2007年02月23日

会社が倒産する前兆2

■経営者に怪しい動き(こそこそとか電話とか、外出がやたら多いとか)がでてきた

■会社に、銀行の方の出入りが多くなりました。
総務、経理関係の方はうすうす知っていたみたいです。

■その年の社員旅行がやけに豪華だった。
その時は「奮発だね!」なんて喜んでましたが、その一ヵ月後に倒産でした。

■急に広告をバンバンうちだす会社。

■事情もハッキリせず経理担当者が辞めた会社。

■在庫がやけに多い会社。

■社長が女に(男に)だらしがない会社。

■社長印を代理で社員が押すことのある会社。

■役員報酬や役付の給与がカットされていく会社。

■何よりも決算書が一番目安になります。
社員旅行とか賞与、新人募集などは倒産の寸前まで行われるケースもあるので(社長の性格)、そんなには当てにならないと思います。

■一番確実なのは、赤字が何期連続して、それまでの内部留保を食いつぶしているか確認する事でしょうね。

■銀行から電話や出入り激しいとかは、もう倒産数ヶ月前で社長が動いている状態です。

■産の1年ぐらい前に大規模なリストラがあり、ボーナスもその頃から減っていきました。

■4月、会社設立(私も同時にバイト開始)。
6月、なんとなくお客が少ないなぁ…と思い始める。
7月、ますますお客が減る。借金取りのような人々が会社に出入りしはじめる。社長があきらかに無気力になる。
8月、社長がよく放心状態になっている。
月末に、倒産を告げられる。
8月分の給料は一括では払えないので、分割にしてほしい、と泣きつかれる。
9月と10月に、8月分の給料が半分ずつ支払われる。
12月、年末調整のため社長に連絡をとろうとしたが、既に夜逃げしていた。

■役員がコロコロ代わる会社。
他の会社と掛け持ちできる人まで 健康上の理由で辞めていくんですよ。
倒産する会社に名を連ねていてはご経歴にキズがつきますからね。
社員の人員は減らしてきてるのに役員の人数が増えてゆく会社も。
責任の分散・・・だったのでしょう。

■・朝礼の時、トップの人が、売り上げが悪いなどと、後ろ向きなことばかり言う。
・ケチになる。経費削減をうるさく言われる。
・ボーナス減給、しまいにはゼロになる。
・会社全体が無気力になる。(給料カットによるモチベーション低下?)

■アパレルでしたが…
●アルバイトの正社員登用がいきなり見送りになった。
●ボーナスが出ない。もしくは極端に額が下がる。
●在庫過多で追加生産が例になく少なくなる。
●社長が不在がちになる。社長直々の取引先への出張が増える。
●恒例の展示会(発注会)が突然延期になり、未定のまま時が過ぎる。
●備品(ショップバッグ・包装紙など)の追加生産が未定。在庫で賄えという指示が下る。

4ヶ月後に倒産しました。

■給与振込みの口座変更を上から指示された時、「おや?」と思いました。
その会社は、新年度を迎えられませんでした。
金に関わることで、いきなりの方針転換があれば、「ネズミの逃げ始める時期」と思うようになりました。

■・残業代なし(サービス残業強制)
・違法コピーソフトの使いまわし
・イジメ、各種ハラスメントが蔓延
・総務、経理などの事務方から短期離職者が出る
・管理職の不可解な配置転換(例:営業課長勤続20年→いきなり総務課長)
・若い人が定着しない
・若い人の大量離職
・ミニ社長気取りがあちこちに乱立(意思統一が全く取れない)

■資金繰りがうまくいかない企業は、こんなほころびが出始める。
1.残業代・賞与がカットされる。
2.社内設備・施設(工場やゴルフ場など)を売却し始める。
3.社員旅行や定例パーティーなどの恒例行事が取り止めになる。
4.経費精算が以前より遅くなる。(あらゆる面で支払サイトが延びる)

■経営陣のこんな様子を見逃すな!
1.(同族企業の場合)親子・兄弟げんかが目立つ。(経営がうまくいっていない証拠)
2.有能な役員が理由を言わずに退職する。
3.(中小企業の場合)社長と社員の距離が遠くなり、社長が現場に全く出向かなくなる。

■一緒に働く従業員は大丈夫?
1.配置転換(特にリーダークラス)が以前より頻繁に起こる。(経営者が立て直しに必死)
2.にわかには信じがたい大口案件の受注、大きな提携話の噂が飛び交うようになる。
3.とにかく売上をのばすのに必死で、上司から「売ってこい!」の命令ばかりが増え、「なぜそうするのか」の説明がなくなる。

■職場の雰囲気からも経営状態をチェック。
1.机の上に書類がちらばり乱雑な状態。(社内の緊張感が欠けている)
2.倉庫の在庫商品が増え、新しいものと古いものがごちゃごちゃになる。
3.あいさつの声が出なくなる。社内の雰囲気が暗い。

■倒産の前兆は簡単に見分けられる。
「有能だと思っている奴から辞める」

■・社内に見たことも無い香具師がウロウロするようになる
・入社の意思表示をして初めて条件を提示する(都合の悪いところは隠し、騙して入社させる)
 例:「サービス残業は禁止です。さて、コレは雑談ですが、皆遅くまで頑張ってるんだよなぁ・・」 というような 事実上のサービス残業の教唆・勝手な解釈=違法行為
・社内で違法コピーソフトを使いまわす
・虚偽求人を載せている(ex.残業なし等)
・派遣を無試験でコネ入社させる
・体力に不相応な社屋の建設
・サービス残業を(顕在的にせよ潜在的にせよ)強要する(残業代未払い)
・ズサンな文書管理
・経理の人間がやたら遅くまでサービス残業
・仕事を牛耳ることによって自分を保つ馬鹿が沢山
・外資系でも無いのに○○リーダーなどという呼び方に変わる(実態は何も変わっていない)
・机や椅子が昭和40〜50年代製(椅子はキイキイ・机はIT未対応・色は灰色)
・専門職(呼び方は色々)などという無責任高収入職位が出現する。高い収入を得るも責任は無いなどというフザけた制度
・給料手渡し

会社が倒産する前兆

posted by 現実主義 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

これが現実2

■よく言われる話だが コンビに弁当には狂ったように消毒をスプレーする
保存料、着色料ゼロのあの店でもだ
理由(消毒液は、体に悪いが保存料でも着色料でもない)

■テレホンショッキングの出演者、「友達の紹介」じゃないよ。
ゲストは、1ヵ月先まで決まっている。

■ファミレスなどのドリンクバーの1杯の値段は1円〜5円。
元を取りたければ、少なくとも30杯は飲まないといけない。

■医療機関は病院だろうが調剤薬局だろうがGの巣です。
薬が入ってる段ボールからワモンが飛び出すなんて夏の日常。

■建設会社って、材料費を浮かすために、結構ごまかしてるよ。
例えば、10cm間隔で釘を打たなきゃならないのを、20cm間隔で打つのは日常茶飯事。
そうすれば“釘代”が半分で済むわけです。
僕が以前勤務した会社では、珍しくも何とも無い事でした。
ていうか、上の方からの指示なんですよね。
建設会社の宣伝文句である「きめ細かく」っていつ聞いても胡散臭い言葉だ。

