2011年12月29日

図々しい話3

■弱いもの小さいもの障害者病人は大切に守られて当然って風潮
駅員に運んでもらった車いすのおっさんとその付き添いが
「(運んでもらうのは)当然のことなのでお礼は言わない運動をしています」とか言ってるの見て 階段から突き落としたくなった

■ここ3年は連絡取ってない元彼氏(A)からいきなりメールが来た。
就職を機に有名観光地のあるとこからそれなりに近いところに引っ越したことを聞きつけてか、
「昔は泊めたから、今度は逆に泊めてほしい」という内容だった。
彼氏でもない男性泊めるとかありえないので「お断りだ」と返信。
これを機に着信拒否。
そしたら知らないアドレスからメールが来た。
差出人はAの嫁。
内容は「泊めてほしい。A夫婦が遊んでるあいだ子供の面倒見てほしい」ということ
何もかもお断りとさっくり断ったつもりでしたが、返信が斜め上で返ってきました。
「家に泊めるのが嫌なら、ホテルをとってくれてもいい。
費用はあなた(私)持ちで。
当然子供は預かって。
あなたとAが付き合ってたせいで恋人になれるのが遅く、授かり婚で新婚らしい時間が少なかった。
あなたは罪滅ぼしをするべき。
Aは奨学金も返さなきゃいけないし、子供にお金もかかるのに、あなたはボーナスもらったり海外旅行行ったりして不公平。
クリスマスの日程で行くから、用意をしておいて。
チケットかっておいて」

■職場で知り合った同僚(女性)。
彼女が辞めてからも、付き合いはあった。
こないだ突然、金貸してくれと言われた(数百万!)。
私自身も、結婚して1年未満で、相手の鬱病が原因で離婚前提に別居してしまっていて、お金を貸してる場合ではない。
彼女曰く、「あなたの離婚は自己責任だけど、私の破産は私の責任ではない!」とのこと。
え?彼女の自宅のローンなのに??
もう、ビックリクリクリクリックリ!!
もちろん、その後、無視してるけど。

>>落ち着け

■某スーパーでパートしてます。
この間梨を一個買った子連れおばさん。
レジ袋に入れて渡したら「割り箸をつけてくれ」と言われた。
上が事なかれ主義なので、買ったものに箸を使って食べるようなものが無くっても 1,2膳くらいならお渡ししろと言われてるので、一膳入れて渡そうとしたら、
「12膳欲しいんだけど」とイライラした口調で言われた。
連れてる幼稚園児くらいのこどもは無表情。
母親の服の裾を掴んで俯いたまま。
どうするかなー、あげちゃうかそれとも…と一瞬考えたら 後ろに並んでたおじさん(常連の人)がいきなり、
「梨食うのに割り箸なんか使わんだろ!
12膳も貰うってことは、12人で一個の梨をつまむってのか!
面白い人だ!
わはは」
と周りに聞こえる音量で言った。
それを聞いた母親、顔を真っ赤にして箸で梨食べるのは普通だとかぶつぶついいながら子ども引き摺って帰っていった。
おじさんは「面白い人だなー、結局貰わんで行っちゃったな!」と笑いながら 焼き鳥のかわ数本とビールを買ってご機嫌に帰ってった。
おじさんありがとう

■先日子供のスイミングの親子遠足でTDLに行った。
0泊3日(夜出発and帰宅)で保護者同伴が条件。
うちは小6の男の子が参加で私が同伴する事にした。
そしたらAママからメールが着て
「私その日用事があって同伴出来ないし、旦那も無理。誰かうちの姫の保護者やってくれない?」ってメールが一括送信されてきた(しかもtoで)
無視してたけど電話が掛って来たから出たら
「何とか頼めない?
ホテル泊まる訳では無いし、私さんの子は男の子だからTDL内でほっといても大丈夫でしょ?
それに他の子の親と一緒に行動すれば負担も軽減されるし。」等々自分のワガママぶり全開だった。
私が「それって参加条件に反してるよ。」って忠告しても「1人に1保護者とは書いて無いから2人で1保護者でも良いでしょ!」って反論。
結局誰かの保護者が先生に密告したらしく「保護者は子供の父母or祖父母に限ります。」って条件が追加された。

