2010年05月31日

海外トイレ事情8

■前スレで欧州ではトイレにミニシャワーがあって、あれはビデだという話がありましたが、
タイでは用を足したあと、紙でなく自身を水洗する習慣があるので そのためにミニシャワーがあるのだそうです。

>>あれは中東に住んでいたときは自宅にもあった。
向こうはふつうにどこの家にもある。
でも慣れないと使うのが難しい(私が下手なのか?)
後方がびしょびしょになったりするのであまり使わなかったよ。

外のトイレだとこれ使った人の後は床がびしょびしょになってる。
高級モールのトイレだと男子トイレには男性が女子トイレには女性が一人ずつ専用の清掃人のひとがいるのですぐ綺麗にお掃除。
家のトイレだとびっしょりしたあと掃除するのがめんどくさかった。

■アメリカだとトイレで足がぶらぶらする事あるwww
あと、古いトイレは便座も小さいが 最近のトイレは便座が大きく高さがあるようように感じる。
しかし一律に一切蓋がないのは何でだろう。
まぁ、なくて困りはしないけど。

>>公共の場にある便所の蓋がないのは、それを壊すキチガイが多いからだって。
だから最初から付けない。

■オランダのトイレも絶望的に高かった
ちょっと異次元の世界に紛れ込んだ気分になる
男性陣はアサガオの位置にも苦しめられるって聞いたわw

■アメリカのトイレはつまりやすくて困る。
日本では使用したことのないスッポンとする器具を常備。

■くだらなくて申し訳ないけど、白人って便座の冷たさが気にならないのかな。
オーストラリアに住んでたけど、寒い冬に便座カバーがないのが辛かった。
日本から便座カバー送ってもらってホームスティ先のトイレにつけたら、「掃除してるのにこんなのつけるなんて!」って怒られたよ。
汚いからじゃなくて、冷たいからって説明したけど、不可解な顔された。
暖かくて、勝手にふたが開いて、流してくれる日本のトイレは凄いよ。

>>アメリカにホームステイしながら学校いってたけど、向こうの家ってセントラルヒーティングで、家中どこでも温かかったから、便座が寒いとか考えたこともなかったかも。
「アメリカの家っていいわあ〜」って思ったなあ。
夏も常に一定の温度に設定してるし。
まあ乾燥はしてた気もするが。

■アカ族の村でホームステイした時のこと。

トイレは住居から独立した形で外にあるので
高床式の住居の階段を下りて行かないといけないので
夜中にもよおすとちょっと面倒でした。
外は電気なくて真っ暗だし、雨季で外は濡れてるし…。

幸い個室を与えてもらった私は、機内の座席ポケットにある防水加工してあるゲロ袋にいたして、部屋の隅に置いて 再び眠りにつくという方法を思いつき、数回実行しました。
機内のゲロ袋は旅先で何かと役に立ちます。

海外トイレ事情7

posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイク4

■KONTA「目の前で化粧直しされたら一気に冷める」って、全盛期に雑誌のインタビューに書いてあった。

>>目の前で化粧直しするような女と付き合った事があるなら、己の見る目のなさを反省すべき。

■ケミストリー堂珍
「すっぴん見たくないから化粧して寝て欲しい」

■つけまつげ
まつげエクステやマスカラを塗りすぎてヒジキ状になってるまつげは
まだ許せるが、つけまつげは不自然過ぎて変だ。ぎょっとする。
特に×××××みたいなクロスしたつけまつげがあるが、そんな生え方してる人間なんていないだろう!おかしいだろう!と実際に雑貨屋の店員がつけてて思った。

■つけまつげは本人は自然なつもりなんだろうが、だいたいは浮いてる
特につけまつげで二重にしてる人は目が不自然で怖い

■つけまつげを初めてつけてみた。
鏡見た第一印象「これ詐欺だな・・・・」
そりゃみんなあほみたくやるわけだね。
詐欺になるほど顔が変わる。
私はつけないことにした。
ありゃ手出したらもう手放せんのわかる。
嘘大げさ紛らわしいとはまさにこのこと。
考えてた10倍は顔変わってた。
怖いわ。

