2013年02月28日

会社とはこんなところ40

■仕事でミスすると自分の後頭部を叩き その勢いで舌を出す女がウザイ
その後両手で両耳をひっぱり舌を元に戻す所までが一連の動作
これを1日5回以上する
目が合うとRIKACO笑いもするのでウザイ

>>想像してワロタ

>>それよりも 何か話している時に噛むと 自分の頬を平手で軽く打つおっさんがうざい

>>これいるよな
やる奴みんな男なんだよ

>>しかもきまってオタクっぽいやつがやる

■入社以来毎日のように遅刻を繰り返してた同僚が たまたま早起きしたとかで30分前に来て 会社前の通りを掃除してた 
自分もたまたま早く来すぎて暇だったから一緒になって掃除してたら 通勤してくる社員全員がこちらを見た途端になりふり構わず全力疾走で会社に駆け込んでいく 
どうやらいつも遅刻してた人間が会社にいることで「遅刻した」と勘違いしたらしく、ほぼ全員がタイムカードを見ては首を傾げていた 
そして、上司を含むそのうち数人は 日頃の運動不足が祟ったらしく、足首を捻ったりくじいたり、入り口の階段を踏み外したり、酸欠を起こして救急車で運ばれていった 
同僚ひとりが遅刻しなかったというだけで ほぼ営業停止状態に追い込まれた会社を見て笑わずにはいられなかった   
その同僚には現在「早起き禁止令」が取締役より下され、絶対に始業時間ギリギリに来るように厳命されている

■社内で 電気製品の保護ビニールを取る派と取らない派で争いが勃発 
最初の切っ掛けは新しいPCを社内に導入したこと 
たまたまそのパソコンの裏側に座る席の人が取る派だったために 見苦しいという理由でモニター裏のビニールを取ってしまった 
取らない派だった管理者が大反発して大喧嘩に 
仲裁のためにそれぞれの上司が出張ってきたが こちらも取る取らないで大喧嘩 
さらにその上の専務と常務に飛び火して 取る派と取らない派が社内を二分することに 
社長が取る派だったために鶴の一声で決まりそうな所に 取らない派の会長が参戦 
ますます泥沼化 
結果 取る派の大半が会社を去ることになった 

最初の切っ掛けを作った二人は「了解取ってからにすれば良かったな」「ビニール程度で大人気なかった」と仲直り 
この二人以外が迎えたとんでもない修羅場だった 
ちなみに原因は DELLのモニター裏のロゴマークに貼られた保護ビニール 

■来日したての外人上司のカタコト日本語が愉快ww

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:15:19.13 ID:wzETJJtB0
とりあえず日本に赴任が決まって覚えたコトバは「郷に入っては郷に従え」らしい。
超いいやつwww

>>長いものには巻かれろも教えてやれ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:16:43.61 ID:wzETJJtB0
外資のメーカーの日本支社なんだが、赴任初日にその上司からわれわれに送られたメールで、
部下の皆のことを知りたいから個人面談しましょう の旨で来たのが以下メール(一部抜粋)
「まずは皆のことを知りたいです。
今週で皆の安全日を教えてください。
考慮に入れます。
とくに過敏なパーソナリティ情報を交換しますから、密会がいいです。」
ラブリーすぎwww

>>クソワロタ。
安全日って飲み会とか出来るフリーの日って事で書いたのかな?

■上司にきつく叱られた後輩を慰めようと「お前、大丈夫か?」と声をかけたら
「はい大丈夫です。風邪はもう治りました」と返答されて('A`)
お前の体調の事なんか知らねーよ!

■シルバーの運動靴はいてきた先輩に「おっ、ホイル焼き!」って後輩が言って、
先輩が嬉しそうに「ホイル焼きか〜」って答えてるのを見た。

■ラーメン屋で隣の客たちの会話。3人組
先輩A「忙しいなー仕事」
新人B「今ってやっぱり忙しいんですか?」
先輩A「忙しいね。そうだなぁ忙しさを5段階で表すと・・3.5くらいだな」
先輩C「いやじゃあ10段階で言えや」
Cのツッコミめちゃ早くてw

■海外転勤になる部長の大規模な送別会があって、散会前に全員で記念写真を撮ることになった。
みんなご機嫌で位置について さあ撮るよってなった時に、隣にいた酔った上司が「喪山、何か面白いこと言え!」と鬼フリしてきた。
普段全く関わりのない他フロアの人も大勢いる中でいきなり注目され、動転してアウアウした末、
なんか大勢集合してる様子から咄嗟に物置のCM思い出して
「やっぱりイナバだ100人乗っても!」
と叫んだ。
そしたらみんなが「大丈夫!」ときれいに合わせてくれて、パチリ。
次の瞬間、歓声と爆笑に包まれてた。
それ以来いろんな人から声掛けられるようになり、一部の人たちからは畏れ多くもイナバウワーというあだ名まで賜った。
喪であることは一ミリも変わってない。

■ブラック企業イコール黒字企業だと思い込んでる上司が電話などで「オタクもウチと同じブラック企業でしょうが?もしかしてウチよりもブラックなのでは?(苦笑)」と得意先に話す度に胃薬飲んでる

■昔、得意先から「お前んとこの営業車に煽られた!しかも追い抜きざまに睨みつけやがった!どーなってんだ!取引停止だ!」って内容のクレームが入った。
すぐに所長まで話が言って「うちは車に大きく社名が入ってるんだ!看板背負ったままそんな反社会的な行為はするな!」ってめちゃくちゃみんな怒られて、結局担当者の俺と所長で謝りに行くことになった。
そのことを得意先に話すと「所長なんか来なくていい!ナンバー控えてあるから、そいつを連れて来い!」
「わかりました…ほんとすいません…ナンバー教えていただいてよろしいですか?」
「38○○だ!!」
「やっぱり所長連れて行きます…」
「なんでだ!」
「それ所長の営業車です…」ってことがあった。
もちろんすげー怒られて所長が出入り禁止になった。
今は笑い話だけど。
どこの会社でも起こり得る話だから気をつけてね。

■某政党の某から、選挙絡みの演説会?みたいなのを、うちの会社でやらせてほしいと打診があった
会社あげて応援してるわけでもないのに、そんな申し出してくるのに驚いた

>>朝礼とか、全社員が集まるような場でちょっと演説させてよ、ついでに投票もしてよ、ってことじゃないの?
うちにも来たよ、宗教の政党
顧客に信者がいて連れて来るんだ

■デザイン事務所をやっているんだけど、先日のお話。
知り合いの伝手で商工会のイベントのポスターの制作依頼がきた。
窓口は40代女性Aさん。
「知り合いで見つかってよかったわぁ」とニコニコしながら何度も言っていた。
B3サイズ(645mm×515mm)が200枚必要との事。
けっこう大きめ・・・。
印刷会社とのコネもあったし、デザインも大したことがなく、なにより、いつもお世話になっている知り合いの伝手だったので
「制作費はいただかず、印刷代のみ、おそらく1万円程で出来ると思いますよ」と伝えた。
おそらく普通に制作会社に依頼すれば、その10倍、デザイン費込みで10万以上はかかるかと。

そしてデザインの最終確認後、印刷する前にもう一度、金額の確認をした。
印刷会社も頑張ってくれて、8500円で引き受けてくれた事をAさんに伝えると、「えええええ!!本当にお金取るつもりだったの!!!それなら知り合いに頼んだ意味がないですよね!」と驚いていた。
俺も驚いた。
そしてプンスカしながら帰っていった。
「他をあたる」と。

後日、商工会の代表?のB氏から連絡があった。
「やはり7万円程度であれだけの数を作ろうというのが甘かったでしょうか。
私たちは相場も知らず、デザインまでしていただいたのに、大変申し訳ございませんでした・・・無知をお許しください・・・」と。
俺は頭の中が?になり事情を伝えた。
B氏も驚いていた。
Aさんにはポスターの制作費として7万弱が商工会の雑費から出ていたらしい。
そして急遽、ポスターは印刷する事になった。
結局、迷惑料とやらで半ば強引に10万円を受け取らされた。
そして更に後日、Aさんには過去に同様な事が少なくとも6件発覚したらしく、裁判にまで発展しているという話を耳にした。

■職場の上司(女)がすごく嫌いで その上司の婚約者に色々吹き込んで婚約を破談にさせた
吹き込んだことは
・職場の中に穴兄弟が3人いる
・2回堕したことがある
・副業として風俗で一時期働いていた

全部嘘ではない
直接本人から話を聞いていたから
特に堕したことは自慢げに話してたから 何考えてんだと思っててムカついたきっかけだった

■結構有名な設計事務所の奥さんは 経費でエルメスやヴァンクリフの高額な商品を経費で落としてたけれど、どういう裏技があるのかは聞いてない。

>>女性は衣装代が認められやすい。

>>ITやってて時々取材があったりするので『広告に関わる衣装代』ということでアルマーニなどを経費にしたことはある。
税理士は取材で掲載された雑誌があるから余裕で大丈夫と言ってたが本当かな?

>>むかし広報の仕事してました。
掲載誌があるなら余裕です。
私は社長と伊勢丹のメンズ館にいって スーツにベルトに靴一式選んで、領収書は経費として精算してました。

■356 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2012/12/10(月) 12:55:18.89 P
いまの時期はデパートの領収書はなんでもお歳暮でいけるねー

■自分は会社が可愛いから、何でも経費...って考えにはならないな。
ヴァンクリやブチェは店が2割、外商が1割引いてくれるんで、何かそれで充分って感じがするし…。

>>それが普通。
ヴァンクリは時計はかなり外商さんひいてくれるよね

>>そういう考え方のひとのほうが会社は大きくなると思う。
変に小細工してるとこは業績不振になるんじゃない?

