2011年04月30日

高齢毒女35

■うちの会社の売れ残りは
ひひひ
って老婆みたいに笑う
いくら上品ぶっても、食べ方とか気づかいとか常識の無さ見てると 相当教養の無い家庭でそだったんだなと思う

■40過ぎた毒女が、「35歳の頃、結婚相談所に行ったら、ええ〜って感じの男性ばかり紹介されそうになって結局入会しなかった。
お金払ってあんな男性たち紹介されてもねpgr」と言ってた。
何故、その時点で自分の価値が「ええ〜って感じの男性」たちと同じだとわからなかったのか、不思議。
そして40過ぎた今もなお、玉の輿(笑)に乗れると信じているところが怖い。
こういうのって、一種の精神的な病じゃないのか?

>>25才のとき行かないとね。。

■せっかく今まで独身で居たのだから、それに見合った条件の良い男でないと納得できないとか思っている。
もしスーパーで、賞味期限ギリギリの肉を、折角今まで売れ残っているのだから値上げします。
って売っていたら、自分が買うかどうか考えれば分かりそうなものなのに。

■女は「消費者視点」しかない「クレーマー体質」だから。
売れ残りは、その要素を色濃く持っている選抜チームだから ますます男たちが手を出さなくなるのは、あたりまえ。
年齢とともに深みを増す人間性だと? あいつらにはない。

■女は年を取れば取るほど利己的になってくからね。
独身高齢女の醜さはウンコ並。

■私の結婚が決まった時 上司(38歳 独身)から最後までお祝いの言葉もらえなかったな〜
それだけならまだしも、
「そんなに早く(当時25歳)決めちゃうなんてかわいそ〜」やら
「旦那の年収低い(400万弱)のに生きていけるの〜」やら
・・・ほっといて下さい。
その上司は現在40歳で未だに3高の王子様を探しているそうです。

■職場の40過ぎ独身がとち狂ってきた。
私と同じバーバリーの色違いバックを買ってきて、【私さんが自分の真似する!】と自作自演し始めた。
だったら日本全国バーバリー持ってる人はその独身女の真似をした事になる。
支離滅裂な自作自演をしてる。

■「若く見えますね」て言葉を真に受けて40前後で女子力とか言っちゃってる人は結婚できてないな。
そもそも、「若く見えますね」は、若くない人にかける気遣いに満ちた挨拶の言葉だというのにw

>>そういって浮かれてキャッキャ言ってた40過ぎの人が、筋張った年相応の足をバッチリ出したミニスカート姿の写真をブログに載せ「見よ!この素晴らしい曲線美!」と書かれてたの見せられた時には目眩が起きそうだった。
もしかしたら本人はシャレのつもりだったのかもしれないけど 普段が普段だけにマジとしか思えなかった

■お一人様のエッセイだかで
「私は売れずに残っている廃盤品じゃなくて非売品」
「運命の人とは会うのがちょっと遅れているだけ」みたいな考えを読んだ
自分を卑下しないのは大変立派だと思うが、一方で自分から探しに行かずに棚でジッと待っているだけの姿勢だから未だに結婚できないんだよ…とも思った

■メアドにhakoirimusumeと入れている人が職場にいる。
その人は30後半。
メアド交換した男性はもれなく引いちゃうよね。
変更したほうがいいと思うが進言する勇気は無い。

>>魍魎かよ!

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD] / 谷村美月, 柄本明, 田中麗奈, 椎名桔平, 荒川良々 (出演); 原田眞人 (監督)

■「あたしSだからw」とかいう人は、ただ性格がキツイ・悪いだけってことに気づかないのかね。
「竹を割ったような性格」とか自分でいうけど、実際は自分の価値観だけでイヤイヤいうわがままちゃんなのに。
自称サバサバ系も、自称すればするほど結婚が遠のくのに…。

■喪女板見ていると 何となく、いつまで経っても結婚できないのかわかる気がする
多分、彼女達は「誰からも傷つけられないぬるま湯みたいな環境」が手放せないんじゃないかな?
赤の他人と関係を深めたり、一緒に暮らすのって楽しいだけじゃなくてケンカしたり、我慢も妥協も必要だけど 一人なら自分が(狭いながらも)世界のルールだもの

■ナルシスト

>>同意
臆病or自信家に関わらず、皆ナルシストなんだよね。
自分が一番大事。
他人のために自分を犠牲にしない。
自分のことを一番大事に幸せにしてくれる人を捜してる・・って感じかな。
いつもコンパスみたいに 中心=自分 でその範囲・目線ででしか考えない。

