2010年12月31日

不景気27

■おいらの気持ちに余裕がなくなってきたこと
ちょっとしたことでイライラしたりしてきた
解雇をちらつかされると神経質になってきた
昔はへーそーですかまー仕事出来ないと思われてるのはしゃーないなー次行きますかみたいに
余裕で聞き流せたのに今はピリピリしている

>>気持ちに余裕がなくなってきたのは確かにある!

>>みんなに余裕なくなってきてる。
お金ないわ仕事は一生安泰ってわけじゃないわじゃ、そりゃ余裕なくなってくるよね。

■クリスマス前だけど電飾をつけてる家がほとんどなくなった。

>>クリスマスの電飾は流行らなくなっただけ。
今年からホームセンターも、ほとんど売ってないからなー

>>そうなんだ、すこし安心した。
あんなもんが流行るのはちょっとなぁ。
近所でクリスマスの電飾やってんのは生保で食ってる家だけだわ。

■家飲みですら皆酒を飲まなくなった
酒は高いとかで皆お茶とかジュース飲んでいた…w

■ポンコツ物件大家だが、
今までは築年数が古く見向きもされなかったようなオンボロ物件が、「安い」という理由であっという間に全部埋まった。

■総務課なんだけど、毎年職場に来たお歳暮にお礼状を書く係なのですが
今年は、さっぱりお歳暮が来なくて不景気だからなぁ・・・とか思ってたら
社長が全部自宅に持って帰っていた。
今までは会社に届いたお歳暮は納会のビンゴ大会の景品になってたのにヒドイ。

■銀座だろうが、六本木だろうが、終電直後でも余裕でタクシー捕まるな。
バブル崩壊まもなくの頃でもこんなにタクシー余ってなかったわ。
まあ、ここ1,2週間は忘年会シーズンで酔客も多くなってるから
夜の街もいつもよりはずっとにぎわってるけど、本当に不景気だね…

■サッカーのユースなんかでかかる金額を聞いて辞退する親子が増えたと聞いたとき
妹にカラオケ(1000円しない)を奢ったら現人神のように讃えられたとき

>>妹紹介してくれ!

>>四大の四年なのにNNTだからまじ貰ってほしいわ
・保育士の資格とったけど働く場所がない
・月17マソの病院事務の採用試験を受けにいったら受験者200人越えていた
・専業主婦は雲の上の職業
って言ってたし

親戚の姉ちゃんにきた田舎の接骨院の院長(40歳・二世帯住宅・爺婆小姑付き・男を産むことが条件)からの見合いの話を羨ましがっていた
女子大生が少しの夢も見れない時代なんだなあ、と思う

■中途採用で入社した新人。
大手の契約社員だったのが、任期満了で失業してうち(中小企業)に入社したんだけど、すごいいい人材。
仕事はできるし人当たりもいいし。
顧客も持ってるし最高。
不景気じゃなかったらこんないい人入ってこなかったと思う。

■2回生になった年から、学食の味噌汁がおかわり禁止になった。
以前はドリンクバー状態だったのに…

■ある半公共施設に勤めていて、時々おもらいさんが来ます。
その時にあればお菓子とか上司がちょっとお金をあげてたんですが

去年や一昨年までは
「こんなお菓子なんかいらない、もっとお金欲しい」
「靴無い?(下駄箱の靴を見て)あんな古いのは要らないけど」
「紙のお金は?」「ジャンパーちょうだい?あったかいの」

今年は
おまんじゅうと余った小さなかんぴょう巻きの包みと小銭を渡して
「少ないけど、どうぞ」
と渡したら、涙を流して「ありがとう」と何回も言って帰って行きました。
ちょっと悲しかったです、ふてぶてしい態度のほうがまだまだ大丈夫そうな気がするので。

■ボーナス出た日にふらっと立ち寄った近所の創作居酒屋
ちと高いけどけっこう美味くて珍しいメニューがいっぱいで酒の種類も多い
置いてある雑誌やマンガも種類が豊富で
おまけに客が全然いなくてガラガラで
近所に憩いの場を見つけてラッキー・・と思ってたのに
先週末ふらっと立ち寄ると夜逃げのまっ最中でした

