2010年05月28日

恥ずかしい話19

日々の怠惰な生活が祟って、太めというよりはっきり言ってデブの域に
きつくなったワンピース(他に入る服もナシ)を無理矢理着て銀行へ

カウンターで、足元に落としてしまった判子を拾おうとして屈んだら
ブチッ!というかビリッ!というか、とにかく背中のファスナーが弾けてしまった
一瞬頭の中が真っ白に、そこで本来味方になってくれる筈の身内(息子)が
「すげー!母ちゃんケンシロウみてぇー」(北斗の拳のファン)と一言

その一言で、近くに居た今まで笑いを堪えていたんであろうサラリーマンが堪えきれなくなって顔を抑えながら「プグッ!ブホヘホホ、ゲホッ」って感じの なんとも言えない噴出し方をしたもんだから、周りにいた人たちもつられて大笑い
もう、「穴があったら入りたい」でした

恥ずかしい話18

posted by 現実主義 at 00:46 | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放屁9

■こないだ旦那様の携帯電話の調子が悪くなったら
お前の屁のせい!!と言われた
人のせいにするなブー。

■先日先輩が遠方から来て お見送りして最後に
お気をつけ下さいと言って頭を下げた瞬間
豪快にボフ!っと放屁

気を付けるのはそっちだと言われちまったorz

■余りの音と臭さだったのか、一緒に寝てた猫に引っ掻かれました…。

■あと昔、座ってたらいまだかつてないような凄い腹痛になり、悶えながら「これが盲腸か?!」と考えてたら、これまたいまだかつてないような凄い屁が出た
空気量も音の長さもすごかった 
そしてさっきの腹の痛みは嘘のように消え失せた

■レトルトのカレーが好きで色々買ってくるのだが
ローソン100の大盛りカレー250グラム入り辛口は変だぞ
これを食うと3日後くらいに出る屁が必ず食ったカレーそのものの匂いがする

■ありがちだと思いますが、修学旅行前の説明会が体育館であり、
体育座りで話を聞いていたところ…急激な眠気が押し寄せました。
私は優等生寄りで、前日も夜遅くまで塾へ行き、勉強をしていたのです。
恥ずかしいことに、まじめに話を聞いている皆に対して、「修学旅行より受験でしょ」なんてすました顔をしていたのです。

そして授業で寝たこともないのに、体育館で眠りに落ちてしまったのですが、その後夢をみる間もなく、謎の衝撃と怪音に起こされました。
まるでマシンガンを乱射したかのような、小気味良いリズム。
「プップップップップ…」とものすごい勢いのオナラを連射してしまったのです。
その後寝たフリを続けたのは言うまでもありません。

丁度一週間ほど前に、朝礼か何かで同じように体育館で豪快なオナラをぶっこいた女子がいて、そのオナラを「まるでバズーカ砲のようだ!」と男子と笑いつくしたばかりでした。
その後どう帰ったか覚えていませんが、帰って母親に話し、なぜか二人で爆笑したのはいい思い出です。

放屁8

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ネパール

■外国人のひとのパスポートみたら手書きでびっくりしたことある
自分で書いたかと思っちゃった
その人は目の色が黒ってなってたけど どうみても茶色プラス緑って色で(日中はサングラス必須)適当さにびっくりした

>>どこの国ですか?

>>ネパールです
ネパールに行った帰り空港でチャックインする時並んでいておっそいなーーと思っていたら コンピューターでなく手動?で席を決めててびっくりした
職員ことに20席くらい紙に席が割り当てられてて 決まったらチャックいれてた
あと機内液体持込制限がないのに 全員手荷物をポーチの中身からなにまで見られて荷物が多くて職員に苦笑いされはずかしかったな〜
いま思えばx線検査機がないのかな?

>>チャックインw

■知り合いのネパール人がパスポートの年齢を10歳もサバ読んでた。
子供の市民カード偽造するのとか全然余裕だと思う。
ネパールに限った事では全然無いけどね。

■ネパールでは停電はよくなるみたいですが ホテルとかだと自家発電でなんとかなることが多いです
とまったホテルではシーズンオフだとローソクでごまかされると日本人のおじさんがいってました

空気はカトマンズは劇悪で 使い捨てのマスクが黒くなります
マスクしてる人が多くてびっくりしました
普段マスクしてると浮くので

あとポカラのホテルで外をみてお酒をのんでると小さな光が!蛍?まさか?幻覚がみえたのかと思って後から確認するとやっぱり蛍でした

■ナガルコットからのヒマラヤ山脈の眺めって感できるぐらいの迫力はありますでしょうか?

