2008年03月28日

富山の薬売り

■今日、「富山の薬売り」が来た。
すっごい丁寧な口調だし、見た目アヤシイ感じでは決してなかったけど、
子供の頃、地元商店街に出入りしてた富山の薬売りのおっさんが商店街長に取り入って、新参者だった両親と その子である私に酷い嫌がらせをしてくれたのをフラッシュバックの如く思い出して、
「結構です、いりません、紙風船はもっといらないです」と 思い切りドア閉めちゃった。
富山出身の旦那には内緒にしとこ。

>>富山の薬売りって昔はスパイだったらしいよ
全国の津々浦々,それこそド田舎にも年に一遍まわってきて 土地の情報や村人の状況を収拾しては上に報告したり
で胡散臭い香具師も多かったみたいだし。

忍者2

posted by 現実主義 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物・商品・住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父親の愛

■子供は子供なだけで超可愛い。

愛嬌がある子も可愛いし愛想のない子を笑わせるのも可愛い。

美醜の差はあれど可愛いもんだよ。

ただ親のほうを見てると、母親はともかく父親が、
不細工な娘を可愛がらないのをよく見る。

逆に可愛い娘ならべったりしてる。

姉妹で美醜が別れてるときは本当に悲しくなる。

>>よく見るってたとえばどんなシーンを見てそう思ったわけ?

>>デパートとかで、可愛い子供は結構大きくても抱っこされてたり、
手を繋いでたり、たまに顔見合わせて父親ニコニコ。

そうでもない子供はなんか放し飼いされてる。

きーきーと親を呼ぶが顔も向けずに「静かにしなさい」


posted by 現実主義 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 美人・ブス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカ語学留学生

■語学留学が無駄か無駄じゃないかは本人の価値観次第だけど、
語学の勉強するために留学しなきゃならないというのは、かなりレベルは低いと思う。
日本はその程度のバカも留学に来れる豊かな国なんだな〜って思うけど。
うちの近所にはスタンフォード大学がある。
スタンフォードの学部学生は、東大京大レベルの大学生が1年程度の交換留学、
院生は各国のエリート国家公務員の公費留学など、給料もらいながら学びに来る本物のエリート集団。
対して、近くにfootfillというコミュカレがあり、ここは日本と韓国の語学留学生だらけらしい。
この学生はマーチ同等〜それ以下レベルが語学の勉強をするために自費留学をしに来ている所。
コミュカレではまあまあいいところらしいけど、地元住民の目は全く違う。
地元じゃスタン学生は大切にされていて、アパートも安く借りられるし、スタンというと「立派な学生さんだ」というだけで信用がある。
フットフィル学生はアパートも正規料金らしいし、顔もバカっぽいし英語しか出来ない人ばかり。
差別しているのは2ちゃんだけじゃなくて、地元の住人もだよ。
語学留学は語学習得に役立つかには興味ないけど、この場を借りて言いたいことは「バカ語学留学生は日本の恥。日本から出てくるな!」といいたい。
兎に角、マナーもなく、英語しかできないアフォレベルが海外へいって日本の恥を広めるな!といいたい。

オーストラリア留学

posted by 現実主義 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

全盛期のイタリア軍伝説

・イタリアは本気を出した事がない
・槍と弓で武装した原住民に敗北できる近代国家はイタリアくらい
・昼飯の時間になったら戦闘中断
・イタリアが参戦すると同盟国が絶望する
・エチオピアに負けそうになって毒ガスを散布
・昔は都市国家が群雄割拠していた
・やめた理由はナポレオンに侵略されたから
・鋼鉄艦で木造艦に負けるのはイタリアくらい
・国への帰属意識が希薄すぎるせいか戦艦より少人数の駆逐艦や魚雷艇ばかり活躍する
・相手がイタリアというだけで敵の士気が上がる
・イタリアが担当している戦線は突破される
・イタリアが参戦していたことにまだ気づいていない連合軍も多い
・イタリアはパスタがなくなると落ち込んで戦線後方に篭ってしまう
・じつは弾薬よりもワインなどの嗜好品の備蓄が多い
・イタリアが枢軸国に入った時点で連合軍の勝ちでいいだろ
・イタリアを2回連続で打ち破った将軍はけなされる
・二会戦連続敗北は「もう戦争やめて女ナンパしようぜ」という暗号
・イタリアはドイツに敗北寸前のフランスに侵攻して苦戦したの有名
・一人乗りの潜水艇で爆弾を設置して停泊中の戦艦を撃沈したのはあまりにも有名
・イタリアは、殺されるんじゃないかとびくびくしている捕虜にフルコースの食事を出してあげたことがある

