2010年01月31日

アフリカ人2

■アフリカに寄贈した蚊帳は蚊帳として使用されず 魚をとるための網に利用されてしまい 蚊帳は網の目が小さいから稚魚まで捕獲してしまって大変な事になってるんだよなw
アフリカ人はアホやな

■アフリカ募金ってさ「この子を助けて下さい」とかいって真っ黒い子供の写真があるけど 正直かわいくもないし、自業自得と思ってしまう。
その子の親が悪いわけだけど、そういう環境で生きてればどうせまた(死ななければ)子供も親になるだろうし。

ああいう国にはコンドームを配ればいいのに、とずっと思ってきたけど
子供の労働力をアテにしてわざと子供を作ってるから避妊を教えてもあえてしないらしい。
負の連鎖としか思えないけど。

>>ああいう一部の国の民度の低さを耳にすると 核爆弾でその国丸ごと吹き飛ばしてしまいたくなる。
本当に畜生と同じことやってるんだよね。
もう金の無駄だから援助なんかしないでほったらかしとけよと思う。
あの手の国にバースコントロールの啓蒙をするには人が多過ぎるし、
貧困と犯罪とエイズの連鎖続きでまともなモラルを説いても通用しない。

>>子供がガリガリで一生懸命ゴミ拾ってて、親は無職ですって家にいるんだよな。
あれは酷い。せめてお前もゴミひろえ。
親の方がブクブクに太ってて、なんかむかついた。

>>あそこは徹底的な男尊女卑だから、ゴム配っても男が使わないから意味ないよね。
男っつっても支援を受けるばかりで何ができるわけでなし、図体でかいだけの土人なのに威張っているしw
女に選択権は無いから、拒否してもレイプまがいで仕込まれるんだろうなあ。

■アフリカ人に責任がある・ないとかそういう話以前にマジでアフリカなんかどうなろうとどうでもいい。
アフリカへの資金援助の金を日本国内の弱者に回すべき。

■知り合いのWHOで働いている人は、「西洋的な食物を支給したら、元来の人口増加率よりももっと増してしまい、今度は支給に頼らなざるを得なくなってしまった」と嘆いていた。
本来はそこの土地の栄養で、子供は1家族に2,3人とかだったらしいが、支給で1家族に子供10人とかになったらしい。
で、テレビに痩せた子供の画像を流し、もっと寄付を募る。
正に悪循環。

■ライオンと槍で戦う勇敢な戦士として有名な、アフリカの9割のマサイ族は携帯電話を所有。
観光による金もうけの為に、太古の生活スタイルを続けている「原住民役」を、あえて演じてる部族は意外と世界中に多い。

>>アボリジニとかな
でも、非難できないよ
その人たちだけ原住民の生活続けろやってのは酷だ

>>北海道に行ったときアイヌの人が自分を見世物にしてお金もらってたのには泣いた

>>確かに観光って意味合いもあるが、文化の継承という側面もあるのでそう悲観しないでくれ。
まあ俺はアイヌじゃないけど。

>>職業原住民。
勤務中だけ原住民の格好をします。
テーマパークのスタッフみたいなものです。

■先日ケニアに行ってサバンナツアーにいったんだが、ガイドの人がこう言ってた
「マサイ族がライオンを狩りすぎて困る。
マサイ族の男は1人でライオンを狩って初めて一人前と言えるんだが、
観光で食ってる俺たちのこともちょっとは考えてほしい」
さすが世界三大戦闘民族の一つだと思った

■時間にルーズ、社会性ない、男尊女卑、忍耐力が無い
天然を通り越してアホ、すぐ他のせいにする。
もう、アフリカ人と仕事をするのは嫌です。

>>ホントそうなんだよな
発展途上国出身の人間だと良くある事なんだけど アフリカ系は指導しても直らない場合が多いんだよな
その癖、自分の利益だけ主張すると
はっきり言ってあまり関わりを持たないほうが良いんだよね
パッと見マトモそうな人間も結構平気でむちゃくちゃなことするから
雇用するときも、かなり細かいな契約で縛るしか方法がない

