2013年12月20日

専業主婦19

■旦那にもしものことがあったり、旦那の会社の業績が悪化したりしたらどう対応するんだろう。
このご時世に仕事辞めて収入は配偶者頼みなんて、余程のお花畑なんだろうと思っちゃうw

>>いや、最初はそう思ってたけれど 私が専業になってから、夫はぐんぐん出世業績アップ。
共働き時代の世帯収入はすぐに上回り、貯金額は3倍ぐらいに増えた。
2人で時間の余裕なく暮らしてた時の方が、双方共倒れリスク病気リスクが高かったよ。
時間とお金の余裕があると夫婦仲は良くなるということを身を以て知ったよ。

■4月にNHKの朝の番組で専業主婦になりたい女性のための婚活パーティーが紹介されていた
参加条件は、女性は32歳以下、男性は年収700万(800万だったかも)以上で キャンセル待ちが出るほど大人気のパーティーらしい
参加している男性の年収分布は不明だけど、参加条件からするとおそらく億単位稼ぐ人は僅かで1000万くらいが一番多いよね
専業主婦やりたいといっても現実的に要求できる年収はこのくらいしかない
夫の年収1000万で専業主婦やって子供二人産む(場合によっては介護つき)、これもきついと思うんだけど、これが若い女性に人気の生き方なんだよな

>>年収700万未満の男と結婚して 共働きでヒーヒー言いながら馬車馬生活して 子供が病気だろうが障害児だろうが、絶対に仕事を辞められない貧乏生活よりマシだと思うよ。
実際に、子供をまともに育てようとしたら 年収1000万でもたりないと思う。

■専業の女と兼業の女っていう対比になってて面倒だわ
それが対立してたら、所詮兼業はと言ってる女を嫁にして だから専業はって言ってる女を部下にすれば男的にはウマーでしかない気がして

>>同じように子持ちVS子無しとか、既婚VS未婚とかって 踊らされて敵対して、自分の方が優れてて魅力的なのよとアピったところで それらのいいとこどりして楽できる男が喜ぶだけだよね。
自分の手を汚さないでも女が勝手に争い合ってハードルを上げてくれるんだから。
「専業は寄生虫、でも家事育児は女の仕事」という無茶苦茶な主張を 低収入の男までもがほざいてツケ上がるようになった原因の一端は 多分にこの、女同士で無駄に争い合ってきたことにあると思っている。

■小学校入ったら、昼ごろに帰ってくることもあるわ、PTAだの学級閉鎖等々、祖父母でもいなきゃ職場に迷惑かけるの目に見え過ぎて働きに出るのは難しいわ。

>>小学校は全家庭専業主婦がデフォとでも思ってるかのような予定の組み方だよ。
4年生から学童利用出来ない地域も多いしね。
なのにお国まで女性の労働力をもっと活かそうとか言い出して、ますます専業は肩身狭くなるわ。

>>「女性の労働力」を活かすっていうのが確かに疑問。
女性を働かせて、もっといろいろ消費させようとしてるようにしか思えない。
家事育児だって立派な労働なんだから、簡単に手放せない。
昼間の住宅街に老人と保育士と子供しかいないなんて不気味だよ。

>>同じクラスの親に教員がいて、仕事があるからPTAの大変な役はやれませんって言われた時には腹がたったな・・・
昼間できないってのはわかるけど、そういう風にしてるのはそっちだろ

一般企業も男性社員に子供が出来たら奥さん専業
女性社員なら誰かに子供預けてがデフォ
国が育児休暇を3年にするなんて言ってるけど、一人生まれるごとに3年も休むような社員 会社がまともに雇うわけない

