2010年04月19日

金持ちの生活11

■玄関がとにかく広い どこで靴を脱いでいいのか分からなかった
廊下の両側に小川が流れていて錦鯉が泳いでいた
階段下が池になっていて太鼓橋もあった
敷地内にテニスコートを二面持っていた
敷地がどれだけあるのか知らないと言っていた

■10年位前の話だが友達んちに遊びに行ったら テレビが学校の黒板のサイズだったw

■一流と名がつくミッションの某お嬢様校出身の友達がいるけど、
彼女は高校を卒業するまで現金に触れなかったそうだ。
たしかに潔癖症気味ではあるんだけど、それよりも、18歳まで現金に触らず生活できたってのがすごい。

幼稚園時代から登下校や外出は運転手付の車で
買い物は基本的にデパートの外商で店で買うことがないから、
自分でお金を持つ必要がなかったらしい。
こんなことじゃいかんと大学は外に出て、私はそこで知り合った。
入学した最初の一年はほぼ社会勉強だった。
一緒に財布と定期を買いに行ったのも楽しい思い出。
かわいくて性格がよくてお高くとまったところもないいい子だった。
今は結婚して普通に暮らしてます。

■娘の通ってる学校は所謂伝統お嬢さま校(今は全然違う)なんだけど、そこで先生から聞いた話だと
「20年位前までは、お手伝いさんがカバンを持ってお嬢さまと一緒に登校してくるのがわりと普通の光景だった」
ことだそう。
で、その話をしてくれた先生がビックリしたのが、
「古くからいる先生方がその光景を見てもごく普通だと認識していて、誰一人『カバンくらい自分で持ちなさい』と言わなかったこと」だそう。

■長者番付上位に父親がランクインしてる人と付き合ってたことあるけど、案外普通の生活してたよ。
家賃も20万のとこで一人暮らしだし、高級品は身につけるけどブランドにギラギラしてなかった。

あぁ、一般人と違うなって思ったのは
・どこでもお釣りを基本的にもらわない。
・毎日外食(ファミレス・安居酒屋は行ったことないらしい)
・著名人のパーティに頻繁に参加する
・著名人の友達が多い
・実家は高級旅館かってほどの豪華さ、でかさだった
ぐらいだな。

■大学の友達の下宿に遊びに行ったらお菓子を出してくれた(これはごく普通のお菓子)
その皿が、兄の結婚式の引き出物と同じ物だった
値段も判ってるてるし、本物の有○焼
ウチの親も向こうの親も、凄いいいものだ!!って喜んでたから
友達は「家で普通に同じ物使ってる」って
普通なんだけどその子は。
何かなあ、ちから抜けた

金持ちの生活10

posted by 現実主義 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金持ち・貧乏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。