>>ナガルコットからのヒマラヤの眺めは、遠いけど180度の大パノラマが楽しめる。
できれば少し歩いて展望塔から見た方がいい。

■何度かネパール行ったけどトレッキングしてネパールの良さがわかった。
とくに真冬。人いないしほとんど晴れてる。
場所によって夕方曇るけど

■ネパリに飲ませてもらった自家製ロキシーが旨すぎた。
たぶん70度くらいあったと思う。
でも口当たりがやたらやわらかいからに調子乗って500ml飲んでしまった。

>>日本でロキシーのみたかったら雑穀焼酎の「とんでんなか」が似てる

雑穀米焼酎 とんでんなか 白22度/黒28度 お試し180ml2本セット / とんでんなか

■いくら物価が安いといってもビザ代がなあ・・・今40ドルでしょ?
高いよネパール。

>>観光でしか食べられない国だから。
お布施だと思うようにしてあげて。

>>ビザ代で庶民が潤えばいいけど全く還元されてるように思えない…

■ネパールは物価が安くて、ドラッグと山と温泉にやさしい心を持った住人がいる。
物価が安いのが一番のネパールの利点だね。

■あそこの肉はかなり旨かったぞ。
日本やその他先進国で食った牛肉にも遜色ない。てか一番旨かったかも。
たぶん部位的に良いところを使ってる。
黒毛和牛は除外な。あれは俺の中は別の食い物。

■20年前のポカラで出してたバフステーキは分厚くて胡椒たっぷりきいて野趣溢れる味で美味しかったなぁ、今はどんな肉になってるのやら

■ホテルの客引き、タクシーがえぐかった。
目的のホテルにダイレクトに行かないで、何件も別のホテルに連れていかれた。最悪!

■ネパールのストライキは酷すぎ。特にバス。
1年前3ヶ月滞在したけどストでバス移動できないなんて日常茶飯事だった。
ドゥンチェでは3日間足止め。
ポカラ行きは5日間w結局相乗りのワゴン使った。
運とタイミングだね。あの国は。

■ネパールに初めて行ってきました。
あらゆる意味で凄かった…
カトマンズのゴミの山、砂埃、牛、犬、無法運転のバス、バイク そして人…
自分はツアーでしたが、あそこに一人で行く勇気はないです。
ただポカラ等からのヒマラヤの山々の眺めは凄く良かったです。

■ネパール、電車走ってないの?

>>停電が頻繁だから、電車は無理じゃないかな

>>そういや昔よく走ってたトロリーバスも停電が多くなって廃止されてますね

>>トローリーバス、どっから持ってきたのか知らないけど、ボロボロだったもんね

■この前ネパールに初めて行ったんだが・・・
景色は本当に綺麗だけど、街中はゴミためだね。
フェワ湖も遠くから見れば綺麗だけど、近くで見るとゴミだらけ。
政府に金がないのはわかるけど、ネパール人自身に公衆衛生という概念がないのかと思った。

インド人2

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女という生き物17

■ここ既女板だよね?
そんなに友人と容姿の話なんてするものなの?
かわいいと言ってもらえないとか、肌しかほめるとこないんだろうかとか、もう結婚してダンナがいるわけだからどうでもいいと思うんだが、ダメなのかな。
大体2〜30年も生きてきたら、自分の容姿の客観的評価くらいよくわかってるだろうに。

>>シワシワのお婆さんになっても、容姿を気にするもんらしいよ
友達のお祖母さんがデイケア行ってんだけど、毎朝ばっちり化粧させて
しかも「誰々さんは私より背も低いしブスだから」とか言っちゃうらしい
自分も女だけど、女というものは他人との比較っていう苦しみから抜けられないんだよね

例えば、子供がいたとしてもママ友の中で自分が一番ブスだとか嫌でしょ?
または「誰々くんのママ、白髪スゲーww」って子どもたちが言ってても嫌じゃん
例えそれが客観的に自分の容姿としてわかっていても、そう達観出来ないのが人間では?

>>真実だね!