コンパや紹介でハズレと判断すると特に何の被害もないのに、さっさと先に帰ったりしてる子は売れ残ってる。
一時の時間くらい社会人として大人のふるまい=我慢できないのか?と思う。
そういう事したら、自分も同じような目に合わされると思う。

■・30越えてもなお「満月満月ちゃんって呼んで!」と強要
・「仕事に役立つ!」とカラーコーディネートの資格を取るために専門に通う(仕事は工場派遣なのに)
・占いにはまり、診断結果により「自分からアタックできない、相手から来るのを待つ」
・食後に歯も磨かず、奥歯に詰まった物を手で取っている
・「グフフ」「ガハハ」とリアルに笑う

同一人物だが本当に女としてどうよ…、と思ってしまう
占い結果では35歳で結婚できるそうだが…。

■そういえば、前に自分が入社した会社である毒女社員がいた。
最初の2週間ほどは普通だったが、だんだん周りのパートさん達に「彼女には気をつけなさい」と忠告された意味が分かるように。

別の上司のサポートもあってある仕事がうまくいったため、周りの人に褒められたり社内で表彰されたりした。
でもこの毒女だけは褒めるところか、2人きりの時に「調子に乗るなよクズが」とありがたいご忠告w

その他にも、他の上司がいない時だけサビ残強要、社内での飲み会に勝手に「不参加」として回答、毎日毒女の感覚を元にした意味不明なお説教など、異動するまで散々な1年だった。
後から聞けば、課の中で自分より若い子をいじめて何人も辞めさせてたらしい。
若さへの嫉妬テラコワスww

休憩時間に私が夫(当時彼氏)の話を他の人としていると、知らない間に後ろにいて、その日は必ずお説教が倍になった。
結局、10歳以上も下の小娘に先に結婚されてざまあああああwwww

今になって昇進試験を受けはじめたらしいけど、人望がないと昇進出来ないしくみだからまず無理。
パートのおばちゃん達全員に「あの人がこの課を仕切るなら私達全員辞めます」って言われてるからね。

このスレに良く出てくる「自分が若いままだと思ってる」にもあてはまる。
確か当時36だか37だったのに、用があって休日に職場に来た時の恰好がまんま10代〜20代前半で苦笑した。
しかも全身真っ黒で厨ニ病入ってる。
人によく「空気読めないねw」って説教してたけど、周りは「それはあんただよ!」って思ってたことになんで気づかないんだろう。

■周りの毒は、人の嫌なところをとことん許せない人が多いな。
パスタ食べるときにスプーン使うから嫌とか、ピーマン嫌いだから嫌とか、帽子かぶる男は嫌とか、香水付ける男は嫌とか、字が汚いから嫌とか…
そんな細かいことでダメだししてたら絶対に結婚どころか彼氏さえも出来ないよって思うw
もし不満があるなら、付き合ってから直してくれるようにお願いすれば良いのに。

■やっぱり結婚って釣り合いとれてるよね。
あんなブスで口の悪い女がイケメンの優しい男性と結婚するなんて!・・・とか、
あんな地味な女が玉の輿にのって!・・・とか、
一見世の中にはミラクルな結婚がよくあるかのように思わされることもあるけど
ブスで口の悪い女の旦那には実は吃音があるとか、
地味な女と玉の輿の相手は、在日同士だったりとか、絶妙に均衡が取れている。

結婚できない女は表面的なミラクルしか見てないから 自分の望みは何なのか?女としての自分の立ち位置は?を、客観視するどころか見失ってしまい、マスコミに踊らされて、アロマだ、ビジョガーだ、女子会だのって次々流されているだけなのに、自分磨きして価値を上げている気になっているんだよね。
そして、例えば友達が25歳の時にゲットした夫よりいい男と結婚したいと、30、40過ぎてても本気で思ってるんだ。

■30過ぎてて結婚してない女性は宗教みたいなものよ
今さらまともな結婚出来ないって本人達も薄々気付いている
でも受け入れるわけにはいかない
女で30過ぎてて結婚してないと 結婚出来ないんじゃなくて自分はしていないだけって大半のババァは考えるようになる
もしくは結婚なんて必要ないって強がりが始まる

だから理想を高くすればするだけ結婚出来ない自分を正当化出来るわけ
自分に見合う人がいないwみたいな感じでさ
そして長い時間この思考に縛られて生きているから あなたは結婚出来ないなんて言われた日には顔真っ赤にして怒るわけよ

だってそうだろ?
宗教だって何十年も信じていて何百時間も何千時間もその事に時間費やしていて、それ意味ねえって言われたら 今まで費やした自分の時間が無意味だって言われているわけだからその本人が否定されていると言っても過言じゃないわけ