>>目元だけでも変えたら大分印象違うもんな・・
すっぴんになった時のがっかり感を味わいたくないから 自分もつけまつげしない。

■パンダみたいな化粧してる女の子
目以外は白く塗りすぎで、表情がいつもポカ〜ンとしてて気味悪い
「呪怨」に出てきた子供みたい

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD] / 奥菜恵, 伊東美咲, 上原美佐, 市川由衣, 津田寛治 (出演); 清水崇 (監督)

■ファンデはミスエレガンスだわー
ひと塗りでムラもシワも薄くなる
30代半ばだったら完璧に美肌に見せてくれたと思う。
今は肝班があるので完璧にはムリだが。
でも薄くしか塗ってないのに夕方まで崩れないのは優秀だ。

今日ロクシタンで化粧水とジェルクリームつけてもらったんだけど 手がめちゃくちゃ綺麗になってびっくりしたわ。
噂には聞いてたが・・・表面さらさらで内側がしっとりってこの事だったのね。

ロクシタン イモーテル エッセンシャル フェース ウォーター 200ml / ロクシタン ロクシタン イモーテル ブライトジェルクリーム 50ml/1.7oz / ロクシタン

メイク3


posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

金持ちの生活12

■以前、六本木一丁目のampmでバイトしてた時、制服着た中学生か高校生がエルメスの財布出してきてビビった
5、600円分ドリンクとお菓子を買ってって10000円出してきてお会計。
六本木に住む学生は違うね…

■目的地までの航空券代金が3〜5万違うのに、「ちょっとした違いじゃん。それより(安い旅行代理店を探す)時間がもったいなくね?」と言われた時。

■今日TVに大阪のマダム達が出てた。
すっげーケバイ。
どうしてあそこまでお水っぽいんでしょう。
シンプルな格好をすると自分が負けてしまうんでしょうねきっと。
白いTシャツにジーンズなんてまったく似合わないんだろう。
とにかく髪だってロングが多いし、一昔前のバブル時代の格好みたいで超〜〜〜ダサイ。
一言でいうと「お水」系。

>>テレビに出るようなのはマダムじゃないでしょ。
大分前ナイトスクープで芦屋うろついて、誰もが知ってる会社社長宅に
突撃してたけど、奥さんはテレビは勘弁して下さいって言ってたよ。
犯罪怖いもんね。
そういうものでしょ。

■生活や身なりは質素に見えるけど何気に一流品、家には無駄な物はなく、必要最低限だが価値がわかる人から見れば高級品、
食事は健康のため質素に見えるけど、自分にもらった物が何気に無添加などのこだわりの高価な食品だったとき。
身近な金持ちの生活からの体験です。

■見た目ではわからん。
銀行さんが人事異動の際に新任を連れて挨拶に来る。
預金を他行に移されないように、折にふれて用も無いのにご機嫌伺いに来る。
資産1億円前後だと、銀行にとっては小客あつかい。

2桁以上の億万長者はパチ屋にいっぱいいるよ。
投機で億単位を無くす事はあっても、パチでそこまで負ける事はまずないからね。

■本当のお金持ちは、たかられないように気を付けてるから隠してるよね。
思春期に家柄に反抗して不良化したり、わざと貧乏臭い格好したりして。
良い格好してる人より
「これユニクロなんですよ」「安物ばかりですよ」
とか、聞かれる前に自分から言う人は怪しいよね。

■お金持ちはお金の話がだいすき。
それも夢じゃなくて、リアルでガチな話限定。
身なりも暮らし方も普通の人と同じ。
雑巾に銀行のタオルをつかっている。
銀行関連のメモ帳がある。
コンサートに招待券でいく。銀行からもらえるんだ。
地元の銀行はつかわない。絶対もれるから。
そして借金をすこしもっている。節税対策のために。

