2009年01月31日

海外トイレ事情2

■最近、米国、台湾、香港、シンガポール、韓国と立て続けに訪問したが、トイレにウォシュレットが設置されたいたのに出くわしたのはソウルだけだ。

■ドイツや北欧は日本以上に清潔だった。
日本は地方へ行くとまだ今ひとつだな。

■バチカンは便座ない
ミラノのマックとか、水の勢いが弱く、前の人のティッシュがたまってることが度々

■中国のニーハオトイレに腰掛便器タイプもあると聞いたけど本当?

>>有るよ!

■タシケント(ウズベキスタン)空港の旧ターミナルビルのトイレ、
どうすればこんなに汚くなるのかと思った。
何人もの人が便器でなく、床で用を足したとしか考えられない。
水が出ない。
入れなかった。

帰りに立ち寄ったウランバートル(モンゴル)空港は砂漠の中なのに
十分な水が出て感動した。

■イタリアのトイレは、便座がついてない場合が多かったです。
だから、トイレットペーパーでよく拭いた後に、肌に便器が触れないように、トイレットペーパーを敷いてから座りました。
紙自体切らしているケースも多かったです。
また、配水管が細くてすぐ詰まるとのことで、紙は脇のゴミ箱に捨てなさいとのことでした。

■アンカレジ空港のトイレで小便しようとしたが高くて届かんかったよ
ツマ先立ちしてようやく
なんか悲しくなった

■ホーチミンのタンソンニャット国際空港はリニューアルしたので トイレ(モチロン水洗!)も非常に衛生的。
待合シートもカフェもおみやげ屋さん北京の空港の新ターミナル並みにきれいでしたよ。

■ロシアのトイレも便座ないの多いよ。和式も。
物心ついた頃から空気椅子としゃがんで足腰鍛えてるからスポーツ強いんだなロシア人。
紙流しちゃダメなのも多い。
でも、ヨーロッパ、アジアは紙流さないほうがメジャーでね?
水環境の良さは日本が例外。

で、ロシア、紙が共有なとこもざらにある。
さすがもと共産主義の親玉国。
巨大なロールが壁に掛かっていて、各自、必要量をちぎって個室に持ってくの。
不測の事態で予定外に必要になったらどうするんだろ?
でも、意外にきれいだったから助かった。

■ドイツのトイレとってもキレイだったな。
有料なだけあって。

■ニーハオトイレ中国だけかと思ったら中央アジアには意外とあるのでびっくり
バスターミナルや途中休憩所のトイレで仕切りの壁が低いのは当たり前
ドアが無い所もそこそこあった
有料の所はトイレットペーパーはちょっとちぎってくれるが 無料の所は無し、あったとしても新聞雑誌を切った物が積まれてる

ドア無しトイレ、青空トイレの時にはスカートもしくはシャルワールカミースの上着見たいなのを着ていると便利だった

インドは大と小で値段が違う事が多いのはどういうこと?

■韓国は一流ホテルや高級デパートを除いて トイレに紙を流せない場所がほとんど。
配管が細いので流すと詰まってしまう。

韓国人が日本に来るとトイレットペーパーを流さずに 個室内の小ゴミ入れに入れてしまう人がけっこういる。

■イタリアのポンペイの男子小便器が高くてギリギリで汗った。
なお俺は天佑にも股下78cmで タッパも並の南部イタリア人に比べ遜色ないつもりだ。
さらに出口にはチップ係のおばちゃんがいて鬱。

■駅のトイレではないが、中国の田舎の方でトイレに入ったら床下に豚がいて 人の雲子を食っていた。
俺がしゃがんだら餌が降ってくると思い豚が集まってくる、というしくみ。

