2009年09月03日

美人とブスの格差7

■自分は全然美人ではなくて、美人友達とあからさまに態度が違う男を結構見てきたけど、あーあ、って軽くへこむのと同時にその男の無神経さに引く。
人の気持ちや状況を察することの出来ないデリカシーのない人間だな、と。
自分の周りの美人友達にそういう男と付き合ってる人はいない。
人間出来てる男性や美人友達と付き合うような男性は、
そんなの絶対態度に出さないし美人友達と同じ様に話したり気を使ってくれる。

■もう何年も前の話だけど。
学生の頃、頭髪検査があって、髪の毛染めてる子は残らされて、先生から注意されてた。
しかし、通りすがりの人が振り返るくらいの美人の番になったら先生が、「髪、地毛?」と一言。
それに対して、その子は「そうですねー。」と一言。
その子は本当は地毛じゃなくて、髪を染めてたんだが(明らかに染めてるのはわかる)、それで何のお咎めも無し。
先生でも美人には弱いんだということがわかった。

>>あるある

■ブスだったら人生本当につまらないと思うw
結婚式とか出ると姉妹でも別人のように顔面格差のついてることあるよねw
やっぱり美人のほうの旦那さんのほうがいけてるんだわ、これがw

■エレベーターとかで先に乗っている人が美人だとちょっとテンション上がるよな。
逆にブスだと早く時が過ぎて欲しくなる。
ただタバコを吸っているのは違う。
美人が吸っているとなんか凹むし、ブスが吸っていると「ああやっぱりな」と思う。

■どんなに好きな人につくしても結局は美人と付き合うとき

■地元の劇団員の人が舞台をやった後の自分のブログで観に来ていたお客さんの事を書いていて『ものすごい美女が来ていた』とその人の事しか書いていなかった。
普通の事なのかもしれないけどファンの人だったしなんだか悲しかった。

■華奢で可愛くてスタイルのいい友達がいる(いた)んだけど、その子と2人で遊んでる時は「世の中外見だな」と感じた。
通りすがりの男性がいきなり近づいてきて、「間違えて買っちゃたから〜」とか言って友人にだけジュースを差し出す。

ショップの店員、個人経営の店のレジのおっさんなど、友人にだけデレデレと話し掛ける。
私が男性と話をしている時に友人が入ってくると、話の主導権が友人に移る。
逆の場合はスルーされるか邪険にされる。
ナンパされまくりで彼氏もカッコイイ。
友人が劇太りした途端にその現象は起こらなくなった。

■男からすれば美人の顔見てるとテンション上がってすごく心地よくなるんだよね。
人って機嫌が良くて調子がいい時には人にやさしくしたくなるだろ?
美人が男に優しくされるのは、美人と接することが快感だからだ。

■ウチの職場では会議で余ったお菓子をもらっていくと、
美人には「お菓子好きなんだ、かわいいね」だが
ブスには「食べる事しか楽しみ無いもんね」と言われます

■道で寝ていた酔っ払いがいて私はスルーしたんだが、 優しそうな綺麗なお姉さんが近くにいた警官に知らせていた。
んで、その警官のテンションが明らかに高かったw
談笑してるし、『僕にまかせてくださいっ!』とか声高々に言ってた。
自分が財布届けた時は、抑揚のない淡々とした話し方で冷たかったのに・・・。
警官も人間なんだなぁ・・と思ったorz

>>綺麗なお姉さんが親切ないい人でよかった・・
もし、美人が全員犯罪者だったら、日本の警察機構は崩壊するかもしれん・・・・

■大勢で旅行行った夜、ゲームの罰ゲームで一番の人からビリの人の顔に書かれる時
美人は耳たぶにピアスを可愛く書かれたけど
私はまゆ毛をつなげられて鼻の頭を赤く塗られた

■2年程前、街で気分悪くてフラフラしてたら、周りに何人も人がいたのに、無視、避けられたりした。
だめだと思って自分で救急車を呼んだ。
もし美人なら、周りもすぐに助けてくれたのかな…って悲しくなったよ。

>>わかる…
私も学生時代、脳貧血でよく駅とかで座り込んで 青白い顔で頭下げて冷や汗かきながら目瞑って回復待ってたけど、一 度 も 助けられたことも声かけられた事すらない。
私は透明人間か?ってぐらい。
逆に美人が貧血かなんかで具合悪そうに座り込むのを街や電車や駅で見たことあるけど、必ず男(イケメンからオヤジまで)が近寄り「大丈夫ですか?」「水分摂った方がいいよ。ジュース買ってきましょうか?」
とか心配そうに一緒に座って声かけてた。
街中で転んだ時も同じ。

■・ブスが転ぶ→無視したりプゲラする。
または遠くから見てるだけ。
・美人が転ぶ→近寄り手をさしのべたり「大丈夫ですか?」と心配したり 絆創膏とかハンカチ差し出す人もいた

>>暇そうに見えるのか道を尋ねられることが時々あるが こういうときだけブスに声かけないでほしい

■この前定食屋みたいな所で私が水こぼしたら 周りは皆嫌そうな顔して見てるだけ&無視。
「当たり前だよね、水こぼすなんて周りに迷惑なことしたんだし」と言い聞かせてた。
その後美人が水を大量にこぼした。
周りは嫌そうな顔をせず笑顔で「大丈夫ですか?!」「タオル貸しましょうか?」「服にかからなかった?」必死に心配してた
そして一緒に拭いたりしてあげてた

美人とブスの格差6

posted by 現実主義 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美人・ブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。