2012年03月30日

農家の実態6

■2Chを始めて数ヶ月、「膿家」という言葉を知ったときが自分的修羅場だった
なぜなら私の実家が農家だからだ
代々農家の家の父に嫁いだ母…
思い返すとうちは膿家だったのかも知れない

股間をマルチーズで隠しながらカメラに向けて満面の笑みを浮かべる全裸の父…膿家脳のエロクソ親父だ
「あー忙しいね!」と叫びながら30kgの米を片手に担いで走り回る母…元OLの影はなく、まるで奴隷だ
それに「いつも頑張ってる母ちゃんにご褒美!」父がそう言って買ったマッサージチェア
それに座っていびきをかき涎を垂らして眠りこける母の醜い姿…
あれは母を陥れるための父の罠だったに違いない
極めつけは母のあの台詞だ
「どうしてお母さんはお父さんと結婚したの?」
幼かった私が母に尋ねた時、母は憤りながらこう答えた
「毎日おやつにお寿司食べさせてくれるって言ってたのに!嘘つかれた!!」
そう…母は騙されて父と結婚したのだ
うちは貧乏だけど愛のある家庭だと信じていた、自慢の家族だった
それなのに膿家だったなんて…

>>本当の膿家なら、嫁のためのマッサージチェアなんか買わずに むしろ嫁がウトメや旦那のマッサージしろって言われてる気がする。

>>大丈夫、ふつうの田舎の一家族だよ。
お母さんが選んだ人生だし、嫌なら自分は違う生き方すればいい。

■近所の膿家ババアが寒い中近所の神社に願掛けに行き続け、雪降った日にぶっ倒れて凍死寸前の所を駅伝練習中の中学生達に発見され九死に一生。
脳梗塞と凍傷で入院中。
非常に経過は良くなく 半身麻痺と指は何本か駄目な様子。
まぁ死なずにすんで良かったと胸を撫で下ろした町内の面々だったが、その願掛けが「孫娘ちゃんが大学に受かりませんように」だったと知れると一斉にドン引き。

孫娘ちゃんは他県の膿家に嫁ぐ事がババアの中でだけ決まっており、それを家族で決めてた卒業旅行の時にそのまま『婚家』に置いてくるつもりだったらしい。
そしてそれを家族には『サプライズプレゼント』と伝えていたそうで 言うまでもなく家族激怒。
しかしババアは「あの門構えを見たら私の考えが正しいとみんな理解する」と言い続け、孫娘ちゃんの為になるのだと力説中。
家族はガン無視中で見舞いにも来ない。
スタッフが絶賛とばっちり中。

ババアは誰に何を言われても全く動じる事無く息子夫婦の逆切れと断じ、「私のこの姿を見れば孫娘ちゃんは私のがんばりに心打たれて感謝する」等と妄想に余念が無い。
当の孫娘ちゃんは普通にブチ切れており「神さんのバチが甘い」と言い捨てていた。
『婚家』との連絡手段であるというババアの携帯は、家族さんの希望があって焚き火に投げ込んでおいた。
この後退院が決まれば即、他県の施設に送られる事も決まっている。
まさしく自業自得。
さすがにその行動が酷いと町内でもババアは非難され続けているが、ババアの行動に賛同したり当然だと言ってる膿どもも少数いる。
無論、孫娘ちゃん狙いで。

859 名前: 名無しさん@HOME 投稿日: 2012/02/22(水) 17:14:19.10 0
すみません、誰か教えて下さい。
農家って、男児をもうけた子供が同居するシステムなんですか?
三男の嫁です、最近男児出産しました。
初の内孫男児です。
長男が同居しろと旦那に迫ります。
しかし家業は長男が継ぐと言います。
義両親はお兄ちゃんの言う事を聞け、と言います。
これって逃げていいですよね?

>>逃げてーーー

>>農家にはそんなシステムありません。が、膿家ならありえます。
ところで、旦那は何て言ってるの?