とりあえず現実を受け入れることから始めてみませんか?
本当は売れ残りたくなかった。
結婚したいってw

>>現実を受け入れても受け入れなくてももう結婚できない事実は変わらないんだから「私は結婚しないだけよ宗教」で精神を安定させてたほうがいい

■なんで結婚しなかったの?って聞かれたら
「いい男との出会いがなかったから!」と答える。
それは「自分が魅力的な女じゃなかったから!」って言ってる意味になるけど自覚あるんだろうかw

■未婚女性の最期の言葉で一番多いのは『子供を産みたかった』『幸せな家庭を築きたかった』『女として旦那の為に尽くしたかった』『結婚したかった』
医者談

高齢毒女34

posted by 現実主義 at 21:00 | TrackBack(0) | ウザい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臓器移植3

■移植は花形だよ。
特に心外の華やかさは異常w
普通の勤務医ソルジャーがADだとすると
心臓移植をしたお医者様は、紳助・タモリ・所ジョージって感じ。
みんなやりたくってたまらない。
それに、教授に貢物として進呈するのにも最適。
でも、なかなか弾が入ってこない。
救急車の音聞いたら「交通外傷でレベル300?十代?やったー!」
なんて医者同士がはしゃいでるよ。

■臓器提供を増やしたい人が
「自分の子どもが移植しないと死んでしまう病気だったら?」という論法をよく使うけど、
移植コーディネーターも同じような啓蒙活動や説得活動してるのかな。
そんな論法で臓器提供を求めること自体が、私には臓器提供したくなくなる理由なんだけど。

>>そういう論法使う人って、他人の臓器をもらわないとダメならあきらめるって答えても
「いや、いざとなったら絶対に考えが変わる!」とか勝手に決め付けてくるよね。
ああいう連中って私も大嫌い。

■知人の娘さんは生まれつき腎臓が悪く、1歳になる前から毎晩人工透析をしています
8歳ぐらいになったら臓器移植手術をするそうです
娘さんの祖母が「私の腎臓を両方あげたい」とよく泣いています(年齢的に難しいそうですが)

私は知人家族をみていると、未成年の臓器提供反対なんてとてもできません
人工透析も未成年からの臓器提供もせずに治療出来るのならば、それに越したことはないですが・・・
そういった治療法が早く確立されますように

>>別に未成年からの提供でなくても腎臓移植はできますよ。
成人の善意による生体腎臓移植ができるのに 判断力の未熟な未成年が、ましてや15歳未満が腎臓を提供することを
あるいは提供者本人でなく保護者の意思だけによって腎臓を提供することを、認めなくてならない理由はありません。
単なる性行為ですら18歳未満が相手だと同意があっても逮捕されるのです。
15歳未満からの臓器提供を認めるのはまったく筋が通りません。

>>あんたは知人が貧乏で悲惨な生活してたら泥棒や強盗の合法化反対なんてとてもできません とか言い出しそうだな。
やれやれ…。

■まあ、「できることなら自分が代わってあげたい」なんてセリフを言う親もいるが、嘘だろ。
本当なら命とか体とか賭ければそれなりの金額は作れるはずなのに、それもせず募金募金だもんな。

■推進派か反対派かではないと思う。
選択肢のひとつとして認める派か、その選択肢を許さない派かだ。
強制されることはない。

>>強制されることはない、と言いながら、臓器提供する人は天使、しない人は悪魔などというイラストで洗脳して なにがなんでも臓器提供を強制しようとする奴らが居るじゃんかよ?
【提供拒否のカードが見つからなければ提供の意思ありと見なす】
【臓器摘出後に提供拒否のカードが発見されても誰も責任を問われない】
こんな無茶苦茶な制度を作ったんだから 提供したくない人の意思を踏みにじる意図は見え見え。

臓器移植2

posted by 現実主義 at 18:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三谷幸喜

■2月頃だったかな、都内で三谷幸喜。
木立の中をシルクハット姿の人がこちらに歩いてきた。
そんな正装した人がなんでこんな所にいるんだろ?と思いながらだんだん近づいてきたら、三谷さんだとわかった。
シルクハットだと思ったのは、盛り上がった髪の毛だった。

■三谷幸喜が小林聡美と結婚した時の記者会見で「どんな家庭を築きたいですか?」と聞かれ、
「誰も遊びに来ないような暗い家庭を作りたいです」
あまりにインパクトがあったので自分が結婚した時も使いたいと思ったが、特に誰からも聞かれることはなかった。

