2011年03月16日

アマゾン

■もしもアマゾンがスーパーだったら

「いらっしゃいませ。おすすめ商品があります」
「あっそ」

「ニンジンをお買い求めですか。では、あわせて買いたいこちらの小松菜を」
「いらない」

「ニンジンを買った人はこんな商品も買っています」
「だから何よ」

「ニンジンを見た後に20%のカスタマーがジャガイモを購入しています」
「関係ねえし」

「おすすめ商品を絞り込むには、ニンジンを評価してください」
「何の話だよ」

「5人中、4人の方が、『ニンジンレビューが参考になった』と投票しています」
「いらないよレビューなんか」

「有料のお急ぎ便オプションを選択すると、めっちゃ早くニンジンを袋に入れます」
「急ぐ必要ないよ。ところでキャベツないのかな」

「現在在庫切れです」
「ああ、じゃいいや」

「が、二週間前に買った山本さんが、もう使わないので中古のキャベツを売るそうです」
「食えないだろそんなもん」

「¥700より」
「なんだそのボッタクリ」

「キャベツをチェックされた方に、おすすめ商品です。ニンジンを買うにはこちらをクリック」
「もうカゴに入ってるだろニンジン!」

「ニンジンをお買い求めですか。では、あわせて買いたいこちらのモヤシ」
「いらねえってば!」

■本当の初期のアマゾンは結構ひどかったよ。
TOEICの対策本も含めて試験二週間前くらいに三冊注文したんだが、

三日後にメール来て「1冊在庫無いからちょっと待ってw」
 ↓
数日後「もうちょい待ってw」
 ↓
更に数日後「やっぱ、在庫無ーわw 先に二冊送るからwww 大丈夫、送料はサービスしてやっからwww」

試験二日後に届く

TOEIC

posted by 現実主義 at 10:23 | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。