■実家が美容院なんで、晴れ着の着付けをやってくれとかセットやってくれってお願いが年末年始、成人式、七五三の時期に急増する
当たり前だけど、そんな時期なんて明け方から店開いて、予約のお客さん相手に母は働いてるし
会社員の父や妹だって母の手を煩わせないよう家事は2人で分担してやって、朝もそっとスタッフさんたちに
簡単に食べられるような差し入れ置いて黙って出勤するくらい気を遣ってる。
「空きの時間にチャチャっとでいいんで」「普通に頼むと高いじゃん?」「あなたでもいいから」と、皆同じような事を言う。
空き時間なんかあるなら明け方から店開けたりしないし
無理なお願いしてきて、割引なのか無料奉仕なのかを求められる意味もわからないし
私は美容院の娘に生まれただけで、免許も技術もない本職別の人間

私の親友の結婚の際に、母が自分から言い出してお祝いにって顔剃り(理容師も持ってる)とか、ティアラ貸し出しとか 縮毛矯正やトリートメントなんかを無料でやってあげたことがあって
職場で、親友の話を又聞きした違う部署の人まで「式場やエステサロンに頼むと高いんでー」とか図々しく店の番号調べて電話をかけてくる。
親友の同僚でーす!って親友ですらよく知らない人なのに。

というか、今日からやっと私は年末休みなのに今朝もその電話で起こされた。
大晦日に年越しパーティーやってそのまま初詣行くからセットと着付けお願いできないかなぁーって。
そういう人は、もう店で予約とってると言っても、娘なんだからお母さんに言って融通してもらってとしつこい。
幸い、実家の場所しらない人だからダメで押し通して切ったけど 朝7時半からかけてくる神経を疑う。

>>技術という目に見えずあとに残らないもの(ほんとうは残ってるけど)に金を払いたくない根性の持ち主っているね
それがいちばん高いんだっつうに

■趣味で絵を描いているが、友人に「私にも描いて」と言われた。
年賀状の図案に使いたいらしく、それも送る間柄によって絵柄を変えたいから お正月らしい絵を3枚ほど描き下ろしてくれと注文をつけられた。
しかし忙しいから1枚がやっとだ、あとの2枚は過去の作品で構わないかと言えば
「どうせネットに掲載ずみでしょ。めでたい年賀状の絵柄が使い回しでは 新年早々縁起悪い。」と難癖をつけられた。
そこまでこだわるなら自分で描くか、ネット上でフリー素材拾ってきたらいいのに。

図々しい話2
ケチな人2

posted by 現実主義 at 18:00| ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

図々しい話2

■夕方の地方情報番組で家電が当たった。
『○○区の××さん』としか放送されなかったんだけど、ちょっと珍しい姓なのでわかる人にはわかる。
放送直後に子どもが小学生時、同級生だった子の親(A)から電話。
「お宅は三人家族だからあんなすごい家電は必要ないだろう。
うちは五人家族だから、お宅で使うより家電も喜ぶ。
だから貰ってやる。」

意味わかんないです、家電に感情はありません、あげません、何もかもお断りですで着信拒否。
Aとは顔見知り程度、子どもも性別が違うので子の付き合いもなし。
貰ってやるという図々しい思考回路が理解できない。

■会社近くのイタリアンレストランでランチしようと並んで時のこと。
そこそこ人気の店で、外にまで人が並んでいる。
そこへ、3〜40代くらいの、見るからに今時バブリーなファッションのおばさん二人がやってきて、
「なんでこんなに混んでるの?」 「ランチタイムだよ。最悪、今日平日じゃん」などと迷惑そうにグチグチ。
「寒いよー」「ねえ」と言ったかと思うと、「ちょっとさあ、あたし達常連なんだから先入れてもらお?」 と訳のわからない冗談を言ったかと思うと、ホントに列を抜けて店内に入っていった。
オレの前にいたサラリーマンが、「おい!」と呼びかけたが完全無視。
もちろん、店員にあっさり追い出されてたがw

