2013年05月23日

恋愛17

■「爪きれいにしてるね」と彼女のネイルを褒めた彼氏が続けて「鼻ほじりたい時どうしてるの?」とおっとり聞いてから隣りのテーブルの沈黙が心臓に痛い

■さっきマクドで順番を待ってる時に前にギャルが携帯で元彼らしき人と話してたんだけど
『ヨリ戻すとか無理やから!あれやろ?お前いらん漫画を全巻売ったけど 今更また読みたくなって 手離した事を後悔するタイプやろ?』って言ってて その覚えのありすぎる経験に周りの男性がビクッと反応してた。

■男「ずっと前から君のこと好きだったんだ!付き合って下さい!」
女「ごめんね…私、彼氏がいるの」
男「そっか…ごめんこんなこと言って…じゃ、じゃあ先帰るね…」
女「…待って!!」
男「!!」

女「彼氏が居なくても…あなたとは付き合わなかったと思う…」

■狙ってる女を食事に誘って あげく回転ずしや吉野家に連れていく男
もう狂ってるとしか思えない
一生独りでいろと思う
そしてこういう話をすると「大したことない女だから安い店に連れて行かれたんだろーw」と反応する2ちゃん男
そりゃお前らモテないわ〜死んでろ、と思う

>>みみっちい男は本当に嫌だね。
誕生日に食事に誘っておいて、たった一杯のグラスワインをケチる男。
メニューを上から下まで見て、「う〜ん、どうしょうかな?」と又、上から見始める。
コースとアラカルトでどっちが安上がりなのか、必死で考えているんだろうな、
結局、前菜、オムレツ、パエリアを二人でシェアorz
駅で別れた後、サイゼリアでピザとデカンタワインで飲みなおしたわ!
二度目に誘われた時、「無理しないで、マックでも吉牛でもいいよw」と言ってやった。
聞いた話では未だに独身で実家住みで、両親が「別居で家を建ててあげると言ってるのに、お嫁さんが来ないのよ」と嘆いているとか…

■自分から誘っておいて憧れの女とデートしてもらえたのに 安い飯屋に連れていく男なんて死んだらいいと思うの
質素や倹約家じゃなくて人の心や空気を読めない男は恋愛する資格ないし嫌いだわ

>>そーゆー男に限って 居酒屋以外の場所では挙動不振な顔でメニューは単品でしか注文せず、何度も店員に「水ください(無料)」
学生時代にファミレス価格のレストランでアルバイトしてたから解る。
陰では彼女のジュース代も出せない水ください男って呼ばれてたよ。
もれなく彼女も喪女っぽい感じだから まぁ、お似合いだけど、私は「水ください男」が嫌いw

>>しみったれた男って本当に情け無いね。
食事に誘っておいて相手が何を食べたいか聞くより先に、開口一番「俺は○○○」と一番安いメニューを頼む男が嫌い。
以前、名古屋に旅行した時、有名な味噌カツ店で相席になったカップルの男がそれをやっていて、彼女も気を遣ってか、味噌カツ店なんて定食がディフォなのに単品で注文してた。
もちろん「水を二つください」と言ってたw
元々少食なのかも知れないけど、懐が寂しい時は見栄をはらずに最初からファミレス、ファストフードにするとか、割り勘にすればいいのに。

■ある日A子が「恋愛相談がしたい」と電話してきた
A子『ここ1年付き合ってる彼氏が居るんだけど、最近彼の気持ちがわからない』との事
自分の話を滅多にする子では無かったので、その彼の情報はゼロ
どんな人で、どんな付き合い方をしていて どんな考えを持つ人かの判断材料無しではアドバイスも出来ない。
だから「どんな人なの?」と普通に聞いた
A子「医者で、優しい人」
う、うーん(´Д`)
それだけじゃ、まだ何にも言えないなぁ…
私「じゃぁ、どんな出会いだったの?」
A子「私が通ってる病院の先生で、通ってる内に彼が私の事を好きになったの」

私「へぇー、お医者さんかぁ。お医者さんってどんなデートするもんなの?」
A子「まだ、二人きりでデートした事は無いけど看護師さん達とBARで飲んだりかなぁ…?でも、毎日病院で会ってるから寂しくないよ♪」

