2010年05月04日

ファッション5

■なんといっても喪服が一目瞭然。
10万円クラスから、色と艶が違ってくる。
安いとニッセンみたいにペラペラだった。

■喪服にこんな事を言うのが適切か分からないけど 高い喪服ってすげー綺麗だよ

■十万まで行かなくても、アオキとかあんな感じの店の礼服なんかも
三万円を超えるとそれ以下と比べて色味がしっかりしてくる。
後は値段が高くなるに連れて、黒が深い色になって行ったり 手触りが滑らかになってみたり。
安物の夏用礼服はもう黒じゃなくてグレーに近いw
葬式に出ると喪服の良し悪しはかなりはっきりするね。

■値段が上がるほど体型カバー力が半端ないよね。
シルエットが綺麗だし。

■うちのおかんの喪服が、10数万の喪服なんだけど 初めて見たときに、なんて綺麗なシルエットだーとおもった。
あと型崩れしないし、全然皺にならないし、表面がやたら滑らか。

葬儀でそこまでじっくり喪服をみる人も居ないと思うけど
(私は喪服が好きなのでついみてしまう)並んでいると、高い喪服と安い喪服は、ブスと輝く美人ぐらい違うw

■ほとんど着ないうちに体型が変わってしまいそう>喪服

■私もこないだプラっと入ったお店で気に入った服が家に帰ってからどうしても忘れられなくて、ショップに電話して取置きしてもらっちゃった。

店頭で見て気になって、あとでネット通販(ZOZO)とかで同じのを見つけてポチっとしたり、よくやってる。
何故その場で買わないのか自分でも不思議なんだけど・・・

■同じものに巡り合えなかったら悲しいから買っちゃいましょう!
私の場合、「買いなはれ、買いなはれ」と耳元で聞こえる。

>>去年の春買おうか迷って結局見送った春物ニットを後日買いに行ったら 店員から鼻であしらうみたいに
「もうとっくに売り切れました」と言われてガクーリきたが
夏のクリアランスに行くと 他店の春物売れ残りがたまたま入荷したそうで20%値下げで売ってたので とても嬉しくて大喜びで買った。
件の店員はなんだか悔しそうだったw

でも私の場合はたまたま運が良かっただけで 普通なら一度見送ったブツは二度と巡り合えないと思う。
私も「買いなはれ」にドウイw

>>様子が目に浮かぶ。
まさに買い物はサバイバル&店員とのバトル
いい買い物は大変だよね。

■前にチラ裏で「買い物で迷ったとき、金額で迷っているなら買え、それ以外で迷っているなら買うな」
って言うのを読んで、心の支えにしてるw
よっぽど身の丈にあわない金額なら諦めるけど、そんなお高い店には最初から行かないし、どうしても欲しくて悩んだときは買ってしまうな。そのあと何ヶ月か、他の買い物我慢してもいいやと思えたら買う。

■45才でアナイを着てたら痛いかなあ。
周りの人は「若く見えるから似合うよ。」と気を使った発言しかしてくれないからわからない。

>>その言い方はあまり似合ってないときの気の使い方だと思うw
本当に似合ってたら「若く見えるから」なんて言い訳しないで単純にほめるもん

>>そうか、やっぱりね。
アナイの店員さんが、同世代だったからちょっと期待してしまった。
自由区見に行ってくるか。

>>若く見える、は確かに変だな。
実際若く見えたんだろうけれど。
ANAYIってターゲットは30前後?
でもシンプルだからミニとか選ばなければ40代でもきれいにみえると思うんだけどなあ。

>>ボトムって質が大事だね。
若気の至りで大量に買ってしまってたスカート、安っぽいものだったんだけど、デザインはオーソドックス、入るからということで履いてみたら、生地のぺラいこと。
トップスにいい物をもってきても、きまらない。
反対に、ボトムの生地がよい質であれば、トップスは多少は安くても大丈夫だった。

私みたいなきれいじゃない人間だけじゃなく、知り合いにとてもきれいな人がいるんだけど、おしゃれな人だけど109などの服装が好きな40代で、もちろん30代に見えなくもないかなあ
というときもあるけど(見た目は浜崎あゆみのような人)きれいだから安い服でもいい、ではなく、
美人だからハードルあがっちゃうというか、いい物を着ていて欲しいなあ、なんて思ってしまうような気がした。
ANAYIは私にとってはいいものだけど、もし生地を見て若向きだったら、ボトムはやめたほうがいいかも。