■新人「すいませんここ分かんないんですが、、」
団塊「自分で考えろ!!ワシらの世代は先輩の動きを見て仕事を学んだんだ!」

しばらくして
団塊「なにもしてないのにパソコンの動きがおかしいんだが見てくれない?」
こんなのいつものこと

■身辺調査をやってる会社はある
隣の家の人の再就職先がウチに電話を掛けてきて「何か問題を起こした話を聞いたことありませんか」とか聞いてきたので
「おたくはそんな事を近所中に聞き回ってるんですか」と逆に聞いたら「この事は内密にお願いします」だって
ビビるくらいならやるなよ

■京大卒なんだけど高卒にして働いていた人いたな
大学名で落とされるからって

>>なんだそりゃ
どこでも入れそうなのに

>>お偉いさんに高卒が多い職場だと大卒の人は肩身が狭いんだよ

>>分かるわ
大卒だから出来るでしょ?分かるでしょ?される

>>田舎なんか特に逆学歴差別が酷いよ
高卒dqnが高学歴を目の敵にしてる

■「会社の上司が嫌な奴なんだけど、部下の男たちは上司の顔色うかがってばかりで、誰も毅然と言い返すことができない。
ところがある女性社員が『部長、それはおかしいと思います!』と一喝した。女は強し!」
みたいな女の武勇伝。
そんなの、女はいざとなったら会社辞められるから言えるんだろう。
男が上司の機嫌を損ねたら人生詰む。

■会社で倒れた
オフィスを出てすぐの廊下
寝不足と過労と胃炎で貧血を起こし、失神したらしい
が、「とても幸せそうな笑顔だったのでふざけてると思った」と、1時間近く放置されてた
骨折や盲腸の時も、医者から「もっと痛そうにしないと切迫感が伝わらない」みたいなことを言われたことがある
俺はそんなにふざけた顔をしてるのか

>>ほのぼのとした癒しに溢れた顔をしているんだろうねw

>>地顔が笑顔の人なんだろうか

>>香港かどこかのIT企業で、職場のデスクで死んでたのに半月気がついてもらえなったエンジニアの話は聞いたことがある。
24時間PCにかじりついてるのも、風呂に入れなくてちょっと臭いのもいつものことだったそうだ。

>>若年性痴呆で真っ当な会話ができなくなってたのに、半年気づいてもらえなかった部長さんの話もあったな。
にこにこして「うんうん」と言うだけで業務は滞りなく回ってたそうだ。

181 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2013/02/09(土) 22:03:32.66 ID:eFktp747
ある日の朝、会社に行ったら宅配業者が鉢植えの花を届けに来たので受け取った。
宛先は同僚のA子。化粧品メーカー出身で、年齢不詳の美人。独身。
あまり自分の事を話す人ではなく、でも仕事はすごくできるので 皆、「謎は多いけど頼りになる人」という評価だった。
送り主は取引先の男性で、A子の前職からの知り合いらしい。
何で花が届いたんだろうと思ったら、A子はその日が誕生日だった。
A子が出社してきたので渡すと、A子は「気が利くね〜」と言って 花の入っている段ボールを開封した。
鉢植えにはメッセージカードが添えられていて、そこにはでっかく
「33歳」
と書かれていた。
私たちははじめてA子の年齢を知った。
ビックリして皆、黙りこんだのが静かな修羅場。
小さな低い声でA子が「あの野郎…」とつぶやいたのが恐かったw
年上と知らずにタメ口使っててごめんA子。

>>A子
何やらかしたんだ
復讐されてんぞwwww

>>183 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2013/02/10(日) 00:03:58.09 ID:soZqIc81
復讐じゃなくて、仲良しだからこその悪戯だったみたい。
すぐに電話かけて、A子は相手にお礼言ってた。
ただ、「あんたの8月の誕生日は私が盛大に祝ってやんよ(意訳)」と言ってたので、A子のほうが何かやらかすつもりだwww

■上司の知り合いに、ビルの窓ガラス洗浄を請け負う、小さな清掃会社の経営者がいて、
その人は高校進学も就職もしないでブラブラしてる中卒の奴を連れてきては、ビルの窓ガラス洗浄の仕事でしごき、
その一方で、夜学に通わせたり運転免許を取らせたりして、機会が来ると「もっと稼げる仕事に就け」と、会社から送り出すのだという。
その人は今まで何人もそうやって、中卒のどうしようもない奴を立て直してきたそうだ。
世間的には単なる掃除屋のオヤジだろうが、俺はその人を、そこらの企業家の何倍も尊敬している。

■職場で新人に業務を教える時 わざとヒントを出し渋ったり 後出しで注意事項を追加してその新人がミスするように持って行き ジワジワといたぶる様な奴が嫌い
あんたいい歳して恥ずかしくないのか?と言いたい

>>底辺パートの世界のオバチャンに多いよね
自分の再就職先が無いから

■好きなことをやってると能率が格段にあがる
仕事がいやならやめてしまえ、いやなことを無理やりやっていいことはひとつもない。
俺が社長なら なにがやりたいのかどこの部署ならたのしくできるかまず聞いて そこに配属する。

>>部下持ちだが、やりたい事しか出来ない奴は、まず大成しないし不要。
何故なら、壁にぶち当たった時に投げ出すから。
嫌いな事も涼しい顔して必要最低限の成果を出す奴は上に上がれる。

>>嫌いなことや面倒なことは、それとなく他人に押し付けて 手柄だけ自分が目立つ形で頂く、失敗したら関係ない振りする
そういう‘ウマい’技ができる人間が、上に行ってる

■今までの経験で、組織の上に登っていく人間の特徴は
自分の担当以外の仕事には徹底的に無関心
口ではきれいごと、やることは自己保身
わがまま、頑固
周りに責任転嫁する生まれついての才能(こればっかりはまねできないw)
余計なことに絶対に首を突っ込まない、他人事を貫く

■会社も社会も意外とアバウトな仕組みで動いてるという事に気付いた
割と重要なことを適当に処理したり、そもそも処理する仕組みが無かったり
何か問題が起きてからようやく取り掛かったりと・・・
そんなんでも意外と潰れない

■想像以上に上司またはベテランの言葉は重い
若手の意見には文句言ってた中堅どころも、ベテランが同じことを言えばわかりましたと簡単に同調する
新しい提案をする時は とりあえず先に上の了承をもらっとけば、文句を言う奴に対して「すでに上の了解は頂いてます」と言うとすんなり通る
ごく一部の人間はそれでも食い下がったりするけど

■説明の旨い奴の勝ち。+笑顔と、ナンクルナイサだな。

>>わかる。
理屈をしっかり言えるかが全て。

■大手に転職できて、わかったこと
こいつら、頭数だけで動いてるわ・・・・
知識はないだろうけど、決断力判断力は自営個人事業主のが断然上だ

>>出世コースの人は、自分の経歴に傷をつけたくないから、大きな決断や大胆な行動はしなくなるんだよ。
日本の老舗大企業は減点方式で人事評価をするからね。
逆に一度でも出世コースから外れた人は、挽回が事実上不可能になるので、モチベーションが低下するため、同じく大きな仕事をしない。
その様な環境では、個人の力で突き進む人はかなり少数になる。
今の仕事の内容が好きで、かつ、会社内での立ち位置をあまり気にしない、という人だけ。
大企業の構造的問題だと思うよ。

■いわゆる大手企業でも 内部の雰囲気は学生の部活動と大差ない
もっとインテリな雰囲気を期待していたのだが…

■大手企業は手厚い福利厚生や、ボランティア等の活動をしてる良いイメージしか無かったが…
実際は人員が不要になると機械的に切り捨てたり、出世の為の争いばかりで息苦しい所だと分かった。
あと同じ会社でも部署や事業部が違うと挨拶しない。
社内がいつも殺伐としてる。
ただ、デカくなるとそうしないとやってけないのかなとも、何と無く思う。

■中小企業から大企業に転職したが、仕事つまらんな
前は何でも屋だったが色んなことできたけど、いまは一つのことをひたすらやる感じ
部署間の見えない力関係とかもめんどくさい

■子会社社員だけど、親会社より居心地良すぎwwwwwww待遇も悪くないwwww @メーカーソルジャー

■うちの会社なら間違いなく子会社や現場の人間が勝ち
残業代MAX出るし、煩わしい付き合いも拒否できて、有給も取れてる
かたや親会社事務職は新卒から管理職扱いで激務
残業代は一円も出ず、毎日11時くらいまで残業だし、有給使えないし、社長の奴隷

■某大手情報機器メーカーだけど 技術開発力やフットワークは子会社のほうが優秀
本体は企画や営業ばかり重視している印象
子会社から本体へ異動になったけど メリットは社名が短くなっただけw

■うちはそこそこ大きなグループだけど 基本的に給与体系は変わらない
むしろ残業規制が緩い子会社のほうが実質手取りが多い

■某漢字三文字の電脳系企業だけど 親子間の異動が結構多いから 親だの子だの気にしなくなった
子から親への転籍も多いよ
組織としての転籍も自己希望(当然審査がある)での転籍もある

>>俺もF。
子会社に入社で、親に転籍だ。
昔は確かに何となく、親>子 みたいな風潮がなくはなかったが、今は無いな。
SEは子会社に集中させるなど、再編成が活発で、グループとして考えているしね。
俺自身にも、親だの子だのという感覚は無いな。

■後輩が他部門の人からクレーム受けてるのを近くで見てたくせに 後から「なんであんな答え方をしたんだ。」とか課長が言ってた。
そう思うなら、その場でフォローしてやれよ・・・・。

>>その前にお前がフォローしてやれよw

■わりと怒られる側なんだけど、珍しく怒る側になってちょっと怒る側の気もちがわかった
怒るのって嫌なもんだなぁ……
つーか、あの人無能なわけじゃないんだよ。
明らかにオーバーワークで体調崩してるから 依頼した仕事を忘れるんだよ
作業量が多すぎてこなせませんって上司にいえばいいのに

■上司から「もっと新しい仕事に積極的に取り組め。成長のために。」とか言われるけど、今でも長時間残業してるのにこれ以上できるわけないだろ・・・・。
どうしてもというなら、従来からの仕事を引き取ってくれ。

