2011年03月31日

女という生き物25

■男「何食べたい?」
女「何でもいい」

男「じゃあラーメンで」
女「うーんラーメンって感じじゃないんだよね」

男「じゃあ焼き肉」
女「焼き肉はキツいかなぁ」

男「ファミレスでいいか」
女「もっとちゃんとしたとこ行きたい」

男「じゃあ何を食べたいの?」
女「何でもいい」

>>これって「私がどこに行きたいか、私も知らない答えをあなたが出してよ」ゲームだよね
本当ウンザリする

■帰宅して「お帰りなさい」の後に続けて愚痴が始まるバカ女多し!

■私はあるオンライン機器の保守を仕事にしてるんだが
点検に行った時に(女性から)「ついでに直してくれない?」と言われた物で
電気ポット(の、SWが入らない)
クーラー(の調子が悪い)
小銭を数える機械(が時々止まる)
コンセントその物(このコンセントにつないだ機械が勝手に電源が落ちる)
パソコンのキーボード(掃除機で吸い込んでボタンが外れた)
ワープロ専用機(電源を入れても起動しない)

サービスマンと言うのは工具カバンさえあれば電気で動く物は何でも直せると思ってるらしい・・・
専門外だっつーの!
つーかキーボードのキートップくらい自分でつけられないのか?
みぞに入れて押し込むだけだぞ?

■地震の時かつてのクラスの拡散用アドレスに安否確認のメールを送信したら
男→自身、および周囲の現状報告
女→怖いアピール、感想

全員がそうではなかったけど、だいたいこうだった

■女は商売が下手
最も高い値が付く10代に数千円で身体を売り、不良在庫になってから年1000万の値札を付ける。

■女性同士の会話はネチネチしてて嫌
男性との方がサハサバ話せる
とかいう女も嫌い
男はああ見えてもお前に気遣ってるんだよ
気付け

■母親に恋愛も結婚も妨害されてる娘かなりいるよ 
共依存親子なんだよ
世の中の母親は、無意識下で娘が自分より幸せになることを望んでないそうだよ
娘が自分の70%くらいの幸せを手に入れるのが理想だそうだ
母親ってそういう醜い生き物なんだよ

■女の「自分磨き」ってただ単にやりたいことやってるだけじゃね?

■女磨き:5円玉をピカピカに磨いて金貨と同じ価値を要求すること。

■女子会って何?
女子が集まってぺちゃくちゃ話すことは分かる。
それ以上が分からん。

■自分は平均以上に優れていると(客観的評価はともかく)自負してる女が3人以上集まると、その集団はある種の優越感に基づいて「女子会」を自称する。
そういう意識がなければ単なる食事会であり飲み会。

■グループで一番ブサイクな奴が幹事をする女の集り。

■会っていなかった日々に何があったのかを確認する作業
だと私は思いますよ

■自分の事を女子と言う女に限ってババアなんだよなwww

>>うちの会社の糞お局ババア
47なのに「女子会やりたい」と戯けております。

■女子会には本当の女子は参加しない。オバサンだけ

■ブスの口から女子会って言葉聴くとイラっとするよね

女という生き物24

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | ウザい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

東北地方太平洋沖地震31

■もうなんでも良くね?
即死以外は大丈夫な気がしてきた
政府に負けたよ

■付録欲しいけど我慢してたnonno買った!バッグでかいよ〜♪
これからこういう付録も無くなるんだろうな。

>>付録どころか、紙不足になるって言ってるけど・・・。
新聞も紙面縮小するとか。
紙の工場が東北にあるらしいから。

>>付録だけになるのでは。

■【計画停電】・・・洗物が溜まってますが、私は家事をする気がないわけではありません。

■759 :可愛い奥様:2011/03/30(水) 10:34:02.20 ID:nbNaVBWA0
私は地震当時は関西に帰省していて、先週、千葉に戻った。
飲料と料理用の水は産地を確認してボトルウォーターを使う。
どの道、花粉や黄砂が多いのだから、窓はできるだけ開けない、洗濯は外に干さない。
外出時はマスク。
根菜は千葉産、葉物は神奈川以西のものを。
肉・魚も産地の確認を。
外食は、夫は仕方がないけれど、できるだけしない。
…という程度の防衛なので、あまり苦痛ではない。