>>ヒラヒラ生地の違いは、若い人向けの安めのお店を見ると、よくわかるよ。
同じようなデザインでも、生地の感じでだいぶ違ってくる。
若ければ、若さが持つ華やかさで安い服を着こなせるけど、我々世代は
やっぱり外側にある程度の品のよさとか華やかさを持ってこないと、
貧相になっちゃうよね。
きれいな人であっても、というのにも同意。

■今日、前を5人ぐらいの年代ばらばらの女性が一列にならんで歩いてるのを見たんだけど 格好は皆それなりに若い感じでも あからさまに肉のつき方で年代がわかるね。

20そこそこの子とどう見ても40過ぎてるんだろうなって人が同じような
格好してると差が浮き立っちゃうんだよね。
わかっているつもりだったけど痩せてても駄目なんだと再確認した。
これからはうまくカバーしてくれる服を選ばないとな〜。

>>そうそう、若い服装って、服装と実年齢の差を際立たせて、かえって老けて見えるってことがあるからね。
好きな服を着たらいいと思うし、今は年齢にこだわる必要もないと思うけど、一歩間違うと恐ろしいことになるから、年相応の落ち着きも考えたいところ。

ファッション4

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッサージ

■今度、マッサージ店を経営しようと思うのですが(普通の)何か資格・届出等必要なのでしょうか?
また、経営なされてる方で気を付けた方がよい事柄とかありましたら教えて下さい。
お願いします。

>>真当にやりたいなら厚生労働省認可マッサージの学校に入学して三年後に国家試験を受け合格してから開業しましょう
もしくは国家資格を持った人間を雇って経営に専念しましょう
ちなみに届出は必要で審査もあります。

■マッサージ師(有資格者)はほぼ8割は鍼灸の免許を一応もっている。
単独で取れる学校がほとんどないからね。

■針をブスブス、貧乏人多いよね。

>>そんな事はない。
学校入ったらわかるよ。
俺らの時なんか、学校にベンツやポルシェで来る奴もいた。
ただ、開業して成功するのは2割程だが・・
ちなみに私は鍼灸一本で、年収5千万あります。(1店舗のみ)

>>わたしも鍼灸専門ですが、施術者ひとりで年収5000万はちょっと考えられない。
一日軽く50人以上は治療しないと、ね。
わたしの場合は10〜20人/日ですが、それでも忙しくて座る間もなし・・・。
いま患者さんがとぎれたので、やっとこさ書き込めましたが。

>>真剣に5000万円ありますよ。
この地域の相場が治療費一人5000円です。
一日だいたい30〜35人治療しております。
ベッド6台で、弟子が3人と私と4人で回しています。
私の師匠は一日平均55名、年収8000万円以上あります。

■タイ古式が好きなんだけど、日本人がやってるとこ、少ないね。
私は、ウトウトする半覚半眠状態がすごく気持ちいいと思いますが、どうですか?
ベットでやるマッサージ系ばかり流行ってる?みたいだけど、何でタイ古式が、特に日本時のやる店が少ないのか不思議だ。

■おしゃべり好きなマッサージ師にあたったら本当最悪。。
5分くらいの会話だったらまだいいんだけど 60分コースだったとして60分の間ずっとしゃべってくる奴。
自分は強めにやってもらいたい方なんだけど、へたくそマッサージ師はおしゃべりに夢中になって(特におんなが多い)いつの間にかさするだけになってるし、こっちが無言でいてもおかまいなしにマシンガンで話してくるし。
というか、ヘタで力がないのが自分自身でも分かってるから会話に夢中にさせてごまかしてるつもりなんだろうか。(女性でも力が強く、上手な人は集中して無言でやってくれる。必要な事以外はあまり会話しない)
ヘタなマッサージ師が無神経に大きい声で話して隣の客はうるさがってるんだろうなと反対にこっちが気をつかうよ
そんな奴に3人も続けてあたった。
なので、受付の際には必ず「術中は仮眠したいので。。」と言うようにしている

美人の生態13

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。