも、今思えば、最大のミスがここにあったと思います。

25日・午後3時。
実家に1本の電話が入る。
「あ、お母さん、俺だけど」
「どうしたの?」
「電車の中に鞄忘れちゃってさ」
「あら! それは大変!」
「だから今、取引先の携帯借りて電話しているんだよ」
※この時点で、自分の息子(私の兄)と疑う前に「鞄を忘れた」というエピソードに意識が向いてしまう。
しかも、かかってきた電話が取引先からの電話で「非通知」という事情にも、納得してしまう。
「で、俺、今、携帯ないからさ。もし、忘れ物の連絡が家にかかってきたら、対応してくれない?」
「はいはい、わかりました」
※ここで電話は切れる。

そして、10分後、今度は東京駅の拾得物担当から母に電話が入る。
「えー、東京駅の拾得物担当のものですけども」
「はいはい」
「先ほど、鞄が東京駅で見つかりました」
「それは良かった!」
「で、一応、私の手元に免許証があります。まずは本人のものかどうか確認するために、名前と住所を確認させてください」
「わかりました」
「では、まず息子さんのお名前は?」
「竹内●●です」(兄の名前)
「住所は?」
「●●●です」
「一応、名刺もありますので、会社名も聞かせてください」
「はい。●●会社に勤めています」
「わかりました。これは確かにあなたの息子さんのものですね。
では、本人と連絡が取れましたら、東京駅の拾得物の引き取り所まで取りに来るよう伝えてください」
※この時点で、すべて兄の情報を詐欺の相手に母親が伝えることになる。

そして、さらに10分後。
再び兄の名前を語る者から連絡が入る。
「もしもし、駅から連絡あった?」
「あったあった。今、あったよ。東京駅から」
「おー、良かった! 助かったよ。ありがとう! 今から取りに行くよ」
※また、電話が切れる。

そして、さらに10分後。
再びニセ兄から電話が実家に入る。
「お母さん……やばいことになったよ」
「どうしたの?」
「鞄の中を確認したらさ、取引先に渡す予定だった小切手だけが抜き取られているんだよ」
「ええぇ!」
「まずいなぁ……今月中に振り込まなきゃいけないお金なんだよ」
「あらぁら!」
「俺のお金を引き出したいんだけど、ほら、さっき鞄を電車の中に忘れた時に、財布も入っていたから、
銀行の口座、全部ストップしちゃったからお金引き出せないんだよ」
「それは困ったわね」
「これがバレたら、俺、会社でちょっとヤバい立場になるんだよ」
「わ、わ、どうしましょう」
「母さん、本当に申し訳ないんだけど……1日だけお金貸してくれるかな?」
「ええ、少しだけならいいわよ」
「少しだけって、どのくらい?」
「どのくらいって、急に言われても……」
「100万円とか、200万円とか、無理?」
「んー、そのくらならなんとか」
「分かった。じゃあ相談してみるから、ちょっと待ってて」
※一度電話が切れて、5分後再びかかってくる。

「母さん、本当にごめん! じゃあ、200万円頼むよ。明日、銀行の口座が動かせるようになったら、すぐ返すからさ」
「わかったわ」
「じゃあ、すぐに取りに行くからさ。用意しておいて」

※そして、また10分後、電話が再びかかってくる。
「ごめん! 急に会議が入って抜け出せなくなった。会社の後輩が取りに行くから、そいつに渡してくれる?」
「わかったわ」
「ただ、小切手をなくしたことは会社で内緒だからさ。後輩は『書類をください』っていうから、そいつに『書類です』といって、封筒にお金を入れて渡してくれよ」
「うん、わかった」

※そして、待ち合わせの近所のスーパーに行くと、サラリーマン風の20代の男が待っている。
「後輩の●●です。はじめまして。書類を受け取りにきました」
「はい、これ」
「確かに受け取りました。では」
※そして、男はテクテクと歩いて駅に向かって消えていった……。
と、こんな感じで、200万円が「あっ」という間に持っていかれました。