改装かな?とも思ったけど、明りを絞って黙々と1人で作業してた
要らないものはそこらじゅうに投げ散らかしながら
金目のものだけ軽トラに積み込んでた
主人の悲しげな眼が忘れられない
声もかけられなかった

■ティッシュ配りの人が激減した

>>そのティッシュも薄くなった・・・

>>あーほんとに、ちょっとしかティッシュが入ってなくてがっかりするな

■以前はバアチャン以外はみんなスルーしてた大手スーパーの貼っとくシール
今では開店前から並んでもらってるねW
サビカンで聞いたら10分くらいで1000枚なくなったそうだ。
全部使えば200円くらい徳だけど、並ぶ時間もったいない。

■お正月の飾り、2年前からほとんどこの界隈で見かけなくなった。
隣の旧町ではまばらだった。
車のお飾りも今年のお正月まったく見かけなかった。

>>そのしめ縄飾りも、(リース調のお洒落な物)
昔に比べて安くなったが売れてない。

■新聞のおまけが豪華になり、勧誘がしつこくなり、集金屋の腰が低くなった

不景気26

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 政治・経済・株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブスの親4

■女児をうんだが姑マジそっくりでかわいくない・・・
3歳で口元にしわがある・・・

■叩かれ覚悟でかくけど、うちの子供もブサイク。
生まれてきた時見てあまりのぶさいくさに衝撃をうけた。
自分の股から出てきたのこの目で見たのに、子供取り違えたんじゃないかと本気で思って、今日生まれた子供は何人ですか?って聞いた。
あなただけですよ!っていわれた時は頭真っ白。

少しでも旦那か自分に似てる所があったらいいんだけどトメ似。
似すぎて気持ち悪い位。
トメの子供かトメのクロ−ンみたいなんだよね。
隔世遺伝は知っていたけど、妊娠してる時はまさか自分たちに全然似てない子供が生まれるなんて思ってもみなかった。
一緒に歩いてると、知らない人からもお祖母ちゃん似ね!といわれる。
ブサで顔自体がすごく芋っぽい。
田舎の子供みたいなカンジっていうのかな
オシャレさせてもダメ。
何着せても垢抜けない。
小さいトメあやして、母乳あげてるみたいな変な感覚で 自分が苦労して必死に生んだ子なのに、自分の子供ってカンジがしない。
悲しい。

■朝青龍系女子のなんと多い事かww
そしてウチの娘もソレだったが 年長くらいから急に体重増加がパッタリ止まり身長だけがグイグイ伸びたら
今は高島彩系。
相撲取り顔系は細くなったら結構変わるぞ!諦めるな。
でも泣き顔は相変わらずドルジ寄り。

■最近結婚5年目にして待望の長男が生まれたものの、あまりに不細工で猿か豚かE.Tにしか見えません。
特に泣き顔は醜いの一言。
生理的に受け付けない。。。
ほんと、癪に障るというかなんというか、見てるととにかくイラッとするんですよね。
愛する妻の子、必死に愛そうとしているが、これから優しく接していける自信なし。
同じような悩み持つ人いませんか?

■児童館の乳児の集まりとか行くと ほとんどの子が一重の不細工で、これでもわが子は可愛いんだろうな・・・
と思ってしまう。

>>自分の子は可愛く見えるからねえ
同じ年頃の子何人かで撮った写真見てハッと我に返ることはあるw

■今日お母さんと話してて、知り合いに赤ちゃんができたから「女の子だったら奥さんに似て可愛い子がいいね」って言ったんだ。
ぶっちゃけ典型的な美女と野獣の夫婦で旦那さんに似た女の子じゃかわいそうだと思ったから。
そしたら「あんたはいつも人の顔のことばっかい言って!親だったら子供はどっちに似ても可愛いものだよ!」だって。
いや、親はそうでも世間は違うんだよ。
顔のこと言ったのは私が子供ならブスに生まれたくなかったからだよ。
親目線じゃなくて子供目線で考えろよ。