■昭和の美しい一コマとして語られる駄菓子屋。
昔のまともな家なら大抵駄菓子屋通いは禁止していた。
今は禁止になったチクロ等の甘味料や防腐剤がどっさりだから。
店自体不潔な所が多かった。
ハエなんかブンブンしている事も。

■****○マトの集配センターでは、各地域に荷物を仕分けするとき 繁忙期はほとんどの荷物をブン投げてます。
日本酒やワインの類が割れて、センター中がすごい臭いになることしょっちゅうです。

■空港の搭載もそうです
ぶん投げるぶん投げる
そりゃー凄い音が響いてくる
だから必ず「貴重品 壊れ物 カメラ類」はかばんから出してもらうようにお願いする。
が、たまーに焼酎の臭いが漂うことも。
事情を分かってる人や大事なかばんに傷を付けたくない人は「コンテナ扱い」にする。

■かなり大きいセンターで小物の仕分けやってたけど、繁忙期じゃなくても毎日投げてました。
「精密機械」も「割れ物」も「重要」も。
だって丁寧にやったら間に合わないから。
預かった荷物をまとめて、まずは大まかな地方別に分けるんだけど、その時に投げてた。
フリスビーみたいに仕分けテーブルの上にポンポンと。
当然、狙い間違えて床に落としたり、
他の荷物がどんどん積み重なってなだれ起こしたり。
・・・よくあれで苦情来なかった・・・。
そういう訳で、通販とかで宅配便にするメリットは配達証明の部分だけだと思います。

■結婚披露宴などの宴会場は クソ忙しい時の宴会チェンジに絨毯掃除した掃除機でテーブルの上をガーガーすることもある。
更にクロス類は汚れたのだけ交換なんてしょっちゅう。

■綺麗な水で育った牡蠣は、美味しくない。
牡蠣は、富栄養海域で育つ貝。
だから、瀬戸内海産が人気になる。
牡蠣筏の下は、排泄物が沈殿して、穴子がよく育つ。
綺麗な海=うまい魚介類というのは幻想

■海難死亡事故が起きた年は、よく肥えた蟹が沢山とれる、と祖父が嬉しそうに語ってたのを思い出した。

■広島県民は牡蠣を食べない。

■パンダが、絶滅しそうなのは、乱獲や自然環境破壊ではなく 偏食で、雑食性にもかかわらず、笹しか食べたがらないのが原因。
しかも、凶暴で人も襲うし、育児も嫌い。

■パンダは元々肉食で、偏食から笹ばかり食べるようになった。
昔は、動物園でも、肉を上げてたらしい。
ちなみに、かなりの飼育員が襲われてる事からもわかるようにけっこう凶暴。
毛皮は、堅くて脂ぎってるぞ。

■パンダは
 * 発情期間が一年のうち2日しかない
 * 単独行動をしているからめったに交尾相手に出会わない
 * 妊娠期間も2年と長い
 * 子供が生まれても子育てを放棄することがある
など、種を繁栄させようという意志が全く感じられない。
見た目のかわいさがなければ速攻絶滅していると思うよ。
この話を聞いてから、パンダを見ると いい年して親に食わしてもらっているひきこもり、をなぜか連想してしまう。

■大規模な結婚式場の神殿の巫女さんは大概バイト。
予め開式前に供えてある結婚指輪(しかも新婦用)を試しにはめて「指太ぇwwサイズでか杉w」「指細ぇー!」とか言って遊んでる。
でも、式が終わった後は「幸せそうだね」とひとしきり感動する。
あと、知人の外人英会話講師が結婚式場の神父のバイトやってた。

■うちの妹の結婚式のときの神主さんなんか、披露宴終わって会場を出たらロビー受付にいたよ。
掛け持ちでも偽者でも良いけど、一日のうちで掛け持ちして出席者にバレるようなシフト組むのは止めて欲しいとオモタ。

■G.W.にショッピングモールで惨利尾のイベントバイトをした時 自分はくじ引きの担当だったんだけど1等2等は最終2日間のみしか入ってなかったYO。
それもお昼過ぎてから店の人が「いまから入れるよ」と入れてた。

■コンビニバイトだった彼氏に聞いたけど、レジで違算がでたときは募金箱から失敬するっていってた

■ホテルのルームメイキングは時間との勝負なので とりあえず床に目に付くごみや髪の毛が落ちてなければおk
部屋に置いてある消毒済みのラベルの貼られたコップは メイドがバスルームで洗って使用済みのバスタオルで拭いたもの。
 
■店名は出さないが デパートの1階の一角にあるコーヒーショップ いかにもコーヒーらしいいい香りが最高
それにつられてオバンがつめかけて大繁盛(らしい)
が、実は店のコーヒー全てインスタント。
豆ダルはインテリア。
透明なケージにはいったコーヒー豆は飾り。
いかにも挽いてます、みたいなw
そして、店のはじっこで、ちっちゃいホットプレートの上でコーヒー炊いてる 香りのために・・・・。

■炭焼きコーヒーから墨の匂いがしたら、それは香料。 
炭で焙煎しても炭の匂いは付かない。
 
■無着色 って表示のある食品には、確かに着色料は使われていない
だが、発色剤はかなりの確立で入っている。(表示義務が無い)
結局、ちゃんと表示を見ようということだ

■無香料も、原材料の臭いを消す為にいろいろやってます。
いくら天然とか言ってたって、原料の臭いまでしないのはおかしいでしょ? 
騙されちゃダメです。

■紙のリサイクルとか叫ばれているけど、世の中で一番紙を無駄に使っているのは新聞屋。
発行部数何百万部突破とか言ってるけど、その部数の半分以上は嘘。
販売店には配っている部数の倍以上の新聞が届き、それは全て捨てられる。
本社から今年は何千部分購読者増やせと指示が来るけど、
今の時代新しく新聞取る人なんてほとんどいないから、減る一方なのに 従わないとペナルティーがあるから架空の読者を増やして報告する。
するとその分だけ販売所に届く部数が増える→捨てる量が増える。
折り込み広告も販売店の購読部数によって値段が決まるけど
余って捨てられる分も購読部数に含まれているので凄いぼったくり。
一般の人がいくら頑張ってリサイクルティッシュとか買っても その何百倍もの量が新聞販売店一軒が一日に捨てる量になる。

■犬は平気で自分の糞を食べる。 
よその犬に「かわいいでちゅね〜」と口づけするおばちゃんとか きっとそのこと知らないんだろうな…と可哀想になる。

■食糞てやつですね。
子犬の頃の糞はカラダに必要な酵素とか含んでて子犬にとってはおやつみたいなものらしい。
癖つける前にやめさせないとずっと食べ続けるらしいよ。

■ただのマグロの赤味にサラダオイル入れてこねると 発色も良くなってネギトロ状態になるよ! 
売ってるネギトロは大抵そうだよ!

