2009年11月30日

ニュージーランド5

■どうしてNZはタイ韓国中国人の留学生が多いの?
ヨーロッパの語学学校はアジア人そこまで多くないよね

>>一番通貨が安くて、ビザが簡単だからでしょ?
同じ中韓でも、よりバカの割合も高いし。

■ニュージーランドで温泉行ったよ。
他の客は入れない熱いところも(でも44℃以下)日本人はへっちゃら。
タイ人に「お前すごい」と誉められました 

■正直、日本人がNZに温泉期待していくとがっかりするよ
実質は水着着用の温水プール
ロトルアは羊の毛刈りショーとか温泉の噴出すのを見るとかそういうのを面白いと感じない人には時間の無駄だと思う

■ニュージーランドで。
朝通勤ラッシュで混雑するバスターミナルで、俺が気付かずに落としたバスのプリペイドカードを、わざわざターミナルの外まで出て俺を追いかけて届けてくれたスーツ姿のおっさんがいた。
汗だく&笑顔で「もう落とすなよ!困るのはお前だぞ!」
おっさんはそれだけ言うと全速力で走って行ってしまった。
ちゃんとお礼を言いたかった…

■ニュージーランドが一番治安がいいと思う。
交通マナーも日本よりは格段上。
ただあの国は都会でも日没後は人が急に減って、夜の一人歩きは不気味なくらい静かで逆に怖いくらい。
NZの人は日没後はみな家で引きこもるのかと思った。

■NZって、先進国の中だとレイプの発生件数が多いんじゃなかったっけ?
治安良くてきれいな街ってイメージだったから意外だった。

■【英国】「世界平和度指数」発表−1位ニュージーランド、日本7位、北朝鮮131位、最下位イラク[06/03]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1243991248/

>>でもNZって先進国中では確か米国に次いで刑務所人口(人口比対)
が多いはず。
確かに世界の僻地ともいえるロケーションだから軍事的には安全だとしても,犯罪多発国を「平和」と言われても。。。

■ニュージーランドって韓国より物価安いらしい

■今の今まで、ニュージーランドの首都はオークランドだと思っていた。

■ニュージーランドの首都の名を知っている日本人が
どれだけいることやら・・。

>>同意。ウェリントンってとこ行ったことない

ニュージーランド4

posted by 現実主義 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社とはこんなところ15

■会社で使っているLEDの懐中電灯がバスで轢いても壊れないこと
轢いたときは「あー弁償しなきゃ」と思って拾ってみたら
表面に軽い傷がついてただけで普通に点灯したのでそのまま倉庫に戻しました

■うちの男性社員と結婚した派遣。
比較高収入な会社だから即専業になってセレブ気取り。
でも社員同士結婚した家庭とは世帯収入が倍違うから旦那は会社で肩身狭いんだよ。
年収15とかあっても奥が専業だとお小遣い制でランチも節約してて気の毒。
なのに派遣奥は自分の低学歴を棚にあげて子を皆と同じような有名幼稚園に入れようと必死。
死んでも口には出さんが惨めだな〜と思う。

>>世帯収入が倍違うってことは、社員はみんな共働きってこと?
読解力なくてごめん。

>>うちは社員同士の社内結婚がすごく多いのですが、大体は共働きが多いです。
育児支援が比較的きちんとしていて辞める女性社員がほとんどいないので。
それだけに派遣組との差が歴然と…。

■合コンは仕事を円滑にするために必要だった
女ばっかりの会社だったから合コンも半ば仕事だった気がする

■入社試験で95点のブスよりも70点の美人を採用する企業に勤めていたけど 部署内の女全員が人事担当者の好む容姿だった
皆同じような顔立ち、体型、ファッション、髪型、メイク、年齢だったからちょっときもかったw
美人は組織の中に2〜3人いれば華やかで良いものだけど 全員が美人だとなんだか怖いっつーか美しさの有難味がよくわからなくなって
一般的にちょっと見た目が残念といわれるような女に恋心を抱いたり結婚してしまったりする

■完全実力主義を語る企業は、上に行けば行くほど実力なんてない。
ただ都合よく駒のように社員を使って儲けたい、でも歯向かわれたくない。
だから、下を強引に押さえ付けてるだけ。

■自由参加という名の強制参加。
特に社員旅行や忘年会や送別会。
人間関係が良い会社ならまだいいけど、強制参加させる会社はほとんどが人間関係が悪い。

■年上の美人と説明会で同席した。

そこのちょっとえらい人が、説明会中美人に目を合わせる合わせる。
私と美人以外は全員男だったんだけれど、美人とその他で態度が違った。
美人が話すと目を覗き込むように話を聞くし、その人が話してる最中も、一見、参加者の顔を見回しながら話してる風だけれど、明らかに美人のほうを見つめる回数が多かった。

職種的に、私以外の男達もキ喪男達が多かったので、美人とその他…という感じでそんなに落ち込まなかったけれど、やっぱり凹んだ。
けれど、帰り道美人と目が合ってキョドって思わず話しかけたら(勉強法の質問)近くのカフェで懇切丁寧に教えてくれた上、コーヒーとケーキを奢ってくれた。