■会社で倒れて入院した時、上司が親身になって付き添ってくれた
それを観た父や母が上司に猛アタック
上司の名字と姓名判断し始める始末
それにどん引きした上司はその日以降見舞いに来てくれなくなった
会社に戻ってからもしばらく避けられる始末
男気のない20代後半の親が本気になるとヤバい

■近所の美形夫婦の長女はカワイイんだけど 次女ちゃんが誰に似たんだか朝青龍そっくり・・・でも愛嬌があってかわいいんだけど
両親は次女の顔の事ばっかりしんぱ〜いとか言ってていつも馬鹿みたい!って思うよ。
顔がいい人って結局そこでしか勝負できないのかな?

>>顔がいい人は、そのメリットをよ〜く分かってるから それが享受できない人生が心配になるのもやむなしかと。

■可愛い幼児とブサイク幼児が同じイタズラをしたら やっぱり可愛い幼児は許せるみたいだよ。
ブサイクだとイラっとするみたいな。
確かに以前SCでプリンセスドレスを着た子を見たとき「うわ〜痛いな〜」と思ったが、振り返ったその子はめっちゃ可愛いハーフだった。
似合いすぎなくらいww
あれでブサが着てたら・・・
家の中だけにしろよ。と言いたくなるよね

■子供のころから親にかわいいと言われてても、小学校(集団)に入ると嫌でも不細工だと気づかされるもんだよ。
「あれ、私ってかわいいんじゃなかったっけ。私が不細工?不細工って何?」みたいな・・・
そのギャップが子供心を深く傷つける。
結局、不細工にかわいいなんて言ってもはうまくはいかない。

>>それで性格まで歪んでいくんだよね
自分可愛いと思ってたのに周りの(特に男子の)反応がブスブスブス
根暗ヲタになるならまだマシ
一番厄介なのは他の子の悪口言いまくる、いじめリーダーになるブス

■バス停一緒のママが連れてくる下の女の子が言っちゃ悪いが、かなりブサイク。
なのにウケ狙ってか、わざと変な顔する。
ママは「ほらぁ、止めなさい。本当に変な顔になっちゃうよー。」 と言っているが、正直あまり差が…

■うちのご近所さんがブログで家族全員の顔をさらしてるけど、お嬢さんが超絶ぶさいく。
色黒、きつい癖毛、上を向いた鼻、細くて離れた目。
その子が白目を剥いて食べ物にかぶりついてる写真を見たときは絶句した。
下の名前も出してるし、危機感ないのかな。
ま、怖いもの見たさでちょいちょい覗いてしまうけど。

■知り合いの女児の親が「うちの子可愛くて良かった!」と言っていたが、奥目のハッちゃんにそっくりで性別不明です。
親の欲目は怖い。

■また、勘違い親による勘違いはがきを 郵便局の短期アルバイト学生が安い時給で仕分ける季節となりました

ブスの親3

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 美人・ブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

バブルの時代3

■俺が高卒後に初めて就職した時の建設業関係の社長の話。
バブル期、支店・拠点を150件くらい持ってるそれなりに大きい会社で、豪遊の内容を酔うと言ってた。
社員へ1500万渡し、「それで競馬してこい。」
っていう話が一番記憶に残ってる。
結局ダメで、それでも何も怒らなかったらしい。

あと、こんな事を書いていいのか分からないけど、アジアの少女買春ツアー。
別にロリコンってわけじゃなくても、そういう体験も人生では必要みたいな雰囲気があって、ツアーで言ってきたって聞いてる。
一般的な社員はそこまで無かったにしても、ボーナスが年に4回出たとか言ってた。

■オレの知り合いの小さな証券会社の女の事務員が ボーナス500万とか言ってた

■自分の経験では、タクシーの乗車拒否にあった。
学生だから1000円くらいの距離だったと思うけど、
万札払う長距離の客(会社の金??)がたくさんいたから。
いま、タクシー不況で給料が上がらず苦しいとか言ってるけど、客を大切にしなかったしっぺ返し。
自業自得。
当時、大人はかなり狂ってたと思う。