その後、兄から連絡がないことがおかしいと思った母は、兄の携帯に「お金は受け取りましたか?」というメールを入れると、兄が「なんのこと?」ということで事件が発覚。
その後、警察に届けを出して、竹内家の実家は葬式のように暗い年末を迎えるようになりました……。

最初に断っておきますが、私の実家はごくごく普通の家庭で、決して裕福なほうではありません。
当然、200万円は大金です。
おそらく、母親が万が一のためにコツコツ貯めたお金で、老後の「いざ」という時のために、とっていた虎の子の貯金だと思います。
それが、自分の息子を守ろうとした善意を利用されて、まんまと騙されたわけですから、おそらく、そのショックは計り知れないものがあります。
しかも、この年末です。
「孫にお年玉もあげられない」
そう言って、母はずっと泣きじゃくってました。
さぞかし、悔しかったと思います。
特に、こんな詐欺の手口に自分が引っかかってしまったことに、そうとう、情けなくなってしまったんだと思います。

で、ここでちょっと冷静に事件を振り返ってみたいと思いますが……。
まず、私が母親と警察から手口を初めて聞いた時、率直な感想としては「すげぇ」の一言でした。
本当によくできている「仕掛け」だと思いました。
ちょっと文章で書いてしまうと、安っぽいベタな詐欺商法としか伝わらないのが悔しいんですが、
最初の電話の内容から、最後のお金の受け取りまでの流れは、すべて辻褄があっているし、ストーリーとしては、非常によくできていると思いました。
まさに「臨場感」抜群の演出です。
オレオレ詐欺にあった被害者の家族が言う言葉ではありませんが、人から金を騙し取る仕掛けが、よく研究されています。
おそらく、この一連の流れを完成させるために、たくさんの失敗をして、たくさんの仲間が捕まり、それでも懲りずに試行錯誤を繰り返して、それで行き着いた、いわば「究極のオレオレ詐欺」であることは、
やはりここで認めざるを得ません。

それともうひとつ。
10分おきに電話がかかってくるところも巧妙だと思いました。
相手に「おかしい」と考えさせる隙を与えません。
ずっと緊張感を保たせるために、たえずストーリーを転がせるのは、1回や2回の練習では、演技をし続けるのは難しいと思います。

ここが一番、私の認識の甘かったところなんですが、「オレオレ詐欺」をやっている奴らは、バカじゃないっていうことです。
いかに、確実に相手から金をだまし取るかということを突き詰めて、さらに、時代にあわせて、次から次へと「騙し方」というビジネスモデルを進化させていくというのは、決して頭の悪い人たちではできない芸当だと思いました。

「オレオレ詐欺なんてやる奴はバカだ」と、今まで事件の概要だけを捕らえて、感情だけで決めつけていましたが、その甘い考えが、逆に「私はこんなバカに騙されない」という隙を作ってしまい、結果、そこをつつかれた……というのが、おそらく、今回の一番の敗因のような気がします。
本当に考えれば、考えるほど、腹が立つぐらい、この詐欺システムはよくできています。
例えば、最後の「書類」といってお金を受け取るシーンも、冷静に考えれば凄いですよね。
だって、ここは一番捕まる可能性が高い危険なポジションなんですが、もし、仮にここで捕まったとしても、そいつはおそらく、
「僕は知らない人に頼まれて、書類を受け取るようにと言われただけです」という言い訳ができるので、見事にトカゲのしっぽ切りができるようになります。
(本当に、そこらへんに歩いている奴を1万円ぐらいで雇った可能性もあるし)