私「え?(゚д゚)二人きりでデートもしてないの?付き合って1年なのに…?」
この時は私もまだ『医者って忙しいからか?もしかしてなんか点数稼ぎの為とかで騙されてるんじゃ…?』と思ってた

A子「それでね、最近ちょっと冷たい気がしてね。デートも誘ってくれないの」
私「じゃぁ、メールで『毎日お疲れ様。今度何か美味しいもの差し入れようか?』とか気遣ってあげたら?彼も疲れてるんじゃない?」

A子「毎日会ってるからメアドなんて知らない」
私「え?(゚д゚)電話でやりとり系?」

A子「ううん、電話も知らない」
私「え?じゃぁ、告白ってどうやってされたの?」

A子「わざわざ言わなくても伝わる事ってあるじゃない?」
さすがに、鈍い私でも ちょっとおかしいな?と思い始めて何にも言えなくなった
そんな私を尻目に
A子「わかった。手紙書いてみる」と言い電話を切られた

>>園山真希絵みたいw

■彼女の家でマターリしてたとき突然、「話があるの。あ、でもやっぱいいや今度話すね」と言われた。
気になったけど話し流す意味で「何だよ、気になるなーww」とか言って流したんだけど 彼女とご機嫌で少しいちゃいちゃした後 ベッドに入ってさあ寝るぞってなったとき「何で俺君が私に優しくしてくれるかわからない。そんないい人じゃないよ私。何で私のことを好きになったの?」と言われたので、ここが好きだとか、ああいうところが好きだとか言ってたんだけど「全部違う!私そんな人じゃないよ!違う人みたい…」と不機嫌モードに突入。
さらに「俺君って死にたくなったことある?私はね 死ぬ日にちまで実は決めていたんだ」だとか言われた。
寝てるとき彼女はずっと俺と反対方向いてたし 以前からメンヘラなのかなーって疑問に思ってたけど確信した瞬間。

>>その手のタイプはこれから先ものすごく厄介になるよ

>>彼氏「ち、ちなみに死ぬ日にちってのはいつよ……」
彼女「……2120年4月7日」
彼氏「どんだけ長生きだよ」

■彼女がプチクレーマー
ちょっと気に食わないことがあるとその場でぐちぐち言う
例えば、クレープ屋で作る工程を見てるとき「結構入ってる量少ないんだね」
ファミレスで料理(その時はエビクリームパスタ)が運ばれてきたとき「えびがちっちゃい…」
会計で万札出してお釣りが全部千円札で返ってきたとき「五千円札ないならないって言うべきだよね」(これはレジ離れてから)
その場を離れてから言うならまだしも、小声になるわけでもなく店員のいる前で堂々と言っちゃう上に同意求めてくるから正直一緒にいて恥ずかしい…

■学生時代に付き合っていた彼女が「卒業後は実家に帰る」と別離宣言。
帰省したときに高校の同級生と親しくなり結婚の約束もあるという話。
すごくショックだったが、おれも就職で夢中だったので 人生そんなものかと引き留めもしないで分かれることになった。
まるでイルカの「なごり雪」みたいにホームで見送った。

おれはすぐ別の恋人を見つけて昔の女のことも記憶から薄れていったが、10年後くらいに共通の友人に聞くと、実は彼女のお母さんが脳梗塞で倒れ その介護もあって実家に帰ったのだという。
恋人の話はうそ。
その時点でも独身で仕事をしながら家族を支えていた。
年賀状の交換から連絡をとりあったが、彼女が結婚したのは寝たきりのお母さんが亡くなったあとの40を過ぎてから。
子供のいるバツイチの男と一緒になった。
お祝いの電話をしたら、さばさばした意外に明るい声で「あのとき、あなたが一言でも一緒にいてくれと言われたら、残ったのよ」と言われた。
なんで本当のことを言わなかったんだ、と言いたかったが言えなかった。
おれは、愛情を試されたのかな?

