2011年09月07日

イタリア10

■イタリアは素晴らしい所で、かつ人間は腐ってた
まさか 日本でいったら高野山みたいな所の受付がお釣りを誤魔化そうとするなんて!とか

■イタリアは世界一の観光国なのに 英語が通じない(逆ギレする人も多数w)率が異常に高いww
別にいいけどね、逆ギレはやめて欲しい

■ローマのテルミニ駅には自動券売機で買おうとすると背後から寄って来て
「それじゃないよ、こっちでいいんだよ」って教えてくるおっさんが何人かいて
買い終わると「ところで俺コーヒー飲みたいんだけど」とかって言うw
結構得したんで1ユーロあげたけど

■パーキングもプリペイドチケット制だったり、近隣住民専用だったり、イタリアの駐車事情はかなりややこしい。
あとは市街地進入規制(ナンバー規制、居住者規制、通勤者規制)とかあったりしてこれまたややこしい。
正直、シロウトにはオススメできない。マジで。

>>んだな。
駐車違反は容赦なくレッカーしていくし
道もガタガタ、中央盛り上がり路側には蓋のない溝
あんなところに10cm間隔で縦列駐車するイタリア人はマジキチ

■バチカン美術館行った人いる?

>>地下鉄使ってひとりで行ったよ。
別に何も問題なかったけど、すごく並ぶのでネット予約できるならその方がいい。
とにかくぎっしり美術品と装飾で、宗教って権力ってすげーーーーーという感想しか出て来なかった。

■イタリア・シエナのカンポ広場も素晴らしかった。
広場が、すり鉢状というか扇状のなだらかな斜面になってて、360度に建物が。
ぐるりと建物を見渡すと軽く目眩がする不思議な形状だった。
あぁ、もう一度行きたい。

■BSの「小さな村の物語イタリア」なんか見てると、村の庶民の食事は本当に質素だよね
パスタとパンとワインだけ、パスタの代わりに肉の煮込みの時もある
しかもほぼ毎日同じようなメニュー
生野菜のサラダがたまにあるくらい

小さな村の物語 イタリア ファーストシーズンBOX [DVD] / 三上博史 (出演)

■リアルト橋から徒歩5分ぐらいのとこにあるBillaっていうスーパー重宝したよ。
ボッタクリ価格だらけのベネツィアではじめてまともな価格を見たw
あそこで生活している現地人がいるんだから現地価格の店があるに決まっている。
土産用にいろいろ買いこんだがどれも美味かったわ

■ジェラートの種類が多すぎて迷うね。
レモンとかあっさりしてて日本人向きだと思うけど。

>>レモンとヨーグルトの組み合わせは最強。

■ベネチアには行ったことがありますが 夏に行ったことはありません
夏に行こうかなと思う反面、夏は臭そうなイメージもあり、躊躇してますが、実際のところどうなんでしょう

>>初夏から蚊に悩まされますよ
マラリアになるかも…
とにかくヴェネツィアは景色とバカロ以外いい想い出がない。

■このまえベネチアに行って写真うpした者です。
運河沿いのカフェテラスで食事をしようかと思いましたが 海が濁っていてちょっと臭い^^; 
よく言えば潮の香りw
魚介類をメインに商売している飲食店の前は生臭くて息止めてました。
でも普通に町並みを歩いている分には全然臭いなど無く楽しかったですよ
まぁ、いろんな季節のベネチアを楽しむのもいいのではないですか?

■ベネチアのニオイ、良く言えば「ワカメの香り」
悪く言えば、干物&ドブ川のニオイ

■ピサは登ることもできます
荷物を受付に全部預けて身ひとつで登る(でも予約制)

■ピサに行っても必ず塔の上まで昇れるわけではなくて、チケット制で入れる人数が決められてる。
私が行った日時がバカンスシーズンだったせいもあるけど ピサに13時前に着いて2枚しか空きがなかったよ
それも本当は1枚だけだったんだけど、ガイドさんが「皆さんハネムーンだから 何とかペアにして!」と掛け合ってやっと1枚追加で発行してくれたもの。
次の空きは19時の回です、と言われて諦めたよ
ちなみにその2枚は新婚さん達でじゃんけんによる争奪戦が繰り広げられてたw

■フィレンツェはジェラートが美味しかったよ
町の歴史と美術を知りたいなら若桑みどり著「フィレンツェ」はお薦め本

フィレンツェ (講談社学術文庫) [文庫] / 若桑 みどり (著); 講談社 (刊)

イタリア9
全盛期のイタリア軍伝説

posted by 現実主義 at 16:54 | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。