■国、場所によってはトイレがチップ制だったりするからね〜
バンダリズム予防や雇用創出とかいろんな理由があるんだろうな。

小銭用意しとかないと。
金額明示してくれるとありがたいんだが。

20年以上前の台湾はそうだった。
ただしペーパーが必要な時だけ。
防臭剤はその頃はまだ合成ではなく、特産の樟脳だった。

■10年前、韓国の京釜線成歓駅(天安の3駅ソウル寄り)は汲み取り便所だった。
小用便所は、、昔の小学校にあったような、壁際に溝が掘ってあるだけのものだった。
しかも手洗い場がなかった。
今も、韓国の田舎で古いままの駅舎にそんな便所が残っていると思う。

その成歓駅だが、数年前、電化されてソウルから通勤電車が来るようになり、近代的な駅ビルに改築されてしまった。

■インドでは線路がトイレらしい・・・

>>カンボジアでも線路が公衆トイレと化している

■中国の南京駅の男子トイレは衝撃的。
何と、口の開いた大きな尿瓶がずらっと並べてあって、みんなその中に小便を足していく。
定期的に回収業者がトラックで駅に乗り付けて、満杯になった尿瓶を空の尿瓶と取り替えていく。

海外トイレ事情
日本は素晴らしい

posted by 現実主義 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュウリ

■一番栄養のない食べ物はキュウリ

>>ギネスに掲載されたらしいのう。
しかも使い方によっては他の食材の栄養分まで失わせるとか何とか。

>>河童を見かけなくなる訳だ・・・。

■キュウリはビタミンとかはろくな栄養ないけど、抗癌とか健康面では有用なんだよね。
食物繊維も昔は役立たずとされてたしなー

■胡瓜は香気を楽しむものだよ。
夏の渇いた時に食べると分かる。

■「人はパンのみに生くるにあらず」
食事は楽しむもの。栄養だけ考えてたら味気無い。
しかもキュウリは夏野菜だから主要な目的である水分摂取の目的は遂げられている。

■あ、キュウリも漬物にしたら栄養バッチリだよ!

■キュウリのキューちゃんは旨いよ

>>でも使われてるきゅうりは中国産なんだぜ

>>うん、だから自分で似たようなものを作ってる。
作り方は「中国産食品〜」スレに書いてあった。

■真空の袋にキュウリをいれ塩でもんで10分ほど放置して食べてます。
塩モミが一番美味しいと思うのは私だけかな?
あと中が白いキュウリがおいしいと思いました。

金持ちの家に有って貧乏人の家に無い物 
田舎のミラクル3

posted by 現実主義 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

スウェーデン

■ウメオからさらに北にあるルレオもきれいな町だったよ。
世界遺産の教会住宅群だったかは一見の価値あり

■ストックホルム・サイトシーイング社の「STOCKHOLM WINTER TOUR」というボートツアーに参加しようか迷ってますが、体験したひといれば、感想を聞かせてください。

ツアー詳細↓
http://www.stockholmsightseeing.com/EN/index.htm

>>ストックホルムは別名Beauty on Waterと言うくらいで水の上からの景色は格別だよ。
冬のやつは今まで乗ったことけど、夏や秋は特に夕暮れ時の景色は最高でした。

■今日テレビで、ガムラスタンがでてて旅行にいったときのことを思い出してたら、魔女の宅急便の街のイメージ元ネタってやってた。
知らなかったので、ちょっぴりへぇ〜へぇ〜とおもた。

■スウェーデン(ストックホルム)

何もかもが高い、不味い、サービスが悪い、不親切。
消費者に良いものを提供しようとする姿勢が全く無い。
金額に対する対価・満足度は世界一低いんじゃなかろうか?

