2013年12月25日

クリスマス4




■さっき商店街通ったらクリスマスコスをした店員がたくさんいたが ハゲがトナカイの格好しててせんとくんみたいになってた

■激ブスOLが毎年必ずイブに休みを入れるのはなぜですか

>>コミケの原稿を仕上げてしまうため。

■自分が子供の頃の話だけど 朝起きたらプレゼントと一緒に
「メリークリスマス
サタンより」
って手書きのカードが添えられてた...

>>開けちゃダメだ!!ww

■山下達郎のクリスマスイブってそんなにいい曲じゃないよな
雨が夜更け過ぎに雪へ変わっただけじゃん

■山下達郎のクリスマスイブがとても嫌い。
ラジオで1日2回は聴くが、みんなそんなに好きなのかなー?
途中で入る「ウォーーヘラ!」とか
最後の「ウォホォッッヘニャ!」みたいな合いの手(何て言ってるのか?)もキモい…

■♪クーリスマスが今年もやぁってくるー
楽しかった出来事を消し去るよぉにー

なぜか毎年こう聞こえる

■最近はクリスマスの名曲ができまへんなー

>>今時の若い奴はクリスマスだからって浮かれ遊べないんだよ
クリスマスソング作っても若者の共感が得られないの
そのかわり人生の儚さ切なさを噛みしめられる桜ソングはアホみたいに出てるがな

■サンタを頑なに子供に信じさせようとする風潮が嫌い。
小学校低学年くらいまでにして欲しい。
小5の甥っ子に「今年のクリスマスは何買ってもらうの?」と聞いたら「サンタさんから貰うんだよ」だって。
完全に言わされてるだろw
正直、気を遣うからクリスマス関連の話もしずらい。
「サンタさんを信じない子はプレゼント貰えないんだよ」も脅迫じみてて大嫌い。

>>私はサンタを信じさせる期間すら不要と思ってるんだけど、周りの風潮だと酷い親らしい。
日本ではただの商業的要素でしかないのに、みんな必死で気持ち悪い。
私自身物心ついた時にはテレビアニメやファンタジーと現実との区別は付いてたからすごい違和感。

>>酷い扱いされるの嫌だねw
単にイベントとして楽しめたらサンタを信じるか否かは親が強制することじゃないし、ましてや他人まで巻き込むなよと思うわ。
テレビでサンタ=親の描写があるとクレームがつくなんて聞くとゾッとする。

>>サンタは親ってバラされたとき「サンタさんはクリスマスに世界中の子供に配るためにお手伝いを雇ってる。そのひとりがパパだ」と言ったら納得してた。

■サンタの正体をバラすことを悪とする風潮には辟易するね。
夢がないとかサンタごときでバカかっていう。
だいたいプレゼントは親が働いたお金で 親がいい子にしてた子供のために買っているんだってことをはっきり言った方が教育的にも正しいだろうに なんで見知らぬ爺がこっそりプレゼントを渡すことにしたいのか。
せめて幼児で卒業しとけと思う、いや幼児ですらこんなことは本来必要ない。

>>親が「サンタさんは信じてる子どもの所に来る」と言うので 親孝行だと思って信じているフリをしていたな。

クリスマス3
イエス・キリスト



posted by 現実主義 at 15:00| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。