■女子野球とかだけじゃなく、何かと男に張り合う女って大嫌い。
しかもそういう馬鹿に限っていざって時は男に頼るし。

>>恋も仕事も子育ても〜と欲張ってキャパシティ超えて 仕事は中途半端にしか出来ないくせに大事な仕事任されない待遇ワリーと文句垂れ、
子育てしてりゃちょくちょく休まなきゃならなくなるのは仕方ないとぶち上げては
ここの会社は働くママに理解がないとか宣い、
突然休まれて穴埋めする側も大変だから自然に大事な仕事を任されない状況になるのにそれに不満ぶーたれとか、
そのくせ男とのデートの時間はきっちり割けるとか、
そういうタイプって権利主張するべきじゃないよね。

■女の本質は「模倣」だと思うんだ
小さい頃から大人の真似(ままごと)で遊び 常にグループを作り皆と同じようにしたい、できると思い込んでいる

身内でも一人だけ良い思いをしてると感じたら引き摺り下ろそうとする
その都度他人を追いかけることに全力だから長い目で物事を見れず
これから悪くなりそうだという要素を探して改善しようという発想はない

都合が悪くなった時だけ男に頼る
繰り返させないようにしても「分かった」と口だけ←対策は考えない、改善案が稚拙
根本から理解させよう←「なんでそこまでする必要が」

言葉にしても単なる遊び道具
真似で使うだけだから心から出てきてるわけではない
行動と発言が繋がらず一貫性もない
口に出しながらも頭では真逆のことを考えていたりもする

現代社会の雰囲気にとてもよく似ている
女が進出してそうなったのか、社会の混乱が女を呼び寄せたのか

■女の自殺者は男性の1/3しか居ないが これは女の図々しさを如実に現している。

>>図々しいんじゃなくて、ただ楽だから死ぬ必要がないんだろ

>>図々しく生きてるから楽ってのもあるだろうね。

>>女は幼稚園小学生レベルからかなり陰湿な世界があるから 多少は図太くならないと生きていけない
そういうのは男の方が楽かもしれんよ

■女が元々頭が悪いというより、小さいときから過保護に甘やかされて育った環境が悪い。
か弱い女の子ってことで周りがそいつを構いすぎ、可愛がりすぎ。
だから自己愛の強すぎる、空気の読めない「普通の女」になるんだよ。

>>俺も妹がいるからそれはすごい感じたな
父親も教師も女には注意自体ほとんどしない
だから俺が代わりに「それはまずいだろ。だってな…」なんてやってたわ

男はたとえ現時点で問題なくても「将来社会に出てから通用しない」とか言われてるもんだからね
自分の発言や行動の「後」を考えれないと駄目だってのがあると思うが女はそうなりづらいだろうな
外見絶対な風潮もどんどん悪循環になってることに気付いてない
「あんまりお金掛けてないからいいでしょ」なんて言いながら雑誌やテレビで流行チェック
本質を見誤ってたら一緒なんですよという

そして何より
自己愛が強いのは親や学校の責任もあるだろうってのを
実際に自己愛が強い普通の女が聞いたら簡単に「じゃあ私は悪くないんじゃん」となるからね
これが恐ろしいよ犯罪者的な思考だから

>>俺の上司もそんな感じの女(バブル世代短大卒45歳独身)
思いつきや主観が強く仕事がやりにくい。
すぐ金切り声あげてキレるし。
ちやほやされてわがままに育ってきたのだろうなぁと哀れに思う。

■おれ走り回ってうるさいガキのバカ親に声かけたら
「あなたお店の人じゃないですよね!」とか意味のわからない逆ギレされたことあるお

>>よく言うよね。あなたの○○じゃないですよね!って台詞

>>公道で2度ほど言われたことある。「あなたの道じゃないんだから」とか。
道で「すいません、通してください」って言ったときと、
飛び出してきた自転車に当たられたとき。
後者は本当に意味がわからんかった。

■ブスでも美人でもない普通レベル女子の心理って

やたら美人賛美する人→美人な人にあやかって自分もレベルの高いグループに見られたい
ブスをバカにする→「あ〜良かった私あんな顔じゃなくてw」

何だかんだで一番ルックスにコンプレックスを持ちやすい気がする

■どうでもいいけどなんで事あるごとにキャーって叫ぶの?
叫んでる私カヨワイ!カワイイとでも思ってんの?