美人でコミュ力あって優しいなんて神様不公平だなーと思ったけれど、
優しいお姉ちゃんみたいな美人と一緒に働けるよう頑張りたいとも思った。

>>上で会社説明会での美人と喪の対応の違いがあったけど、まさに書き込もうとしてたw

美人orかわいい子の質問には、いちいち「うーん」と考え込んだり、
その質問がさも重要であるかのように場を見回しながら、じっくり説明。
喪っさりな人間の質問には、さっくり答える。
美人と喪に対してもそうだったけど、男に対してもリア充っぽかったり頭よさそうな人には、そういう対応の違いが見られた
マスコミだから、当然だがw

>>うわぁぁぁ思い出した・・会社説明会行った時に勇気出して質問したら 一気にテンション下がったような感じでもの凄くおざなりな回答されたのに、戸田えりか似の可愛い子が質問(そんなんパンフ読めばわかるだろみたいな内容)をした途端、えらいニコニコ丁寧に説明してて死にたくなったよ。

その可愛い子、グループ面接で会ったけど明らかに喋りもギャルっぽいし 面接官に対しても時折タメ口だったけど、もう大手3社内定決まってて就活楽勝☆とか平気で言ってのけててたなぁ・・

>>知り合いの美人が「会社説明会で担当の方に聞きたいことがある場合は、目をキラキラさせながら質問するといいよ。そうすればむこうは、喜んで色々と教えてくれるから」
なんて言ってたけど、その戦法を使えるのは美人ぐらいだろと心の中で突っ込みをいれてしまったことがある。
懐かしい思い出です。

■客先で打ち合わせ中「担当者に確認します」と携帯を出した、
と思ったらエアコンのリモコン!お客様大爆笑。
携帯不携帯はよくやる。

会社とはこんなところ14

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

専業主婦2

■1:ちょい稼の為にお局にイビラれたくない。
2:今日仕事…↓と起きたくない。
3:会社と仕事に縛られるのが嫌。もうあきた。

会社引退後はほんと好き勝手自由に生活させて貰ってるかなぁ。

■私は家でのんびりさせてもらってるから、かえって旦那に気を使ってる。
テーブルコーディネートとか習いに行って食事が美味しく見える工夫をしたり、インテリアコーディネーターの友達を呼んで寝室とリビングの雰囲気を四季ごとに変えてみたり。
まぁ私は軽い喘息持ちだからきっちり掃除はしている。
てか、昔から奇麗好きだと言われていたかな。
まぁ…掃除も料理も育児も独身時代していた肉体労働みたいにキツイ仕事に比べたら、天国なのは確かだ。
でもPTAの役員を断る理由探しに苦労しますよ…ね…。

■「専業主婦の人って一日何してるんですか?」とか質問してくる美容師。
「私は休みだと何していいかわからないです」だと。
大学も行ってないし、本読まないし、頭からっぽだからじゃないの?
専業主婦の髪洗って食ってることお忘れなく。

>>こう言う事言ってくる奴に限って、大概「あんたこそ、そんな人生楽しいの?」って人生送ってるから見下す。

■社会にでて働くほうがずっとストレスだよ。
家族にだったら忘れてたごめん、ですむことが職場ではすまないんだよ。
あとでやる、とか明日やるとだめなんだよ。
他人に関わるストレスのほうが大変にきまってる。

■収入の高い男は妻を働かせるなんて思考はないよ
エステやスパ…美容院、習い事で毎日ほどよく用事があってとても楽です。

103 名前: 可愛い奥様 投稿日: 2009/10/21(水) 07:56:56 ID:b9lw0I/P0
今時、専業主婦なんて旦那のリスク高過ぎ。
バカみたい。
家でゴロゴロしてんの?
頭悪いんだろな。
高収入の旦那あっての奥様達、旦那が倒れたらどーするのかしら。
旦那たちが毎日ストレスにさらされてどんなに大変な仕事しているか知らないんだろな。
昭和妻たちお気の毒さま。

>>皇室の女性も結婚前は仕事してるという時代。
社会人の苦労を知らない専業なんてそういないでしょw昭和じゃないんだからw
職場結婚の奥様方を全否定かしら〜w

>>毎日嫌で嫌で仕方ない仕事をしなきゃならなくて、辞められるもんなら今すぐにでも辞めたいのに叶わなくてストレスで爆発寸前なんですね。わかります。

>>旦那が毎日ストレスにさらされてるからこそ 私が仕事辞めて家のことに専念するようになったからなぁ。
専業になったら喧嘩がなくなり思いやりも持てるようになって前より仲良くなったから私は良かったと思ってる。