どの地方にいても、外食などを頻繁にするなら、私たちがスーパーで警戒している野菜等を口にすることになると思うよ。
とても安く流通することになるのだから。



760 :可愛い奥様:2011/03/30(水) 10:39:57.24 ID:hBmG9Xfv0
>>759
ちょww最後wwwww

761 :可愛い奥様:2011/03/30(水) 10:43:35.55 ID:jqsSHvYy0
>>759
お肉、落ちてますよw

東北地方太平洋沖地震30

posted by 現実主義 at 20:34 | TrackBack(0) | 環境問題・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッド

腰痛めて病院いったらウォーターベッドみたいなんに寝かされた。
振動で腰を直すやつな。
振動の強さが「強」「中」「弱」の三種類あって、最初に「弱」で始まったんだけど全然振動が伝わってこない。
看護婦さんに「あの、全然感じないんですけど」って言ったら「じゃあ「中」にしときますね。何かあったらナースコール使って呼んでください。」って言われて「中」に切り替えて看護婦さんどっか行った。
しばらく待ったけど全然振動しなくってナースコールで看護婦さん呼んだら「じゃあ、「強」にします。」
って言われて「強」に切り替えた。
それでも全然動かなくておかしいなあとか思いつつふっと横を見たら 隣に寝てたよぼよぼの爺さんがガタガタガタガタ猛烈に振動してた

ホテルのベッドで・・・

posted by 現実主義 at 19:45 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦知良

■サッカーの三浦カズ
友人の子がカズに挨拶して握手を求めたがガン無視
直後に若いねーちゃんが色紙を渡してサインをねだったらサラサラっと書いて写真まで撮ってた

■10年以上昔、六本木でカズ&りさこ。
二人とも超酔っ払っていて明るく気さくに写真に応じてくれた。
りさこは「私は顔が真っ赤だから私が撮ってあげる」と嫌みでなくほんと親切に写るんですのシャッター押してくれた。
しかも頼んでもいないのにカズは肩に手を回してくれたww
ほんとにキラキラして素敵な二人で二人に惚れた。
不仲説あるけど、あの頃みたいにずっと仲良しでいて欲しいな〜

■香川「実を言うと、僕はカズさんと小学校1年生の時に会っているんですよ。
阪神大震災の後、カズさんが僕の通っていた小学校に来てくれたんです。」
カズ「確かあの時、僕は神戸の知人の家に遊びに行っていたんだ。
阪神大震災の被害にあった地域の近くだったので、「子供たちを励ましてくれませんか」と頼まれて、小学校に出向くことになった。
そこに、のちに日本代表の10番を背負うことになる香川真司少年がいたというわけだね。」

■カズ語録
「人生に偶然はない。大分戦(2010年最終節)で輝けたの は偶然じゃない。
だからこうも思う。1998年W杯に行けなかっ たのも偶然じゃない。
岡田武監督がどうこうでもなく、僕に力がな かったのだと。
努力が足りなかったのだと。」

■田原俊彦が落ちぶれた時も前と態度変わらず友人として接したのもカズくらいだったっていうし 本当に心根がまっすぐなんだろうな

■このたびの大震災の被災者の方々に、心からお見舞いを申し上げます。
被害に遭われた方々にとって、この2週間が、その一分一秒が、どんなものだったかを思うと、本当におかけする言葉も見つからない。

生きているとはどういうことなのだろう、サッカーをする意味とは何なのだろう。
見つめ直さずにはいられなかった日々のなか、思わず頭をよぎったのは「今のオレ、価値がないよな」。
試合がなくなり、見に来る観客がいなければ、僕の存在意義もない。
プロにとってお客さんがいかに大切か、改めて学んでもいる。