>>正直に本当のことを言わず、人を試すような人間とは別れて正解

>>これから何年かかるかわからない要介護の家族がいる、というと
・逃げられるかもしれない、ならいっそこっちから形よく振ってしまえ
・結婚したら相手に負担が、ここは私さえあきらめればいいのよ
・と見せかけて、映画のように「待て、おい、オレがそんな男だとでも思ってたのか!」と追ってきてくれたら・・・
がぐるぐるループして空回りしたんじゃないの

■前に付き合った女がデートで俺の知らなかったおされな店ばかり誘う。
金が続かないし、行くたびに落ち込むので忙しいふりしてFOした。

>>分かるわ。。。
なんていうか女って高いサラダとか注文するんだよな
主食、例えばうな重とかかつ丼とかに1200円なら納得するんだけど サラダとか、カルパッチョとか、なんかそんなのに2000円とかさ。。。なんかいやだよな

■彼氏とスタバでコーヒーを買って近くの公園のベンチで花見しながら飲むことにした
私が蓋を取って普通に飲み始めたら それは違うと言われて 彼氏は蓋のマドラーを刺してあった穴からチューチュー吸って飲んでいた
どっちが正しいかは知らないが(私としては自分が正しいと信じてるけど)彼の飲み方や飲む表情が馬鹿っぽくてなんか冷めた

>>・・・・・・・・・・えーっと

>>信じられないかもしれないけど、彼が正しいよw

■風呂からでた彼氏がチンチンブラブラしながら腰を降りながら鼻歌まじりでチャーハンを焼き上げたので冷めた
服ぐらいきてよ
鼻歌でけーよ

>>楽しい彼氏だけど恋心が冷める気持ちは分かるw
フルチンは視覚的にも物理的にも迷惑だからねー

■単身赴任中年男から最近きたメール。
『○○子さん、お疲れ様です。
あの後から打ち合わせだったのですか!
いったい何時に帰られたのですか?
今週はゴルフでは無かったのですね。
早く新しい人が入るといいですね。
でも私は、○○子ちゃん命ですから、常に体調含め心配です。
でも人ってこんなにも好きになれるのですね。
きっといつか○○子さんと二人だけの生活を実現したいです。
目指す物が大き過ぎて、夢物語で終わるかもしれませんけど(笑)
まだまだ恥ずかしくて口では言えませんのでメールで書きますね。
○○子さん!心の底から大好きで愛しています。
毎週ロト6買い続けています。』
うぎゃー!キモイキモイよ!
土曜の早朝にこんなメール送ってくんな!
つーかなんで既婚のくせに私と暮らすつもりでいるの?しかも50代半ば!
介護ヘルパーじゃないっつの。
私の誕生日の数字でロト買い続けて、当たったら私と再婚するって言いふらすのやーめーてー!
実のメールはこれ全部改行なし。
開いた瞬間閉じたくなる気味悪さ。

■ちょっといいなと思ってた男から、芸能人を引き合いに出されて「いくら美人でもああいうのはダメだな、お前くらいのがちょうどいいよ」と言われて冷めた
いや、何も始まってなかったけどさ
「いやあ、私は妥協されてまで付き合ってもらおうとは思わないな。ブスでもお前が一番いいって言われる方が嬉しいね」と返したら
「お前で妥協するっていうのは男の照れ隠しだよ、そこ汲み取れない女はダメだよ」と来たので
「ああ、女相手に常に有利な立場でいたいって奴ね、女には小っちぇえ奴としか思われてないよ。適当におだてりゃご機嫌だから付き合いやすいって言う女もいるけど、男としてそれはオケなの?」と、穏やかに返してみたら
「うん…まあOKかな」
正直な所はよろしいが、冷めた気持ちは戻らん

58 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2013/05/15(水) 09:39:39.42 ID:o1ssnu+8
イメージと違うってあるよね
かなり昔の話だけど、バイト先に顔がドストライクの年下の男の子がいた
口数もかなり少なく、みんなで話していても鼻でクスッと笑う感じの冷めた感じがまた良かった
かなり好みのタイプだったので 結構頻繁に話し掛けてちょっと仲良くなった
ある日、2人で車の中で何かの会話の時に突然「どちてどちて〜?俺と付き合ったらお母さんにならないと駄目だよー」と言ってニコニコ笑顔で膝の上に仰向けに寝転んできた
そんなタイプに全く見えなかったし、いつものクールな彼はどこへ??
別に年下が好きだった訳じゃないし、むしろこういうタイプは苦手
サーっと冷めたと同時に、ゾーっと鳥肌が立った
もちろん付き合うこともなく話掛けるのもやめた