■白い紙をピラピラさせないと、タクシーが兎に角止まってくれないんだよw
タクシーの運転手がお客さん選んでいるんだから。マジでwww
あの頃はタカピーな運転手が多かったな。
TDLから3000円の料金でタクシーに乗ったら、おまえはバスで帰れと怒り出す運ちゃんがいていやな思いもした。

■タクシーの台数に対してお客さんが多すぎるから、帰りは同僚と複数乗りをせざるを得なかった。
都内から埼玉にいって千葉に行くとか当たり前でやっていて、料金2万円台とかざらにやっていた。
それでもタクシーの運ちゃんはこんなに景気が良いのに運転手やっている俺たちは負け組だみたいに愚痴っていた。

■そういえば、他社からの連絡が来ないようにリゾートに行かせたりもあったよね。
凄い時代だった。

>>本当かどうかは知らんが内定した学生を会社が風俗に連れて行くって話もあった

■当時は佐川急便の運転手の給料が月収100万
そういう話でした。

■ワタミの渡邉美樹社長は佐川で働いて資金貯めたとか本で読んだ

■佐川急便、年収1000万ってのもあったよな

■証券マンの昼飯が5000円のうな重でした。

>>下っ端のリーマンでもランチは最低1000円がデフォだったな。

■3流大学でもそこそこのとこ就職できたよね。
超人手不足で売り手市場だったから。

■ボーナスがものすごく多かった。
大手証券は12ヶ月だったしマスコミとかも同じ位だった。
ファミコンがヒットしていた任天堂は24ヶ月もらえたよ。

■anとかJoneとかフロムAなどの求人誌が150円で すんごい分厚かった

■私おっさんやけど、その当時サーキットいけば2億のF40がゴロゴロ。
Matu○○のおっさんがGTOを27億で買ったとか。
フェラーリと名がつけばしょうもない物でも値段飛ばしとったよ。
サーキットがバブルの象徴やったよ。

>>少年ジャンプがF1の車に広告を出していたぐらいだからな。

■当時の結婚式の披露宴では、いきなり照明が消されて屋根に吊されたゴンドラに新郎新婦が乗っていて、スポットライトを浴びつつ登場したり、新郎新婦が登場する時にスモークを焚いたりする派手な結婚式が流行っていた。

■当時の就職情報誌は電話帳ぐらい厚く、新卒のフリして会社説明会に出没して交通費をもらってた。
九州から来たといえば5万円くれた会社もある。
転職した会社は半年目で沖縄に社員旅行、そこの社長に薦められて内外証券で新日鉄2000株か買って50万儲けた。
若者がローンを組んで買い物するのは当たり前の風潮だった。

■広告下請けの社長は都心にマンションをいくつも買って貸してた。
資産10億負債10億って感じかな
あと夜の新宿でタクシーが絶対に捕まらなかった。
みんな中央車線まで出て停めようとしてた。
ポーカーゲーム屋のオーナーが毎晩50万稼いでた。
街は活気にあふれ JAPAN AS NO.1でこのまま未来永劫日本は世界のトップを走る続けると信じてやまなかったな。
今はみんな破産してる。

■学生が派手なディスコ(マハラジャとか)借り切ってダンパ開くのが大流行
4-5月の週末なんて朝から晩までワンレンボディコンが繁華街にうじゃうじゃいた
当時、マハラジャの2時間貸しが50万円とかで4千円のチケット3-400枚すぐ売れた
こういう企画サークルの連中はイタリア服着てハンティングワールドのでかい鞄

■あの当時はリアルに 引越しとか運送仕分けのバイトとか、ガツガツやれば月50万以上いってた時代だからな
今なんて肉体労働系バイトやっても月20〜30万が限界だもんな

■俺の知り合いに、両親共に中学までしか出ていないけど、親父が長距離トラックの運ちゃんで東京−大阪を何度も往復運転して、月に手取り50万を稼いで
子供は大学まで行かせて、就職先は両親には考えることすら無理な、一流企業の正社員になったというのがいたな。
今の世の中では絶対無理な話だな。