■知り合いのオジサンが、神前式で奏でる雅楽のバイトをしているらしい。
奏者は皆バイトの寄せ集めらしく、たまに演奏を間違えてしまうけど、出席者は誰も気がつかないので問題ナシだそうだ。

■ペットショップの子犬、子猫たちは、大きくなると当然、売れなくなり値段も下がる。
だから、小さい頃の期間を少しでも延ばすため、必要最低限のエサしか与えていない。
現実的に考えれば尤もなんだけど憂鬱になった。

■京都 醍醐寺の坊主はケンタッキー食ってる。 
買ってるの見たときにショックだった ・゚・(ノД`)・゚・
てっきり精進料理しか食べないものかと思ってた ('A`)

■まあ花街とかで羽振りのいい上客・旦那衆は、実は京都の有名寺院の人らだっていうのはデフォらしいよ。 
本山クラスの幹部は超お金持ちだからね。 
高級車に乗って祇園で豪遊だってさ。
東寺のなんとかいう大祈祷会なんか、舞妓芸妓が陣中見舞いにくるらしい。 
なんだかね。

■坊さんの現実を知らない人って多いね。
袈裟でバイクにも乗れば焼き肉も食うしAVも見るよ。 
大きな寺だと会社組織となにも変わらないし。
まさか坊主全員が信仰心のためだけで坊主になったと思ってるんだろうか…

■遠山の金さんこと、遠山金四郎といえば見事な乱れ桜の刺青を思いつくと思いますが、 実際は腕に女性の顔の刺青をしていただけでした

■水戸黄門は、辻斬り経験者。 
あんないい人じゃない。

■ダイヤモンドは地上最高に硬い鉱物だが、こする力に強いんであって、ハンマーで思いっきりぶっ叩くと、簡単に割れる。
衝撃には非常に弱い。
さらに簡単に燃える。
燃えればただの消し炭と化す。
あと放射線で焼き入れしてブルーやピンクの色をつけたり 逆に茶色い色を消したりもよく行われている。

■宝石のキャッツアイは偽物が多い。
偽物は放射能で加工されているものがあり、身につけているだけで被曝するものもある

■そういえば、外国産の夜光塗料がぬってある時計は日本に持ち込み禁止のものがあるね。
ミリタリー系のデザインの時計を買うときは注意。 
薬剤に放射性物質が混ざってるので被爆する。

■1万円ぐらいする化粧品の原価は3円ぐらい

■化粧品は威圧価格と言って、あえて価格を高くしないと逆に売れなくなるらしいな

■新鮮そうに見える魚、ウロコがつやつやして新鮮に見えるようなスプレーをかけられているものがある。

■食肉のブローカーには「病死肉専門」というのがある。 
国産安売り肉は大抵そこから仕入れられたもの。
ニュースソースは父親の釣友の、市場の肉屋のおじさんなのでかなり信憑性が高いと。
ただしかなり昔に聞いた話だから、今ではペット用にされているのかもしれない。
でも新聞でタイとかでペットの缶詰工場で働く人の話を見たら「日本のペットたちは私たちよりいい物を食べていますね」って書いてあった。

■池沼が働く作業所で作られたパンには鼻糞や唾が入ってる

>>小学生のとき学校の料理クラブでダウン症の子と同じグループになってソレやられた

>>もう6−7年位前かな。
そういう施設で働いている人が
「その日の売り上げがない場合は、自分で一袋買ったりする。
でも食べたくない(その理由)ので、持ち帰って捨てることになる」
と生活全般のとあるスレに書き込んで、叩かれたことがある。

これが現実

posted by 現実主義 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美人の憂鬱

・新しい職場に行くと最初は女性陣から年齢等色々チェックされ敵視される

・おっそろしい女上司に鬱(診断書が出てしまった)になるまでいびられる


・独身時代は50代以上のおばちゃんによく敵視されたな。
こちらとほとんど面識のないおばちゃんからも敵意むき出しにされてすごく驚いたことがある。
そういうおばちゃんってそれなりの容姿の女性=女として役に立たない奴、 家事もロクにできない奴って思っているフシがあった。

>>私も50代オバチャンに激しく敵視されました。
それもオバチャンお気に入りの男性社員を取ったみたいに遠まわしに言われました。
取ってなんかないのに。

最後の2行も同意。
そのオバチャンもそう思っていたらしい。
目立つのは悪、男性社員と話するのも悪!・・みたいな。
掃除の仕方も下手だと言われ、全部オバチャンの手によってやり直された。
「ったく、駄目ね!器量よしで怠けてばかりいたんでしょ!男に・・ふじこふじこ・・」
とブツクサ文句言われた。
掃除は得意なので、キッチリやったのに。


・一生懸命やればやるほど、結果を周囲の女に妬まれる。
適当にこなしても、男性のフォローが入り、更に妬まれる。
一生続いたら嫌だけど、年取ればなんとかなるかと思ってあきらめた。
だけど、同じ顔の母親55歳が、スポーツクラブでいじめられてるらしい。
あと数十年続くのかなぁ…ちょっと疲れる時がある。
正直、ブスよか美人の方が性格がイイと思う今日この頃。

・私は就職難の中、なんとか内定とって就職した先で
社長や役員が「今年の新人ですごい色っぽい子がいる」と噂になり、
接待ゴルフに借り出されたりした。ヒラの男性社員はやさしかったけど、
課長や部長の敵意を買って「あの女は玉の輿を狙ってる」とか
「○○の愛人だ」とか陰口をたたかれて、女子社員にも、総スカンを食って
せっかく就職した会社を辞めざるをえなかった。

で、取引先の役員に頼んで、他の会社を紹介してもらったけど、
そこは女子社員は容姿で選んでいるような会社だったので、
みんなキレイは女の子たちだったので、イジメられなかったな。

得したな、と思うのは男の人がハナから
「金がかかる女」「家事なんかしない女」と決め付けてるから、
貧乏人は寄ってこなかったし、
目玉焼きを作っただけでも「すごい!」とホメられたくらいか。
普通にできて当たり前のことでも、感動してもらえるw
お手伝いさん雇ってもらってるしw。

・変な男に好かれて後つけられたり、既婚の上司にしつこくされたりが嫌だった
あと友達の彼氏や、友達が好意寄せてる男友達からアプローチされたり…
そういうの誰かに相談しても自慢と勘違いされたりするから言えないし
良い事はお店でサービスしてもらったり得する事かね

・ストーカーやセクハラは困るよね、へたすると男性恐怖症になる。
後をつけるのは中坊から大人までいるから
不特定多数に会う仕事の女性は特に注意したほうがいいよ。
客として通う店のサービスもたまたまなら良いとしても
毎回の過剰なサービスや愛想の良い接客には注意
注文などで住所や電話番号が知られている場合は特に。
気になる事があるなら旦那には話しておいたほうがいい
自意識過剰と笑い飛ばされても実際に変な行為を目の当たりにすると納得してくれる。

・なにかにつけすぐに顔覚えられるのは嫌だった。
こっちは知らなくても向こうは知ってるパターン。
大勢いるジムとかいってもいつのまにか会員さんなんかに
「君いっつも頑張ってるよね」とか話しかけられるのが嫌だ。

・独身の時は「顔が良いって得だな〜」と思って生きてきたけど、
旦那と結婚して、旦那が友達に「奥さんめっちゃ綺麗で幸せものだね」とか
言われてたのを聞くと、旦那もうれしそうで自己満足の世界から
少しはみでた気がする。
憂鬱はであんまり無いけど、迷惑だったのは就職活動の時履歴書に貼った写真を見た
人事の人から個人的なお誘いの電話を2度貰った事。うちひとつは大手企業
だったので結構びっくりしたし、内定貰っても何かな〜…としばらく
ブルーになった。

・容姿がブスでもなく、絶世の美女でも無い一番の憂鬱は
「完璧な美人」を目の当たりにし自分の中途半端加減を
思い知る時、かも知れない。

・たまに同性に、第一印象で猛烈に嫌われる
(ブサイクなオバサンに嫌われる率高し
一目見て、「あーなんかこの人キライ!」みたいに思われることが多い
性格は大人しくて、決して挑戦的な方じゃないのに…
でも、同じ十人並み以上の同性には
「○○チャンって可愛いから好きよ」とかって言われる事も結構あるから
ブスの妬みの被害にあいやすいのが憂鬱。

・趣味の集まりの場で、その主催のおばさんに凄い悪意めいた言葉を
皆がシーン……とする位に言われた。
そのおばさんのホムペ見た時白人を振ってやったみたいに書いてあったからどんな美人かと思ったら、引越し美代子より鼻でかくして 更にちんちくりんにした感じだった。
最近2ちゃんねるでブス叩きあるけど、いい傾向だと思う。
ちょっとは自分の態度改めて努力しなよ!
上を見ればキリがないが、無意味に悪意持たれる意味がわからん!

