2008年03月25日

韓国のバリアフリー

anzen013.jpg


posted by 現実主義 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デート商法

■友人(女性)が、振袖を買わされた話。
ある会社の営業から、馴れ馴れしい感じで電話がかかってきたそうだ。
まるで友人のようなノリで、会うことになったらしい。
食事をご馳走してもらったり、交通費も出してもらったり、友人から聞く話では、まるでカレとデートしているかのよう。
3度目か4度目に会うという話を聞いた時、「着物の展示会に誘われた」という。
展示会というより、今まで同様食事に来るつもりで気軽においで、と言われたらしい。
彼女にはお金もあり、着物も欲しかったらしく、興味津々で出かけた。
その会場の入り口には、豪華な着物がバーンと飾ってあったが、その営業はなぜかスルー。
彼女は、その着物がすごく気にかかったが、「あれは、あなたに買えるようなものじゃないですから」と 相手にされなかったんだそうだ。
展示会場の奥に連れて行かれ、いろいろと他の着物を見せられたが、彼女は最初の着物が気になって、他の着物は目に入らない。
彼女が、「やはり、最初のあの着物が気になる」と言ったところ、営業が渋りながらも、もったいぶりながら彼女にその着物を試着させてくれた。
すると、彼女自身も気に入り、その営業も今度はこれまでにない褒めよう。
最後まで、「これは高価だから、あなたにはちょっと・・・」と渋られたが、結局彼女は170万のお金を払い、購入。
驚くのは、彼女は騙されたとは決して思っていないことだ。
その営業は、着物を売った後から彼女と会うことはなく、連絡は取れなくなったそうです。

>>うわあ…。
これが俗に言う「デート商法」ってやつか。
ムカつくけど凄い辣腕だな、そのセールスマン。
男女逆のケースも、着物が絵画になるケースもあるよね。
本当かどうか解らないけど、そういう商法にラッセ○の絵が良く使われるらしいと聞いてから わりと好きだったその作家の絵が苦手になった。

着物3

posted by 現実主義 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

布団詐欺

■布団詐欺に遭った俺が通りますよ。

1年くらい前に布団の押し売りに遭い
50万ほどの5年ローンを組まされた。

数か月前ふと気になってその業者を調べてみたところ、
なんとその業者は特商法違反により業務停止処分を
受けていた。

筋金入りの悪徳業者だったわけだ。

ちなみにその糞業者はフォレストインって言います。
(もう倒産しているので実名晒しても問題なしと判断)

その後、消費者問題を専門にしている行政書士に相談したところ、
業者が倒産しているので全額回収は不可能だが、
幸いにも契約したクレジット会社が優良企業で、
悪徳業者とは完全に縁を断ち切っているので、
ほぼ確実に残債免除の和解契約が成立するとのこと。

クレジット会社との交渉の末、既払い金放棄+残債の1割の支払で
残りは免除してもらう、という和解契約を取り付けた。

被害額:既払いローン10万、和解金4万、行政書士報酬5万
まぁこの程度で済んで良かったと考えるべきか。


>>その布団は、自分のものになったんでしょうか?

>>本来なら商品を返すのが筋なのカモしれないが、
使い古しの布団では換金できるわけもないので
クレジット会社も布団を返せとは言ってこなかった。
よって布団は今も使ってる。

確かに布団の寝心地は抜群だが、
推定原価は3万くらいだろうか。


posted by 現実主義 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覆面調査

覆面調査をやったとき。
食事やエステやなんやら色々な調査があったけど、通常高いエステを無料で受けれると思ってやってみたら1000円の体験エステだった。
1000円だから中途半端なエステしかしてくれないし、終了後はもちろん監禁状態で営業がしつこい、、、
しかも前日と、入店直前と入店直後に会社に報告の電話をしないといけないから 電話代だけでも500円は行く。
これで報酬1500円って、、、二度とやりたくない。

詐欺の手口

posted by 現実主義 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高い服 安い服

■年相応のおしゃれをして、安物の服を買わないようにしてる。
スーパーとかで見かける、まさに『子育て忙しくて見た目なんて構ってられません』て人には絶対なりたくない。醜すぎ。

■今までずっと安い服を買っていて特に何も思わなかったけど、 最近高い服をたまに買うようになって気付いたことがあった。
高い服は特にセンス良く見せようとしなくても、ただフツーに着るだけでキマる。
ラクなことに気付いた。
安い服は結構タイヘンかも。

posted by 現実主義 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返品常習者

■百貨店には必ず返品常習者がいるね。
以前働いていた百貨店にもいた。
マネージャーが近所の競合店に視察に行った時、たまたまそいつが複数で買い物に来ていたらしく、
「百貨店はいくらでも返品受け付けるから、どんどんやっちゃっていいのよ!」
と自慢げに話していたとか。
そいつはすでに使用した商品でも平気で難癖つけて返品をせまる。

■知人宅のトイレマットが新しくなっていた。
変な柄だと内心思っていたが、一応褒めておいた。
次に行ったとき、また変な柄の新しいマットになっていたので聞いたら、前のを返品して交換したのよと答えた。
返品で悩む自分が可哀想になった。

posted by 現実主義 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の一つ

■もう数年前のことなんだけど、あるバッグを買った。

店員さんと相談して「最後の一つなんですよ!丈夫ですし!」と言われ、悩んだあげく買ったものだった。

家に帰って開けてみると、中の布の底が破けていたorz

最後の一つって言われたから、返品には応じてもらえそうにないし、返金かな…

破けていたのもあって、そのバッグに対する熱もとっくに冷めてしまったので、
返金のほうがいいなぁとも思ってた。

で、その日うちにもう一度お店に行ってみたら、店頭に同じ商品出てんのwwww

ちょwwww騙されたwwwwもちろん返品で済んだおwwwww



posted by 現実主義 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チマチョゴリ切り裂き事件

■今日、職場の仲間にチマチョゴリ切り裂き事件の話をしたんだ。
そしたら第一声は「あれはひどよな〜」「女学生に罪はないよ」「日本人は何て心が狭いんだろ」ていう反応が帰って来たんで

・怪我をした女学生が今まで1人も居ない

・カッターで切りつけてチマチョゴリだけ切るのは不可能に近い(演技付きで証明)

・警察に届けられた事が1度もない(捜査されたことがないとも加えた)

・犯人が捕まった事が1度もない

・怪我をしたら傷害罪で警察が捜査してしまう

って自作自演の状況証拠を挙げてやったら全員、目をパチクリさせなら「マジ!?」だってさ。
一変で朝鮮人を見る目が変わったよ。
少しでも朝鮮人の悪行を暴くため、みんなも職場や仲間内で真実を広めてくれ。
未だに朝鮮人の嘘を信じる奴が居る事が許せない。頼む。

posted by 現実主義 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。