>>たぶんそうだろね

うちの姉、外だと「キャー!」って甲高い声出す癖に
家の中だと「ウォー!」とか低い声で男みたいな叫び方
外にいるときは絶対そんな野性的な声出さない

■女とは驚くべき存在だ。
なにも考えていないか、別の事を考えているか、そのどちらかだ。

―19世紀フランスの小説家、アレクサンドル・デュマ

女という生き物16

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | ウザい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

世の中、カネ7

■世の中にあるほぼすべてのものはお金で買える
愛だって尊敬だって買おうと思えば買える
札束で顔をひっぱたいて、愛しろ!尊敬しろ!というのではなくて
お金があればその人と親しくなったり役に立ったりするチャンスを作れるし
一番効果的な形で自然に愛情や尊敬を勝ちうるためのプランを立てられる

■某評論家が言っていた。
「人間関係のトラブルで金で解決出来ない物は無い」
これは 人間の弱さ、心理を突いているよ。
俺ならば、同僚が横着で立腹しても50億円貰えたら「いいさ、いいさ」になるよ。

>>俺だったら1万円でもいいよ
会社なんてどうなろうがしったことじゃねぇ

>>横着と横領まちがえてないか

■サービス業はお客との関係でサービスの度合いを変えるのが常識
そんなことでごちゃごちゃ言う方が世間知らずなだけ
銀行、証券会社も上客にはフカフカなソファーのある応接室が用意されていて番号札なんて受け取る必要はないし
航空会社も上客には専用の待合室があり、搭乗前から各種アルコール飲み放題はもちろん 寿司やキャビア食べ放題なんて普通
カウンターで長い行列に並んで順番待つ必要はないし、預けた荷物も最初に出てくる
これが世間

■天下の帝国も差別があるのね、サービス業ほどそういうのあるっていうものね。
そういや仕事帰りにレセゾンいったとき10万ぐらいのスーツでいったときは偉くサービス悪かったな。
時計もセイコーだったかと。

>>あからさまに顔に出してサービス変えてくるリッツに比べれば帝国はかわいいもんだ

>>リッツは客単価50万円を切るような場合、何度利用してても乞食同然の扱いって有名だよ
さすがの帝国もここまではしない

■時計とか靴とかもさりげなくみて、
さりげなく客の懐具合を判断してるよ。

>>リッツカールトンがあからさまにそうするよね

■最低でもカルティエは必要でしょうか?

>>リッツカールトンは絶対条件

>>リッツはカルティエでギリギリどうなるか
普通にZENITHとか300万円以上のスイス製の超高級時計をしておかないと余裕で足下見られる

■確かにリッツカールトンって 小金持ち以下の階層が利用するのを徹底的に毛嫌いするところがあるよな
庶民が立ち入ろうもんならマジでウジ虫扱いされるし(目撃者談)

■金、モノで穏便に配慮して貰うことの威力は凄い
私がバカだからか、筋を通したらいいと思っていた

■金があればたいていの事は出来る
金いらないならおれにくれ

■日本人の自殺者と殺人者の理由は「お金が無いから」がほとんど

■お金は大事だよ ないと生きていけない 国だって生活保護制度を
作ってる 最低限度 生活ができるように

■以前勤めていた会社の上司が派遣社員として作業に来ていたけど、職を選べる位の金がないと悲惨だよ。

■金でしか解決しないこともある。
マイホームを買おうとして、信用審査に落ちることで諦めざるを得ない夫婦もいるんだぜ。
公務員がモテる現実は安定だけじゃなくて信用が高いって理由もある。

資産(金)と職歴(信用)で人は評価され、現実的に格差が生まれてるんだぜ。

■青木雄二の単行本を読めば、貧乏人=労働者がいかに悲惨な立場にあるかよく分かるはず。
お金で全ての幸せを買うことは出来ると限らないが、多くの不幸を避けることは十分可能である。

ゼニの人間学 (ハルキ文庫) [文庫] / 青木 雄二 (著); 角川春樹事務所 (刊)

■人が生きていく上に必要なもの
愛と平和とちょっとのお金
チャップリン

>>チャップリンっておそらく相当な金持ちだよね・・
人生にはsome moneyがあればいいとかいってるけど 一般人のいうそれと感覚が違いすぎる

>>チャップリンは典型的なロリコン
若い女性を嫁にしても、相手が30歳を越えるとポイ
また新しい娘に乗り換えている
これが出来るのもチャップリンが大金持ちだったため