・知らない人から電話、私もあったな。
「中学の卒業アルバムを見て電話しました!」
どうやら元クラスメイトの男子が進学した高校に卒アルを持って行って
それを見た男がかけてたらしい。
あと、いきなり「付き合ってください!」という電話もかかってきた事ある。
バイト先の男からだったがその男はバイトにほとんど来てなかったので、
私は顔くらいしか知らなかったんだけど、
どうやら私が面接に来た時に一目惚れしたらしい。
あと、面接してくれた店長も私に一目惚れをし、即採用になった(らしい)。
後に他のバイトの人達から聞いた。

でも、同性からは目をつけられやすかった。
「アンタ、少し可愛いからっていい気になるな!」(別になってない)とか、
「光GENJIのヒロくんの悪口言うな!」とか、ワケワカラン言いがかりつけられたw


・美人で人目を引くのがウツな人って
もしブスだったら
きっと自殺ものなんだろうね。
どっちにしろ精神弱いよね。

・ハタチの頃、とある文士バー(?)にいた、自称彫刻家に
「君はきっと脱ぐとすてきだ。理想的な体型だ。
だからモデルになってくれ」
としつこく言われた。個展やってるからといってチケットくれたが
よく見なかった。
うさんくさいおっさんだったのでもちろんお断りした。
翌日、チケットを見てみたら、国立美術館での個展で、その人は
本当にかなり有名な現在彫刻家だった。

・美人ゆえに小さいときからいじめらて、ちょっとおどおどした性格になっちゃうと
余計に美人ってことでいじめられるんだよね。

>>たしかに、10代後半から20代の私がそうでした。
イジメというか同性の「いいよねーっ!モテル人はっ!毎日ファッションショー?
嫌味ー。」この手の台詞はよく言われたよ。
偏差値高めの有名大学出てても、出身校が周囲に対して嫌味だとか言われ、
美人は馬鹿と言う通説があるせいか、勉強してても、色んなジャンルの
本を本でいても、頭が空っぽ呼ばわりされる。

好きな人が出来ても、告白できない。
遊んでる女と常に思われる。

お見合いで結婚したよ。

男の嫌な部分も女の嫌な部分もどちらも見てしまう人生だったよ。

・ほんとブスの僻みってすごい
小さい頃から周りはブスばかりだったから、足ひっぱられてばかり
容姿も目立って勉強も少しできたから妬み悪口すごかった
大人になってもブスで頭悪そうな主婦に悪口いわれたり
お医者と結婚した人も同じマンションに住んでる馬鹿主婦から意地悪されて
一戸建てに引っ越したし
でも、人より美人なおかげで年が往っても若い男性からは親切にされる
結論として美人は美人の友人を持つというのが結論

・20代までは電話恐怖症(男性からの電話が苦痛)とナンパ恐怖によるプチ引きこもりで、
仕事や用事以外、ほとんど外出しないで過ごしてしまった。
街を歩いていて声をかけられるの、どんなにかわしても無茶してくる人がいるから怖かった。
もっと自分を売りたそうにしている子たちがいるじゃん!!なんで私なんだよっっっ!!
っていっつも泣いて怒ってた。
逆恨みだとわかってるけど、「モテ系」って言葉がだいっきらい。
誰もかれもがモテたい・チヤホヤされたいと思ってると思ったら大間違いだからな、とか
「モテ系」じゃないのになんでこっちに男寄って来るんだよー
こういうのは「モテ系」の役目でしょーーーとか、
誰に向かってなのかわからない不愉快感。

でもこんなこと言うと、髪もボサボサにして、だっさい服着て、
スキンケアもしないでいればいいじゃんとか言われそうで悲しい。
人並みにきれいにはしてたいよ(メイクは、眉整えてファンデーションと口紅くらいだけど)
最近はあんまり真剣に悩まなくてもよくなったけど、
同窓会で男の元同級生に口説かれた時にはわが身が情けなくなってぶち切れてしまった。
そんなやる気マンマンで来ているように思われたのかと。
醜くなるのは嫌だけど上手に枯れていきたいなー…旦那にだけ女と思われる中性になりたい。

・外見に自信がない子から
いいなー美人で、って言われると、昔なら外見なんて関係ないよって
言えたのに、美人は得だっていうのがわかってから本心からは言えなくなった。
自分の磨き方を知らないっていうレベルではなくて
骨格から、これ以上は難しい、という子の場合は・・・
自分は整形肯定派ですよ。ホント。それで人生変わるならしたほうがいい。

・親しい友人には美人しかいません。
「私たちって見た目いいじゃない?だから得してる部分大きいと思うのよ。」
など他から見たら叩かれそうな会話がお互いできる友人のみ。
お互い嫉妬0なのでストレス知らず。

・性格のおとなしい美人をいじめるのはブスなんだよね。
心の中では
>自分の美を素直にうけいれて「私ってお得」
という美人を憎んでるけど、気が強い相手には何も言えず、美人の自覚がないけd
得してそうな美人やおとなしい美人に嫌味を言って憂さ晴らし。

私の経験からも、人に嫌味をいったり、いじめたりしないおばさんは、若い頃の写真をみせてもらうと美人だし、娘さんも美人なことが多い。
底意地が悪いのは昔からブスな人。

・小さい時から変な男に付きまとわれ、ロリコンの男が憎しみの対象になる。
しかし、子供の間ではブス呼ばわりなので、未だに私はブスなんだ。と言う
考えから抜けられない。
なぜか、女の子に対抗心むき出しにされるので、それが嫌で自分を落として
人を持ち上げる久本キャラにして、ブスキャラを演じて女子生徒の中を
切り抜けた小・中・高学生時代。

大学に入学してから、ブスキャラを演じるのが通じなくなる。
女性の友達が出来にくくなる。
外を歩けばナンパに会うが、子供の頃、男の子にブス呼ばわりされた経験で、男が異様に嫌いになってたお陰で、男を避ける日々。
しかし、周囲からは「遊びまくってる。」と噂される。
自分の関心の無い男にばかり言い寄られる。
ストーカーに会う事多数。
自意識過剰男からは「俺に言い寄ってくるなよーこの遊び人女!」みたいな 態度を取られる。
「あの〜私貴方の事嫌いなんですけど。」って態度を取ると
逆切れする自意識過剰男が嫌いだった。自意識過剰男の大半はブサヨだった。