■上の連中が皆自分の仕事から逃げている。
それ、本来お前のやるべき仕事じゃねえだろ?って事にばかり首突っ込んできて、そいつがやるべき事は下に丸投げしてやろうとしない。
それが上から段々と降りてきて 一つ下の職位の人間がそれぞれ代行してる。
意味が無い。
しかもよくわからずやらされてるから無駄が多い。
しかもどうでもいい作業に限って張り切って
俺様がやってやったよ!
俺様が調べておいたから!(キリッ)
とかいうんだけど 邪魔でしかないという。
楽な仕事に逃げてんじゃねえハゲ。

■ストックホルム症候群って職場でも起こる気がする
パワハラ上司に毎日怒鳴られて泣かされてたころは、こんなに熱心に指導してくれるなんていい上司だ、見捨てられてたら怒られない、怒られるのは自分が駄目なせいなんだ!って思ってたけど
そこ辞めて転職してすごく優しい上司の下で働いてみたら あんなクソ上司のどこが好きだったんだろ……って思えてムカムカしてきた

>>パワハラ上司って自分のキチガイ意見を正当化するために ターゲットを外界から切り離して人格否定を続け、正常な判断能力を奪おうとするからな。
別の人が入ってきたり、他所にいくとそういう奴の異常性がよくわかる。

■ウチの会社に役員のコネで取引してる外注が居るんだが その外注先が、先日ちょっとしたトラブルで警察の御厄介になった(一応、犯罪ではない)
で、これ幸いと以前から外注先を煙たがってた部長が その警察ざたを外注先を切る口実に使おうと思ってるみたいなんだが その切る最終ジャッジを俺に丸投げしやがった
汚ねぇ
自分が外注先切りたくて仕方ないくせに 俺が切るって決めた事にして、後でトラブった時に俺に責任なすり付けて逃げる気まんまん

■結局、上層部が使い捨てする気満々だと何をやっても時間の無駄

■会社、上司、同僚はいざという時には守ってくれない。
他人のことより自分の保身に徹する。
所詮は他人を蹴落とすイス取りゲーム。
信じられるのは己のみ。

■会社も所詮はライアーゲーム

会社とはこんなところ39
RIKACO=村上里佳子7

posted by 現実主義 at 12:00| 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

老人に優しくする必要はない20

■とにかく団塊の世代が大嫌い。
人のハナシを聞かない。
謝らない。
自己主張が激しい。
声が大きく、些細なことでも文句を言う。
そのクセ、集団で群れないと行動出来ない。
金も体力も余ってるので、もうどうしようも無い世代

>>おまけに団塊世代って、若者よりもキレやすいよね。
古いアナログな自分の考えが一番だと思っていて、敬わないとこれまたキレる。
物事への理解度が低いくせに話を最後まで聞けないし、自分で理解出来なかったり思い通りにならないとキレる。
店員などに過剰なサービスを求めるし威張り腐る。

■食事やお茶をしに店に入ると、まず注文とりにくるのが遅いとぶつぶつ言い始め、
お昼のランチ時の繁忙時で注文品が出て来るのがちょっとでも遅いとキレるし
「〇〇を頼んだんだけどコレがそうなの?」と わざわざ店員さんを呼びとめて味に文句言うのもお約束。
でもそれでもワガママだとか文句を言われないのは、周囲に団塊が多いため、それが普通だと勘違いしている様子です。
団塊世代より上のお爺様お婆様世代は気短では無いんだけどね。

>>団塊は男女問わずそんな感じだよね。
しかも、婆さんはそれを「ハッキリ物申すけれど、上品な奥様なアテクシ」みたいに思っている。
集団だと更に質が悪くて烏合の衆。
自分の不手際で起きた事も反省せず、相手に対処を求めるし、開き直りや逆ギレや責任転嫁もする。
本当に質の悪い若者がそのまんま年寄りになった感じ。
ちなみに自分の欲求や感情には忠実で、待つことや我慢が苦手。

■団塊は本当、日本のガンだと思うわ。
学生運動に参加していたようなアカは 未だにアカが抜けてない。
まさに永遠の厨2病患者。
民主政権を誕生させたのも、団塊世代と団塊Jrだそうだし。

>>団塊は声が大きい人も多いんだけど 普通の喫茶店で、大声で政治のハナシを平気でするんだよね・・・。
「政治と宗教の話はそういう場所でするもんじゃ無い」ってことは イイ大人の常識だと思ってたけど 古き良き日本が崩壊したイケイケ時代に育ってる人たちには通じないのかも。

■団塊の男と女って自分はひどいくせにやたら人を責めない?

■団塊世代(1947〜49年生まれ)の高校進学率(62〜64年)は64〜69%。
「大学・短大進学率(65〜67年)は16、17%台で、男性は20〜22%台、女性はそのほぼ半分しかなかった。
中卒者が「金の卵」ともてはやされた時代に、経済的な事情などで、大学進学を断念した人も多かった。
大学受験が大変だったのはその10年後なのに「俺たちは人数多くて受験が難しかった」とか嘘つくオヤドの多いこと。
全体に学歴も低い世代だからマナーが最悪なんだよ。

■団塊世代は義務教育しか受けていない人が多い上に、その頃日教組が誕生して、戦前からの筋金の左翼が、子供たちにブサヨ思想を押しつけた。
学生運動までやった下の世代はまだ(間違った)勉強した上でやってたけど、団塊は理論ゼロ。
まんま民主にだまされて投票した連中だよ。

■21世紀は20世紀の価値観の否定から始まっている。
20世紀を精一杯に生きた人間には21世紀の価値観は理解できない。

>>そんな難しい話じゃなくて今の老人は昔から糞だよ
貴方は老人と同居してないのかな?
同居してる人ならわかると思うけど 奴らが話す事って
1・今の子はこんなに糞(ファンタジー)
2・昔はよかった(妄想)
3・武勇伝(引くほどのDQN行為の告白)
まあ話に信頼性があるのは3だけだよね(オレァやくざだ的なファンタジーは除く)

■ゴミの不法投棄をとっ捕まえてみたらやっぱジジイでやんの。
「ホレ、ちゃんと自分ちに持って帰りなさいよ」ってチャリのカゴにのせてくれてやったら
逆に食ってかかって来て「俺は市長の身内の○○だー!ただで済まないからな!」だってw
「なんだい、市長の○○はこういう悪い事やれって身内のもんに言ってるんかよw」って応戦してやった。
いいですか皆さん!
相手が逆ギレすればするほどこっちが有利になりますからね!
負けないで頑張りましょー!

■長寿のじじーばばーをTV番組で取り上げてチヤホヤ持てはやすのはやめろ
ドヤ顔で長生きの秘訣なんか語ってるの見てるとぶん殴りたくなるわ
どう考えてもあの図太い神経が長生きの秘訣だろーよw
何の役にも立たねーお荷物ばっかり増えてどうすんだよ
金さん銀さんの娘4人も自分たちがまるでヒーローかのような勘違いっぷり

■金さん銀さんの娘が偉そうに人生相談してる番組とかホント反吐が出る。
「旦那の浮気ぐらい目をつむれ」とか
おめーらの時代とは違うんだよ!

■高い給料貰って働いてるホストやホステスでもない普通の若者に、「先輩に愛想良くしろ」「もっと明るく話せ」とか愛想を強要する貧乏老害ども
糞より汚い老害のツラを見て気分が明るくなるやつなんかいるわけねえだろ
無礼な老害に関わる暇など無い若者に嫌われて無視されると、「目上に対する礼儀を知らんのか」と逆ギレ
クラブでカネ払っても相手にされないような醜い能無し年寄りの分際で、タダで愛想を搾取しようとしてんじゃねえよ

■道を聞いてたり、次の電車がどこの駅に止まるかとかよくババァに聞かれるけど なんで初対面の人にモノを聞くのに「タメ口」なんだろうね?
タメ口で話しかけるババァは無視してる

■老人て電化製品を我流で使いがちよね
実父が「電子レンジにも予熱が必要だ!」と言い張って、空っぽのままスイッチ入れたら「バチンバチン」て中で火花散って怖かった

>>うちの姑もだよ。
亡くなった舅が大事にしてた金蒔絵の皿を、普段使いにし始めたんだけど あろうことか電子レンジに入れて「ほら!必ず火花が!他の皿は平気なのに。お父さん(舅)が何か訴えてるのかしら!」って。
(もちろん、怒って止めさせたよ・・・)

■卵安売りセールに開店前から並んで何度も買っていくのは女性の高齢者が多く、
開店30分後位に来て「なんで売り切れなんだ!」と店員に文句を言うのは男性の高齢者が多い

>>あの爺さん達は、多分あの卵で騒ぐのが唯一のエキサイティングな行事なんだと思う

>>年寄りって卵好きなのかしら?
それとも昔は高級品であんま食べられなかったから思い入れが強いのかな?

>>いやいや、食べなくても買うんだよ、あの卵目当ての老人たちは。砂糖もそう。
大していいランクでもない普通の卵を98円で今回も無事買えたってことが奴らの目標達成なのだから。
で、冷蔵庫に山ほど卵パックがあって、やってきた老人仲間に無理矢理持たせたり、戸棚の一角にカチカチに固まった砂糖が山積みだったりしても、まだまだ次の特売には朝から並ぶと・・・
そこに山があるから登るってのと同じ。

■電車でウキウキ遠足気分で登山に行くリタイア世代。
躾のされてない子供よりも五月蠅い人達が多い。
あの年齢になると怒られる事が無くなって、本当にマナーのいい人と悪い人が極端だ。

■部長クラスや課長クラスならまだしも 平社員で再任用を希望する人って恥ずかしいと思わないのかな?

