2006年06月25日

アタッカーの苦悩

バレーボールで
万年補欠はその忍耐力で社会に出てやっていける。
キャプテンも、人間関係の苦汁を舐めて有能な人になる。
セッターは気の効く人になる
レシーバーは失点でしか評価されない辛さをしっている。
一番世に出たとき苦労するのがアタッカーらしい。
社会に出たらレシーブ、トスで自分の所まで運んでくれるなんて皆無だから

大林素子

posted by 現実主義 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。