そして、息子を持つ母親からは妙に攻撃を受けるんだよね。
ウチの息子にちょっかい掛けないで見たいな言い方される。オイオイ(汗
(でも私男は嫌いなんです、あんたの息子なんて死んでも嫌ですってば〜。)
それと、娘を持つ母親は、
「あんたなんかよりもウチの娘の方が真面目で、人に好かれて、何でも出来て!
あんたみたいに馬鹿じゃないから!」そういわれるが、
別にお宅の娘さんと競争する気は無いです。
私は有名大学、お宅のお嬢さんはDQN大学でしょってば。


・美人だって言われるようになったのは、旦那と結婚してからだから・・・
若い頃に自分を卑下してた元凶は、うちの母だなあ・・・orz
小さい頃から、容姿が大事だっていうことをちゃんと教えてくれりゃいいのに
フェミかぶれの僻みがひどい人だったから
ちょっと外見に気を使おうとすると、「色気づいて!」とか言われたものだ。
あの人が母でなければ、おそらくもう少し普通の結婚をしていたであろう。

・小さいときから自分が美人だと思ったことありませんでした。
外で「大きくなったら美人になるね」「女優さんに似てるね」と言われても
いつも母に「お世辞だから本気にしちゃだめ」と言われてたし、母から顔が
良いと言われたこともなかったので。
同性からいじめをうけたことは社会人になるまでなかったけど、大学時代に
学部内1、2の美人の子が私にだけきつく当たるというのに気づいたのが
きっかけで、それは学部で奇麗な子ランキングを女子だけでしたら、私が2位だった
からみたいでした。
小中高と同級生から奇麗だと言われたこともなかったし、混乱しました。

社会人になってから後輩の子や上司から褒められて余計混乱してたんですが、
何人かに言われたのが「○○さんは、わざわざ美人といわなくてもいいくらいの
美人なんです」です。
でも、そんなにちやほやされないというか、女性でも男性でもたまに嫌なものを見る
ような目で私を見る人がいるんです。

・社会人になった頃、後輩の子と仲良くなってから「最初はいじめられそうと
思って怖かったです」と打ち明けられました。それからは、初対面の人には
ニコニコを心がけていたのですが、そうすると、こんどは転職した先で
お局様と先輩にいびられました。
学生時代一度もいじめられなかったのって、友達以外にニコニコしてなかったから
かもしれません。(友達には天然とかボケキャラといわれていましたが)
そういえば体育教師に態度が悪いと殴られたこともあります。

黙ってたら怖いけど、でもニコニコしてたらつけ込み易いってことですね。

・この間電車に乗っていたときに
知らないおばあさんから
『私、あなたの顔好きだわ!とてもきれい!』と、言われた。
ついつい
『あ、ありがとうございます。』で、すませてしまったが
『いえいえ、そんな、滅相もない!』と、答えるべきだったような気がする…。
面倒くさくてサラッと流す癖がついていたけれど
もうきれいって言われる年じゃないし。ああ、はずかしい。

・「容姿だけでは嫌われたりしないわよ〜」っていうのは絶対に間違いだと思う。
容姿が気に入らないから入って、性格にもイチャモンつけ、「嫌われても仕方がない人」に仕立て上げるのが
コンプさん達のやり方。
性格が大して悪くなくても、自分たちで脳内変換しちゃうからね。

>>うちの母は、50過ぎてからでもそれをやられたらしい。
習い事先で、同じ年の人からひどいハメられかたをしたらしいんだけど、
(みんなで先生のやり方に物申すことにしてみんなを盛り上げ、母に代表をやらせ、
その実すべて先生に筒抜けで、母を悪者に仕立てた)
そのことを知った母がその人に正面きってケンカ売ったら、泣きながら
「あなたが色白で若く見えるのが羨ましかった・・
お金に困ってなさそうなところも羨ましかった」と白状したんだって。
うちの父は普通のリーマンで金持ちでもないし、母だって十人並より少し上程度。
その人だって、色白でけっこう美人でダンナさんが京大卒ということが
自慢だったらしい・・・ただ、差があるとすればうちの母は身長が160で
その人は145ぐらいしかなかったことかもしれない。
複雑だよね、コンプレックスって。

・黒木瞳さんは、実際ヅカ研究時代にけっこういじめられていたと聞いたことがあります。
なまってるのが恥ずかしくて無口で声が小さくて、控えめな人だけど、先生方から
可愛がられて嫉妬されてたのだとか。前に真矢さんがテレビで言っていました。

・うちの仲人の奥さんが超美人!
やはり習い事でことごとく、周りの人から目の敵にされるそうだ。
『どこに行ってもなんでそうなるのかわからない。』と
真剣に相談されたので
『そりゃ、きれいだから嫉妬されているんですよ。
嫉妬です!』と、太鼓判押しておいた。(笑)

・一番脱力したのはアレだな。
大阪から来たトメが夜、スッピンの私をみてため息混じりに言った一言。
「やっぱり○○さんはきれいだわ」
その言い方があきらめに近いというか降参みたいな弱々しい物言いだった。
うちのトメ70代なんだけど・・・何故そこまで美醜にこだわる!?

・そこそこ美人ゆえの憂鬱って、ブスから見ると自慢に思えるんですか?
よくいるじゃない、「最近ふとっちゃった」ってちょっと洩らしたら、
「太ってないわよ」
「(自分の理想からしたら太ってるのであってあなたと比べていってない)」
「それって自分がスリムだって誇示してない?嫌みー!」
ってなっちゃう人。美人でスリムだったら自分の美容の悩みをいっちゃいけない
んだろうか。自分では改善するところ一杯あると悩んでるのに、何も言えないよ。

>>ブスに対して不用意な言葉を発するのは駄目だろ。
足の不自由な身体障害者に「足が太くて嫌になる」というのと同じだ。
美人でスリムならば、同じような友に相談するがいい。

・私の友達は真面目で綺麗な子で、後に看護師になりましたが、
同僚の看護師に虐められて酷いノイローゼになって
自殺未遂まで起こして仕事を辞めました。
その時は可哀想だなと思い、同情しました。
正直、女性の綺麗な同性への嫉妬の怖さを感じました。
看護師間では、物凄い女同士のイジメがあるそうです。

そして、私自身今現在、持病で体が弱いので、病院を結構利用する方です。
なるべく病院に行かないようにしています。
小出しな嫌味や嫌がらせをする看護師さんとか、
「あの患者は性格が悪い。」と
周囲に嘘情報を言いふらす看護師さんは結構居ますよ。

・女性同士の職場は色々ありそうですね。
前に行ってたエステでもものすごい美人のエステティシャンが
お客の前でも他のスタッフから露骨ないじめされてて、
嫌になって通うのやめました。


>>私も同じ経験があります。
私の場合は美容院でしたが、物凄く美人な新入り美容師さんが
物凄く虐められてるのがスタッフルームからみえました。
以来、その美容院が苦手になり、ほかに行きました。
このスレでは物凄い美人(本物美人)は虐められずに、逆に同性にすかれるって
流れですが、ちと違うと思う今日この頃。
女の社会は本当に怖いですよね。