■トメが某ドーナツ屋に行ったとき、ドーナツをトレーに取ってレジに並んでいたら、後ろに並んでいた人が店員を呼び止めて、並んでいるドーナツを指差してなにやら騒いでいたそうだ。
なんだろうと思っていたら、前に並んでいた客が、「このおばあさんだと思う」とトメの持ってるトレーを指差したそうだ。
え?と戸惑っていたら、若い店員さんが「おばあさん、こちらで取り直しますから、あちらのテーブルで
ちょっとお待ちいただけますか?」とトメの手からトレーを取り、店内のテーブルに案内されたらしい。

で、何でそうなったかというと、トメ、エンゼル○レンチみたいなドーナツを横半分に切ってクリームをはさんでるタイプのドーナツの、上半分だけをトレーに取っていたそうだ。
セールで買いだめとばかりに10個以上取ってたトメ。
後ろのお客さんは、並んでいるドーナの上半分がなくなってクリームむき出しの下半分しか残ってないと店員さんを呼んだみたい。
「おばあさん、おばあさんってこれ見よがしに連呼して!」「ひとをボケババァ扱いして!」と、帰宅したトメはぷんぷんしてたけど、70代は立派におばあさんだってば。

■本屋や図書館で見てみ
指をペロリとなめてページをめくる年寄りが多いぞ
図書館なら汚さお互いさまでザマミロなんだが
本屋の新刊や雑誌コーナーで見かけると殺意を覚えたりする

■駅で買った夕刊を電車内で少し読んでカバンにしまおうとしたら 隣にいた爺さんから「夕刊ちょっといいですか?」と言われたんで手渡した。
ところがその爺さんは2、3ページをパラパラと斜め読みした後で 自分のリュックにしまってしまい 丁度着いた駅で降りる体制に…。
慌てて「すみません、夕刊は?」と言ったら驚いたような顔で「え?まだ読むの?」と言いながらリュックら出して返してきた。
「夕刊くれ」っていうことなら最初からちゃんとそう言えばって思ったわ。
そうすりゃ最初から断ったのに…つーか、五十円で買えるんだから自分で買えよw

■駅の改札近くにあるATMで金を卸そうとガラス張りのブース前に立ったら 利用してた爺さんが丁度操作を終わって出てきた。
「ラッキー」とばかりに中に入ろうとしたんだが、その爺さんが俺の前に立ちはだかり
「お前ねえ、俺がATM操作してる最中に急かすような素振りをするんじゃねえよ」と言ってきた。
「え?私、今来たばかりで、そういうことしてませんが…」と答えると
「嘘つけ、何回も腕時計見たり俺が操作してるのを覗き込むような素振りだったじゃないか?」と言ってきて…。
ATMに向かう際、俺と同じ黒っぽい服装の(恐らく)男性とすれ違ったのを思い出したんで その旨を話し 「多分、人違いだと思いますが…」と話すと 不承不承ながら分かってくれたようで去って行った。
人違いに関して俺にイチャモンつけてきた件に関しては何等の謝罪も無かったけどね。

■近所に24時間営業のマクドナルドがやっとオープンした田舎
夜はDQNの、朝は老人の憩いの場になってるんだが DQNは4人で来たらちゃんと4人席に固まって座る
まぁ当たり前だ
しかし老人は4人で来たら4人席に一人ずつ座る
ただでさえ耳が悪いのに、離れて座ってるから余計声を張り上げて話をする
そんな暗黙の了解を知らずにいた私は たまたま4人の間に入ってしまった日があった
ジジイなのかババアなのか区別がつかない汚い老人にいきなり「どけ!お前どこに座ってるんだ!」と怒鳴られたよ
知るかよ
朝から老人がジャンクフードかよと思って見たら お手製お握り食べながらコーヒーだけ頼んでるしw
手押し車の婆さんは そのコーヒーすら運べなくて店員に席まで運ばせてる
時間が経つと仲間が増えるし どこから湧いて出るのだろう
どちらにせよ元気だよまったく

>>それいる!!
ただ場所はモールのフードコートなんだけど。
周囲にマックやうどん、牛丼屋とかあるのにペットボトルに入れたお茶とお握り食って集ってる。
たまにたくわん臭いし!

■産科の隣に整形外科があるんだけど、老人ばかり
そこから溢れた老人が 通路を挟んでこちら側の産科の椅子に座りにくる
それでお腹大きい妊婦が立ってたりする
本当に怪我してたり杖ついてるならまだいいけど 座りにくる老人はスタスタ歩いてる人だけなんだよね
悪阻で辛くて座りたいけど座れなくて、おまけに目の前で匂いキツイ煎餅をバリバリ食べ始められた時は呆れた
よっぽど受付に文句言おうかと思ったよ

■ま〜た秋田の老害限界集落が金払わせた上で雪かき奴隷募集してるのな

>>別に限界集落なんて頼んで住んで貰ってる訳でもないし、逆に好きで不便な所に住んでるんだからな
昔から住んでるとか家を守らなきゃとか言ってても、どうせそんな所の家なんて二束三文だろっての
商店も病院も無い所に好きに住んで、やれ不便だの若者が居ないだの勝手な事ばかり言う
自分で生きて行けない様な所に住んでいる奴の保護だの助成だのはしなくていいと思う
勝手に野垂れ死ね

■年取っただけで大事にされるのは絶滅危惧種とかの希少動物だけ
そこら中にゴロゴロいる何の役にも立たない年寄りなんか、誰が大事にするものか
ちょっと考えれば解りそうなものなのに、何で年よりは解らんのかね ?
自分は例外とでも思っているのか ?

■老害は今の便利な物やサービスに甘えてるくせに 同じようにそのサービスや物を若いのが使っていると、情けないだの恵まれてる、私達の若い頃は何もなかっただの いちいち文句言うからムカつく
ダブスタってやつ

■バスの停留所で1人で待ってたら 5、60代のババアが割り込んで来やがって(私は順番の先頭)、
「抜かすなコラ」って感じのキツい視線を送ったら ババアは気付いたのか、嫌々最後尾の方へ行ったんだけど そこで思いっきりわざと私に聞こえるように隣のババアと私の愚痴言い始めたんだよね。
「なんか睨まれたんやけど〜。まあ私も負けてへんし言い返したろかと思ったけどやめたるわぁ」とか何とかほざいてて、「なら面と向かって言えや人間のゴミ」とか考えてたけど、並んでる人増えて来てたし
無視しといた。

■年寄りだからって言えば何でも我が儘が通用すると思ってる年寄りが大嫌い。
コンビニで店員に、「牛乳買いたいけど年寄りだから重い。家まで届けて」とか言ってるババアがいた。
手押し車持ってきてんだから、それに乗せるなりすればいいのに、これには入らないからだのなんだの言い訳してた。

>>どんだけデカイ牛乳だよw

■団塊の説教って「がんばりがたりない!」のひとことだけなんだよね。
今の時代、いわれたとおり「がんばった」としても 誰か(派遣会社、政府、年寄り経営者)に搾取されておわり。
下手したら過労死して使い捨て。
高度経済成長期みたいに、がんばって自分に見返りある時代とちがうんだよね。

>>バカでも言える「がんばりがたりない」より IT社長で一代で財を築いた人の知恵のほうがはるかに役に立つ
おまけに団塊の説教は、たいして成功してないヤツほどしゃべりまくるからウザいことこの上ない

>>中にはカンチガイして、団塊のいわれるとおり洗脳されてる人もいるけど、そういう人は間違いなくコケるね

■昔話に出てくる高潔な長老や博識の老人てやっぱり御伽噺なんだね
現実では見たことない

>>そうだね、年寄りの間違った知識を披露されるよりはWikiのほうが信用できるし

>>おまけにWikiはドヤ顔もしないし 愚痴もたれない

■長生きする奴ほどクズばっかり

>>つくづくそう思う。
まだまだ仕事を頑張りたい、色々やりたい事があると思っていた働き盛りの若い人が癌で亡くなった。
一方、近所の年寄りのババアは86にもなって、毎日井戸端会議で散々誰かしらの悪口を言いまくって長生き。
さっさと死ねよと思ってる。

■コンビニへ行ったら、ジジイが店内のカウンターのゴミ箱の上に座ってた。

■歩くのと同じ速度なのになぜか自転車に乗っている老人
ヨロヨロしてあぶねーんだよ!
歩けよバカ!

■老害は「自分がいないと困るでしょ!」みたいな言い方するけど、別にいなくても全然困らん
むしろ居ない方がかえって助かる。
自惚れすぎ。
さっさと消えろって思う。邪魔。

>>まったくだ。
いない方が助かる。

■いきいき長生き!とかふざけたCMすんなボケ

■ぬめ〜っとした目でジロジロ見るのやめてほしい。
気持ち悪い。

■うちの糞老害が「履歴書を手書きじゃなくて、印刷で送ってくるものは手抜きだ!心がこもっていない。そういうものはそれだけで落とす!」
お前はエスパーか。
老害って本当に自分が昔あった時代の産物しか受け入れねーよな。
今はITのグローバルがとっくに起きて、そういう所もどんどん増えてきてんのに、自分の感性だけでその人の全てを決めるな。
つっても、それが老害なんだもんな。
出来る出来ない関係なく、自分が気に入らないものは何であろうと排除する。
老害が選ぶ人事ははっきり言って同じ老害か糞しか来ない。

落とされた中には、ちゃんと働いてくれそうな子も何人かいたのに それだけで落としやがって…。
自分の感性と違う=他全否定だもんな。
またはとにかく批判。
俺(私)の考えの方が正しいんだ。
老害が多くの権利を握っている会社はダメになるってのは本当だ。

>>外国じゃタイプしたレジュメにサインして提出
面接でジョブディスクリプションを判断するのに
日本は旧態依然たる老害の主観面接
こびをうるヤツ「=気に入った」、自分の敵になりそうなヤツ「=生意気」で カスしか採用しないから、企業体力がどんどん弱くなっていく
年寄り自身も終身雇用と定年延長の過保護で不能率な仕事を続けていても仕事をあてがわれている
若い連中の職場をうばって

>>老害の面接って 黙って言う事聞くだけの奴隷以外要らないってのが態度に透けて見えるから 面接受けた方が不愉快になるんだよね

■自分の周りもそうだが、現代の若者って生活するだけでカツカツな人が多い
娯楽も贅沢もかなり制限して生きているのがほとんど
更にはサビ残・サービス出勤・有休未消化、挙げるとキリがない
一方老人は何にもしないくせに、人に文句をたれて税金や優遇を受けているのだった
なめとんのか?