■オレの入った会社は新入社員の冬のボーナスが100万だった
社員旅行が海外でホテルが超豪華だった
日本ではありえない広い部屋でびっくりした
それもそのはずで、国賓を招くための部屋だった
あれいったい一泊いくらだったんだろうかと今でも思う

■仕事が忙しいのに求人募集しても集まらず、労務倒産しちゃう企業の話よく聞いたな。
上場企業でも中途採用に新聞広告出すわ、社員に入社希望者見つけてきたら金一封とかだったぞ。

>>3K職場では外国人労働者をたくさん雇ってたよね。
中小企業は人手不足で大変な時代ですたw

■みんなセカンドバッグ持ってたな。
何入れてたんだ?w

■昔、コンビニでバイトしていた時
タバコ1つ買った客が1万円出して
「釣りはいらねえ。とっときな」

■国内線の飛行機の機内販売で大人買いしてるやつがいた。
「このページの全部くれ」と言ってゴールドAMEXカード出してたよ。

■契約型の愛人がたくさんいた。
愛人バンクとか夕暮れ族とも言ったな。
今、中国では、愛人ばっか住んでる愛人マンションがたくさんあるそうだ。
フランスのニュースが特集してた。

■気合入ったデートは食事は西麻布でフレンチ、六本木で踊ってプリンスでお泊り。
とにかくバイトの時給が高かったんで成せる技だった。
クリスマスは6月からホテルの予約が始まって、いいとこはパンピーには取れなかった。
ハワイに旅行すると、アラモアナとかで大学のヤツに何人かばったり会う感じで、
やっぱ今考えるとどこかおかしかったのかもしれんw
ちょっと可愛い女の子は一切お金使わず(身体も使わず)、毎日タダメシ食って貢がれてた時代。

■証券会社に入って2年目の知り合いが月収60万もらってたな。
医者と同じ報酬だった。

■バブル時代に働き盛りだった人たちが羨ましい
そいつらは、何もせずとも昇進し、ボーナスをもらい 老後も、たんまりの年金

それに比べて今の若者は、昇進時期が遅く
年金も支給額は今よりかなりの減額
払う税金もバブル時代の老人達に年金として吸収されていく

>>そうだな
おまけに、バブル時代の公務員とか、特に地方公務員は頭が悪く仕事ができない。
バブル時は、民間に入れない奴らが、公務員になったからな。
それがどうだ、今では年収、年金、休暇、福利厚生、全ての面でトップクラスだ。
頭悪くて仕事ができないのに…

■バブル時代は、入社して2ヶ月とかでも満額ボーナス貰ってたって聞いた
今なんかまともにでない会社がごろごろ・・

■今40手前のいとこ(女)は高卒で就職した
当時はバブル真っ只中、初めてもらった夏のボーナスは手取り47万(本人談)
嬉しいと思うよりも「こんなに貰っちゃっていいの?」と思うのが先だったらしい
会社に入ってたった数カ月の高卒女子事務員でもこんだけもらえたんだから
30〜50代の働き盛りのおっさんは一体いくらもらってたんだろ

■バブル時代はバカ短大卒の親戚のねーちゃんがそこそこいい会社に就職してたよ
いつもハワイだのバリだのに旅行していてお土産貰ってた(当時自分は小学生)
で同じ会社の社員と結婚して寿退社
今は悠々と専業主婦
こんな楽な人生いいよな…と思う

■そんなに一流ではない会社でも有給とって海外旅行とかいってたな。
今じゃー有給なんて、公務員以外は辞めるときに申し訳程度にとるくらいだしなあ・・・

■バブル世代って基本的に仕事は誰かが与えてくれるものと思ってるよね
創造性皆無で、言われたことをその通りにやろうとはするけど
言われたとおりのやり方でしかできない

■金持ちから貧乏に転落した人とかいないの?