・気の強い・・っていうかズケズケモノを言うタイプの人や育ちの悪そうな人に嫌われます。
人見知りで過去のトラウマのために人間不信なのでキョドってしまうんですが、そこが気に入らないみたいで。
コンサバ系の格好やきれいめカジュアルが好きなんですが、何を着ていても「きどってる」とか「気合入りすぎじゃね?(ゲラ 」
と言われます。メイクも薄めなんですが。
あと、自称小悪魔タイプにも思い切り張り合われます。もう疲れた。
こっちは既婚で現役引退してるのに。

・どうしてだろうね?なんであんなに攻撃的なのか。
そういう人って無意識に「可哀相な自分」を押し付けてきてイヤダ。
「あんたなんて私と違ってのうのうと生きてきたんでしょ!フン!」みたいなw
中高生時代のヤンキーみたい。
表面上、ぽやーっとしていても、心の中を覗いて見なきゃ何も分からんのに。
実際、不幸な境遇に育っても品がある人だっているんだけどね。心の育ちが悪い人は本当にイヤダ。

・「男ってすぐ他の女見るよね!ムカツク!!」
の気持ちが分からない。
「また君のことみてるよ、ほらまた!!」
の立場で生きてきたからなぁ・・・。

・親類の集まりで夫の伯父から、
「あぁーなんだっけ、ほらキンカシコヒメそっくりだ」って言われました。
キンカシコヒメ....キンカシコヒメ...キンカシコヒメ...ってどなた?
ひょっとして金賢姫のことですか?
何で何十年も前のスパイの顔に似ているって思うのですか?

叩きたい、力いっぱい、叩きたい!

・ウェディング関係の仕事をしていたのですが・・・。
いつもお嫁さんに嫉妬されていました。
ある時はお嫁さんのお母様から会社のマネージャーに
「娘よりもっと器量がよくない人を担当にしてちょうだい!」とクレーム
された事もあります・・・。
辛い・・。


>>あーわかる。私も学生の時、披露宴のコンパニオンしてたけど、
客の男性はオヤジも含め皆、超美人のお世話係ばかり見て話しかけたり
してたよ。酔っ払ってるからまたタチが悪い。新婦と並んだ時なんて、
目も当てられなかった。披露宴にコンパニオンなんて使っちゃだめ。


>>適材適所って言葉があるように、あなたには裏方仕事が合わないのだと思う。

友人の結婚式で、司会進行の女性がすごく綺麗な人で、花嫁である友人の顔の欠点ばかりが目立ち、
気の毒だったことがある。
人目を奪うくらいの美人は携わってはいけない職業だと思う、ブライダル関係は。
花嫁を引き立たせることができる人が、適任。

・つい最近、歩いてたら向こうから来たカポーの男が「あの子かわいい」と彼女に言ったので
彼女がキレて「なによったいしたことないじゃん!」と怒鳴ってきた。
私、ただ普通に歩いてただけなのにどうしてこんな思いしなきゃなんないのーと思った。
しかも「あの子」って・・・童顔なので若く見られるけどとっくに30代じゃバカヤロー!!
どう見てもお前のほうが年下じゃ、このガキ!!と内心猛烈にむかついた。
若く見られるのは顔立ちとファッションのせいだと思うけど、職業柄合った服着てるだけなのに
年相当に見られる人からは「若作りしちゃって」って言われる。
妬んでる暇あるならお肌の手入れすりゃいいのにって思う。


posted by 現実主義 at 11:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 悲しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

デリヘルの面接

それは朝から晴天だったある暑い日の事でした。
午後になり急に天気が崩れ 土砂降りの雨が降り出した時に 私の携帯電話に公衆電話からの着信が有りました。
昼間だったので 募集広告等を見た女の子か暇でスケベな客か?と思いながら電話を受けました。
「もしもし〜ぃ」ちょっと高めの甘ったれた声が電話から聞こえて来ました。
それは、募集を見て掛けてきた女の子だととっさに思いました。
女 「あの〜私、そちらのお店で働きたいんですが〜」
私 「お電話有り難うございます。年齢はお幾つですか?」
女 「21です〜」
私 「失礼ですが身長と体型を教えて頂けますか?」
ここで体重はあえて聞きません。
体重って女の子ならあまり言いたくないかな?って思ってです。
女 「身長は〜168cm位で〜体型は普通かな?」
声も可愛いし背も高めで私好み!一度見て見たくなりましたので
私 「それでは、一度面接しますので都合の良い日と場所を指定してください。その時に年齢とかが解る身分証明書か免許証を持って来てください。」
女 「あの〜それじゃ〜○○駅前の○○ってお店でどうですか〜」
私 「そこで結構です。お時間は何時頃が良いですか?」
女 「できれば今日からでも働きたいので3時でどうですか〜?」
私 「わかりました。3時に○○駅前の○○で。お名前を教えて頂けますか?」
女 「なつみですぅ」
私 「なつみさんですね、解りました。私は△▽と申します。待ち合わせ場所には薄いピンクのYシャツにグレーのネクタイをしていきます。解らないときは、携帯に電話してください。」

そして、電話を切り可愛い子だったらいいな〜と考えながら待ち合わせ場所まで急ぎました。
さっきまで降っていた雨も上がり日の光が雲の切れ目から出ていました。
何かさい先がいいな〜とか思いながら 時間よりちょっと早く着きました。
先に店に入りました。
注文したエスプレッソ・コーヒーを飲もうとしたときでした。
入り口から離れた奥の方に座って入り口を見ていた時にそれは姿を見せました。
体長(身長じゃない)160cm位横を向いているのか前を向いているのかが解らない体型
頭が異様にでかく 肩の上に直接頭が載っている
遠目でも十分解る厚化粧、今時そんな服売ってるの?ってな具合のちょっと前に流行ったコギャル系の服、ガン黒なのか垢まみれだか解らない面に化粧
島崎のアダモステが可愛らしく見える程の酷い生き物でした。
あんな生き物が地球に居るなんて思いもしませんでした。
コーヒーをこぼしそうになりながら視線を外し「なつみちゃん」を待つ事にしました。
一口飲み皿にカップを置いた時に私の居るテーブルの前に立つ人の気配がしたので上を見ると.....
そこにはさっき入って来たエイリアンが立って居ました。
エイリアン 「あの〜▽△さんですか〜ぁ?」
その獣の様なエイリアンが見た目と正反対の声で話し始めました。
私 「は、はぃ」

>>違いますって言えばよかったのに(ワラ

>>怖くて言えませんでした。
もし、あなたの目の前に野生のライオンとか虎が現れ吠えられたらすぐ動けますか?
本当に怖かったんです。
続きをもうちょいで上げますんで、もう少しおつきあいしてください。