>>ダンナが倒れたって生活面は何も困らないから専業してるんでしょ。
そうじゃなかったら働かなきゃ怖い。
自分の生活レベルで世の中判断してる>>103はお気の毒。

>>その通り。
なかなか自分の自分の想像を越える世界は理解できないんだろうね。

■仕事、嫌だったらとっくにやめてます。
毎日忙しいけど効率よく家事やる方法考えたり お掃除ならダスキン頼んだり夫婦二人の休みに旅行計画したり。
息子たちも母親居ない日もご飯作って食べてくれます。
自分のカードや貯金もあって旦那に気がねしないで車も乗り洋服も化粧品も買い物もできます。

社会の中で自分の名前で存在して働くの大好き。
でもストレス旦那が専業主婦の妻に癒やしを求めるんなら良いんじゃない?
旦那、浮気してなきゃ良いけど頑張ってね。

>>よくわかんないけど、
業者に掃除してもらう、旅行行く、自分のカード使う、夫に気兼ねなく車を乗り回す、洋服も化粧品も買い物も、専業の私と変わんないけど、兼業にしか出来ないとでも思ってんだ??

■リスクリスク言うなら、中小企業で夫婦二人共稼ぎとか妻も働いているとは言えパートや派遣の場合だって ハッキリ言って高ステータス夫&専業の組み合わせ以上にリスク高いだろうに。
「専業はラクしてずるい」の常套句だな、「一人の稼ぎじゃ不安定でリスクが大きい」。
それしか突っ込む所がないんだろう。
自分の人生を肯定するために他人の人生のアラ探しして楽しいか?
本当に満足してるなら他人の人生のアラなんて気になるまいに。

>> >「一人の稼ぎじゃ不安定でリスクが大きい」

確かに、こういう事言う人ほど、そりゃリストラや離婚前提に動かないとやってられないよね、みたいな結婚してる気がする。
そんなにリスク回避したいなら最初から結婚しなければいいのに、とは絶対に言えない。

■パートのおばさん、本当に本当に仕事が出来ない!
すっこんで主婦してろ。迷惑。
お前のことだよ!自覚しろ!

>>専業してたらずるいだの、仕事できなかったら専業に戻れだの。
どうせぇっちゅーねん。

>>自分たちよりランクが低い人間と自覚して好きなだけ叩かせろ、というところかと。
要するにサンドバックですな。
自分より低くなりうる立場の人間を叩いて それによって優越感を感じるんじゃないかと。

そういえば昔、類似スレで
”専業主婦の分も税金払ってやってるんだから道で会ったら私たちに土下座しろっ”って息巻いてる人がいたなぁ。

■リーマンもなりたくてもなれない社会になりつつあります。
マトモな会社の求人はピラミッド階層の上位層にとられ、コネも学歴もない層はブラック企業に入社するしかない。
今後はそのブラック企業さえ潰れるかもしれない経済状況です。
来年度の配偶者控除廃止を皮切りに、専業も楽できなくなります。
といっても社会に専業主婦が出てきたら、働き口の奪い合いになって
今よりもっと厳しい社会状況になってきます。
専業叩きしてる今は平和。

専業主婦

posted by 現実主義 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい話10

■ものすごく疲れてるときに電話で
「 ち は血みどろの ち です」
て言っちゃって相手を凍りつかせたことが…

>>仕事で「B?D?どっち?」って聞かれて
「ボインのBです」って応えてしまったことがある。

■小学生の頃、当時流行ってたフィオルッチのグッズを店頭でみつけ、「あーフェラチオだ!」と駆け寄ってしまった。

>>私はスポーツメーカーの「フィラ」を「フェラ」って言ってしまったわ。

■はじめて市から来た誕生月の乳ガン検診というのに行ったとき、
ベッドに寝かされて、「はい、バンザイして」と言われてから おもいっきりフッサールだったことに気付いた。
冬生まれなことを恨んだ。
持ち物とか服装とかの注意のところに脇毛処理してこいって書いといてほしい。

■姉と二人で温泉に行った時のこと。
姉は先に洗い終わり露天へ。
後から露天に行った私は「超気持ちいいね〜〜。見て見てモズクみたいだよ〜」
といって陰毛を水面に浮かせてユラユラと。
こっちを振り向いたのは全く見ず知らずの女のひとだった。
あれ以来モズクはやってない

恥ずかしい話9

posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

藤原紀香2

■紀香バディ2発売するらしい

紀香バディ!2 リ・アル [単行本] / VOCE編集部 (編集); 講談社 (刊)

>>何処そこww

>>ちょw
糊化のポーズに吹いた

>>由利徹の踊りを一時停止した感じに見えるんだが。

■紀香っていつのまにか上手く芸人に転身したね

■糊化って本人の狙いとは別の方向で面白すぎて嫌いになれないwwwwww

■陣内は紀香に笑いの何たるかを学ぶべきだったね
身体を張った笑いとは何たるかを
師匠を前にして何も吸収してないじゃないか

■この人、以前に徹子の部屋に出たとき自分から「のりか時代が来て、正直とまどいました」みたいな内容を話していた。
他人である第三者が「のりか時代」と評するのはまだ分かるが、自ら口にするとは。。。
なんか、一気にきらいになった

藤原紀香

posted by 現実主義 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。