>>献血しても、その血液の85%が年寄りに使われてるんだってさ。

>>最低
文字通り若者の血をすすって長らえてるんだね

>>若者の血だけじゃないよ、
希望や意欲、税金、善意
色んな物を遠慮なくすすって食い尽くして
なおも足りないと文句ばっかり

>>血だけじゃなく内臓や角膜までも掠め取ってるよ

>>やりたい放題だな。

>>人から施しをもらったら乞食ですら「ありがとう」というのに、
老害は当然のように受け取って「足りない」「いまごろか」と逆に怒りはじめる
強盗のほうがマシに思えるほど人間性が卑しい

>>救急車もほとんどが老人使用だというし、この世は老人のためにあるようなものだね
国家予算も、年金や老人医療、生活保護(老人がほとんど)介護とほとんどが老人に使われてるんでしょ?
やだ‥‥

>>「ためしてがってん」でやってたけど 救急車の50%が「風邪」「腰が痛い」などの軽い症状での呼び出しだって。
番組ではふれなかったが、どういう年齢層が電話しているかだいたい想像つく。
このさい救急車は1回あたり1万円くらいとって有料にしたほうがいいとおもうよ。

■今日仕事帰りで歩いていたら、雪で滑って転んだ糞ジジイがいて、1人で立てなくなったらしい。
その糞ババアが自分の顔見て「ちょっと、そこの若い人。手伝って。お父さん立てなくなっちゃったの」
もう助けない事決定。
何故ため口?
何故命令口調?
お前は自分の上司か?
仕事でもないのに老人なんぞ嘘でも助ける訳ないだろ?
無論そのまま去ってやった。
後ろからギャーギャーと文句ものすげー五月蠅かった
なに?助けてもらって当たり前なの?くたばれ糞が
経済的にかっつかつで生活して、寧ろ助けて欲しいのはコッチなんだよ

>>老害はスルー
これ鉄則。
なまじ手を貸して、もう一回すっころべばおまえさんの責任。
ヒルのように善意を食い物にする
放置して遠くからみつめて 関わり合いにならないのがOK

■ちょっと前に道端を歩いてたら車が突然止まって 後部座席の窓が開いて70代婆が顔を出し
「ちょっとアナタ、**中学校の場所教えて」と高圧的言うんで驚いて言葉に詰まったら
「ヤダ、ガイジンなのアナタ!日本語オ〜ケ〜?」とか馬鹿にした言い方
確かに私の外見はよぉく見ると純粋な日本人ではない(父方先祖が異国)
「貴様こそ礼儀を重んじる日本人ではないな、」と言葉にした途端、鳩が豆鉄砲な顔になって去って行った
後で教育関係者の婆だと知ってWで衝撃

■俺自身の不愉快な経験は沢山ありますが、一番の被害は大学生の時に、年寄りの「当たり屋」にあった事です。
70歳のおばあさんが電車ホームの階段付近で俺にぶつかってきて「怪我をした、ぶつかられた!!」と騒いで駅員を呼んで 駅長室に引っ張って行かれました。
昼間の時間帯で目撃者は誰もおらず、駅員も見ていなかったのに、若者の俺の言い分は誰も信じてくれず、おばあさんの嘘話を鵜呑みにして治療費を取られました。
駅員からも「年寄りに怪我させてタダで済むと思うな」「本来なら警察沙汰になるけど、治療費払えば許してくれるって言ってるんだ」「そのお年寄りの譲歩と好意が解らないのか」と言われて有り金全部取られました。(4000円ですけど)

>>むしろ警察呼ぶべき
ババア何度もやってる常習だよ

■ジジババの下らないデイケアには運転手付きのマンツーマンで送り迎え
チューブ人間と化したジジババには最高級の医療を
一方、子供には保育園一つ用意しない

■80年代までは「お年寄りかわいそう」で 日本人すべてが洗脳されてたからな。
そういっとけば、予算もつくし 反対されても「人権がどうこう」「社会的弱者がどうこう」っていえば、論的は二の句も継げなくなる。
しかし実態として老人どもの横暴、傲慢が目に付くようになると、これまでの「お年寄りかわいそう」の呪文も神通力が衰えてきた。
予算・制度の面では、まだまだだが 社会では客観的・冷静に社会事象を判断し、年寄りから距離を置いている若者層が確実に増えてきている。
よいことだとおもう

■火災:高齢者施設から出火4人死亡 長崎のグループホーム
http://mainichi.jp/select/news/20130209k0000m040075000c.html

>>そのニュース見てたけど 明らかに野次馬で来た部外者老害ババァが、消防士さん達に「ここから助けに行けるでしょ!早くして!」って上から目線で命令してたな。
遺族ならわかるけど、どう見ても野次馬だったからすげー胸糞だった。

>>老人を助けるためなら若者(消防士)が死んでもいいって思ってるんでは?

■人間の命は平等というけど、年寄りの一万人の命よりも赤ん坊一人の命の方がはるかに大事。
年寄りが事故に巻き込まれて死んでもあっそとしか思えないけど、子供が死んだ事故は痛ましいと思う

>>まるっと同意。
老人がひかれた交通事故は加害者に同情する。

■どうでもいい年寄りほど長生きしやがる

>>なんでそんな残念な事ばかり起こるんだろう・・・

>>業が深すぎて地獄でも引き受けたくないんだろ

>>むかし「夏目雅子が若くして死んだのに、なぜ林真理子が生きてるんだろう」って TVのネタであったな

老人に優しくする必要はない19
林真理子12

posted by 現実主義 at 17:00| ウザい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

育ちと努力11

■周りを見る限り、学歴と家柄は最低限必要なものだと思う。
家柄が悪いと学歴あってもやっぱり残念な人が多いしね。
私は家柄は本当に重視していいと思う。
もちろん、どこどこの末裔だとか元華族じゃないといけないとか言わないけど、それなりの家柄じゃない底辺の人ってやっぱりかなり変だよ。
しかも、いくつになってもモラルが欠如してる。

>>わかる気がするわ。
表現しづらいけれど、感覚的な部分が大きく違うと思う。
何かを選択する時。人と接する時。
取り繕ってても、アレ?と思う方は、どこか僻みがあるような感じだし、人を損得で区分けする傾向があったり。
ちゃんとした家柄の人たちは、割と大らかに万遍なく、いろんな方とお付き合いするわよ。
お付き合いする人を神経質にえり好みする人ほど、自分の出自に自信がない人が多いと思う。
根本の部分に自信があったら、大らかでいられると思う。

■朝の連ドラの梅ちゃん先生なんて露骨だよね。
梅ちゃん本人はあまり学力が無いのだけど、親兄弟が優秀だというだけで、「○○教授のお嬢さんですか」と医師の卵が寄ってくるし、それがごく当たり前に描写されているw
つまるところ、実家が弱いとか、学歴が無いとか、貧乏とかであれば、独身であろうが既婚であろうが、絶対に上の階級には進めないということ。

■そして逆にまともに生活してる人間達は 別にお前らが実力でまともを手に入れたんじゃない
まともな親と環境の元に生まれたからだ
自惚れるな

■最初っから情報も金も揃ってるような都会育ちの金持ち程、「皆条件は一緒!!」「努力不足を人のせいにするな!」とか言ってくるんだよな
受験一つとっても学校が公立しかない過疎地の貧困家庭と、
中学受験からサポートされてる都心の金持ちが同じ条件の訳ねーだろ
…と想像力の無さを指摘しても全て「貧乏人のひがみ」に脳内変換するから話にならない

■トンビが鷹を産むからたまにニュースになるわけで 貧乏人でも必死に努力さえすれば全員成功者になれるならそんな言葉うまれんわな。
金持ちは次世代も金持ち、貧乏人は次世代も貧乏人
貧乏人は早いうちにその貧乏スパイラルから抜け出さないと、どんどんダメな部分が濃縮されていくもんなぁ。

■知能が遺伝というより環境だと思う。
物知りな親の子供は日常の生活の中でふとした事を「これ何?」って子供が質問したら答えられる。
日常の会話の中で教養が身に付く。
無知な親の子は一から自分で調べなきゃいけない。
天才と言われる人の親、特に母親は異常に理解のある人が多い。
ワイドショーばっかみて流行の子育て本丸呑みにして妙に威圧的になったり褒めたたえたりして「教育」とか力んでる親じゃ それだけで子供は日々スポイルされてる。
子供を理解しようとする情熱と親にこそ好奇心が必要だと思う。

■東大生の親の収入が高いのは、良い教育を受けたからだよ。
だから、子供も良い教育を受け、東大生になれわけだ。
昔よりも、収入の格差が教育の格差に繋がっているということだな。

>>良い教育かは疑問だが、実際、小学生時代、週3日以上(各日3時間以上)の塾の授業に、その復習のための家庭教師、って感じの教育ではある。
机に向かう慣れと、詰め込みだけは与えられる。
大学受験にもそれは活きる。
公務員試験向きでもある。
実社会でも勤勉さと要領の礎になる。

■東大の入学者の親の収入分布が年収1000万以上が95%ほど占めているらしいね。
次に多かったのが300-400辺りらしい…。

■がんばって東大に入ったからといって、いい就職が出来るとは限らない。
親のコネで就職する方が有利。
その上、いいところに就職しても、しょせんサラリーマンじゃ収入はたかが知れてる。
起業しようと思ったら、親の人脈が何よりも物を言う。

>>まったく同意だわ。
あと「お友達」のネットワークな。
大学入る程度なら、多少環境が悪くても本人の努力でどうにもでなるが、起業となると、親も含めた環境が超絶重要。
こればっかりは中々難しい。
とはいえ、貧民でもいい大学に入って金持ちのお友達NWを広げれば、それなりに上手くいってるようだけど、でも、親の人脈があれば段違いだろうなってのは、親の人脈をかじってる身としては良く分かるわ。