■『夫婦格差社会』という本で 医者、大学研究者、法曹の妻の職業が書いてあったよ。
日本では同業婚やバリバリ働くキャリアカップルは意外と少なくて 研究者妻に至っては 65%が非正規雇用か専業主婦だった。
大卒女性がキャリアを維持できないのは日本特有で 結婚前出産前は高学歴でハイキャリアであっても、夫の留学や転勤や独立で退職しちゃうみたい。
私も夫と結婚する前に働いていた職業は 結婚しなくても充分暮らして行ける職業だったし、家庭に入る人生がくるとは想像もしてなかったよ。
妻には専業主婦でいてほしい夫がなぜ私を好きになったのかは謎。
でもバリバリ働くことが尊ばれる世情ですが 専業主婦生活も楽しくて毎日幸せだな。
東大京大慶應早稲田の女子学生が専業主婦希望という理由がわかる。

>>私も同じ状況だー。
我が夫も妻には専業主婦でいて欲しいタイプなんだけど、結婚相手に教養を求め、その有無を計る一つの指針として私の学歴や職業を見たらしい。

>>賢い男性は賢い女性を選ぶんだよ。
だって自分の大事な子供を産んで育ててもらうんだからね。
子供に教育や躾を施すことを、バカな人間には任せられないからね。

夫婦格差社会 - 二極化する結婚のかたち (中公新書) [新書] / 橘木 俊詔 (著); 迫田 さやか (その他); 中央公論新社 (刊)

■専業主婦業という仕事の面白さは 裁量権の大きさと、自分以外代わりがいないということにあると思います。
どうやったら付加価値(資産運用に限らず生活すべてにわたり)を生み出せるかなーと考えて あれこれチャレンジするのが楽しいです。
それと家庭外では無名で権威がないというところがまた楽しいです。
働いている時は職業名が邪魔をして、自由に動けませんでした。
どこにでもスルッと入って行ける。

>>そういう考えを持てる人は、結局バリキャリでも専業主婦でも目的意識に従って楽しく生きていけるんだよね。
私は家庭に入った途端、肩書失ったときは言い表せない喪失感に見舞われたし、申込書とかの属性に「無職 or 主婦」って書くのが居た堪れなくなったけど、それを自然に受け止めれて、尚且つ喜べてるのはスゴイ!
私の場合、夫婦ぐるみの付き合いや、初対面の挨拶時に学歴や職歴をさらっと聞かれることが多いよー。
「どちらの大学出身?」って、何気に高卒・専門卒・短大卒は完全排除する聞き方で なんだかな〜と思う。。
結局今は専業主婦なんだから、聞いたところで何の意味も持たないと思うんだけど、同列意識みたいなので安心したいのかな??
何にせよ、同じような偏差値の大学出て、世間で認められる仕事をしてきた奥仲間は付き合っていて安心感があるのは確かだ。

>>偏差値の高い大学を出るのが当たり前、大学進学率が低い時代でも、将来専業主婦になるとしても大学進学は当たり前の家庭は確かにあるよね。
夫がペーペーの時代はタカられないけれど 30代40代と年齢が上がって行けば行くほどお金や仕事紹介をタカリにくるゴミみたいな人達が増えるよ。
そういう人を排除するために足切りしてるのだと思う>何気に高卒・専門卒・短大卒は完全排除

>>考えてみると、弁護士の奥さんとかそういう苦労が多そうだよね。
確かに大学時代の友人が、配偶者の親戚とかにタダで法律問題解決してもらえると期待されりするのは嫌だって言っていたな。
思い出したけど、整形外科医の夫と祖母が入居する高齢者施設に行ったとき、祖母が入居者や施設職員など当たり構わず夫の出身大学やら職業を話しまくり、ちょっとした足腰のお悩み相談会状態になってしまったことがある・・・

>>相談希望程度ならまだいいのだけど ダイレクトに金の無心とか 保証人になってくれとか 一緒に会社起こそうとかの詐欺まがいのお願い事とか
妻には投資話〜ネズミ講のお誘い
子供にはもっと恐ろしいお誘い
年々、「学歴がなく家族に問題があり家計が火の車の人と関わったらオワリだな」と思うことが増えるよ。