ドスン!という音と共にそいつは私の前に座りました。
速攻で断って急いで帰って霊能者を呼んで御祓いしてもらおう!
近くで見るそいつは、顔に吹き出物だらけ、細くたれた目、横幅のある鼻、分厚い唇、耳には直径1cmくらいの穴に鎖、話すと青黒い歯茎を見せながら毒ガスの様な息を吐きながら話ます。
獣 「初めましてぇ〜なつみでぇ〜すぅ。わたしぃ〜前はピンサロに勤めててぇ〜フェラとかわぁ〜超自信有りでぇ〜」
電話の時より大きな声でそいつは吠え始めました。
周りの客も「ピンサロ」「フェラ」に反応してこっちを一度は見ますが 獣の姿が視界に入るとすぐに目をそむけていました。
私 「あのね、なつみさん」
私の店のNo.1の子と同じ名前(源氏名)なのに何でこんなに....
なつみって言ったら「なっち」とか可愛い子しか名乗っちゃいけないはずなのに...
獣 「もうちょい早く来ようと思ってたんですけど〜近くでナンパされててちょっと遅くなっちゃった〜」
私に話す隙を与えずに獣は吠え続けます。
来る途中でMIBに捕獲されそうになったんだろ....
私 「もう少し小さな声で話してもr」
獣 「わたしぃ〜フェラ好きで〜精子口に出されても平気だしぃ〜本番とかもOKで〜 安全日なら〜中出しもOK〜」
どうこの場から逃げようと思っていると 私のテーブルの脇でウエイトレスが獣の邪気で水の入ったコップを持ちながら金縛りに有っていました。
ようやく正気に戻った彼女は(けっこう可愛い)コップを置くと無言で立ち去ろうとしました。
獣が吠えました。
獣 「チョコパと〜バナナジュース2つ〜!」
えっ!ジュース2つ?
ウエイトレスは背を向けたまま小さく「はぃ」と答え走って行きました。

注文した品が来る間も獣は、「珍歩」「万個」「フェラ」等々およそ思いつく全ての淫語を周りに聞こえる様に吠え続けています。
パフェと2つのバナナジュースを前にしながらさらに吠えました。
私も、もう限界でした。
命を捨てて地球の平和のために犠牲になろう!

私 「あのね、あなたは当店では採用できません!」
獣の餌を貪る動きが止まりました。
やった!このチャンスに断って早く帰ろう!
私 「残念だけど(大嘘)今回は、不採用って事で」
そう言いながら伝票を掴みレジへと向かいました。
追ってこない
レジで代金を払い急いで外へ出ました。
もう一度、振り返り店の入り口を見て追っ手を確認し事務所へと急ぎ足で向かいました。
事務所(アパート)は、近くで徒歩で行ける距離です。
帰る途中で出勤してきたNo.1の「なつみちゃん」(超可愛いです)に逢いました。
並んで歩きながらさっきの出来事を話しながら帰りました。

事務所のドアノブに手を掛けたその時でした。
私達の背後からおよそ獣の吠える声とは程遠い可愛い声で
?? 「△▽さぁ〜ん」
なつみちゃん 「誰か呼んでるわよ」
私 「早く中に入って鍵を閉めろ!」
なつみちゃん 「どうしたの?」
私 「いいから早くしろ!」
ドアの中に押し込む様に中に入れ鍵を掛けさせました。
ゼィゼィしながら獣が近寄って来ました!
獣 「食べるの遅くて〜走って来ちゃいました〜ゼィゼィ」
私 「あのね、さっきも言ったとおり当店では、あなたを採用できません」
獣 「なんでぇ〜なつみならぁ〜なんばぁわんにぃ〜なれますよぉ〜」
私 「んな訳ねえだろ!どっからそのキチガイじみた自信がわいてくるんだ!」
とうとう私も切れました。
獣 「だってぇ〜生フェラもOKだしぃ〜本番だってぇ〜生で中出しできるしぃ〜 アナルだったらいつでも中出しでいいんですよぉ〜」
私 「頼むから今日は、帰ってくれ!後で連絡するから」
そう言うとやっと獣は去って行きました。
幸いだったのは 実際の店名と募集の時の店名は変えておいたので 募集広告の店名と電話番号も 翌日すぐに変更しました。
獣に使った携帯もすぐに番号を変更しました。
一件の店で4つの名前を使って営業していたので 一つくらい無くなっても影響ないし 当分は、今のままで募集はしないでいこうと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食後、一人で事務所に戻りコーヒーを飲みながらタバコに手を伸ばした時でした。
携帯電話に着信、番号通知です。
誰だろう?
私 「はい、もしもし」
? 「もしもしぃ〜デリヘル○○さんですかぁ〜」
あれっ?何か聞き覚えの有る声だけど誰だっけ?
まあいいや

私 「はい、そうです。」
? 「そちらってぇ〜女の子の募集とかってしてますかぁ〜?」
私 「えぇ」
ちょっと背中に悪寒が走りました。
でも、普段通りの質問をして名前とかも聞きました。
その時、?は「ちえ」と名乗ったのであぁあの時の獣じゃないよな
オカ板に書いたそばからまさかそんな....
?が待ち合わせに選んだのは、獣エイリアンと待ち合わせた喫茶店と同じでした。
ずーっと嫌な予感がしていたので 待ち合わせ場所に行って店に入らずに外で様子を見ながら待っていました。
今回は、相手の携帯の番号も解ってるし ヤバ系なら逢わずに帰ろうと思っていました。
時間になりました。
まだ一人で女性がその店に入った様子は有りません。
その時です。
誰かが背後から私の肩をたたきました。
振り返るとそこには.......
そうです!あの獣の星からやって来た淫乱エイリアンでした。
獣 「あ〜っ!やっぱりぃ〜▽△さんだぁ〜あたしねぇ〜これからデリヘルの面接なのぉ〜あなたのお店じゃあたしのぉ〜一人勝ちになっちゃってぇ〜他の子に悪いしぃ〜やっぱぁ〜稼げるお店の方がいいしぃ〜、じゃばいばいき〜ん」
やっぱりブスの思考回路は独自規格らしく相変わらず自己中のバカ回路です。
そして獣は、あの店へと入って行きました。
それから5分ほど経った時、さっきの子から電話がありました。
?(獣)「お店にぃ〜着いたんですけど〜まだですかぁ〜」
その声は、ほんの5分前に聞いたあの声でした。
「あのね、時間に3分遅れましたよね。不採用です。」
そこまで言って電話を切りました。
もちろん奴の番号はメモリーに入れて着信拒否に設定しました。
もう会わない事を祈ります。

池袋のビジネスホテル

posted by 現実主義 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

策を弄する人

学生時代の話。私のクラスメートにぶっちゃけた話ブサイコちゃんがいました。(私も人のこといえた義理ではないですが・・・)
だけど本人は鏡を見ては
「は〜ぁ(ため息)私も痩せたらマドンナなのに・・・」
とため息まじりでいう程自分の容姿に物凄い自信を持ってました。
その子は少しぽっちゃりしていたので(けしてデブではない)恐らくほんの少し痩せさえすれば男は言い寄って寄ってきて 女からは羨望の眼差しで見られると勘違いしてたのでしょう。

しかし毎年「夏までには痩せるわ!」といっては菓子を食いまくり ちょっと動くだけでも面倒くさがるだらしない性格の為 その夏は来ませんでした。
恐らくこの先も来ることはないでしょう。
(仮に痩せてもお世辞にも「美人、綺麗」どころか「かわいい」ともいい難い容姿なんですけど)
デブスレ向きかと思いましたが 体系よりもその顔のがインパクトがあったのでこちらにかかせていただきます。

仮にAとしますが ここまでならただの「自信過剰のブス」で済むのですが 友人を巻き込んで騒動を起こす事になりました。
私の友人にSちゃんという子がいるのですが その子がダイエットをすると宣言した事が始まりでした。
おっとり優しい感じの子なんですが 体系を気にしていて夏も近い事だしダイエットを決心したみたいでした。女ってそういわれるととついつい「え〜そんな事ないよ!」といってしまいがちですが 私達も例にもれず「Sちゃん今のままでも十分かわいいよ」などといってました(本当に今でいうフカキョンみたいで可愛かった)
が唯一Aだけは「Sちゃんでぶり気味だもんね!私もビキニ着たいし一緒にガンバロ」と。
友人達は失笑してましたが Sちゃんは怒りもせずに「うん、Aちゃん頑張ろう!」

次の日のお弁当の時間 油物を減らし野菜中心のSちゃんのお弁当に対して Aは相変わらずのこってり油中心の肉弁当
飲み物はコーラで横にはお菓子の山が・・・
ダイエットするんじゃなかったの?
そう訪ねた私達に対してAは「あー私にはこれがあるから大丈夫!」
鞄の中からごそごそと怪しい薬を取り出しました。
英語でかいてありよくわからなかったのですが どうやらこの薬を飲むとどんなに食べても太らないらしい。
そんなオイシイ薬があれば 今ごろこの世にデブという二文字は存在しないっつーの!