■ほっときたい 世界のまずしさ
そもそも途上国の貧民は、日本国内で借金を苦に自殺してゆく人々がいることを知っているのだろうか。
日本人とて死にもの狂いで稼いでいるのだ。
ある者は働きすぎで死んでゆく。
KAROSHIは今や国際語だ。
日本人が命がけで稼いだ金である以上、彼ら途上国の国民も臓器を売るなどして命がけで返す義務があるのではないか。
日本を未曾有の不景気が襲っている。
途上国の借金を帳消しにするどころか一層厳しく取り立てるべき局面であると私は思う。
私は世界の貧しさをほっときたい。

■YouTubeにあがってるゾマホン関連の現地支援動画見てほんと呆れたよ
畜産について、家畜の子を産ませて増やそうって考えがなかったり
綿花栽培してキロ10円とかで輸出してそれが加工されて1キレ数千の生地になって輸入されているとかもうアホかと

■ゴリラとたいしてかわんねー連中なんだから動物愛護団体が支援すればいいのに

■マジレスで大欠点の1つが容姿だよな
白人並だったら世界中の人がもっと助けたいって思うが 土人そのものだからどうしても格下の人種に見えてしまう
ちゃんと教育施したら優秀な民族なのかもしらんが

■アフリカで エイズ撲滅の為にコンドームの使い方を木の枝をチ○コに見立ててゴムを被せて使い方を教えたら、その晩住民達は木の枝にコンドームを被せて生でセクロスしてたらしい

>>そういえばマラリア撲滅の為のPRポスターに蚊のイラストが大きく描かれていたんだけど
現地の人に「こんな大きさの虫はいない」と言われ効果がなかったという話を聞いた事が。

■本当か嘘かは知らないが、子供をたくさん産まないと白人に国が乗っ取られるって教育されているらしい。
まあ逆に子供をぽこぽこ産むから貧乏になって白人にいいように扱われているんだけどね。
墓穴を掘っています

アフリカ人

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供を産まない人生18

■自分の親を含めて、子育て経験者(現在進行形も)に憧れ要素が全くない
子供がいるにしてはマシかああはなりたくないかどっちか
かといって、自分がパイオニアとしてそうじゃない育児を開拓するほど子育てに興味はない

■・ひとりになれない
・夜更かしできない
・朝寝坊できない

これが地味に超キツイ。
母親は(例えフルタイム兼業主婦で仕事休みの日であっても)
毎日子供のために早く起き、きちんと朝食の支度をしなければ
子供を四六時中ぶん殴って罵倒してるような虐待DQN親並に他の母親からフルボッコにされると知ってゾッとした。
絶対無理。

>>すごくわかる
休日なのに子供がいるから起きないとってすごい怖い
夫だと弁当なくても「ごめーん」で済むけど 子供相手に弁当なしだとネグレクト家庭認定だよね
一番無理なのがひとりになれないこと

■職業柄,家庭に問題のある子とか,資質に問題のある子によく接する。
見ていると,親御さんは本当に疲れている。
誰が悪いっていうわけじゃないんだよね。
少なくとも,親御さんの疲れ,怒りとかを正当化できるような「悪さ」ってどこにもない。
いったん世の中に出した以上は関わりを強いられ,途中でやめることもできず
怖すぎて子どもなんて欲しくないと思うよ。

同僚で子を持っている人もいるので,自分が心配性すぎるのかも知れないが これだけは後悔したくない選択だしね。

■でも人間として外れた生き方だよね。
まぁいいんじゃないか
ただ世間はそんな甘かねーよ

>>「世間」てどちら様?

まともな人が働いて納めた税金で年末年始を屋根のある部屋で過ごさせてもらえ、豪華な食事を与えてもらえた挙げ句、期限が切れても居座ろうとし 求職用の諸経費として支給された2万を丸ごとパチンコに注ぎ込んだ挙げ句施設脱走、
生活保護にまでタカろうとしている人間の屑共にすら何もできない「世間(笑)」がまっとうに貯金して働いて納税してる人間に何をできるっての?
ちゃんちゃらおかしいwww

今後はこういう人間がどんどん増えていく。
「世間(笑)」は何もできず、税金が注ぎ込まれていくのをただ見てるだけ。
こういうDQNを正しく裁き、真面目に生きている者が必ず報われて 老後平穏にベッドの上で死んでいけるように正すのが「世間」ならそりゃこの国に子供を残す価値だってあったろうさ。