posted by 現実主義 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外・国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モッツァレラチーズからダイオキシン検出

□モッツァレラチーズからのダイオキシン検出、イタリアが緊急会議…日本などはすでに輸入を中止

ソース(AFP BB News) http://feeds.afpbb.com/~r/afpbbnews/~3/1698797/2776839

■で、今回は誰が死んだの?

■ダイオキシン程度で輸入禁止するのに
メタミドホスホスでは輸入禁止にならないのか

■本国でも風評被害もあって激減らしいな

■じゃあ毒ギョーザも犯人が捕まるまで、輸入禁止だろ。

■1000倍濃縮したものでも人間を殺せないあのダイオキシンか

■毒物て定説は覆ってるはずじゃ?
中国毒物はそのままでこれが輸入停止だと?
ふざけるなっての。

■ダイオキシンに毒性が無い訳ではないが、「最強の猛毒」ってのは嘘みたいだよね。

国とかは、ゴミ処理の有料化の口実や個人焼却炉などを禁止にした手前、あまり触れたくない話題なんだろうけど。

■中国がオリンピクックに反対するイタリアを懲らしめようと
毒を入れたんですよ

■イタリアントマトの缶詰もヤバイらしいね
本国で中国人が詰めてるヤツか
中国の工場で詰めてるヤツか
二者択一らしいぜ


■なんか記事に語弊があるんだけど
水牛の乳でつくるのはあくまでも「モッツアレラ・ブーファラ」、
イタリアでも普通の牛乳からつくるモッツアレラなんてどこにでもある一般的なものだよ。
すべてのモッツアレラが水牛の乳で作るわけじゃない。

■何で日本は相手が欧米豪だとこんなに強気なん?

■いったん中国に送り加工して日本に出せば問題無いんじゃねーかな

>>それなら日本政府は黙って通すなwwww

■30年ぐらい前に北イタリアの農薬工場が爆発して、人間を20億人殺せるだけのダイオキシンがバラ撒かれた事があったな。
死人や奇形児はおろかその後の発病率も通常と何も変わらなかったそうだが。

■ごみ処理場で働いてる人間のニュースを見る限り
やはりダイオキシンの毒性はあると言わざるをえない

■今時モッツァレラなんて国産もあるじゃん。
大変なのはイタリアの人たちだろ。

■世界で一番ダイオキシンの土壌汚染がひどい日本が長寿国なのはなぜ?
今から超短命世代になるの?

■これが大人の外交ってやつだろ。
イタリアなんかもうどうでもいい遠くの凋落国だが、中国は隣国にあって
飛ぶ鳥を落とす勢い。中国とうまくやっていく事が国益にかなう。
ネトウヨは頭の中で戦争ゲームを組み立てていればいいが、
現実の政治は福田見たいな奴が一級の政治家ってことだろ。
本当にネトウヨの現実離れっぷりには辟易させられる。
北朝鮮や韓国の事を笑えないぞ。

>>中国が飛ぶ鳥を落とす勢いってwww

■だからダイオキシンタンは緑豆のアイドルだから
いまさらたいした毒性が無いなんて言ったら
企業脅して金がむしれないから
ダイオキシン=猛毒ってことになってるだけ。

政府もダイオキシン対策にいままで突っ込んだ金があまり意味の
ないことでしたって言えないから
ダイオキシンは猛毒ってことにしといたほうがいいだけでしょ。

ダイオキシンが発がん性物質だっていうのもWHOにて投票
で決まっただけ。


posted by 現実主義 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品・健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。