>>あちこちで「夫の成功を自分のものと思うな」と嫉妬まじりで言われると思うけれど 本当は逆だと思う。
貧乏人やタカリ魔や詐欺師から身を守り家や子供を守るためにも「○○の妻」であることは、絶対忘れてはならないなと思うよ。
貧乏人やタカリ魔や詐欺師からすると、敷居を低くして欲しいから「いばるな」「虎の威を借るな」と言い張るけれど 彼等と関わるのはたった1秒間だってマイナス。

■私も、30代になったら男性と同じ責任・仕事量をこなしていくのは過酷だと思っていたので いくら高級取りとかキャリア・ウーマンと言われようが、専業主婦に憧れるようになったな。
どんな激務でも、上司や同僚男性が「家族がいるから頑張れる」と仕事に没頭する姿を見て 私は自分のためだけに彼らと張り合えると思えなかったし、空しさを感じるように。
寧ろ、こんな風に男の人を奮い立たせることの出来る奥さんの存在、家族の存在って凄いなぁと思い、私もそっち側の人間になりたくなった。
だから今、専業主婦として夫を支えられる存在になれて、とても幸せ。

>>すごくわかる。
そもそも男女共同参画と言われてるけれど、専業主婦持ちの男性の働き方に対応した昔ながらの労働環境のままだもんね。
日本は女性の体力や気質に合った労働環境じゃない。

私は35歳になると急に体力がガクッと落ちてきた。
30歳で夫の仕事の都合で退職してから5年間は、共働きしなきゃと焦ってたけれど 体力の落ち方や今後の人生を考えると今のうち専業主婦ライフを楽しもうと思ったよ。
20代のころ残業上等徹夜上等で働いてた時、小梨の先輩から「無理できるのは35歳までよ。35歳過ぎたら体力落ちるわよ」と言われてたけど、ほんとだなと思う。
更年期障害でてくるまであと10年もないかもしれない。
親の介護もでてくる。
いまのうちに大好きな夫との時間を大事に過ごしたいと思う。

>>よくわかります。
大学受験、公務員試験等就職までは、男女対等に勝負していけますが、実社会に出ると、体力含め男性の方が優れていると思った。
女医で外科医、緊急外来、女子の大卒国家公務員など、ハード過ぎて務まらないだろう。
少なくとも家庭と育児の両立は、厳しいように思える。
自営なら、経営面で参加してサポートしていくことが大事と思う。
育児が大変と言っても、いつか子供は大人になって巣だって自立していきますから。
夫依存にならず、経済的にも精神的にもある程度余裕を持って自立しているのが良いと思います。

>>男性は序列やシステム作りに適してる上に、違反者を罰することにためらいがない。
女性は他者をケアすることに適してる上に 違反者を罰するときに痛みを感じる。
この資質の差からしても、女性の脳は現代のビジネス世界において不利だなと思う。
管理職になるには、世の中を俯瞰して見る力も必要だし、他者と戦ったり厳しく罰する必要もあるからね。
他人を過剰に世話したり同情共感しすぎるとミスをする。
男には男の役割が、女には女の役割が存在すると思う。

■夫との結婚生活が幸せ過ぎる。
優しい賢いお給料も良い。
キャリアとか10年以上前に卒業した大学とかどうでもいい。
夫といつまでもマッタリ暮らしてたい。
福利厚生が充実してて人から羨ましがられる仕事だったけれど 元の職場に元の立場+昇進して元の給料貰えると言われても戻りたくない。
時間とお金どちらが欠けても、ギスギスする。
昔は時間がなくてギスギスして痛々しいバリキャリだったな。
今では名誉とか地位とか興味全く無くなった。
それほど今の専業主婦生活は幸せ。
夫と結婚できて良かった。