>>チャップリンのハリウッドでのあだ名は小児科医

■隣の市に宝くじ3億円が当たって最後自殺した人がいるんだけど、何の計画も無い人が突然大金を手にするとこうなる。
3億もあれば安定株で持っておけば、2%でも税引後540万円入る。
540万もあれば働かなくても、かなりいい暮らしができる。

それが何かの事業の共同経営者で連帯保証人になって1億すったとか、不動産投資の話が来たから物件見てもないのに買ったとか、そういう人だったらしい。
結局、詐欺師が集まってくるから、防衛する知識が無いと盗られて終わりになるんだわ。
最後その人自殺したけど、空しい人生になってしまったことは間違いない。

俺はせめて1億円あれば、もう労働せずにひっそりと暮らす道を選ぶ。

>>市をまたいで有名になるとかwww
ていうか俺なら絶対に当たったことを誰にも言わないね

>>宝くじが当たったとして本当に誰にも言わないなんて、出来るのかな
本当にひっそりと暮らす事が出来るのだろうか・・・などど考え出すと
宝くじ買うのが怖いな。当たったらどうすんだよ・・・

>>高額の宝くじが当選しても、本人が言わない限り誰にも分からない
みずほ銀行の担当者の守秘義務もしっかりと守られている
急に生活を派手にしなければいいだけだよ
でも人間、喋られずにはいられないんだよね

>>ナンバーズかロトかわからないけど、2億当たった人のことは、売り場のおばちゃんの口からバレた。
市をまたいだ俺でも顛末知ってる。全額農協。

>>宝くじって農協じゃ売ってないだろ?
農林中金にでも預金しようとして話が広まったのか?

>>うん、当たった賞金を農協に預けたらしい
60過ぎのじいちゃんだったそうだし、田舎だし、それこそ農協が唯一の金融機関だったのかも

>>地方の金融機関の守秘義務や個人情報保護は、本当にレベルが低い。
情報が漏れたり横領した職員が何人も出て、毎回こういう言葉が発表されて終わり。
「今後はコンプライアンス規定に則り・・・。」

試しに、農協の職員にコンプライアンスって何ですか?って聞いてみればいい。
意味も分かってないし、田舎だとみんな情報がばれてる。
農協の酷さは尋常じゃないよ。

>>20万円程度の当選でも、喋ると、友人の性格が分かる。
何も言ってこない者から、借金しているから少し助けてくれとか言ってきた奴や、 病気で困っている旧友がいるんで少し助けてやろうって言ってきた奴もいた。
そうしたら病気の奴とそいつがグルで、俺から金を巻き上げようとしていたことが、あとで分かった。

それまで、そいつを信用していたが、もうそいつとは関わらなくなった。
金が本当に無くなって困ったときや、大金が手に入ったとき、この反応で友人の人間性がよく分かるよ。

>>俺もそのような体験をした。
普段金を全く使わないから金があると踏んだ仕事仲間が、金を貸してくれってしつこく。
実際、当時も今も年齢平均より資産多いと思うけど、努力せずにただ「金を貸してくれ。」って言う奴には1円も貸した事は無い。
そういう奴に限って、金を借りてもパチスロへ行ってる。

■俺の経験だと
貧乏で若いヤツは楽しそう。
若くて金持ちは楽しそうじゃない。
貧乏で年寄りは悲惨。
金持ちの年寄りは楽しそう。

そういう結論です。

>>貧乏で楽しい奴なんて見たことがない。
それは本当の貧乏じゃないんじゃないの?
貸金業の債権回収で法文書作ってた時の事だけど、何人も自殺したよ。
借りた本人じゃなくても、息子が自殺したりもあった。

介護しか職が無くて臨時職員で行ってる人もいたけど、腰をやられて生きるか死ぬかの瀬戸際っていう人も見た。
多分生活保護になってると思うけど、こいつらの借金の原因がパチスロっていう点はほぼ共通だった。

年金も当然払ってないし、こういう50代があと10年で仕事に就けなくなったとき、どうするんだろうか?
金持ちになる必要は無いにしても、せめて借金が無い状態で老後は安全に暮らせるくらいの蓄えが無いと、周囲に迷惑がかかる。

■お金持ちになったら夢を叶えたり薄型テレビとBR買って 必要だけど我慢してたものを買って生活豊かにして 人権を買う。
どこに行っても馬鹿にされてなめられてばかりだったから どうしても人権が欲しい。

世の中、カネ6

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 金持ち・貧乏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。