>>社長からタクシー運転手さんになった友達の親もいる。

>>私の同級生も夜逃げいた。
やっぱりバブルが弾けた時だったなー。
もう成金を絵に描いたような子で堅実な人をバカにしていた。

自分の周りにはバブルが弾けたごときでダメになる家の子はいなかったけど、
「時代に乗るなとは言わない。
むしろ乗る事も必要な場合がある。
しかし流されてはいけない。
時代を見る目を養う事が大切。
栄枯盛衰を肌で感じとれた事を今後の糧にしなさい。」と教えられた。
当時は学生だったしケチな親だと思っていたけど、今になってみれば正しい事を言っていたんだなぁと思う。

>>同じく親戚がバブルでダメになったな
そしてやはり堅実な生活をバカにする人たちだった
借金のことで親戚一丸となって、いろいろ援助したけど
それに対して感謝ではなくて、逆恨みされたという現実がすごく印象に残ってる

>>バブルが終わったって言われた頃の数ヶ月って、確かになんか空気変わったなと感じた
その時親が店やってたんだけど、不動産、貴金属、ブランド買わないかやプレゼントとか当たり前みたいで、融資も土地持ってたらすぐって感じで、うるさいのを毎日断るのが大変だったみたい
食事や飲みに行くのにも気に入った人誘って一回で数十万とかやってるの聞いて、大人ってこういうもんなんだって植えつけられたのは悪い影響だったよ…
そういう人達が急に消えて、あの人どうしたんだろうって話ばかり聞くようになった
大きくなって理解したけど、バブル成金で踊った結果の人たちなんだろうなあ…

■バブル崩壊当時は、私立からの転校も増えただろうね。

>>親が倒産して高等部に進学出来なかった子が何人かいたよ。
友達もそうだった。
家の親に学費出してあげてと泣いて頼んだけどやっぱり無理で、二人で泣いたもん。

>>あなたが優しすぎて、こっちまで泣きそうになる。

>>お金持ちの子って優しい子が多いよね。
余裕があるから他人にも気を遣ってあげられる。

>>付き合いやすい人は多いと思うね

バブルの時代2

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 政治・経済・株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腋臭

■わきがの人
なぜ自分の臭さに気がつかない?

>>本人は全く気がついていないんじゃないかな。
前に勤めてた会社にいたよ。すごいワキガ持ちの女性。
ハンパな臭いじゃなく、息ができないって思うほど臭いんだけど
(鼻の敏感な人だけが気づくんじゃなく、皆が知ってた)
本人は例えば「鼻押さえてどうしたの?」「何か臭うの?」って感じだったもの。
自分の体臭に慣れて鼻が麻痺しちゃっているんだろうなぁ。

■ひどい腋臭の人に「ねえ、あの人なんか臭わない?もしかして腋臭?」と聞かれた時の衝撃は忘れられない。

■中村うさぎの本で「友人間のカンパで10万円集めてワキガの友達に手術代として渡した」って話を思い出した。
やっぱり本人は気づいてなかったらしい。
やっぱ手術しないといくら清潔にしても治らないんだろうね。

■ブラウスを試着しようとしたら、その服から強烈なワキガ臭。
買う気どころか試着する気にもなれないので店員に告げて返した。
臭持ちの方は自重していただきたい。

■バイト先に23歳になるまで自分が腋臭だと気づかなかった人がいたな〜。
彼女に向かって 腋臭だからデオドラントとか色々と気を使え!って言った人は偉いな。
飲食店なのに腋臭の人をなぜ雇うの?
吐きそう…って言った人もいたけど。
前の年の洋服は脇の下がボロボロで着られないって事で腋臭だと気づかなかったのだろうか?