■レジで会計していたら知らないガキが「これも!」って、さも当然のようにお菓子をカゴに入れてきたんだ。
で、最初は父親と間違えたのかなと思って「お父さんはどこかな?」って聞いたら、ガキの視線の先にはいかにもDQNそうな母親の姿が。
その母親の口から出た言葉は「子供のお菓子くらい払ってくれてもいいでしょ!」
まわりで見ていた人には俺が、子供に菓子も買ってやらない冷たい父親に見えたんじゃないか。
あわててレジの人に「全然知らない子です」って言ったけど、それも言い訳めいて見えたかもしれない。

■スタバでドリップコーヒー買うと、その時のレシートを次回見せると100円でコーヒーが買える。
先日会社帰りに奮発してスタバのコーヒーを飲んだ。
(いつもはマックか家で飲む)
マグカップ持って席に着いたら女の人が近寄ってきて「レシートくれない?」と言ってきた。
「いや、私もレシート使って保温マグで持ち帰って家で飲むので…」と言ったら「あー知ってんのね」とレジの近くに行った。
なんとなく見てたら買う人をずっとチェックしてた。

■うちは母が身体障がい者だから 事前に申請してあるSCの身障者専用駐車場のゲートを開けるリモコンを貸与されている。
先日それをA子に見られた様で以来週末になる度に貸せと催促される。
もちろん断っているが 母のハンデキャップをバカにされてる様で腹が立つ。
それ以外にも駐車免除票とかも同様に催促してくる。
その内障がい者手帳を貸せと言ってくるに違いないと思っている。

図々しい話
チョココロネをたかる友人

posted by 現実主義 at 19:28 | TrackBack(0) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

最悪な結婚式2

新婦寿退職、新郎式の前にリストラで無職というカップルの式に行った。
まあお祝いムードより「お気の毒に」という空気が強かったんだけども、それでもまあ何とか盛り上げようと頑張ってた。
で、料理が4品しか出ない。
サラダ、ハンバーグとかのワンプレートランチみたいなもの、お刺身数切れ、スープ。
お酒、もしくはジュースも一人一杯、もっと飲みたいのなら別料金でそれぞれの支払い。
聞いた事も見た事もないと驚いたが、事情が事情だけにこれもしょうがないという空気。

だけど、最後式が終わり出口に向かうとドアの所に長テーブルが置かれ、そこにDVDが積んである。
これがプチギフトなのかな、と思ったら1枚500円と…
中身は新郎と新婦の映像。
(こんなもん買うか!)と思ったら何かもめてる。
なんとお客さん全員が一枚づつ買うのが義務付けられていた。

あのコンサートや芝居のパンフ売り場みたいな感じで、おつりも完備してる。
買わないと会場から出してくれない。
夫婦や家族で出席した人も一人一枚、一家族で何枚も買えって事らしい。
本気で呆れた……
売り子をさせられてるホテルの人が本当に可哀そうだったよ。

で新婦母親が廊下で新婦を怒ってたけど、ホテルの人に止められ新婦はムスっとして、こっちに向かって「ゴメンね」って顔してきた。
普通、お見送りの新郎新婦と写真撮ったりするけど、誰も撮らずにスルー。
逆に向こうが「写真撮ろうよ〜」「ねーねー」って言ってた位。
脱力してロビーに向かったら新郎の元上司らしき人が「クビにして正解だな」と言ってた。
それと建物内のゴミ箱と言うゴミ箱にDVD突っ込んであってワラタw私も捨ててきたよ。

しかも2次会の参加費が当初6000円だったのが、1万2千円になってて どうでも良くなってバックれたわ。
しかも会場は知り合いのやってる柔道場なのに。
ちなみに引き出物はお泊まりセットとキーホルダー。
ホテルのアメニティーレベル。
まあでもあの夫婦は儲かったでしょうよ。
その為にいろんな人から距離置かれたけどね

最悪な結婚式
引き立て役のみ招待

posted by 現実主義 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。