■本当のお金持ちはお金に関係なく好きな物を買うから、意外と高級品しか持ってない
質素な格好、住居=金持ちみたいなのは、大いなる勘違い

■金のために働かなくてもいい、というところが一番ですね
いやな奴と付き合わなくてもいいし
ただし、金持ちということを人に知られると、金を目当てに人が寄ってきてうざい

■先祖代々金満家の家で育った奴は金持ってることを必死に隠そうとする
親戚知人等からいろいろ集られた記憶があって学習したからだろうな

初代成金は金持ってるアピールをしようとする
集られた記憶がまだ積もってないから警戒心が不十分
能力があるから自慢したいという心理が働くともいえる

■友達が一人暮らし始めたって言うから昨日遊びに行ったら 都内の超高級マンションだった
父親が買ってくれたんだってさ…
小遣いも生活費抜きで40万
前から金持ちだとは思ってたけどさ…何かもう色々ありえん…

金持ちの生活11

posted by 現実主義 at 00:00 | TrackBack(0) | 金持ち・貧乏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

池上彰

■池上先生の言う事は何でも正しい
池上先生のおかげで頭が良くなった気がする
そう思っていた時期が私にもありました

■こどもニュースでのおとうさんキャラのイメージが根付いているから、騙される人が多いと思う
でも、元は犬HKだし民主ヨイショと偏向が酷くて、マスゴミが言いたいことを代弁するのが仕事で本当は腹黒なんだよね

■普天間問題の解説ひどかったな。
メリケンガー、ジミンガー(一部シャミンガー)だらけ
鳩山・民主への批判殆どなしw

>>一応概要は喋ってるんだけど、マスコミが黙っていたいことなどはスルーするね。
そらマスコミ上で喋ってるんだからしょうがないと言えば言えるけど。
その場合論点をズラしてしまうのでgdgdな結論にしてしまう。

>>日米安保条約のこととかスルーだったわね
そもそも有事の際にアメリカが日本を守ってくれる代わりに基地を提供するということなのに ただ迷惑施設みたいに言っていた
だったら憲法を変えて日本国民自ら血を流す覚悟があるのかと問えよ

安保ってこんな日本に都合のいい条約ないよ
日本人は血を流さなくていいんだもの
アメリカは命を懸けて日本を守ってくれる

>>それは言いすぎw
今のところまだアメリカが日本のために血を流したことはない。
これから先も流さないだろう。
ただ俺の後ろにゃアメリカさんがついてんだぜというハッタリには使える。

■週間こどもニュース時代はまだ良かった
テレ朝とかの番組だともろにその局の思想が反映されね

■嘘は言ってないかもしれないけど言わない事があるよね
学力テストは抽出された学校と実施したいと申し出た学校と合わせて7割になった事とかさ
抽出から漏れた学校は学校が費用負担しなきゃならないから断念した学校もあるんだよね

■実況でも書いたけど、自民党が何もしなかったかのように言うよね、池上って。
地元とアメリカを説得しても、みんなが各々100%納得なんて出来ないんだから、それをなんとか100に近づくようにして妥協して妥協して13年かかったんだから、それでやっと、10月から環境アセスに入ると思ったら、去年ちゃぶ台返しだよ。
何故、そこは外してというか、説明は無いのか?
そういうことするから、フェアじゃないっつうの。

>>環境アセスメントは10月に終了したんじゃなかったっけ?
13年掛けて結論出したんじゃなくて環境調査に13年掛かったと認識してたんだが

>>タックルで麻生さんが言ってたよ。
アセス始まる予定だったんだってさ。
だから、次の政権がやってくれると思ってたみたい。
それが…まあ、そういうことだわさ。
麻生さんでさえそう思ってたんだから、アメリカさんなんて、もっと苦々しい思いだと思うよ。
だから、オバマさんも10分雑談で「責任取れんのかよ、てめぇ!」って言いたくなったんでないかい?