■本心から共働き主義の男女ほど、専業主婦希望者増加を喜ぶと思う。
自分の嫁のゲットするポストは、だれかが退職したからできたポスト。
自分たちの子供を入れる保育所学童は、だれかが退職したからできた枠。
専業主婦叩きしてる人は頭が悪い。

■女も手に職と、留学までして勉強してたけど、留学先で商社マンと知り合い結婚
今旦那の年収2000万超で子育てに忙しく幸せそうにみえる専業友人
時々、昔の努力はなんだったのかと思うらしい。
親に、今の旦那さんに知り合うためだったんじゃない?と言われると言っていた

>>ほんとの高収入男と結婚するには ある程度の知性も必要だと思うわー
可愛いばかりのおバカちゃんではずっとはついて行けませんから。

>>専業なんかになるんだったら中卒で良かったんじゃないの
学費がもったいないでしょ

>>だからー 頭がよくてプライド高い高収入男子は中卒とは結婚しないってw
小受、中受で母親の頭や学歴がそれなりに必要となってくるって、想像できない人もいるんだねー

■男はバリバリ働いてたくさんしっかり稼いできて、女は家で家事や子育てする社会じゃないと絶対うまくいかないと思ってる。
男は尊敬され家族から大切にされるし、女も本当の意味で夫を立てて心からお疲れ様と言えると思う。

今は夫より稼ぐ妻なんてザラだし、でも家事や育児が行き届いていなければ女の責任。
それどころか、夫が働けないなら妻が働けなんて言う人もいる。
そんな尊敬できない夫についていく妻なんてバカしかいない。
でも世間はそういう風潮。
女の負担が多すぎる。
専業主婦バンザイだわ。
まあかという私は独身でバリバリ働いてますけど。

■極少数の有能な女性が欲張って権利を主張した結果が今の歪みを産んでいる
出産した女性で本当に働きたくて働いている人はどのくらいいるんだろうか
出産しても仕事を続けられる制度が整ったのはいいことかもしれないけど 制度があるがゆえに夫から働くことを要求されている面もあると思う
能力のない女性がこれをやろうとすると、「会社にいる間が休憩時間」になってしまう
最近は初めからそのつもりで、ずっと腰掛け勤務を狙う女性もいるけどね

>>多分旦那の給料が今の倍になったら、仕事辞める主婦続出だと思うわ。
制度の充実のお陰で子持ち主婦の就業率が上がったとか言ってるけど、実際は旦那の給料じゃ暮らしていけないからとか世間体で嫌々働いている主婦ってかなりの割合でいると思う。

■格差がありすぎるのも問題だと思う。
庶民が一部の有能な女性に憧れてマネしても許容範囲こえて大変になるだけ。
富裕層の友人が子育てしながらキャリアも保っているけれど、庶民だったら不可能、もともとの育ちも違う。
ほんと、メディアに踊らされている女性はほんと多いよ。

■ごく少数の有能な女性は、上流階級や中の上階級の出自の女医さん達みたいな存在だと思うけど 彼女らは権利を主張しなくても、出自と夫がハイクラスなのでなんの問題もないんだよ。
女に働け働けと言ってるのは、甲斐性なしの男。

■「夫が稼げないなら妻に稼がせればいい」
これ10年以上言われ続けてるけれど、言う相手が間違ってるよね。
給料ピンハネしたり、ただ働きさせてるのは企業経営者だし 増税したり社会保険料増やしてるのは官僚なんだよ。
「女になんとかさせればよい」というのは、ガス抜き。

■ウチの近所での話だけど、だいたい専業主婦やってる人の旦那さんて、いかにも頭がよさそうで、高収入って感じの、オーラがでてる。
けっして派手ではないけど、趣味や車の車種、出勤の時間帯や帰宅時間でわかる。
あ、団地とかじゃないよ、一応それなりの閑静な住宅地での話。

■だって旦那が年収1400万あるのに どうして小さな子供預けて、家事おろそかにして働かないといけないの?
年収140万なら働いて合わせて300万くらいになるように頑張るけど