>>クールなんじゃなくて、外の人には内面を見せないだけだろ。

>>60 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2013/05/15(水) 09:53:12.15 ID:o1ssnu+8
1年以上観察してたんだけどね
「どちてどちて」は想像を超えてました

>>うわー、わかるわ。
結構仲良くなってきて自分も付き合ってもいいかも?くらいの気持ちの時に 今まで普通だった相手に急にグニャグニャに甘えられて 上目遣いにはずかしそうに見つめられたり、おまえは女かと思うくらいくにゃくにゃ動いて首かしげてきたりで サーーーっと寒気がして冷めたことあるよ。
付き合うのは無理って断ったら なんでどしてメソメソメソメソって感じで 最後まで気持ち悪かったな。

■学生時代の小さな冷め
ちょっといいなと思ってる人と 八個入りのタコ焼きを割り勘で買って食べることにした
私が三つ食べる間に彼は四つ食べて、何の断りもなく五つ目を食べた
もし食べていいか聞かれたら何の迷いもなく「いいよ」って言ったと思う
それか彼の奢りなら彼がいくつ食べようが気にしなかったと思う
しかしきっちり割り勘で買った八個入りのタコ焼きは 常識で考えて一人あたり四つずつだろうに、そういうところに考えが及ばない、気を遣えない人なんだと思ったら冷めた

■楽しい事しか共有してくれなかった。
仕事ですごく落ち込んだ時 話を聞いてもらおうとすると「どうするか結論でたら又言って。それよりさ〜」って自分の話ばかりする。
私の家族が病気とか、親戚が被災した、とか そういう話題も「自分が心配してもどうしようもないし。結果がわかったら聞くわ」
二人でどこかに出掛けたり、そういうプランをいつも用意してくれて とても楽しいんだけど、弱ったときや心細い時は、シャッターを閉じられてしまう。
でも、彼も自分の弱ってる所は全く見せてこないから、そういうポリシーの人なのかと思う。
私にはまだまだ修行が足りないわ。
と、冷静に熱も覚めた。

672 名前: 恋人は名無しさん [sage] 投稿日: 2013/04/10(水) 20:47:14.40 ID:1WNRreBQ0
俺は夢のために頑張るから!と言い、就職もしなかった彼氏。
「俺はクリエイティブな夢のために頑張ってる、お前は現実的すぎる」とかうるさくて、自然消滅状態だったのが、一年ぐらいして突然呼び出された。
連れて行かれたのはなぜかマンションの屋上。
なんだろうと思っていたら「このマンション、先生の仕事場なんだ」
漫画家のアシスタントになったらしい。
絵の関係の仕事をしたいとはいっていたけれど…。
その後も延々続く「先生」自慢。
で、自分は?漫画家になるの?デビューは?と聞くと、「俺は才能あるから、そのうちね。今は先生のところで学ばせてもらっているよ」と上目遣い。
「槇原敬之の歌に、遠く遠くってあるだろう?俺のことがわかるように、って…」
単なるアシスタントのくせになんなんだこのナルシストっぶりは、と鳥肌が立って、携帯ごと変えて連絡しなくなった。
その後なぜか地元に帰ってきたらしいが、「クリエィティブな夢」が叶ったという話はさっぱり聞かない。

>>本当に夢のために頑張る人は普通に就職してるよな…

>>マンションの屋上に呼び出されるとか怖すぎwww
夢が叶わないから俺と一緒に死んでくれとか言われるのかと思ったわwww

>>676 名前: 672 [sage] 投稿日: 2013/04/10(水) 23:42:53.35 ID:1WNRreBQ0
夜景を見せたかったらしいです。
「東京の夜景は綺麗だろ」(ドヤ ってずっと言ってました。
先生の仕事場が何階にあるんだか知りませんが。

恋愛16
槇原敬之



posted by 現実主義 at 11:00| 恋愛・結婚・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。