税金が馬鹿高いのにインフラが特別整備されている訳でもなく、
福祉国家を謳いながらバリアフリーも特別進んでいないし、道路も良くない。
地下鉄や道路は散らかった新聞やペットボトルでゴミだらけ。

過度な社会保障に甘やかされてるのか?
まるでどこかの社会主義国のよう。
良い点は雰囲気の良い古い街並みと夏の爽やかな気候だけ。

■スウェーデンでペットボトルの水買った時は 確か400円以上した。
北欧はバックパッカーにはつらい・・

>>マカオで買ったら18円だった。

■5年前、ストックホルムの王宮近くで、日本人狙いっぽいアラブ人の偽警官がいたから気をつけてね。
複数人で行動してて、まず一人が話しかけてきて、
何かうまいこと言って財布をカバンから出させる。
その後、別のアラブ人が出てきて、偽の警察手帳を見せながら
「こいつは偽札を作ってる。金を見せてみろ」
とか言って金を出させようとする。
この一連のやり取りの間で、隙をついて金を摺りたいらしい。たぶん。

■俺は北欧の国々について書かれた本で 30年前くらいのかなり古い本をブコフ105でゲットして読んだけど
当時からスウェーデンの犯罪率は高率だったそうだよ

■スウェーデンの人に口に日本茶は合いますか?
どなたか予想できるかた教えてください!

>>北欧各国はコーヒーの一人当たり消費量は多いし、特にスウェーデンには紅茶の有名ブランドもある。
ハーブを利用した嗜好品も多い。

抹茶の濃茶ならわからんけど、抹茶でも薄茶なら、また、いわゆる緑茶とか ほうじ茶、玄米茶番茶などは問題なく許容範囲。

ポットにティーパックというのが向こうのスタイルの主流だよ。
細かい茶葉を流すのは環境の面で問題がありそうって言うから。
もちろん個人差はあって、気にしない人もいる。

東京体育館フィギュア世界選手権のブースで配っていたジンジャー
クッキーはお茶に合って( ゚д゚)ウマーだった。

■この前雑誌でストックホルムの図書館見て驚愕したよ。
美女と野獣に出てきた場面そのものだ。
ほかにもたくさん個性的な建築やインテリアが載ってた。
よく考えたらイケアもスウェーデン発だし、ほんとデザインに恵まれた国なんだね。

>>美女と野獣の図書館は、市立図書館よりもオーストリアのメルク修道院の図書室に近いんじゃないかと思うけど。

■ 物価が日本など比較にならないくらい高いです
缶コーラ一本 500円 生活出来ません とほほ

>>自分もちょっと前にいったけど、缶コーラ一本500円って街のどこで買ったんだ?
駅のペットボトルでも15〜17krぐらいだと思ったが。
ちょっと歩いてスーパー行けばペットボトルも11krぐらいだ。
あちこちにスーパーあるから飲み物はそこで買うのがいいよ、
自分で選んで紙袋にいれて買うパンなんかも安かった。
物価が高いなりに工夫して節約するのが自分は面白くもある。

>>コーラは飲まないので知らないけど、駅の売店とかにあるスムージーとかいう果実かき混ぜドリンクは30krしてたと思う。

>>普通の炭酸水系とか大体18kr〜24krぐらい(駅構内の売店とか)だったな。
コーラは確かに、15kr〜20krぐらいだったけど。

■俺スウェーデンに留学してたことあるんだけど ここも典型的な城跡とかあるのね
そこにおれいってたら ある一組の白人家族がいたのね
その小さい女の子がだだこねて 泣きじゃくってて。

そこに日本の学生風の男女が十人位できてて
俺も日本人だけど 俺から見てもまー今風?て感じのやつら。
その白人の親が泣きじゃくる自分の子供に、日本人の集団のほうを見せて

「ほら、。あんまり泣きじゃくってると、あんな顔になっちゃうよ?それでもいいの?」
と言ってた。

言葉を知らない日本人集団は キャっきゃしながら騒いでいたが、その言葉を聴いた周りの白人の人達は老若男女問わず 軽く笑ってた。

俺は言葉が分かっただけに そそくさと退散したよその場を。

外国はあんまり黄色人種にやさしい場所じゃないよ実際。

■外は寒いが建物の中は半袖でも平気なとこだよ。

>>たしかにそう思う。日本の室内の寒さを考えるとスウェーデンの方が暖かいよな。
風呂場やトイレで凍えるなんて事はありえない

■ストックホルムでは、何食べてもイマヒトツ美味しくないのでしたが、現地の方からすすめられたハーベストホームという店は美味しかったです。
オランダ系の方がやっている店だったかな。
スルッセンから少し歩いたところです。