>>だよね。
今更働いたって小さい子の居る主婦なんて、残業出来ないからパートかせいぜい派遣社員。
がんばって働いたってせいぜい年200万くらいしかならない。
その200万の為に家事する時間削って保育所に金払って、扶養はずれて健康保険とか払うなら働くだけ損。

■イギリスでは両親ともに働いて家政婦雇う家庭が多いぞw

>>ミドルクラスと労働者階級で違うかな。
ロンドン市内は専業主婦率が高いとかなんとか。
シッターや家政婦さんの雇い方はいろいろだけど、住み込みでマトモな人だとそれぞれ月50万。
イギリスは階級で話す英語も違うので、低賃金で労働者階級や移民のシッターを雇うと子どもの言葉使いがそれになるリスクがあり、結局、高い資格持ちのシッター雇うらしい。
保育園料金は、国の補助無しでバカ高くしかも少ないです。
普通のリーマンだと保育料払えないから大変。
共働きで家事育児アウトソースできるのは一部の勝ち組夫婦だけだよ。

■一流企業で出世候補だったら、なおさら妻は専業主婦じゃないと夫の過労死リスクが高まりますね。
出世候補は皆専業主婦持ちで、競い合ってるんで。

>>確かにそうだね。
夫が高給エリートならそれなりの家や環境を用意していて当たり前だし。
稼ぎが多いのに奥さん残業で家のなかグチャグチャとか、残業で飲食店もしまってるからコンビニ弁当なんて低レベルな生活を送らないよね。

>>メガバン出世候補は、過労死や鬱病で退職するのは独身男性ばっかりらしい。
専業主婦が夫を支えないと過労死する世界。
エリートの20代30代のころの生活はそんなものだと思う。
共働きで妻が正社員であれば、転勤や海外赴任を打診されて二つ返事でOKはできない。
そんなことしたら干されるから、出世なんてできないですよね。
このご時世、専業主婦になってくれる女性の方が希少価値があると思いますね。

■うちは、夫のストレスや身体的疲労を減少させるために専業主婦になったな。
共働きしてたら、夫が家で休めない上に家事育児分担で趣味の時間も確保できないようになる。
それこそ残業当たり前の仕事と家事労働のダブルパンチ。
よっぽど低収入だとかよっぽどリストラの危機に晒されてるとかじゃないかぎり専業主婦の方が男はより良い人生歩める。

・高収入男性 → 数多くの女性から選んだ美人&気だて良し&有能&コネ持ち嫁が専業主婦で完全バックアップ 
→休息完璧な上に余暇が生まれる
→ さらに出世&自己実現 子育ても完璧なので子供もエリートに

低収入男性 → ブス嫁無能嫁しか手に入らず嫁共働きでバックアップが不完全 
→ 家事育児分担で暇無し 疲労取れず 夫婦でクタクタ 
→ ミス多発 急な休みで バリュー出せず職場で干されるリストラ候補に 子供は諦めるか子供は放置児化してDQNかニート

年を取るほど格差が大きくなるね。

■共働きすると年間500万はロスしてますね。
夫の出世や健康にも響くので、将来的なコスト含めると 妻が時短とっても年収1000万超えるとか
夫が「手取り」で2000万以上あり、ハウスキーパー楽々雇えるとか、実家が資産家で資産運用がメインで趣味的な道楽仕事をしているか じゃないと、共働きしてもキツいと思いますね。

■今の日本は外注代が高いから 結局、高収入男性と結婚しないと共働きもままならないんだよね。
1500万程度ではオール外注できないから専業主婦になるんであって。
世帯で3000万4000万それ以上行くと共働きも楽になるんじゃないかな。
マンパワーで共働き家事育児介護なんて、仕事か育児か健康に皺寄せくるだろうな。

専業主婦18
出世4



posted by 現実主義 at 12:00| 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。