■会社に最大級のワキガ♀がいる。
小さな会議室とかにいると目が痛いくらい。
顔はつり目で眉間へこんでてブス。
性格もキツく更年期と馬鹿にされてる。
何故かノースリーブ着てくるんだけど、服が溶けるからなんだね。納得。
ちなみに無条件てくらい条件下げてるのに彼ができない。
最近入社した美人で才女の同い年の人が結婚決まってむかつくらしくイライラしてる。

■ワキガの子にフォーマル服を貸したんだけど、においがついてクリーニングにだしてもとれない
結局捨てたよ

■前のバイト先で一人いた。
九州から出て来たばかりの子で訛りがぬけなくて顔も可愛くておっぱいも大きかったけど、
「あ、発生源はこの子だ」ってすぐ分かる位のワキガだった。
性格もよくて明るくて、休憩中には実家によく電話する親思いな子で、
多分皆「この子にそんな辛い事実を教えたくない!!」って一心で耐えてた。
ワキガだったけどまた一緒に働きたい。

■隣の席の新人が腋臭だ・・・
ぶりぶりアイドルを気取ってるんだが腋臭
夏場は脇見せブラとか谷間見せとかやってたが誰も引っかからなかった
定時で彼女が帰った後残った人たちで軽く飲んでたら 男も女も気が付いていて隣の席なことに同情された

■汗かくとすっぱいような匂いがするんで、皮膚科に診てもらったが、「それは単なる汗の匂いです」と言われた。
その医者曰く、腋臭は「鉛筆の芯の匂いに近い」らしい。
そんな匂いの人なんているんですか?
今まで会ったことないですけど・・・

■わきがの女友達は、「電車って臭い人多いから嫌だよねー」と時々言う。
自分が臭い事に気づいてないのか?

■日頃ワキガの男性なんて耐えられない!と言っている
会社の同僚がワキガ、しかも朝から口臭もすごい
朝食を取らないから歯磨きしなくてもいいと思ってるみたい
こういうのは言えないよ...

グラドルの腋毛

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

団地4

■すべてがそうとは限らないとは思うんですが、
団地が密集してる地区の公立小中学校は評判が悪いと聞いた事があります。
要するに所得が低いので、子供に学習費用をかけれない→やんちゃなお子様増量。
という理屈だそうです。
言われれば確かにそうかと。

■うちも子供が小学校入学の前に、団地が無い学区に引越しした。
特別優秀な学区ではないけど、まぁまとも。
私は子供の頃、団地満載な学区に住んでいた。
親が無知で、わざわざそんな所に言えをたてたから。(お手軽価格だったんだろう)

あの頃はあれが普通だと思っていたけど
大人になって、あの学区は異常だったんだと気付いた。
小学校は大人数で兄弟何人いるかわからないような家庭があったり、
学区内でも「あの場所には立ち寄ったら危険」と言われる地域があったり
何日も同じ服着てる子や、頭にシラミがたくさんいるのに親に放置されていたり。

そして本番は中学からだ。
中学に入ると、隣学区の大規模団地の連中と同じ中学になった。
ほんとに・・すごかったですよ。
県内ワースト1・2って言われるくらいの学校でした。
やっぱり団地は低所得の家庭が多いから
全てではいないけど、常識のない家庭の確立がすごく高いですよね・・

■団地住まいの子
すごい乱暴で言葉使い悪くて、親も身なりからしてDQNでかなり口が悪い
そして男の子は乱暴に育ててなんぼ、みたいな考え
ホントは「○○君とあまり遊ばないようにね」と子供に言いたい
でもそんなこと子供に言うのは酷かな・・・悩む

■公営住宅の男の子は小学校時代はちょっとくらいヤンチャな程度だけど、
中学(もちろん地元の公立)以上になると本格的にガラが悪くなり、低俗な暴力絡みの事件を繰り返し犯罪者になるのがお決まりのパターンw
女の子の場合はその年代くらいから服装が派手になり、男性関係にも派手になり、10代でチンピラの子を身ごもるのがお決まりのパターンw

■引越し先に団地があってアリャ失敗したと思ったら、
実は公務員宿舎で公立校も大当たりだったという運の良い自分

>>公務員宿舎も売却→ミニ戸の流れが…
少なくとも法務省(裁判官の宿舎等)など財務省管轄じゃないところは売られる傾向にあるから注意したほうがいいよ

■最近新築マンションを購入したんだが、パート先の団地ママがつらく当たってくるー。
パート先には50人くらいのパートがいて、近くに巨大団地があるせいで1/3が団地ママ。
しかもみな50代半ば。私は40代前半。
マンション買うまでは賃貸だったから今まで優しく接してくれたんだと初めてわかった。
近所の新築だったから、広告チラシで値段や間取りを知られてしまうのが気恥ずかしくて
引っ越すまで、誰にも言わなかったのが癪にさわるらしい。

