2012年04月02日

育ちと努力10

■本当に親が富裕層であるかどうかは重要だよ
親が下流だけど、奇跡的に結婚適齢期で年収1000万円超稼げるようになっても
親の生活費から医療まで出すはめになり、中流階級までいっきに経済レベルが下がる
親が富裕層であれば、将来得られる資産もあるし自分でも資産を増やそうと動くので 高確率で高収入の状態が続きます

■35年生きると分かる
同世代で年収2000万円超えている奴は親が相当資産を持ってる
勉強できて高学歴になった奴も 大体1部上場企業勤務でそこそこの収入というのが一般的
親のカネとコネなしで成り上がった奴は本当に手で数えられるぐらい
だから結論から言うと、学生時代から親が富裕層だと言われている大学生の男を青田刈り
それが一番確実
高度経済成長期、バブル期が終わり 才能だけで富裕層まで這い上がれる時代は終わったと思う
結婚するなら親だよ
親!

■しょせんは親で決まるからね
どんなボンクラでも金持ちの子供に生まれれば経営者や重役 
医学部や高学歴、知的上級職に強引に滑り込むことができる
相応の学歴や資格、お金により経験を買い大人として成長していく
一番損をするのは貧乏人で学のない子供

■つか今や貧乏人=馬鹿だから
金持ちほど子供は勉強させるし、仕事もよくするよ

■うちの祖父あたりになると、親戚のお偉いさんあたりのコネで宮廷行ってた。
今みたいにお金かかってないし、倍率も低かった。
産まれた時点で、すでに進路が決まってた。
欧州みたいな感じ。

■学歴学歴っていわれるけど、学歴って本人の努力の結果なんだよね。
そう考えると お勉強ができればある程度までは評価されるシステムってそこまで悪いもんじゃないと思う。
そしてある一定の線まで行くと、たとえ学歴があっても超えられない壁も見えてしまうんだけど。
特に容姿とかさ。

>>本人の努力以上に経済力を含む家庭の安定だと思うわ
自分は中受組で 都内の進学校から院まで卒業させてもらったけどさ
同級生の中には家庭の事情で大学さえ行けなかった子がいる
どんなに優秀でも環境によって人生は大きく変わる
奨学金貰えばいいじゃんって言う人いるけど その発想が出る時点で恵まれてる人なんだよね

■子供の学力がしっかり身につくかどうかは、
地頭が5割、学習環境が3割、親の生き様が2割(ロールモデルとして)ぐらいの割合のような気がする。
お金でなんとなかるのは、3割の学習環境のみなんじゃないかと。
世の中、生まれながらに不公平にできているとつくづく感じる。

■自分の稼ぎと別に、両親の収入によって数百万、へたすると1000万単位で違ってくる
・低収入家庭出身→「1000万も稼いでる俺ってすげー」
親「凄いぞ!仕送り頼む。今度旅行に連れていって♪介護もよろしく!」
結局親に手がかかりすぎて自分で使えるのは普通の年収程度→庶民と変わらない生活

・高収入家庭出身
本人「まだ1000万しか稼いでない。もっと頑張らんと子供にうまいもん食わしてやれねぇ」
親「まだまだこれからだ。できるだけ貯金しておけよ。何か食べたいもんあるか?
老後の金なら貯めてるから人を雇ってくれ。
ボケるかもしれないし、財産管理だけは頼んだぞ」
そして遺産が入る→富裕スパイラル

■確かに親次第ってところがあるんだよねぇ・・・。
私も幼い頃からずっとカンゴフさんになりたかったのに、なぜか道を選ぶこともないままトコロテン式に高校→大学と進学、
単に文系のほうが得意ってだけで 結果的に文系専攻で大卒→大企業就職。
ふと気づくと、・・・どこでカンゴフさんになればよかったんだ?ってな感じになってた。
どうも母親がその道にいかないように(専門学校全般を否定)、さりげなく誘導してたような気がする。
母親的には大成功だったんだろうなぁ、と今でも思うんだよね。

■もし仕事が上手くいって大儲けできても ゼロから成り上がった奴はその収入を維持し続けないといけないんだよね。
収入ががた落ちした時に地獄を見る。
2〜3億円程度の預金だと 税の支払いで全額吹き飛んでしまう。
庶民の出の人間は役所との戦い方が身に付いていないので 奴等に言い負かされて高額な税金を払わされて一年で普通の人に戻ってしまう。