■日本人のノーベル賞受賞者を見ても 実は貧乏人家庭に生まれたけど・・・とかないしね

■富裕層の親としては、ボンクラな子に学歴つけて財産受け継がせるためには 優秀な人がザクザク出てきてもらっては困るんでしょ?
自分たちが没落するってことを意味するから
アメリカでもイギリスでもフランスでもドイツでも、そういう本音のところはしっかり富裕層向けの対策がされてるからな
パブリックスクールを出ると大学入試がやたら易しかったりしたりとか

■知り合いの教師の見解では 子供の学力は金より親の質だと。
塾に行くのは学力をあげる安直な方法ではあるけど 親がダメだと効果が薄い。
だからクラストップが塾に行ってない子ということもちょくちょくある。
言われてみると自分が中学の時のダントツトップは一切塾にはいかない女子だった。
だからあまり金は関係ないのかも。
良い質を持つ親が高収入を得る確率が高い、というのはあるんだろうけど。

■雑誌だと思うんだけど 柔道で銅メダルをとった海老沼のお母さんの話が載ってた。
「柔道にいくらかけましたかねえ・・・安い家なら2軒買えたねw」って。
素人考えだと、柔道なんて道着と帯さえあれば出来そうだし フィギュアほどお金はかからないでしょー、ぐらいに思っちゃうけど やっぱりいろいろお金がかかるんじゃないかな。
合宿だの遠征だの大会だの、スポーツに付随するものにかかりそう。

>>練習にお金がかかると思う。
道場の確保、腕のいいコーチの確保、
有能な選手にするためには、習い事感覚の他の子たちと一緒に、なんて無理だから 専用の訓練をさせてくれる人・場所・メニューをお膳立てする必要があるっしょ。
あと勉強そっちのけでもスポーツさえできればOKで、練習ができる環境を与えてくれるような私学に通わせなきゃだし。
学費の面でもお金がかかるよ。
場合によっては送迎もいるし。

■五輪のメダリストの紹介を見ると、親も選手だった人や 兄弟が五輪や国際大会に出ているような環境の人が多いよね。

>>そうそう、思い出したけど、丁度太平洋戦争前後でオリンピックに出られなかったけど、時代が時代ならオリンピック選手だったであろうと言う人を父に持つ体育教師が私の通っていた学校にいたんだけど、
その人ももちろん体育教師だし、一族一家がそういう人たちばかりで、それが当たり前だから、何となく協力者が周りにいるのが普通って感じだった。
とは言え、荒川静香は衣装をお母さんが手縫いしてたとか言うしね。
潤沢にお金が無い人もいるんだろうか

■格闘家の子供は格闘家になり、卓球選手の子は卓球選手になり・・・事例は多い。
親がやることを身近に見てるからと言う人もいるが、私は遺伝の要素が強いと思う。
身体がでかくなる、筋肉がつきやすいことは遺伝するし、敏捷性・動体視力なども遺伝すると私は思う。
サイエンスで、「金メダル遺伝子」 なる記事を読んだし。
スーパーアスリートになれるかどうかはほぼ100%遺伝だそうです。

文系の家系の私は、何十年も卓球を続けて選手の最底辺/素人の上位ぐらいまで行ったが、「若い頃プロゴルファー目指して断念した人」 が40代で卓球始めて10年で簡単に追い越された。
筋力・瞬発力は私のほうが上。
動体視力とか、バランスは彼のほうが上。
心肺持久力は同等。
プレーの組立とか動作分析・予測能力では段違いに彼のほうが上。 
この辺の違いは持って生まれた適性によるとしか考えられない。

■今住んでる場所は、古くからの富裕層が多い地域。
だからジジババと同居してる人のスペックは様々。
でも傍から見てて、余裕のある暮らしをしてる。
逆に大型マンションに住んでる人達は大体同じスペック。
同じ大学出身で同じ企業なんて人達も。
不自由のない暮らしはできてるけど、裕福ではないらしい。
変な意味じゃなくて、大学も企業も日本ではトップクラスなのに、行き着く先はあのマンションなのか…と考えさせられた。

>>結局、親が資産家であるという、生まれながらのものが第一なんだと思う
そこで不運にも恵まれなかった人は、起業しない限り、どんだけ頑張ってもマンション住まいがせいぜいだよ
別にその「せいぜい」で十分だけど、あんまり報われる社会じゃないよね

■知り合いのお家に遊びに行ったら、ものすごい豪華なマンションで驚いた。
つい調べちゃったら、1億円越え。。
旦那様は失礼だけどそんないい会社でもないし1馬力だし、不思議に思ってたら どうやら旦那様の実家が資産家らしい。
うちなんてどう頑張ったって絶対あんな家住めない…資産家羨ましい!

■エヴァンゲリオンを見に行ったら スタッフロールに友人の名前が載っていた
大学時代に一緒にアニメーションを自主制作していた友人なんだけど 彼は卒業したあとも仕送りもらいながらアニメーターをしていたらしい
でもエヴァに参加してるくらいだから今はだいぶもらってるんだろう

自分もそっち系を目指しながら家賃以外を自分で全て用意して大学通ってた
授業受けてバイト行って自主制作してアニメ会社に持込して鬼のように忙しかった
でも4年の夏に親父持ちだったはずの家賃が、半年分滞納されてると大家さんに怒られて 自分で払ったときに心が折れて実家に帰ってきてしまった

おやじの口癖は「お金ないから」
でもタバコ吸いまくってビール飲みまくって車も二台維持してる
母親はいない、おれと弟を虐待しきったあと6歳くらいの時に蒸発した
プロの世界だの才能の世界だの綺麗事言っても 結局親の経済力が全てなんだよ 

■貧乏な家が子供に学力をつけさせれば、貧乏スパイラルを脱出できると信じてるけれど
貧乏な家の子供がいくら頑張っても、今の時代そうそう貧乏スパイラルから脱出出来るとは思えない
貧乏家ならではの性格の暗さは、大人になってもついて回るので色々と不利。

>>またそういう奴は半端じゃなく妬み根性が強いからな。
親の相続した家に住んでるだけの人を異常に敵視するし…
赤の他人を妬む前に、高度成長期やバブル期に貧困だった自分の親を恨めばいいのに…

■経済的に恵まれている女にそう悪い性格はいない
ヒドイ事をやらかすのは貧乏で品のない家庭に育った女

■高学歴に高収入が多いのは そいつのバックのコネがあるからそうなりやすいだけ、
いくら高学歴でも ただの一般人の家庭に生まれて努力して学歴だけはありますみたいな人は勝ち組にはなれない
高収入の子どもが高収入になってるだけだ
ただ高学歴になりやすいから まるで高学歴にさえなれば高収入になれると見られやすいけどな

■学歴に求められてるのはその人の資質や努力ではなくて その人を取り巻く環境がアテにされてるんだよ
慶応なんかがわかりやすい例だ
だから一般人は学歴じゃなくてコネの輪に入る努力をしないといけない

■親が高卒&ド田舎だと厳しいものがある
知らないことが多すぎた‥

>>高卒とか田舎とかじゃなくコネがあるかがすべてだよ
高卒だろうがつてがあればなんとかなる

>>コネがあるような親は子供を高卒にはしないだろ

■環境のせいにする奴は死ぬ気で勉強をしていない。
本当に頑張る奴は受かる。
もし死ぬ気で頑張ったと自分で思ったけど落ちたら それは環境のせいじゃなくて自分の奥底に甘えがあったからだよ

>>良い環境持ってるやつが死ぬ気で頑張ったら負けるだろ
東大の定員は決まってる
そういう精神論はやめろ

■東大生の親の7割5分以上が、上層ノンマニュアル階層(医師、弁護士、大学教授などの専門職や、大企業、官公庁の管理職、および中小企業の経営者など)。
大金持ちである必要は無いが、小金持ちくらい(年収1000万以上)の家庭である必要はある。

■環境のせいにするなと言う単純馬鹿はムカつくわ。
家庭環境やまわりの環境は多いに関係ある、でもそれを嘆いてもどうしようもないから、そういう事実を認めた上で、じゃあ今から自分達ができる事は何かと建設的に考えよう、っていうなら素直に頷けるんだよ。
ただ説教したいだけのクズは死ね

>>そもそも、モチベーションの源泉って環境が全てだからな

>>環境って努力してからも重要ではあるけど 努力する前の段階で一番重要になると思うんだよね
意識の問題というか
努力の重要さに気づいた後の環境の違いは跳ね返せるレベルではあるよ
ただ努力する前の段階は努力の重要さに気づいてすらいないからどうしようもない

■ウチは両親共に高卒だしメチャクチャ貧乏だぞ
そんでも俺は旧帝も早稲田政経も受かった
人のせいにすんな

>>俺もその口だけど 例外を語ってもあんまり意味はない
問題はそういう傾向が存在すること

■努力すればいいというが 努力できる人間になれるかどうかも環境で決まるよね

■高卒両親で本棚すらない家庭だったから、勉強なんかしても大人になったら意味ないんでしょ みたいな考えに染まっていった
それが過ちと気づいた頃には後の祭り

■旧帝と駅弁のふたつの国立大学を経験したけど、駅弁で驚いたのが学生の歯並びの悪さ
親が子供に向ける意識の程度に、十年くらいの時差があると思うぞ

■身内に難関大進学を邪魔されたら駅弁に行った方がいい。
大学進学で邪魔した身内は生涯、学問で身を立てることを邪魔し続けるぞ。
勉強して家に帰るのが遅くなれば「遊んできたんだろ?」とネチネチ言われ 家の手伝いもできないのかと何日にも渡って責められ続ける
自分の部屋はリビングの隣で常にリビングからの笑い声とテレビの爆音に晒される
俺は大学受験を諦めた

■やっぱりいい塾に通わせてもらえば その分成績はあがるもんだよ
塾行かなくて成績が上位40%位のやつなら 上位10%に食い込むくらいのポテンシャルは秘めている

■両親高卒だけど宮廷だわ。
でも明らかに回りの奴らは金持ち。
遺伝や教育に金かけれるというより 単に親の教養がデカい気がする。
教養ある親は金持ってるだろうし。

■悪環境でも大成している人が大勢いる以上 自分の不出来を環境や親のせいにするのは単なる言い訳

>>大勢?
何を言ってるんだ
単純に貧乏な這い上がり組が目立ってるだけで 実際は環境がいい奴が多いからマスコミが取り上げないだけ。
実際は環境がいい奴が普通に環境のいいところに行けばだれも振り向かないけど 数字上では環境がいい奴が環境のいいところに行ってるってのが実数値。
だから、全体的に見れば環境が悪い奴はほとんど環境の悪い方向へ進む。
環境のいい方向へ進めるのはその中でも一部だけ。

■じゃあどういう社会が理想なの?
みんなが予備校に通えるような社会か?