他人間であれば傷害罪、名誉毀損、詐欺、窃盗、殺人未遂等にあたる
家族間の虐待行為にろくすっぽ介入もできやしない「世間(笑)」。

子供手当とか言う端金のバラマキに簡単に釣られて案の定騙された「世間(笑)」。

敵対国家の軍事資金源である違法賭博すら取り締まれない「世間(笑)」。

まともに働いて年金を納めている人間より豪華な暮らしが可能な腐った生活保護制度を放置している「世間(笑)」。

刑務所待遇を含め、加害者の人権が被害者より遥かに重んじられている「世間(笑)」。

こんな根っこの腐った国にこれから産まれてくる子供は、まともな子はいじめ殺されて淘汰され、奴隷のように働かされて死ぬだろうし
DQNなクソガキは上手いこと生保にたかって税金を吸い上げ、親の介護も当然放棄、「世間(笑)」などと口だけ達者な老人を殴りつけて従わせ、いずれすてきなヒャッハー国家を築いてくださるでしょうね。

こんな「世間(笑)」の一員として生きてる私ごときにできるのは 我が子をこの地獄へ生み出さず、下の世代から受ける仕打ちを声も上げずのうのうと生きて来た罰として、老後に甘んじて受けることだけだ。
数にばっかり執着して劣子化を無視して来たツケが回って来たんだから仕方ない。

■うん。今、この日本に産まれるのって地獄だよね。

そんな時代に無理に子供増やすより、団塊ジュニアが死に絶えれば人口ピラミッドもまともになるだろうからそれまで耐えたほうが賢明だ。
今産まれた子は本当に自分も含むジジババに搾取されて終わるよ。
孫曾孫世代になればまだマシな可能性もあるが そんな3代先のこと考えるほど暇でもないし、第一こんな酷い時代に育って大人になった人間は子供なんか作らないよ、きっと。賢ければねw

子供を産まない人生17

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・親戚・子供・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

恥ずかしい話13

■ダンナと買い物に行ったとき、弁当・惣菜コーナーの前で
「あー、オニギリ美味しそう」「ぼ、ぼ、ぼくはオニギリが食べたいんだな」
例の人のマネをしながら振り返ると、品出し中の店員が笑いながら見ていた
ダンナ、買い物中にはぐれるのは止めてくれ

■私なんか....
今日何をして何を食べてどんな気分かの日記をポエム風にして 毎日手紙にしたためて匿名で好きな人の靴箱に一年投函し続けた挙げ句
『私の正体を知りたいのなら講堂の黒板にYESと書いて』とか書いて送って
黒板にYES書かせた後に『ついに明かされる本名』てタイトルの手紙と共に名前書いて送ったよ。
死にたいんだけど。

■好きな人関係なら私も負けちゃいない
中学の頃、友人たちに唆されたのもあって、バレンタインデーに2コ上の先輩が通ってる塾に押しかけ、「手作り」と称し紙コップに1個10円の銀紙に包まれたハート型のチョコを詰めただけの代物を他の生徒もいる前で押し付け。
数日後相手に迷惑と言われ、紙コップチョコがまずかったんだと勘違いし、既製品のチョコを買い直し、「嫌わないでください」という内容の手紙を添えて、自宅まで押しかけ、玄関先に置いてピンポンダッシュしてそのまま逃げた。
手紙を最初に開くのが親御さんかもしれないということまでは考えが及ばなかった。

社会人になってからも、最後に付き合ってた人に振られて以降何年も新しい彼氏ができず、頑張っているが喪女というキャラが定着しつつあった中、年下の新入社員に目を付け、ようやく訪れたチャンスに必死の形相で連絡先を交換…したまでは良かったが、
その場所が自分が仕事してる課の隣室、ドアもなく薄い壁一枚隔てているだけで課員に一部始終丸聞こえ、戻ったら課員全員がニヤニヤしながら一斉に私に注目していた。
相手には学生時代からの彼女がいて、彼にとって「仕事を頼みやすい親切な人」になっただけで終わった。
あと、同じ時期に、昼休みにウトウトしてて、多分だけど寝っ屁も何度かこいた。

■小6の席替えで好きな女子の隣になった時照れ隠しで「またお前かよ、これで3回目じゃんww」って言ったらその娘がいきなり立ち上がって
「先生! もう3回も○○君の隣なんで変えてください!!」とマジ顔で言われた俺よりマシだろ
普段はおとなしい子なのに・・・

>>小3の時に大好きだった女子の気をひこうと思って毎日頭はたいてたらある日ブチ切れされて
「お前毎日毎日いい加減にしろよ!?」ってイスで殴りかかられて額割られた俺よりマシ