>>三男夫婦と子供は長男様の小作人になれってことだね
ぼろい離れをあてがわれ、手間賃もろくにもらえず、住ませて食わせてやって文句言うなといばられる
子供はジジババのおもちゃにされて三文安ならまだまし デブヒキコモリニート
横溝な世界w
全力で逃げろ

>>870 名前: 名無しさん@HOME 投稿日: 2012/02/23(木) 07:27:28.78 0
旦那ははっきりと断ることができないようで、ひたすら謝ってます。
「ごめんね、ごめんね、あいつ(私)は気も利かないし、頭も悪いし…」みたいな。
旦那いわく、「強く言えない」
ますます調子に乗った長男と義両親が「嫁に色々教えてやってもいい」「どうせ子供の面倒も見れないだろうから子供の面倒見てやる」と私に…
昨晩は旦那にブチ切れて殴る蹴るで謝罪させ、着信拒否することで落ち着きました。
あ〜スッキリ。
みなさんありがとうございました。

>>てか離婚して逃げたほうがいい物件では…

>>長男とババはともかく、三男が長男教なのを洗脳解除しないとまずいぞ、これ。

>>「強く言えない」じゃなくて、「強く言ったらいけないと思い込まされて生きてきた」だよなあ。
一家を構えている大の男としてはちょっとふにゃふにゃ過ぎて情けない。

>>逃げる覚悟はしておいた方がいい旦那だと思うわ。
強く言えないから?
そんな理由で、すべて「嫁」を言い訳にして逃げるような男なんだから、今後も子供の関係で大きな問題が出てくるよ。
今は着拒でとりあえず凌いでるようだけど、車で20分程度の距離なんだっけ?
簡単に凸されるわな。
最悪の場合は凸→子供拉致もありえるわな。

>>嫁を差し出せば自分の地位は安泰だもんなあ
むしろ長男のために役立って自分の負担なしに三男の株が上がるか

>>上げたいんだと思うよ
膿家脳じゃなくてもこじれた田舎脳の人も家>>>>>>嫁と子供だもん

■いとこの姉ちゃんの兼業農家、田植えのとき田植機に、収穫の時稲刈り機に乗るのはなぜかダンナだけなんだって。
近所もみんなそうらしい。
機械がやりこぼしたところとか、田んぼの角の方で機械が使えないところを あとでフォローして手で植えたり刈ったりするのが女の仕事。
男がいいところを持ってってる。
その家では、親戚づきあいや冠婚葬祭でも、姉ちゃんがふだんから各方面に気を遣っていて、ダンナはいざという目立つときに、いいところを持って行く印象がある。

■144 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2012/03/23(金) 12:45:38.74 0
昨日、ケーブルテレビで市議会中継があって、ちょうど「新規就農者支援」の予算についての審議だった。
K産党の議員(議員A)の質問をきっかけに、ちょっと紛糾状態になってた。
私の今住んでるところは、米と野菜のそこそこの産地らしい。

議員A「案内パンフには新規就農支援の条件は専業であることとなっているが、本人が専業であればよいのか、世帯全員が専業農家になる必要があるのか」
担当者「専業農家の世帯が助成対象となっています。」

議員A「県の要項にはそうは書いていないはず。
    そんなハードルの高さで就農しようという若者が来るのか。
    配偶者が仕事を持っている場合はどうなるのか」
担当者「・・・配偶者が農業をする場合は○○円の補助が出ます。
    また○○万円までのパート労働も認められます」

議員A「いや、そういうことは聞いてなくて・・・」
(他の議員が口を挟みだす)
議員B「嫁さんに仕事を捨てさせろということかと聞かれてるんだよ。担当者ちゃんと答えろ」
議員C「いまどき家族で農業一本なんて、北海道とかじゃないと無理だろ」
議員D「だいたい純粋な専業農家がうちに何軒あるんだ」
議員E「いや農業は家族でやるもんだろ。その覚悟を・・・」
ほかにも何人かがグダグダ言ってたけど、議長がストップをかけ、この間に担当者が何か調べらたらしく
担当者「この事業については、「専業」の条件は本人のみということでした。
    配偶者の職業や収入は関係ありません。パンフも修正します」 と言って終了。

農業は家族でやるもの、と何も考えずにパンフ作った担当者とか、議員Eみたいなのが膿家脳というんだろうな。

■「女はバカな方がいい」とキムチくさいことをおほざきになるのが膿家

>>馬鹿な自分より馬鹿な女なら、自分に都合良くコントロール出来ると勘違いしてるんだろうな。

>>実際馬鹿がいいとかで特殊学級の女を嫁にしたはいいけど 子供が全部母親の遺伝になっちゃったとか前スレにあった
そうやって馬鹿は滅んでいくんだねw

>>そういうときにぜ〜んぶ女のせいにするところまで含めて膿

>>電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのも台風が来るのも地震が来るのも女のせいwww

>>悪いことは自分たちに責任がなく、人のせいにするんだよね。
「世の中が間違ってて田舎や農業が軽んじられてるから、天女のような稼ぎも良く多産で美しい嫁が来ない」
って感じか?

農家の実態5

posted by 現実主義 at 21:00| 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。