■現金派の私は、最初の2日間、どーしてもATMがカードを受け付けてくれなくて困った。
クレジットカードもキャッシュカードもだめなので、悩んだ挙句ATMを使う人をガン見してたら 単にカードの裏表が逆(名前が書いてある側を下にする)だけだったことが判明。
アホだ、わし…。

■スウェ−デンのことに興味があるのみんなさん、ありがとう!
僕はスウェ−デン人だから、このようなスレは僕に幸せになられます。
ストックホルムに来るなら、Drottningholms Slott ぜったいに行って下さい。
とてもきれいなお城です。

まぁ、僕は日本語がちょっとへたら、すみません。

>>ドロットニングホルムなら二度行きました。
二回目はオペラの公演を観に出掛けたんですが、開場するまで待ってたら、劇場の守衛さんから話しかけられて、
守衛さん「スウェーデンならゴットランドのヴィスビーが一番良いよ。」
俺「実はもう行きました」
もう一人いた守衛さん「なら、あと行く場所ないね。アハハ」

チップ
免税店

posted by 現実主義 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外でモッテモテ2

世界中どこでもそうですが日本人女性は誰でももてる。
中東諸国でも例外ではないです。

「大もて」とか「愛されている」とか勘違いしてしまう日本人女性が後を絶たないようなので、はっきり書きます。

日本人の女の子でありさえすれば、普通以上に親切にされ、誰でも、口説かれ,結婚まで申し込まれます。
「なんて中東の男性は情熱的なの!?」
と土産話で盛り上がるのは勝手ですが、それを本気だと思ってしまう日本人女性は、もう少し冷静に考えるべきだと思います。

彼らにとって最も重要なのはお金。
お金がなくて結婚できない,
あるいは生活苦の人にとっては日本人女性は都合がいい。

日本人女性の背後には¥の後光が光っている。
どんなにあなたが貧しくても海外に来てること自体,現地ではリッチな証です。

そして,イスラーム圏では自分の国の女性にはやたら手を出せないが外国人ならなんの気兼ねもしなくてよい。
僕が「きれいなんだからトルコ人女性と恋愛すればいいじゃないか。」と言うと「トルコ人の女はNO SEXだから嫌だ!」と言います。

トルコ人女性はsome peopleはOKらしいけど,どのくらいの割合か僕には分らないです。
不倫の相手としてもぴったり。
さらに日本人女性と結婚し,日本に住めば徴兵制からうまく逃げることができる
(100万円ぐらいお金を出せば、18ヶ月の兵役がわずか1ヶ月ぐらいに短縮される・・そのお金をバックアップするのは日本人女性の役割)

海外でモッテモテ
海外旅行に行った自分が好き



posted by 現実主義 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

小沢一郎

■小沢一郎の偉業(おさらい編)
【問1】防衛庁の発注先を東洋貿易から山田洋行に変えた裏取引で、自民党と山田 洋行をズブズブにした人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問2】自民党と公明党を連立させた人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問3】アメリカに盲目的に追従して湾岸戦争に金を出した人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問4】金丸にくっついて北朝鮮に大甘な約束をして増長させた人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問5】在日米軍のために、むちゃな思いやり予算を垂れ流しにした人は誰?
→答え:自民党時代の小沢

【問6】バブル時代を無策のまま放置し、超絶不景気と格差社会の原因となった人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問7】好景気でも国債を刷りまくって、赤字国債に依存する体制を作った人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問8】日米構造協議において、米国に430兆円の公共事業を約束した 売国奴は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

麻生太郎
管直人2


posted by 現実主義 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済・株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。