>>早い段階からエリートと普通の人を分ける社会がいいと思うな
少なくとも飛び級か能力別クラス編成を義務教育に導入すべきだと思う
どの子も伸びるって前提で優れた子の足を引っ張るのは社会的な損失だよ

■コツコツ毎日、決まった時間になればお片づけして、両親のお手伝い。
学校からの宿題がちゃんと出来たか両親チェックで 分からないところは再度学習させてくれて、夜は10時には就寝って家庭と、
晩ご飯まで放置。宿題みない。
宿題するころにはテレビが掛かっていて勉強に集中できない。
9時頃に両親と一緒にスーパーに行き、酒のつまみを買い込む とかの家庭じゃ義務教育卒業までに大きく差が出るわ。

■環境って大事だと思うわ
両親とも地方駅弁公務員のうちの家族は 子供3人とも地方駅弁公務員
だれも飛躍できなかった

■同じ努力をしたなら環境がいいほうが勝つからな

■同じ時間でも質の差は大きいだろうな

■俺の育った所は底辺工業地帯でロクな奴がいなかった。
東大どころか大学進学すら頭に考えてないのがデフォだよ

■下の方ってさ 塾に行かせてもらえるとかもらえないの前に 自室や勉強部屋がなかったりするからな
横で兄弟がゲームしてる同室で勉強しろと言われても集中できるやつはそういないだろ

■どんな世界でも英才教育を受けるのに金がいるじゃん。
なかには独学で上へ立つ人もいるが、それは才能より運が良かっただけだわ。

■勉強ってのは高度な精神活動なんだよ
あらゆる障害を取り払った環境じゃないとできない
だから、底辺には達成しにくい偉業でもある

■田舎の底辺出身の子が東大とか難関私立行ってもしんどいだろうなあ
そっから先は「そういう人」とのおつきあいになるけど そのおつきあいはバックボーンがないと孤立するんだよね

>>ど田舎から東京のそこそこ良い大学行くと会話についていけなかったりするからな
博物館や美術館なんて行ったことないなんていうと人間扱いされなかったわ

■そもそも、上位の学校が同じレベルの同性ばかりを集めて教育するのも 障害を排除した環境を作るため
勉強ってのはそれくらい特殊な状況にしなければ打ち込ませることができないもんなんだよ
これが通常の社会と同じく、馬鹿も混ぜた玉石混合で男女同じ空間ならエリートは育たない

■高学歴の親って家で子供に勉強教えたりするもんらしいな
そんなの一度もしてもらったことないから大人になって驚いたよ

■そら親に願書提出のために用意してた書類を寸前でびりびり破られたりしたり 毎夜毎夜殴り合いの喧嘩とかしてて東大いけるなら凄いと思うし尊敬する。
まれに居るみたいだけどな。
ヤクザの愛人だった弁護士とか。
ただそんな希なケースを庶民に適用するのは辞めてくれ。

>>あの人は愛人じゃなくて正妻だぞ!!!!w
まあそこを突っ込みたいわけじゃないが
あんたの言う事には全面同意
親に虐待されて 偏差値コミュ力両方高い身内が生きる屍になっていた
親の影響力の強さ、子供に対する責任というのを、ひしひしと感じる

>>田舎の底辺は冗談抜きで本当に終わってる
おれも大学進学するときは鬼のように反対されたからな
たぶん「自分を越えてほしくない、自分より幸せになってほしくない」みたいな心理が奥底にあるんだと思う
そんでそれを家族の絆と表現する
家族にも親族にも大学行った人間なんかいないんだぞ!
オラ達は家族だぞ?
だからなんなの?
まじで会話にならねえ 死ね

■貧乏人は塾も通わせてもらえない、ほっときぱなし、メリハリのない生活 のせいで低学歴化する
かたや一般の子供は塾通い、母親が専業主婦の場合が多いのでちゃんと宿題チェック、メリハリのある生活
貧乏が頑張って1から10にすることができるかもしれないけど
一般人は頑張らなくても10なんだよ 頑張ったら20になるんだよ
こんな簡単なこともわからねぇのか?

■ビルゲイツも「世界は平等じゃないから慣れろよ」みたいな事言ってたけど あいつ超エリートの家庭出身だからな
言葉の価値が半減する

■まぁ実際生まれた時点で人生の半分は少なくとも決まってるだろ
個人の努力なんて誤差の範囲内のレベル

■40代になってからの金持ちと 10代からの金持ちじゃ 快楽の費用対効果が全然違うよな

■なんでも親のせいにしててもどうにもならんのに
スヌーピーが「配られたカードで勝負するしかないのさ」って言ってたぜ
おまえら犬以下だな

>>100%自分が負けて痛い目に遭ったり大切なものを失ってしまう勝負に、わざわざ挑む理由は無い。

■貧乏人がお金持ちになる方法を1つだけ教えましょう。
「地縁・血縁を棄てなさい!」

育ちと努力10
ビル・ゲイツ

posted by 現実主義 at 03:00| 階級社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

麻生太郎2

■「ポケモンはキュッキュッとしか言わねーが、世界中で通じてるじゃねーか。
文化交流ってのは、言葉じゃねーんだ。日本の素晴らしいコンテンツは、世界で通用するんだよ!」
いやあ、麻生ってやっぱ格好いいわ

■・麻生のピースサインは、「あと二秒で殺す」の意味。
・麻生は国語辞典を持たない。彼が漢字の読み方を決めるのだ。
・日本人の主な死因は、1.ガン 2.麻生 3.心疾患 である。
・麻生の動くスピードは二種類 1.歩く 2.殺す
・小沢の部屋にジェイソンのお面をつけて乱入、部屋からは悲鳴が・・・
・麻生は火星に行った事がある。火星に生物反応がないのがその証拠。
・河野洋平に寿司をおごって貰って100カン食べる。その後におでんも・・・
・民主は共産に勝ち、共産は社民に勝ち、社民は民主に勝つ。この三つに勝てるのは麻生。
・いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に、ゴルゴ全巻を買ってあげたことがある。
・麻生が東大に行かなかったのは、麻生家のメイドが東大卒ばかりだったから。
・ブルース・リーと闘ったことがある。リーは死んで、麻生の口は曲がった。
・麻生が総理になったら、国内の全マスコミが赤字になった。
・麻生は10年前すでに死んでいるのだが、死神がそのことを告げる勇気を持ち合わせていない。
・この世に生を受けた赤ん坊が泣くのは、この世に麻生が居ることを知っているから

麻生太郎
学習院2

posted by 現実主義 at 18:15| 政治・経済・株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

オレオレ詐欺

■550 : 卵の名無しさん[sage] : 投稿日:2013/01/07 20:40:44 ID:HIQOim2p0
先日12月25日なんですが、うちの母が、「オレオレ詐欺」の被害にあいました。
被害にあった本人の許可ももらったので、被害状況を完全公開させていただきますが、「200万円」きっちり持っていかれました。
本当は、こんなお恥ずかしい親族の話は、そのまま闇に葬り去りたいところがあるんですが、詐欺の全貌を聞いたところ、「これは、できるだけ多くの人が知るべき情報じゃないか」と、判断したこともあり、思い切って書かせて頂くことにしました。

「うちの親は、絶対に大丈夫だよ」
そう思った人もいると思いますが、そう思った人ほど、これを読んでもらいたいと思います。
うちの母親は、ごく普通の70歳のおばあさんで、特に物忘れが多いとか、ボケているわけでもありません。
むしろ、物事には慎重な方ですし、過去にもオレオレ詐欺の電話が2回ほどかかってきいても、すぐに察して、無視して電話を切っています。
だから、僕自身も「うちの親は大丈夫だ」と、ずっと思っていました。
でも、今思えば、最大のミスがここにあったと思います。

25日・午後3時。
実家に1本の電話が入る。
「あ、お母さん、俺だけど」
「どうしたの?」
「電車の中に鞄忘れちゃってさ」
「あら! それは大変!」
「だから今、取引先の携帯借りて電話しているんだよ」
※この時点で、自分の息子(私の兄)と疑う前に「鞄を忘れた」というエピソードに意識が向いてしまう。
しかも、かかってきた電話が取引先からの電話で「非通知」という事情にも、納得してしまう。
「で、俺、今、携帯ないからさ。もし、忘れ物の連絡が家にかかってきたら、対応してくれない?」
「はいはい、わかりました」
※ここで電話は切れる。

そして、10分後、今度は東京駅の拾得物担当から母に電話が入る。
「えー、東京駅の拾得物担当のものですけども」
「はいはい」
「先ほど、鞄が東京駅で見つかりました」
「それは良かった!」
「で、一応、私の手元に免許証があります。まずは本人のものかどうか確認するために、名前と住所を確認させてください」
「わかりました」
「では、まず息子さんのお名前は?」
「竹内●●です」(兄の名前)
「住所は?」
「●●●です」
「一応、名刺もありますので、会社名も聞かせてください」
「はい。●●会社に勤めています」
「わかりました。これは確かにあなたの息子さんのものですね。
では、本人と連絡が取れましたら、東京駅の拾得物の引き取り所まで取りに来るよう伝えてください」
※この時点で、すべて兄の情報を詐欺の相手に母親が伝えることになる。