サッカーをやっている場合じゃないよなと思う。
震災の悲惨な現実を前にすると、サッカーが「なくてもいいもの」にみえる。
医者に食料、必要なものから優先順位を付けていけば、スポーツは一番に要らなくなりそうだ。
でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。
人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大事なものが学べる、「あった方がいいもの」だと。

未曾有の悲劇からまだ日は浅く、被災された方々は余裕ある日々など送っていない。
水も食べるものもなく、家が流され、大切な人を失った心の痛みはとても癒やされはしない。
そうした人々にサッカーで力を与えられるとは思えない。むしろ逆だ。
身を削って必死に生きる方々、命をかけて仕事にあたるみなさんから、僕らが勇気をもらっているのだから。

サッカー人として何ができるだろう。
サッカーを通じて人々を集め、協力の輪を広げ、「何か力になりたい」という祈りを支援金の形で届け、一日も早い復興の手助けをしたい。
そこに29日の日本代表との慈善試合の意義があると思う。

言える立場ではないけれども、いま大事なのは、これから生きていくことだ。
悲しみに打ちのめされるたびに、乗り越えてきたのが僕たち人間の歴史のはずだ。
とても明るく生きていける状況じゃない。
でも、何か明るい材料がなければ生きていけない。
暗さではなく明るさを。29日、Jリーグ選抜の僕らはみなさんに負けぬよう、全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。
(元日本代表、横浜FC)

3月25日 日本経済新聞

サッカー2

posted by 現実主義 at 15:00 | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGO2

☆NGOの事務所スタッフの話を。

普段の仕事は、幹部はともかくとして一般事務等は普通の企業とほとんど変わりません。
朝事務所についたら掃除等の雑務をしながら、メールチェックし、口座への会費や寄付金の入金の通知を見ながら経理の仕事をしたり、郵便局にいったり、来客応対等で一日が終わります。
寄付金は、会員が別途お金を入れてくれる事もあれば、「匿名」としか通信欄に書いておらず、でも筆跡からして同じ人であろう結構まとまった金額が入ってきたりです。
おもしろいところだと、趣味として株をやっていて、儲けは出るんだけど特にお金を使うような趣味も他にないんで儲けの分を寄付するね!という人。
他に変わったことと言えば、海外での、とある分野に関する教育が主な活動なのでその地域出身の著名人が事務所を訪ねてきたり 届くメールに日本語や英語以外の言語があるくらいかなあ。

私が居た団体の場合、平日9時〜18時まで事務所をあけていました。
この時間内なら、電話で一言アポを入れて下されば、誰でも来訪することができます。
来訪して何をするかというと、活動している国の資料があるのでそれを閲覧したり、一緒に勉強したり、後述するイベントで販売するための商品の準備を手伝っていただいたりです。
とにかく、NGOに興味があればいつでもどうぞといったかんじ。

年に数回、NGOの主催するイベントに参加したり 活動内容に関わりのある機関が主催する報告会に出て討論したり、会員や、興味のある一般の方向けのチャリティーバザー、演奏会等があります。
ここで新たに会員を増やしたりするわけですが、バザーもただのほほんと物を売ってるだけではだめなので、イベント前には自分の団体や、活動している国、文化について確認の意味もこめて勉強します。
知識欲旺盛な若者や、募金するにもきちんと活動が行われていて、怪しくない団体か確かめてからでないと!といった人、とにかく質問してみたい人、色々いますが全てにきちんと答えられなければいけません。
議員さんやお偉いさん方があつまるような会合やNGO同士の報告会よりも一般参加ありのバザーやお祭のほうが質問攻めにされるので緊張しました。

