2006年12月11日

「SKB」

うちの父のパソコンには「SKB」という名前のディレクトリがあるが、そ
の中身はネットから落としてきた「SuKeBe」な画像のコレクションだ。

紳士のみなさん、そーゆーディレクトリにはどんな名前をつけてますか?

posted by 現実主義 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知能力

MHK取材班はドキュメンタリー番組のため、
深い深いジャングルの奥地に暮らす部族を訪ねた。
「大自然の中で暮らす様子を撮るんだ。でもこの分だと、明日は雨かな」
黒くたちこめた雲を見上げたとき、そばで聞いていた部族の古老が、しわがれ声でつぶやいた。
「明日は・・晴れる・・」

その言葉どおり、翌日は快晴だった。
「驚いたな。絶対雨だと思ったけど」
「じゃあ今日はゆっくり撮りましょうよ。この空だと明日も晴れそうですから」
青く澄んだ空を見上げたとき、また古老がつぶやいた。
「明日は・・嵐・・」

その言葉どおり、翌日はひどい嵐となった。
「あの老人は特殊な能力があるんだろうか」
「きびしい自然の中で暮らすうちに身についたんでしょう」
「我々のように文明に毒された人間とは違うってことか」

そこで取材班は古老にたずねた。
「明日はどんな天気になりますか?」
古老は目を伏せ、黙って首をふった。
「どうしてですか!今まで完璧に予知したのに、どうして!?」
古老は黒く鋭い瞳で、取材班をまっすぐ見据えた。

「ラジオがこわれた」

posted by 現実主義 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しばらく行ってない場所

妻に旅行を提案した。

「うれしいわ、あなた」
「君はどこへ行きたい?」
「そうねえ。しばらく行ってない所へ行きたいわ」

妻をキッチンに連れて行った。

posted by 現実主義 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前の母親と寝てきたぞ

若者がバーで静かに飲んでいると、べろべろに酔っ払ったむさくるしい中年男が近づいて言った。
「教えてやろう。おれは今、お前の母親と寝てきたぞ!へへ」
一瞬ピンとはりつめた空気が漂い、周囲は緊張した。が、若者は酔っ払いの言葉を無視して、静かに飲み続けた。
「無視すんなよお。お前の母親はいい女だ。ベッドですげーテクニックだぜ」
若者はなおも沈黙。
「今日も明日もあさっても、お前の母親のベッドに俺は入ってやるぞ。ヘロヘロになるまで何時間でも…。ああ、たまらんっ」
ついに若者はグラスを乱暴に置いて立ち上がった!

「とーちゃん!うるさいよ!!」
posted by 現実主義 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

女友達

幼なじみがすごーく幸せそうで、あんまり会いたくない。
いい仕事してて、かっこいい彼氏がいて、もともと美人で。
でも昔はその子、彼女にお金かけてもらえなくて、すごい苦労して大学出たんだ。
尊敬してたし好きだったけど、それは彼女が苦労してたからかもしれない。
今は見習いだけどもうすぐ医者。やっと下積みが終わるって言ってる。
私なんか一生下積み以下。
デートで泊まるホテルが高いとこばっかり。
彼女はインターン?でお金がないからって全部彼氏持ち。
どういうところに行ってるのか聞いた私が馬鹿だった。
「私は割り勘でラブホがいいんだけどねー」とか嬉しそうに言うし。
別の友達がエッチはどうとか聞いたら「癖になってる」だって。
お金かけるしか能がない男なんだって思ってたのに、
彼女の誕生日にはおうちで手料理を作って御馳走してくれたんだってさ。
高そうな鞄も指輪もみんな彼氏にもらったに決まってる。
そういうの買う人じゃないから。
一緒にお金ないねーって言ってた頃がなつかしい。
ただ憎ければもう少し楽かもしれないけど。

しかも私、その彼氏を好きになった。当然、相手にもされてない。
あの二人に、会いたくないけど死ぬほど会いたい。
posted by 現実主義 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。