あと、これは警察から聞いたんですが、どうやらオレオレ詐欺の集団は、地元の卒業アルバムとか見ながら電話をかけているそうなんですね。
『昭和30年〜50年』ぐらいに生まれた『男性』に的を絞って、電話をかけまくれば、少なくとも「“オレ”と名乗って不自然じゃない相手」の家に対して「年老いた親」が電話に出る確率が高いわけですからね。
がむしゃらに、あてずっぽうに電話をかけていたら、いつまでたっても「騙しやすい相手」にたどり着くことができません。
でも、リストを絞り込めば、最少人数で、効率よくテレアポができるわけですから、このオレオレ詐欺のリーダー格の人は「顧客リスト」の重要性を非常によく理解している人だと思います。
さらに、こんな最悪なビジネスモデルをやっている「スタッフ」に対して、高いモチベーションを維持させている仕組みも凄いと思いました。

おそらく、どうしようもないクズ人間ばかり集めているのにも関わらず、そいつらを教育させて、警察に捕まるリスクまで背負わせて、それでも、このような非社会的なビジネスをやらせ続けられる、
このマインドコントロールの方法は、ある程度、社会人経験のある人でなければ、構築できないとも思いました。

まぁ、この「人を騙してお金を奪う」という詐欺のビジネスは、スリル感もあるので、それが病みつきになっているところもあると思いますし、
あと、簡単に100万、200万が手に入ってしまう“うまさ”を覚えてしまうと、なかなか人間、その犯罪のようなビジネスを辞めることができないんですけどね……。

で、これはネットに出ていた情報なんですが、母親に対して、マメに連絡を取っている家のほうがオレオレ詐欺にひっかかりやすいそうです。
なぜならば、家に電話がかかってきても不自然じゃないし、そういう家のほうが家族の結束が堅いので、逆にすぐに情報を信じてしまって、引っかかりやすいらしいんですね。
あと、オレオレ詐欺の被害にあった8割ぐらいの人が、「自分は引っかからないと思っていた」という自信のあった人たちらしいです。

今回の事件を教訓に、我々が防御策としてやるべきことは、オレオレ詐欺に対して、認識を大きく変えることです。
彼らは、「プロ」の詐欺師なんです。
警察に捕まるリスクを背負っているわけですから、相当の覚悟で、このオレオレ詐欺をやっていると思います。
むしろ、僕らが「商売」をやっている感覚よりも、もっともっと命をかけて、もっともっと真剣にやっている可能性もあるから、逆を考えれば、こんなプロの手にかかってしまったら、素人のおばあさんなんか、一発で騙されるわけです。
おそらく、この振り込め詐欺が、今もなお、社会からなくならないのは、警察に捕まる確率がそれなりに低くて、それでいて、確実に金が取れる詐欺だから、世の中から消滅しないんだと思います。
被害者も、それなりに「しっかりした人」の可能性が高いので、それを考えたら、プライドもあって、被害届けも出していない可能性もありますよね。
そう考えると、世の中のもっとたくさんの人が、この「オレオレ詐欺」に引っかかっていることが考えられます。

「いやいや、お母さんがちょっとオマヌケなだけなんだよ」
おそらく、そう思っている人もいると思います。
事実、私もテレビでオレオレ詐欺の被害にあった人のニュースを見て、「わー、バカな人もいるもんだ」と思っていました。
でも、実際に今回、自分の母親が被害にあって、自分がその一連の詐欺の流れを聞いて、「こりゃ、ひっかかるよ」と思ったところがあります。

もちろん、自分の母親だから贔屓目に見ているところはあると思いますが、それでも、同じような手口で、引っかかってしまう人が後をたたない現状を考えれば、やはり、多くの人が、オレオレ詐欺に対して、「あいつらは、プロの詐欺集団である」という、認識を持たなければ、いつまでたっても、この被害はなくならないんだと思います。
だから、みなさんも実家に帰ったら、ぜひ、このエピソードを両親に伝えてください。
「こんなバカな詐欺に引っかかっちゃう人がいてさ」っていう、笑い話でも構いません。
正月、実家でそのような話をして、少しでも、その人の記憶に残って、被害が少なくなることが、唯一の、今の悲しみにくれる母親の心の救いにはなると思います。

詐欺師
夫に騙された!

posted by 現実主義 at 19:00| 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。