>>その時、記者達からの「(2人で)腕を組んでください」と言う要望に、それぞれ別々に自分で腕組みしたのが面白かった。

■三谷幸喜
自分の好きな俳優達しか起用しないで何のサークルの集まりorオフ会だよ、としか作品の感想がない

映画

posted by 現実主義 at 15:00 | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話30

■私の死にたい思い出。
カラオケのPVの真似をしていたこと。
鼻歌歌いながら近所の道端でクルクル回ったり、突然ニッコリしたりしてた…
(みんな私の美貌と演技力にやられてるのね!フッフーン(ニコリ)てな感じ。
鏡の前で試しにニッコリしたらどう考えても地球外生命体だった。
近所の人たち忘れて下さい

■オヤジっぽい女の子が可愛いと勘違いし、読みもしない競馬新聞をカバンにしのばせてみたり、パチンコの話をしたり、歩きながらワンカップを飲んだりしていた。

■高校入学して携帯持ち始めた頃
携帯の録音機能で自分史上最高のエロボイスを録ろうと試みた。
何テイクか録ってみたけど声キモすぎるし飽きて放置。

そうしたらどういうことかその録ったボイスが留守電メッセージ?に設定されてて 高校で出会った新しい友達に聞かれていた。
留守電に入ってる友達が「えっ?もしもし…?もしもし?」って感じで用件言わないからなんかおかしいと思ってた

■通りを歩いてたらカラスが沢山地面にいて、気持ち悪いなぁとか思いつつ通り過ぎてたらでっかい黒い影が急接近してきた。
カラスだ!と頭に過ぎり咄嗟に身を縮めて「うわああ!」と叫んだら、その影は自転車に乗った男子中学生だった…

■大型スーパーで、ノック無しでトイレのドアを開けたら人がいた。
キャーッ!と言われ「すいません!」と隣のドアを開けたらまた人がいた。
アーッ!と叫ばれて一番奥の個室に逃げ込み、用を足しながら妙だと思った。
「なぜ続けてドアを開けられたのか?まさか全部のトイレがカギのかかり具合があまいのか?」と、自分の入ってるドアを押したら開いた。
外に人が待ってて、ヒャーッ!と叫ばれた。 
もうやだ。

■先日、スーパーのトイレの鍵が緩かったらしく 便器に座ってる最中見知らぬ男性にドアを開けられてしまった。
男性「す、すいません!」
私「ドンマイ!」
男性は背を向けてドアを閉めながら「ぶはっ」と吹いていた。
何がドンマイだよ、自分!!
二重に恥をかいてしまった。
息子が野球始めてから「ドンマイ」とやたら言うのでうつったらしいorz

■事務職について一年目、指を湿らす海綿をずっと海綿体と言っていた。
総務に「海綿体下さい」とか。
後輩が出来てからも「朝来たら海綿体を濡らしておいてね」とか。
約二年ぐらい…なんで誰も指摘してくれなかったんだろう。

>>うちの職場にもいます。
すごく真面目な方なので、指摘できないのよーーー

恥ずかしい話29

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華道

■正直、習いに行くの恥ずかしいんだが
男だといやがられますかね?

>>ウチの祖父母は生前、自宅で華道と茶道(裏千家)を教えていた。
伯父も免状をとってからは一緒に教えていた。
弟子は女性もいたけど男性も普通に居た。
祖父母らの華道・茶道関係の知り合いは男性も大勢いた。
つか、年末の門松や床の間飾りの用意は女子供の出る幕はなかった。
松竹梅は全部、木系だから鋸でゴリゴリやっててすげー力要るの。
別に年齢とか性別とか関係ないよ。
元々武士のたしなみだったんだし。

>>若い兄さんは歓迎される。
(50以下は若い扱い)
前の人も言ってるみたいに、華道は流派によっちゃ大工仕事だから、始めるなら若い方がいいよ。

ちなみに先生の腕前なんかバラバラ。
上手い先生と下手な先生の下についた生徒じゃ出来が違うから、評判がいいところに行った方が良いよ。
月謝もめちゃくちゃ差があるから。

■小原流なら若い男多いね
知り合いに大学のサークルやってる人いるし

■花屋さんって男性でも華道経験者が多いから 花屋のおぢさんに聞いたらいい。

■師範です。
男の人もどんどん来て欲しいですけどね。。。
池坊は正直免状もらうのがめっちゃ早いです。
3年くらいではいはいどうぞ。
それを、「早くとれてラッキー」ととるか、「うすっぺらい」ととるかはあなた次第です。
(もちろん教室、師範にもよりますが・・・)
嵯峨御流なんかはどうですか??