そして、さらに10分後。
再び兄の名前を語る者から連絡が入る。
「もしもし、駅から連絡あった?」
「あったあった。今、あったよ。東京駅から」
「おー、良かった! 助かったよ。ありがとう! 今から取りに行くよ」
※また、電話が切れる。

そして、さらに10分後。
再びニセ兄から電話が実家に入る。
「お母さん……やばいことになったよ」
「どうしたの?」
「鞄の中を確認したらさ、取引先に渡す予定だった小切手だけが抜き取られているんだよ」
「ええぇ!」
「まずいなぁ……今月中に振り込まなきゃいけないお金なんだよ」
「あらぁら!」
「俺のお金を引き出したいんだけど、ほら、さっき鞄を電車の中に忘れた時に、財布も入っていたから、
銀行の口座、全部ストップしちゃったからお金引き出せないんだよ」
「それは困ったわね」
「これがバレたら、俺、会社でちょっとヤバい立場になるんだよ」
「わ、わ、どうしましょう」
「母さん、本当に申し訳ないんだけど……1日だけお金貸してくれるかな?」
「ええ、少しだけならいいわよ」
「少しだけって、どのくらい?」
「どのくらいって、急に言われても……」
「100万円とか、200万円とか、無理?」
「んー、そのくらならなんとか」
「分かった。じゃあ相談してみるから、ちょっと待ってて」
※一度電話が切れて、5分後再びかかってくる。

「母さん、本当にごめん! じゃあ、200万円頼むよ。明日、銀行の口座が動かせるようになったら、すぐ返すからさ」
「わかったわ」
「じゃあ、すぐに取りに行くからさ。用意しておいて」

※そして、また10分後、電話が再びかかってくる。
「ごめん! 急に会議が入って抜け出せなくなった。会社の後輩が取りに行くから、そいつに渡してくれる?」
「わかったわ」
「ただ、小切手をなくしたことは会社で内緒だからさ。後輩は『書類をください』っていうから、そいつに『書類です』といって、封筒にお金を入れて渡してくれよ」
「うん、わかった」

※そして、待ち合わせの近所のスーパーに行くと、サラリーマン風の20代の男が待っている。
「後輩の●●です。はじめまして。書類を受け取りにきました」
「はい、これ」
「確かに受け取りました。では」
※そして、男はテクテクと歩いて駅に向かって消えていった……。
と、こんな感じで、200万円が「あっ」という間に持っていかれました。

その後、兄から連絡がないことがおかしいと思った母は、兄の携帯に「お金は受け取りましたか?」というメールを入れると、兄が「なんのこと?」ということで事件が発覚。
その後、警察に届けを出して、竹内家の実家は葬式のように暗い年末を迎えるようになりました……。

最初に断っておきますが、私の実家はごくごく普通の家庭で、決して裕福なほうではありません。
当然、200万円は大金です。
おそらく、母親が万が一のためにコツコツ貯めたお金で、老後の「いざ」という時のために、とっていた虎の子の貯金だと思います。
それが、自分の息子を守ろうとした善意を利用されて、まんまと騙されたわけですから、おそらく、そのショックは計り知れないものがあります。
しかも、この年末です。
「孫にお年玉もあげられない」
そう言って、母はずっと泣きじゃくってました。
さぞかし、悔しかったと思います。
特に、こんな詐欺の手口に自分が引っかかってしまったことに、そうとう、情けなくなってしまったんだと思います。

で、ここでちょっと冷静に事件を振り返ってみたいと思いますが……。
まず、私が母親と警察から手口を初めて聞いた時、率直な感想としては「すげぇ」の一言でした。
本当によくできている「仕掛け」だと思いました。
ちょっと文章で書いてしまうと、安っぽいベタな詐欺商法としか伝わらないのが悔しいんですが、
最初の電話の内容から、最後のお金の受け取りまでの流れは、すべて辻褄があっているし、ストーリーとしては、非常によくできていると思いました。
まさに「臨場感」抜群の演出です。
オレオレ詐欺にあった被害者の家族が言う言葉ではありませんが、人から金を騙し取る仕掛けが、よく研究されています。
おそらく、この一連の流れを完成させるために、たくさんの失敗をして、たくさんの仲間が捕まり、それでも懲りずに試行錯誤を繰り返して、それで行き着いた、いわば「究極のオレオレ詐欺」であることは、
やはりここで認めざるを得ません。

それともうひとつ。
10分おきに電話がかかってくるところも巧妙だと思いました。
相手に「おかしい」と考えさせる隙を与えません。
ずっと緊張感を保たせるために、たえずストーリーを転がせるのは、1回や2回の練習では、演技をし続けるのは難しいと思います。

ここが一番、私の認識の甘かったところなんですが、「オレオレ詐欺」をやっている奴らは、バカじゃないっていうことです。
いかに、確実に相手から金をだまし取るかということを突き詰めて、さらに、時代にあわせて、次から次へと「騙し方」というビジネスモデルを進化させていくというのは、決して頭の悪い人たちではできない芸当だと思いました。

「オレオレ詐欺なんてやる奴はバカだ」と、今まで事件の概要だけを捕らえて、感情だけで決めつけていましたが、その甘い考えが、逆に「私はこんなバカに騙されない」という隙を作ってしまい、結果、そこをつつかれた……というのが、おそらく、今回の一番の敗因のような気がします。
本当に考えれば、考えるほど、腹が立つぐらい、この詐欺システムはよくできています。
例えば、最後の「書類」といってお金を受け取るシーンも、冷静に考えれば凄いですよね。
だって、ここは一番捕まる可能性が高い危険なポジションなんですが、もし、仮にここで捕まったとしても、そいつはおそらく、
「僕は知らない人に頼まれて、書類を受け取るようにと言われただけです」という言い訳ができるので、見事にトカゲのしっぽ切りができるようになります。
(本当に、そこらへんに歩いている奴を1万円ぐらいで雇った可能性もあるし)

あと、これは警察から聞いたんですが、どうやらオレオレ詐欺の集団は、地元の卒業アルバムとか見ながら電話をかけているそうなんですね。
『昭和30年〜50年』ぐらいに生まれた『男性』に的を絞って、電話をかけまくれば、少なくとも「“オレ”と名乗って不自然じゃない相手」の家に対して「年老いた親」が電話に出る確率が高いわけですからね。
がむしゃらに、あてずっぽうに電話をかけていたら、いつまでたっても「騙しやすい相手」にたどり着くことができません。
でも、リストを絞り込めば、最少人数で、効率よくテレアポができるわけですから、このオレオレ詐欺のリーダー格の人は「顧客リスト」の重要性を非常によく理解している人だと思います。
さらに、こんな最悪なビジネスモデルをやっている「スタッフ」に対して、高いモチベーションを維持させている仕組みも凄いと思いました。

おそらく、どうしようもないクズ人間ばかり集めているのにも関わらず、そいつらを教育させて、警察に捕まるリスクまで背負わせて、それでも、このような非社会的なビジネスをやらせ続けられる、
このマインドコントロールの方法は、ある程度、社会人経験のある人でなければ、構築できないとも思いました。

まぁ、この「人を騙してお金を奪う」という詐欺のビジネスは、スリル感もあるので、それが病みつきになっているところもあると思いますし、
あと、簡単に100万、200万が手に入ってしまう“うまさ”を覚えてしまうと、なかなか人間、その犯罪のようなビジネスを辞めることができないんですけどね……。

で、これはネットに出ていた情報なんですが、母親に対して、マメに連絡を取っている家のほうがオレオレ詐欺にひっかかりやすいそうです。
なぜならば、家に電話がかかってきても不自然じゃないし、そういう家のほうが家族の結束が堅いので、逆にすぐに情報を信じてしまって、引っかかりやすいらしいんですね。
あと、オレオレ詐欺の被害にあった8割ぐらいの人が、「自分は引っかからないと思っていた」という自信のあった人たちらしいです。

今回の事件を教訓に、我々が防御策としてやるべきことは、オレオレ詐欺に対して、認識を大きく変えることです。
彼らは、「プロ」の詐欺師なんです。
警察に捕まるリスクを背負っているわけですから、相当の覚悟で、このオレオレ詐欺をやっていると思います。
むしろ、僕らが「商売」をやっている感覚よりも、もっともっと命をかけて、もっともっと真剣にやっている可能性もあるから、逆を考えれば、こんなプロの手にかかってしまったら、素人のおばあさんなんか、一発で騙されるわけです。
おそらく、この振り込め詐欺が、今もなお、社会からなくならないのは、警察に捕まる確率がそれなりに低くて、それでいて、確実に金が取れる詐欺だから、世の中から消滅しないんだと思います。
被害者も、それなりに「しっかりした人」の可能性が高いので、それを考えたら、プライドもあって、被害届けも出していない可能性もありますよね。
そう考えると、世の中のもっとたくさんの人が、この「オレオレ詐欺」に引っかかっていることが考えられます。

「いやいや、お母さんがちょっとオマヌケなだけなんだよ」
おそらく、そう思っている人もいると思います。
事実、私もテレビでオレオレ詐欺の被害にあった人のニュースを見て、「わー、バカな人もいるもんだ」と思っていました。
でも、実際に今回、自分の母親が被害にあって、自分がその一連の詐欺の流れを聞いて、「こりゃ、ひっかかるよ」と思ったところがあります。

もちろん、自分の母親だから贔屓目に見ているところはあると思いますが、それでも、同じような手口で、引っかかってしまう人が後をたたない現状を考えれば、やはり、多くの人が、オレオレ詐欺に対して、「あいつらは、プロの詐欺集団である」という、認識を持たなければ、いつまでたっても、この被害はなくならないんだと思います。
だから、みなさんも実家に帰ったら、ぜひ、このエピソードを両親に伝えてください。
「こんなバカな詐欺に引っかかっちゃう人がいてさ」っていう、笑い話でも構いません。
正月、実家でそのような話をして、少しでも、その人の記憶に残って、被害が少なくなることが、唯一の、今の悲しみにくれる母親の心の救いにはなると思います。

詐欺師
夫に騙された!

posted by 現実主義 at 19:00| 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。