恥ずかしい話12

posted by 現実主義 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の友情3

■女同士で経済格差があると難しい
エリート男性リーマン並みに収入があると、行くお店も変わってくるし、友人は子育て主婦が多く話が合わなくなってしまった
で、男友達とばかり話すことになるわけですが、そればかりではつまらない
同じような環境のキャリア女性は、周りにいないので淋しいですね。。。

■男が絡んできたときに最も試される

>>あるある
彼氏ができて悩みを相談すると絶対うれしそうにされる
他の悩みなら親身になってくれる場合が多いのに

■女同士の友達は所詮は道連れだからね。
だから喜んで送り出してあげることが全然できない。
自分が孤独になりたくないから、自分がくっついてる相手を失くしたくないから…。
だから相手が自分との関係から抜け出して幸福を掴みかけると、価値ある人生を得ようとすると 自分との関係から抜け出せないように必死になって足を引っ張る…。

■合コンで出会った人と付き合い始めたら、一緒にいったグループの友達にキレられた。
だったら、私より先に動けばよかったじゃん。
自分で行動起こさずにうじうじしてたくせに私は怖かったけど嫌われるの覚悟で動いたんだ
それを取られたって言われても…

■ブスやデブのほうが 女友達が多い
ライバル視されないから

■平凡,並みも女友達多いね〜
ねたみや劣等感を感じずに楽しく過ごせて、心地いいんだろうねえ

■自分も服とかヘアスタイル褒められると嬉しいし張りが出る。
なので、(独身の頃)、男性とデートするときより、女性同士で合うときのほうがおしゃれに気合いが入ったものです。

ただ、服を褒めた後に値段聞いてくる人や「高いでしょ。稼いでるねー」とか言ってくる人は嫌いだ。

■自分は、ちょっとした事でも誉められたり 持ってるものに興味持ってくれたりすると凄く嬉しい。
そこから話がどんどん弾むし。
自分も友人と会う時は相手の事に興味持って、髪型素敵だけどこの美容室?とか、いろいろ聞いたりする。
こんな何気ないやりとりがが女同士って楽しいんだよね。
旦那とは絶対できない会話w

■なんか女友達って幸せです的な話すると自慢?みたいに思うよね。
顔が曇るのもわかる。
だから「仕事辞めたい(本当は楽しい)」
「だんながまったくさ〜(本当はうまくいってる)」みたいな感じで
話す癖がついちゃった。
そしたら今度は「マイナス志向だね」って言われた。
話題って難しいね。

でも、悲しいかな・・基本、女は「人の不幸は蜜の味」の世界だよね。

■アラフォー独身の友人
週末にうちに遊びに来たがったり ランチしようディナーしようとしつこい。
週末は夫も子供もいるって言ってるのに何考えてるんだろ。

>>今は結婚しない人も沢山いるし 娯楽やネットワークも沢山あるのに
わざわざ既婚の友人に依存しなくても楽しめそうなもんなのにね

>>独身の友人いわく、同じく独身の友達とつるんでると話題は暗くなる一方なんだって。
まぁ別の独身同士の楽しいネットワークが作れないってのもあると思うけど。
既婚友達と一緒にいるほうが話が前向きだし楽しいって言ってた。

>>同じ事言ってる独友がいるけど その子は前向きどころか同じ独友の愚痴っぽい話が多い。
既婚者って基本独友に対して自分を落としてヨイショするからね。
キャリアウーマンですごいね〜とか、持ってるバッグだの うわ〜こんな高価なもの持ってて凄い〜とかw
そういうのが心地いいのかな〜って思う。
同じ独友同士だと張り合ってばかりでイライラしてるみたいだし。

女の友情2

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

看護師2

■看護師だけど、以前患者のジジイが他のナースと楽しそうに話していたので私もそれに参加して話しかけたとたんすごい嫌な顔して、チッって舌打ちされた。
二重にしてダイエットした今は患者からの差し入れが絶えない。
それほど差別を感じていなかったけど、この現実を知って世の中見た目なんだ、って痛感した。

■わたし鬱なのに、看護師してる。
正直つらい。精神的にも、肉体的にもやられる。
でも、お金ないし。
生きていくには、つらくても仕事しなくちゃいけないなら、死にたいよ。
ただの苦痛でしかない。正直、ひとが亡くなったのをみて、不謹慎だけど、わたしが変わりに死にたいと思っちゃう。。。

■私は看護師なのでプライベートなことを聞く立場なんだけど 手術の前後とかにこっそり「すみません、その、アレは手術から何日たったらできますか?」
って聞いてくる患者さんは結構居るよ、70代、80代でも。

>>80代はビックリ!だね
でもアレって、ニーオナの可能性もあるじゃん?