引っ越し後、団地ママに「新居はどう?」とニコニコ顔で聞かれて
「すっごく快適だよ!」とうっかり答えたのがまずかった…

>>買いたくても買えない、団地ママの気持ちを逆なでするようなことをw
ねたみ、そねみの嵐が過ぎ去るのを待つしかないな。
現金一括で買って住宅ローンなしの楽々生活だったとしても、
頭金なしでローンが大変で今まで以上にビンボーなんですよぉ、くらい言っとけw

>>団地女はしぶといから、ねたみ・そねみ・ひがみ、の感情を一旦持つと本当にしつこい。
くどくて、かなわん。
努力もしないで卑しい奴らだ。
時と場合によっては転職をお勧めする。

■団地内の公園のベンチに、通りすがりの女性2人が座って楽しそうにおしゃべりしてたんだけど
それ見た団地ママが「なんなのあの人達、ずうずうしい!」ってフンガーしてた
どこがずうずうしいんだ?別にお前の公園じゃないだろw
どこまでも心が狭いっつーか怒る基準がわからないわー

>>あいつら公共物も自分の物だと思ってるからね
それから「他人の物も自分の物」って奴も多い
理解不能

>>道路とか…違法駐車しまくりだよ

>>賃貸だろうが住んでれば自分のもの。
団地内の公園とか周りの道路も自分のもの。
違法なんて思ってない。
自分のものなんだからw
もうね、かかわっちゃだめ。

■私が遭遇した団地の人たちは 本当に心の中が真っ黒っていうか、腹黒いというか根性の悪い人たちばかり。
あんな変な人たちの非常識な基地外常識に染まったら大変だわ。
井戸端率高いし、話題は聞いてて気分の悪くなる内容オンリー。
心底気持ち悪い。
下世話で下品で品性が無くて嫌だわ。
同じ人間とは思えない

■私は、近所では、近すぎて後でもめるのもやだから親しく付き合わないでいた。
何十年も生きてきて、嫌がらせって感じた事が無かったのに
ある日から突然嫌がらせが始まった。
付き合いも無かった近所の人が多数で、酷い嫌がらせ。
あまりの異常さにネットで調べたら、創価の嫌がらせとそっくりだった。
人生で創価に1度も勧誘された事が無かったし、創価に関しては知識ゼロでした。
団地の金属ドアをガンガン閉められたり、上の家は、一日中椅子を引いたりドタバタしたり、外でも色々されました。
団地には創価が多い。
どうしてあんな宗教にホイホイ入って、洗脳されるのか不思議だわ。

■ふつうの感覚だったら団地に住もうとは考えないだろ
下層しか住まない場所なんだから
病気で働けないとか障害者とか、やむなく母子家庭になったとかなら仕方がない
それ以外はクズの集まり
目くそ鼻くそだよ

>>正論ですね!非常に解りやすくて納得致しました。
病気で働けない・障害者・やむなく母子家庭、以外はクズですよね!!
非常識で粘着質、働かずに他人を妬む馬鹿どもは政府で無人島にでも隔離してもらいたいものです。

■給食費未納額と不登校者数が市内No.1のDQN校です
団地の子は半数は不登校で学校に来てる子はいじめや授業妨害の常習者
どちらも中卒が確定的
廊下にはガムとタバコの吸い殻が落ちてる

団地3

FXで毎月100万円稼ぐためのテクニック 改訂版 (超トリセツ) [単行本] / インターナショナル・ラグジュアリー・メディア (刊) 40代から年収1000万稼ぐ人のルール [単行本(ソフトカバー)] / 田中 和彦 (著); 中経出版 (刊)
posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。