Sちゃんはその他にもウォーキングやエクササイズをやってたみたいです。
一方Aといえばママ(藁 に頼んで深夜にやってる外国製のダイエットグッズを大量に買いこんでました。
しかし3日も使わずに「これは全然効かない!訴えてやるわ!」と会社にクレームをつけておりました。怖かった・・・
怒り狂った形相で携帯から物凄い剣幕で怒鳴り散らすAは。
(っていうかそういう電話は家でやってくれ)

こんな調子で始めたダイエット。
結果は一目瞭然です。
Sちゃんは見事に痩せて女子からは羨望の眼差しでみられ 男子からは「○○(Sちゃんの苗字)って痩せて可愛くなったよな」とAが理想に描いていた事がSちゃんに起こったんです。
Aにとってみれば当然面白くない話です。
自分が描いていたシンデレラストーリーをSちゃんに取られ恥をかかされたと 自分の怠慢を棚に上げて逆恨みしたんです。
そこからAのSちゃんに対する嫌がらせが始まったんです。

ある日Aが旅行にいった帰りにと皆にお土産を買ってきました。
その地方限定の携帯ストラップだったんですが Sちゃんの分だけありませんでした。
とまどうSちゃんにAは
「あ、Sちゃんにはこれをあげる」
と鞄の中から取り出したのはよくあるお土産のお饅頭(36個入)
「あ・・・ありがとう」
混乱してたSちゃんにAは突然饅頭の袋を破りすて「食べて!」といい、饅頭をSちゃんに突き出したんです。
食べ終わるとまた新しい饅頭を突き出すという感じで ムセて咳をするSちゃんに 次々に早く食べなさいよといわんばかりに饅頭を突き出すA

そんな光景を呆然と見ていた(ごめんねSちゃん!)がハッとして「も・・・もういいでしょ」と私達が止めにはいってもやめません。
Sちゃんの目が真っ赤になって涙がたまっていて・・・キレた私達にいわれてようやくやめたAがいった言葉は
「美味しかったでしょー、うふふ」
そして残った饅頭(28個位?)を5分位で平らげてました。
その時の醜い笑みといったら・・・

それを筆頭に他にも私達の知らないところで他にもSちゃんに手作りのお菓子やら何やらを無理やり上げて目の前で食べさせたり
下校時間バイトがあるSちゃんを無理やりマックやミスドに誘い
大量に買ったポテトやドーナッツを無理やりSちゃんに・・・と 明らかにSちゃんを太らせようと嫌がらせの行為に出てたみたいです。
後から知りましたが(私達には買い物にいくといってた。
友達の危険に気づかなかった自分達や 優しいけれど優柔不断で嫌な事は嫌といえないSちゃんも悪いけれど)
しかしAの嫌がらせはエスカレートしてしていきます。

Sちゃんの下駄箱や机に大量に袋から出したポテトチップスなどのお菓子を詰め込んだり 弁当を捨てて明らかに犯人だとバレバレなのに
「ひどい事する人もいるもんだねぇ・・・」
という不気味なうすら笑いを浮かべて自分の油弁当を差し出し 優しい友人を演じてました(奴は代わりにお菓子を食べてました)
「残さず食べてね」
と二人分はあるであろう弁当をSちゃんに押し付けてました。
そんな事が続いてSちゃんは軽い鬱症になってしまい
↑の出来事を知り激怒した女子全員からAちゃんは村八分に
(嫌がらせとかシカトではなくただ単に相手にされなくなっただけ)
学校を休みがちになったAはSちゃんをますます恨みとんでもない行為に出ました。

テレクラに電話して彼女の携帯電話の番号を流したり いたずら電話に今度は菓子を自宅に送りつけたり・・・確信犯です。
不幸の手紙(今更)なども入っていました。
「痩せてもてめえはブス!
男子はお前とヤりたいだけだ!
女子も陰ではお前を勘違いと笑ってる」みたいな内容でした。
あと「死死死・・・」みたいなのとかを菓子と共に直接ポストにいれてたようです。

彼氏とももめて破滅寸前までいって心がボロボロのSちゃんに
友達なのに今まで気づかなくてごめん!と謝罪し
現場を押さえて彼女を問い詰めました。
奴は反省するどころか
「だってこいつ(S)が悪い、自業自得でしょ、ばーか!史ね!」
と持ってきた手紙と菓子を彼女に投げつけて逃げ帰りました。

あとから聞いた話の中にはSちゃんの彼氏に陰で嘘を吹き込んで横取りしようとしていたとか・・・
その彼氏とはSちゃんが痩せた後に付き合いだしたんですが Aはどうやらその彼氏を結構気に入ってたらしく(けして好きではない)気に入らなかったらしいです。(嫌がらせがエスカレートした時期と重なる)
だから彼氏と揉めてたのか・・・結局二人は別れてしまいました。
その後彼女は逃げるように高校を中退しましたが 今でも時々電話がかかってきます。
勿論受けとり拒否。

その後ちょっとした問題になりました。
友達をそんな風にいうなと怒られました。
私がいってた高校は工業系で 女子が少ないから仲良くしなさい、とも。
Sちゃんにやってた事を私達がやった事になってたりでパニくりました。
勿論否定しましたが 先生達は半信半疑だったみたいです。
(Aはそういう嫌がらせがある雰囲気に耐えられないので中退しますといったらしいです)
でもその後Sちゃんが元気になったのでよしとします!
無事卒業もできましたし結果オーライ(?)

Sちゃん達とは今でも連絡取り合ってます。
一緒に飲みながらあの時の話も笑いながらしてくれるのでこっちも救われます。
彼女今度結婚するみたいでよかったよかった!(自分は・・・鬱だ)

>>私も結婚が決まった途端に、それまで全然仲良くなかったおデブの同僚に ケーキや中華の食べ放題に頻繁に
誘われるようになった…
彼女なりに祝ってくれてるんかなぁ、と能天気に考えてたけど 実は私を太らせて結婚を破談にする作戦だったとあとから他の同僚から聞いたっす。
私の婚約者(いまの夫)のことが好きだったんだけど 前に「デブは好みじゃない」と断られたらしいのね。
自分が努力して痩せようとするんじゃなくて、憎い相手を自分と同じレベルに引きずり下ろそうとするその考えが
イヤだ!

posted by 現実主義 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デブ・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。