2012年09月05日

宇宙3

■木星には地球3個分の大きさの台風が発生してるらしい

>>地球三個分ってどう三個分なんだよ

>>地球の直径3個分だよ

>>しかも木星のでっかい台風は300年間消えてない

■密度が発砲スチロールぐらいの星がある

>>軽石みたいな星ってこと?

>>すっかすかってこと

>>そういうことなんだろうなあ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC7b

■ベテルギウスは機械式真空ポンプで得られる真空より低密度

■土星の輪は 近くで見ると隕石やチリの塊で汚い

■土星の密度は水の0.7倍
仮に土星を入れられる水槽があれば、土星は水に浮く

■宇宙の外はどうなってんの
外のはしはどうなってんの
ふしぎでござる

>>宇宙が出来る前に無があったのなら 宇宙の外側も無があるということになるのかな

>>膨張し続けてるから、
宇宙のはしはあるのかわからない

>>そもそも無があるということはどういうことだ
なんで無があるの
無がなかったらどうなの。あ、それが無か
とか考えはじめると、マジで不思議だねえ

■光と同じ速度で宇宙は膨張を続けてる

>>最近は光より速く膨張してる

■惑星でよく使われる「〜光年」は時間ではなく距離

■天の川銀河とアンドロメダ銀河は30億年後に衝突する

>>でもそれぞれの銀河の中にある星がぶつかることは殆どない

■ホワイトホールとは存在するんだろうか

>>数学的にはあり得るけど、天体としてあるかは不明

■某科学雑誌で読んだネタだと、ホワイトホールはあってもすぐブラックホールになっちゃうらしいな

■新聞紙を100回折ると宇宙の直径になるとかなんとか

>>このネタか


■金星では原因はよくわからないが 自転速度よりも速い風が常に吹いている

>>というか自転速度が遅すぎる

■昔シュート!の紹介文に「超新星出現!」みたいなこと書いてあったけど、超新星って星の最期なんだよな

■月は実直径は小さいけど、衛星としてはおかしいレベルに大きい

■半月の夜に月を見て欲しい
その半月がある場所はちょうど4時間前に地球が通過してきた場所なのだ
こうしてみると 自分たちのいる地球も宇宙空間を旅していることが実感できる

■月はだんだん離れている

>>年に3cmだっけ

■月は徐々に地球から遠ざかっているが、月が地球から完全に離れる前に太陽が膨張して地球がなくなるから気にしなくても良い

■そういやピッコロとかが月破壊してたけど マジでやると自転軸が安定しなくなって すさまじい気候変動が起こるらしいな

■月は馬鹿でかい隕石が地球にぶつかった時の破片
100%確定したわけではないみたいだけど

>>ジャイアントインパクト説か
ほかにも元から一緒だった兄弟説と
昔地球はめっちゃ速い速度で回転してて分裂した分裂説
地球がほかの星の衛星をかっぱらった他人説
があるんだよな

■宇宙はあまりにすかすかすぎて 水素分子一個ですら、超レアで貴重な存在

■巨大銀河団のフェニックスは太陽の2500兆倍の質量と言う事ですが 銀河団って恒星なんですか?

>>恒星の集まりが銀河。
銀河の集まりが銀河群・銀河団。
規模は銀河群<銀河団
銀河団や銀河群の集まりが超銀河団。
超銀河団による構造が銀河フィラメント。
フェニックス銀河団は 非常に活発な銀河で構成されているらしい巨大銀河団。

■宇宙戦争観て思ったけど
宇宙人が攻めてきても 地球のウィルスに免疫ないからすぐに死ぬよね

宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] / トム・クルーズ, ダコタ・ファニング, ティム・ロビンス, ミランダ・オットー, ジャスティン・チャットウィン (出演); スティーブン・スピルバーグ (監督)

>>まず宇宙人が地球を攻める事はない
攻める理由がない

>>なぜそういいきれるんだ?
資源を奪うってこと考えれるだろ

>>恒星間航行をする種族にとって資源とは何なのか
惑星なら質量か?それとも構成原子かということだろ。
おそらくその種の知的生命体なら ダイソン球建造して恒星の光エネルギーを直接質量に変換して 各種の分子を合成する技術ぐらいは有しているだろうから
その技術に対して惑星からの採取にメリットがあるのかというところだね。

>>まず宇宙人は少数でしかやって来れない
これは急に地球を見つけた場合

結構前に地球を見つけてた場合は 宇宙人になる過程の進化の段階で 地球に何かしらの連絡があるはず
それと争いのある生命体なら 宇宙人になる前に同族で絶滅の道を歩むので 宇宙人まで進化出来ない
仮に科学力も何もない、ただ宇宙空間でも平気で泳げて重力を物ともしない生命体が居れば、地球に降り立ち、地球の生命を食い殺すだろうけど、それは映画やアニメの話で 宇宙はそんな生命体を許して居ない

>>そもそも宇宙の遥か彼方からやって来る宇宙人が欲しがる資源なんて地球に有るの?
光より速いものが無いから、やって来る宇宙人は皆長寿だよね
星間移動に何のストレスも無いから 喧嘩もしなけりゃ絶望もしない、そもそも喜怒哀楽が無い
地球人には考えられないような感情は有るかも知れないが想像できない
宇宙船で他人と共存出来る神経が有るなら 只の野蛮な侵略者とは到底考えられない
そういう発想は超越してるはず
少なくても108の煩悩は持ち合わせてない
でなければ、何万光年も旅できない
すぐ近くに宇宙人がいるならば、地球人にも分かるような感情が有るかも
資源を求める野心も有るかも知れない
でも実際近くに住んでないから 遠くから来る連中ばかりという事になる

■ボイジャー探査機には地球文明があることを知らせるための音・画像の入ったゴールデンレコードが積まれたが その中に踊る大捜査線のテーマの元ネタ曲が入っている

■俺たちは宇宙であり宇宙は俺たち

宇宙2
「踊る大捜査線」のテーマ曲『RHYTHM AND POLICE』が、20年前のメキシコの曲にソックリと話題に



posted by 現実主義 at 13:00| 環境問題・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。