>>そうだね、本人が質問してくるのはオナニーである可能性もあるけど
奥さんの手術のことについて、旦那さんが質問してくることや、その逆もあるから、そういう場合はセックスしか考えられないよ。
子宮を摘出する手術の説明を受けた後、旦那さんがこっそり「あの、子宮なくてもアレはできまっか?」って訊いてくるのはお約束。

■看護婦さんの足は、すごく細いかすごく太いかの両極端。中間はない。

■看護師は自分より年下の患者になぜ敬語を使わないのだろう
親しみやすさ?
子供や学生にならいいが、社会人に使うのはおかしいと思うんですが…
こっちは敬語で接しているんだし
医師は治療の話は敬語、世間話はくだけた話し方と使い分けてるのに

■看護師は一日何回も手を洗うこと。
気になる看護師さんと話しながら冗談ぽく手を触ったらザラザラしてて驚いた。

■看護婦さんって 手荒れがヒドイよね…あかぎれまでしていて…痛々しい…

■手にいっぱいメモを書きすぎて、真っ黒になっている看護師さんがいた。
看護師さんに感謝。

■じじいの患者が看護師のお尻を触ってた。
セクハラ騒動か と思ったら、その看護師はニッコリ笑って『こりゃ!』の一言だけ。
まあ、先の長くなさそうな爺さんなのでしかたないけど、看護師ってえらいな。

■あなたが一番横柄でタメ口きくくせに、どうしてあなたの採血むちゃくちゃ痛くてしんどいんですかね。
針さしたところから血がびちょびちょ出てるし床にも血がこぼれてるし…
もう来ないで。
あなたが来ると泣きたい。
「もう手ひらいていいよ〜」って、あなたがすると痛くて手の感覚がなくなって、
開こうにも開かんのよ。

■新人看護士だけど彼氏にフラれた\(^o^)/
忙しくあまり会えない+看護士の下の世話に関しての仕事が嫌だったようでw
「ゴメン、今まで我慢してたけどゴメン、なんだか他人のチ〇コを毎日のように洗ってるって考えたら気持ち悪くなった、独占欲強くてゴメンなさい」だっておwしかも土下座かよw
高3からずっと付き合ってて超優しいし高学歴スポーツ万能イケメンでモテモテな彼w独占欲以外なら最高の彼だったのにww私未練たらたらワロタw
あーあ(ToT)

■看護婦の免許っていうのは、一種、逃げられないようにするための装置なんだよ。
実際には簡単に取れるから、資格としての重さなんて何にもない。軽い軽い。

ただ、頭の悪い人たちにとってはこれを取るのが結構難しいらしくて
「お前やってみろ、たいへんだから」などと、言ってしまうことになる。
こういう連中は、やっと取った資格で働けることに卑屈なプライドと優越感とを持ち、一方では、看護の免許がなければ、どこにも働き場所がないことを痛感しながら、必死になって「せっかく取った」免許を使うことを考える。

結局、職場の人間関係がどんなに悪かろうと、自分が病気になろうと、「手に職をつけた」、「いつでも仕事がある良い仕事」などとうそぶきながら看護にしがみつき、医療土方で一生を台無しにする。

まあ、このシステムを考えて、看護婦を「免許を持つ奴隷」に仕立てた奴らは、頭良いわなwww

■別に看護師だからダメという訳じゃないけどさ、何というか育ちの悪さというかそういうものが、出るんだよな〜、
医師会などで時々ある、医師妻同伴の会合何かに出ると、わかるんだよな〜、
あんな立派な先生なのに奥さんがね〜ヒソヒソ・・なんて言われるような行動は謹んでいただきたいよ。
ウチの嫁は名門の出ではないが、「ああいう会合にはもう出席したくないわ」と言い出す始末。
親父(老医)も以前は差別など嫌うリベラルな人だったが、孫(息子の研修医)に「看護師とは結婚しないように。」と言い出した。

看護師

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。