「働いていた」と言うとNGOってボランティアでしょ?お金もらうの?と聞かれる事もありました。
私もきちんと説明することはできないのですが 非営利というのは利潤追求・利益配分を行わないことであり、無給で働くということではありません。
なので常駐しているスタッフには給料が支払われますし、イベント時にお手伝いをしてもらったり、海外とコンタクトを取る際に翻訳を外部の方にお願いしたりという時には、しっかりと謝礼を支払います。
中には、謝礼は要らないですよと言ってくださる方もいらっしゃいますけどね。

NGO、ボランティアに一番求められるタイプですが、NGOの活動を続けるには資金がないといけないわけで
どういった活動をしているか世に広めて賛同してくれる支援者を募らなければいけません。
なので、偽善と言われようがなんだろうが、自己主張の強い人が求められます。
目立ちたがり屋大歓迎です。
ただし、きちんと勉強して視野を広く持つこと。

あと、団体の幹部達はもちろん、普通に暮らしていたら中々話す機会も無いようなお偉いさんも支援者にいらっしゃったり、外での交流でもそういう方々と話す機会があったりするのですが、言い方は失礼かもしれませんが、歯に衣着せぬ物言いの社長気質の人が多数いらっしゃいますので、多少理不尽な事を言われたり、カチンと来るような事をされても笑顔でスルーできるか、我慢できないのなら理路整然とイヤミなく(ここがポイントです) 反論できる人がいいとおもいます。
また、そういった方々と向き合っても物怖じせず、ハキハキと笑顔で話せる事が大事です。
分らない事は分らないで大丈夫。
国際的な人が多いので、曖昧な態度が一番嫌われます。

・元NGOの方に質問というかアドバイスを求む系なのですが
自分の生活に支障のない範囲でボランティアや寄付をしたい場合にどういう目安で団体を選ぶのが吉かを教えて下さい
実は貧困ビジネスで幹部が潤ってますとか 中間搾取が大きくてみたいな団体は避けたいので…
悪質な団体を見分けるポイントとか安心な団体の目安とがあれば教えて下さい

>>NGO団体は会員や、希望者のために会計報告書、年次報告書を作成しているはずですので それがあるかメールか電話で問い合わせると良いかと思います。
どの活動にいくら使ったのか結構詳しく書いてあります。
何故欲しいのか聞かれるかもしれませんが、少しでも支援対象へ還元している団体へ寄付をしたいと思っているので見せて欲しい、と正直に答えておkです。
公式サイトがあり、そこに掲載している団体も多数あります。
活動期間が長いにも関わらず年次報告書の無い団体はちょっとグレーなので、無い理由をきいて納得できなければやめといたほうが良いでしょう。

貧困ビジネス系は、これはある程度経験がないと、目からの情報だけでは見抜けないと思います。
幹部の人達はお金が余っていて、どこかに還元してあげたいという考えの持ち主なので NGOの儲けで私腹を肥やしているんではなく、もともとお金持ちなんです。
なので、一番良い方法としては、興味のある活動をしている団体にいくつか的を絞り、活動報告書を送ってもらったり、サイトを隅々まで見たり、時間があるのなら事務所にいってみるのも良いですが、いきなり事務所に行くのが嫌ならば、NGOが主催しているフェスティバルが各地でありますので、そこへ行って色んな団体を覗いてみると良いと思います。

そこで色々質問してみて、良いなと思った団体と後々連絡をとり、さらに根掘り葉掘り聞いてください。
その後、最終的に判断を下せば良いと思います。
日比谷公園で開催されるグローバルフェスタというのが結構メジャーですが 小さなバザーみたいなのも頻繁にやってますので、興味のある団体に「こういった理由で色んなNGOを見たいんだけどバザーやお祭はありませんか」とメールしてみてはどうでしょうか。
大きいフェスティバルだと、今まで食べたことも無いような異国の料理とかいっぱいあって楽しいですよ。
私はここで好き嫌いが減りました・・・・w

NGO

posted by 現実主義 at 14:00 | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。