>>10月終了で12月着工予定だったと他スレで見たよ。
なんか絶妙のタイミングで政権交代しちゃったんだね。

■今やってるのはバラエティー色濃厚だからいいけど 子どもニュースはNHKで子ども向けの番組だったから余計にタチが悪かったと思う。
いっしょに見てた親だって洗脳されたんじゃないかな。

■古館の後釜はこの人じゃないかというレスをどこかで見た。
ソフトで温和な偏向報道、ありそう・・・かも。

■この人真実にちょろっと嘘を混ぜてさも本当そうに話すのが嫌。
中国の悪い所、ずるい点はほんとさわりしか言わないね。
なのに米の事は記憶に残るようにしつこく言う。
反米親中のブサヨ団塊のいい例だと思うわ。

■池上さんはしれっと嘘・思想を盛り込むので、危険。
講義・授業の形を取っていて 先生(池上)と生徒(タレント)=視聴者という構成がまた巧妙

>>タレントがバカばっかり、ってのがある意味ミソだよね。
ちょっと利口な識者でもおいたら、池上が論破される可能性が出てくるから絶対にひな壇におかない。
池上=懇切丁寧、間違ったことは言わない、って視聴者への刷り込みが順調に進んでる感じ。
これってけっこう怖いと思う。

■週刊こどもニュース時代に、日本赤軍を義勇軍みたいに言っていて こりゃ駄目だって思ったな。

■昨日見たらプルトニウム型の原爆の説明がおかしかった
ググったら少なくとも2006年ごろから間違った解説をしていた

>>池上さんは小分けにしたプルトニウムを、中心に一気に集めることで核爆発を起こすような説明をしていましたが、プルトニウムは小分けにするのではなく、臨界量未満を球形にして周りを高性能爆薬で覆い、それらを同時に爆発させて一気に圧縮させることによって核爆発を起こさせます。
これを爆縮(インプロージョン)方式と言います。
衝撃波が均一に伝わるために燃焼速度の速い火薬と遅い火薬を配置するのですが、池上さんはこの図をプルトニウムを小分けにしてるものだと勘違いしたのではないかと想像します。

マスコミ4

posted by 現実主義 at 19:57 | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業4

■昇給したらしいが(給与明細に書いてあった) 誰も教えてくれなかった。
直属上司は南半球だしHRはシンガポールだし、こんなもんかと思いつつちょっとさみしい。

■外資系は一部の例外を除いて50歳実質定年だよ。
おれも50歳まで勤めたが、現在無職。
国内企業からは外資系に勤務していたということだけで嫌われる。
50歳までに給与は下がってもいいから、国内企業へ転職することをお勧めする。

■50までにはセミリタイアしたいな。
外資に慣れすぎた感はある。
今もそうなんだから50にもなってマインドが全く違う内資に転職は無理じゃないかと思うよ。
たとえば毎朝定時に会社行くなんてだるくてやだよ。
毎朝必ず9時5分前に机に座れとか無理。
俺の業務的に朝イチはスマートフォンでちょいちょいとUS本社とメールやりとりすればいいぐらい
だから、喫茶店でタバコ吸いながらちょろっとやればよかったりする。
なんで9時過ぎに会社近くに着いたら喫茶店に直行してる。
出社は9時半とっくに回ってる。
こういうゆるーいダラリーマンの日々は内資じゃ実現不可能だよね。
だからやだ。
必要があるときはキッチリやるけどさ、ない時はだらだら仕事してるフリしてればいい、一定の結果出してそれが周囲と上司に見えてさえいれば文句言われない外資が好きだ。
おおむね必要なカネは実質定年ぐらいまでに稼いで、日銭稼ぎ程度のラクな仕事に転職したいな。