■池坊は伝統、格式。
草月は芸術、美術の学校って感じ。
池坊の学校と草月本部のHPを比べれば考え方の違いが分かる。

■習い事は先生との相性が大事なので(また先生の腕・・というか?)
例えば、生け花なら先生の生け方が好き、、というか?そういった部分で探されたら良いと思います。
華展などに行かれてみるのも一つ、先生を探す方法です。

■華展に行くと男性のダイナミックな作品があって素敵だなーって思いますよ。

■免状の出し方も師匠によって違うみたい。
謝礼欲しさに出す師匠もいるみたいだし(執拗に勧める)。
私のとこは実力がなくていいお免状持ってても自分が恥かくだけって、その年は見送る師匠だった。
ただし「嫁入り前のハク」として、習って一年以内でも皆伝くらいまで一気に出すこともあるみたい。

>>嫁入り前のハクは男には不要だな。

■華道は美大で立体造形の一環として教えているから(東京芸大は草月)男性も多いんだと思います。
初伝、中伝、奥伝〜という具合に階級が上がって行って
(その都度まとまった額を納める。上に行く程大金)
師範で看板が貰える(生徒さんをとることができる)ので看板を取れるまでは教えてもらう立場なので収入ナシ。
私の所は師範になるまで最低50万はかかるところでした。
(看板代含む)

私の習っていた流派では「生け花を家業にしてはならない」っていうのがあって家元は弁護士だの医師だのを本業にしていたような。

■池坊の華道部に3年間いたことはある
お金払ったら入門、初伝、皆伝とその次まで免状くれた

■いけばなの師範免許取ったけど、正座なんてしたことない。
そんなカッコじゃ創作できんぞ。

■草月の家元LIVE見に行ったら男性スタッフ多かったよ。
家元も生け花は技術も必要だけど力も必要なんですとおっしゃってました。

■流派選びは最重要。
華道の流派の違いを知らずに草月、小原で始めて後悔する人って多いよ。
華展とかでもやっぱり池坊が格上だから。
もし免状取得でもしようと思ってるなら、池坊必須でしょ。重みが違うから。
池坊はいろんなプロジェクトしてて、若い女性も多いと思う。

■自分はアレンジやってるけど、親からもアレンジの先輩達からも「華道やるなら、池坊しておいたほうがいい」と勧められてる。
先輩達は他の流派を習ってきた人たちばかりなんだけど しばらくすると「手詰まり感」がでてきたり、
どうしても池坊以外だと肩身が狭く感じたって。

■上に池坊の話が出てるけど、確かに歴史もあるし良いかもね。
ただ、私は他の流派で結構長いことやってるけど、少なくとも肩身が狭く感じたことはありませんね。
池坊の先生と話をしたこともあるけれど 華道の話で盛り上がって楽しかったですよ。

■茶道の千家もそうですが、池坊も「池坊」という名前をつけるのは後継の一人だけで、次男以降は、別姓を名乗るようになってるらしいです。

>>亜流を作らないため(内部での分裂などを防止するため)なんじゃないの?
近年になって次々湧いてきた新流派ならそこまでしてない(認められてない)と思うけど、表千家、裏千家、武者小路千家、池坊は、完全な伝統文化だし、
代替わりの時は、時の権力者の承認(?)が必要だったくらい重要な立場だったでしょ。
千家と池坊はその成立発展を勘案して、別姓が認められてると聞いたことあるよ。
だって始祖からして千家は、かの千利休だし、池坊は小野妹子だし。
ちょっと普通の格じゃないから無理もないよ。

■自分の感じている流派の特徴

池坊・・伝統的で花形が繊細。教材や教室が多い。大団体
草月・・派手・斬新・なんでもあり。花形マニュアル無し。常に新しい物を作っていく方向き。
小原流・・盛り花中心。
古流系・・古典花中心。半円形に作品を仕上げる。
遠州・・・古典花中心。円形に作品を仕上げる。曲線を出す技術が豊富

他にもたくさん流派あるが入門する前によく研究しないと大失敗します。

■花、特に切り花
生けたり手入れするのが億劫だし、花びらや花粉が周囲を汚すし、
枯れて打ち捨てられる様が惨めで哀れだし、
そもそも生殖器を切り取って陳列するなんて何という悪趣味
華道で「野にあるように生けよ」とか言うらしいが、それなら摘んで来なきゃ良い

習い事の先生

posted by 現実主義 at 09:00 | TrackBack(0) | 文化・遺産・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。