■一旦稼いでしまうと稼ぎが少ない年の住民税がキツイよね。
稼ぎを維持してないと住民税で首を吊る事にならないか?
たった1年だけの年収1億が毎月80〜90万の住民税として降りかかってくる。

■実家が金持ちだとリスキーな決断をできるからな
うちにも三流の公立美大出て既卒でデザイン職で入ってきたやついるけど かなり一般的に見たら危ない橋を渡ったと思う
美大なんていくの、まず就職面で不安がある 
ましてや既卒
結局そこそこの会社に就職できたけど、そんなリスキーなことができたのも 親が金持ちだからであって
俺だって好きな音楽の道に進みたかったけど、やっぱり私文いってしまった
私文が一番コスパいいからね 
コスパを最大限気にして生きてきた
公立の美大なんて一番コスパ悪いし、既卒もリスキーだ
好きに25年いきてきたやつと、評価気にしながら生きてきた俺 
やっぱり楽しいのはあっちだろうな

■同期や先輩で都内に一軒家建てたのは親が金持ちの連中ばっか
普通は埼玉のマンションが関の山
俺はむかつくから所沢の実家に一生住むわ
どうせマンション買っても親が金持ちの奴には勝てないんだから

■税理士してるからよく分かるけど、そこいらのスーパーとか百貨店で買い物してる太ったおばちゃんとかでも 役員報酬で数千万円とか、株の配当だけで数百万とかあって、その息子は結構ニート役員が多い。
そんな奴らの申告を10万とかでちまちま請けてたらストレス溜まる。
大卒でバイトとかして資格取って苦労しても年収は彼らの配当並だorz
ほんと実家が不動産と金融資産を豊富に持っていたらそれで勝負ありだよ。

■まあ、人間って最後は人柄なんだけどね
その人柄の基礎が育ちとか教養だと思うんだ。
私は富裕層も貧困層も外国人も一緒という街で育ったんだけど
背が高くてかなり目立つタイプだったので
両親から絶対に行ってはいけない場所、付き合ってはいけない人達につい小学校の頃から叩き込まれたわ、
周りは芸能人なんかも多かったけど ずっと同じ場所で暮らしている人はごく僅か、浮き草みたいな人種だね、
軽い気持ちで付き合うと生活がメチャクチャになるから怖い、
例外もあるんだけど、所詮は育ちが悪い人が多い業界なんだよね。
育ちが良い人の多くは教養があり、教養がある人の多くは慈悲がある
人を見るときはそういう条件で判断すればハズレは少ない。

>>こちらが見下したり馬鹿にした気持ちでいれば相手も悪意をもつって親に教えてもらえなかったのかな

>>芸能人にちょっとでも関わったことがあれば分かるよ。
関われば知り合いの噂とか入ってくるし。
まあマトモな人間の率は低いよね。
容姿は平均より上だろうけど(じゃないと売れないし)。

■やはり育ちだと思う。
意地悪やえげつない言動が多くて引いた相手は 圧倒的に公営団地住まいの子が多かった。
多少ちらかり気味なお顔立ちでも性格が良かったのは
勤め人・自営に関わらず両親がきちん働いており、官舎・社宅・相応の家賃な賃貸、そしてやはり持ち家住まい。
子供の頃は意識した事なかったけど 大人になって卒アルと当時の住所録を照らし合わせてみたら
ああなるほど、そういう事だったのねえ〜と納得。
当然どちらにも例外はいたけど、あくまで割合的にって事で。

■うちは裕福(学区内で一番敷地が広い大きな家に住んでた)だったけど 公営住宅や公団の子たちに色々嫌な思いをさせられた。
家柄、育ち、やっぱり大事です。

■別冊日経サイエンスによると IQが親から遺伝するのは6割だそうだ
父母のどちらが優性ということはないらしい
ただIQが学力の全てではないという話

■頭いいやつの親は頭がいい

■俺は嫁見てて思うけど 遺伝は置いといて母親が馬鹿って致命的だよ。
自我と知能が確立するまでずっと傍にいるのは母親だし。
話聞く限り 子供連れた母親同士仲良く行動するのは同じ頭脳レベルの母親同士みたいだから
馬鹿嫁には馬鹿ママ友とその子供が常に遊び相手になるみたいだし。

■親が富裕層ならバカでも富裕層になれる
逆に親が底辺層なら よっぽど才能がなければ並みの生活をするのが精いっぱい
それが日本社会です
チャンスなどまずありません

育ちと努力9
貧乏家の男と結婚しちゃダメ2

posted by 現実主義 at 12:00| 金持ち・貧乏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。