■社内の知らない人から、勝手にファーストネームで呼ばれると 外資系だなーと感じる。
個人的に下の名前は違和感あるから、なるべく苗字を使ってるんだけど。

■会社の出す書類が全部英語で、お客様から「日本語で出しなおせ」と言われる度に外資系と実感する。

■外資系ってかっこいいね。
赤坂のビルでコーヒー片手に外人と談笑しているイメージ
転職回数多いから日系の大手優良企業には転職できないし、その点、日本企業よりも転職回数や年齢にこだわらない外資の方が良いね。
外資の方がプライドもお給料も満たせて良いかもと思い始めた。
TOEIC700あったら入れるかな。

>>スタバとかのカップ片手に、スーツの上着脱いでワイシャツの腕をまくりあげて(ワイシャツはブルーストライプとかが望ましい。サスペンダーしてるとさらによし)椅子に座らずホワイトボードの近くのテーブルに腰掛けながらガイジン達とミーティングするわけさw 
初めてそーいうシチュエーションになった時はね、正直「おおっ 絵に描いたような外資系みたいじゃん! 俺かっこいいぜ!」と思ったよw
それは認める。

■俺は米系外資ソフトウェアづとめだが、5年後10年後にはインド系企業への転職って選択肢が出てくると思う。
今の会社もインドに開発センターあるから インド人が当たり前のようにいるし、違和感はなくなってきた。
そのころにはWiproとかタタとかの存在感は増してるだろうから、ありえない話じゃないと思ってるよ。
インド人の英語難しいがね・・・。

212 名前: 名無しさん@引く手あまた [sage] 投稿日: 2010/03/23(火) 13:07:48 ID:vGBpwIfk0
欧州の会社って本社との電話会議ってどうなの?
俺は北米西海岸本社の会社だから、こっちの朝=本社の夕方に設定されることが多い。
ちょっと間違えると早すぎて家から参加なんてことになってめんどくさい。
あんまり遅めにすると向こうはおうちに帰ってしまう。
サマータイム実施中はとくにやだね。
欧州だと日本の夕方=向こうの朝に設定できれば双方いい感じだよね。
向こうの昼=日本の深夜にやられたらorzだが。
この点北米東海岸に本社がある会社が一番大変そうだな。
双方にとって通常業務時間中にマッチする時間帯がない。

>>欧州メーカーだけど、teleconは大体、日本時間夕方=EU朝
出勤後、朝から欧州にメール出しまくって、そのまま退社w
よってほとんど残業なし。
これで35歳 年収1150万。
欧州はマターリだよ。

>>俺は212だけど、歳は同じ、年俸もびっくりするぐらいごく近いね。
そっちの職種はわからんけど、俺はバックオフィスだから俺も基本マターリだ。
そりゃ忙しいときはあるし異文化コミュニケーションの難しさに頭抱えたり 数字で胃が痛くなることもあるけどさ、原則ちんたら仕事するふりしててこのお給料頂けるんだから、有難い話だよね。

■担当のキャリアエージェントが、とある韓国系外資企業(サムスン電子直系)の求人を持ってきた
業種としては噛み合うけど、外資系とか経験もないし全然考えてなかったので迷っている
英語とか韓国語とかできないといかんだろうか…

>>なんとなく、韓国系、中国系は嫌だな。

>>最近の島耕作とか黄昏流星群読んでると特にそう思うなw

>>サムソンって毎年査定下位何%かの社員を自動的にカットしているよね。
儒教の考えで上下関係が日本よりかなり厳しいし・・・。
米系より駄目だな。

>>韓国系は日系並みに本国出身者以外は本社には上がれないだろうしねぇ…
その点、会社によるけど、米系は外国人でも海外採用でも幹部になる奴は普通にいるからなぁ。

外資系企業3

外資系コンサルの真実―マッキンゼーとボスコン [単行本] / 北村 慶 (著); 東洋経済新報社 (刊)


posted by 現実主義 at 12:00 | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。