2006年06月25日

ほっといてくれよ。

大都会に住んでいたがド田舎に引っ越して来た。
ド田舎は、確かに空気は綺麗、自給自足の収穫物は新鮮そのもの。
でも人間関係がチョー過密。
ちょっとした顔見知りになると 家の裏口から勝手に上がり込んで、中で勝手にテレビのボリュームをMaxにしてお茶していた時にはたまげた。
そしてやたらと大きい声で大騒ぎだ。
ジモティーな話題と他人の干渉ばかりが話の話題で、聞くに耐えなくなる。
見舞いや法事やお祝い事で、都内のマンション1R〜2Kの1ヶ月分程度の出費がある。
夜になると街灯すら付いていないから、土手から落ちそうで怖くて歩けない。

都会は人間関係とっても希薄。
隣の人の事も良く知らないが当たり前。
干渉されないから住みやすい。
交通、買い物に不便は無い。
夜も煌々と明るい。
ああ・・・戻りたい。

【期間限定!送料無料】Victoria's Secret(ヴィクトリアシークレット)トートバッグ【OUTLET】【smtb-kd】
posted by 現実主義 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎・都会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな仕事にも3年は耐えろ

どんな仕事も「3年」は耐えないといけない、、というのは場合による。
自分よりもレベルの高い人間の中での苦しみは、3年頑張れば自分もそのレベルに近づけるので 大きな成長が見込める。
しかし低レベルな人間と一緒に3年も過ごしてしまうと、どうしても合わせて仕事せざるをえないため、気づかないうちに自分もそのレベルになってしまう。
こんなことは高校生の例を考えてみればすぐにわかるはずだったのだ。
勉強に燃える頭の良い男が進学校でライバルのたくさんいる環境に行って「3年頑張る」のと、
頭の悪い学校の中でアホとプレステやりながら「3年耐える」のとでは 明からに以下略なのだ。

posted by 現実主義 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・企業・学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アタッカーの苦悩

バレーボールで
万年補欠はその忍耐力で社会に出てやっていける。
キャプテンも、人間関係の苦汁を舐めて有能な人になる。
セッターは気の効く人になる
レシーバーは失点でしか評価されない辛さをしっている。
一番世に出たとき苦労するのがアタッカーらしい。
社会に出たらレシーブ、トスで自分の所まで運んでくれるなんて皆無だから

大林素子

posted by 現実主義 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

美人は三日で…

美人は三日で飽きる・醜女は三日で慣れる

>>慣れるより飽きるほうがいい
posted by 現実主義 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

子供にたかる親

■母親がずうずうしいです。
バイトして貯めたお金をブランド品や豪華なランチを食べに行って全部使った…
どうやっておろしたのか知らないけど…
銀行の口座を作る時に母親に作ってもらわなければよかった……
結構貯めたのに使ったときの言い訳は「学校のお金払ったわよ」
問いただしてみると上記のことをしたと言いました…
せっかく十一月にやるバレーボールを見に行こうとチケット代や旅費等を貯めていたんですが。。
かなりショックで眠れません…

>>いいじゃないか、その程度の被害で済んで。
世の中には君の母と同じ様なノリで父親に九百万円抜かれた漫画家も居るんだし。

>>西原理恵子や群ようこ(作家)のオカンもすごいよ。
群の母なんて、勝手に土地と家を娘の金で買っちゃうし、骨董にも手をだしているらしい。
だしてやる娘も娘だ。
でもやっぱり江川には負けるかも
庶民の中で急に金持ちになったら、身内がずうずうしくなるってよりも 内心、今までの過去を身内に売られたくない!って意味もあるようだ・・・(金で身内を縛るって意味)
別に出されて困るような事(過去)なんか無くても 勝手にだされてイメージ壊されたり、創作に支障をきたしたりと問題はあるみたいだよ。
知人も結構メジャーな作家さんだけど、やたら親兄弟にお金使ってるの見て
「優しいんですね、ご家族大切にされて」と、それと無く言うと
「優しいんじゃなくて、イメージ壊さないで代かな?」って、笑って言ってた。
向こうが要求してくる前に、こっちから金漬けにして「切られたら困る」って思わすの
彼女の辛辣かつ、真っ正直な話を聞いてからは 身内が最終的にはずうずうしいけど、案外それは稼いでる側が糸引いてるのかな?
なんて、思ったりもしてる・・・

母親が嫌い

posted by 現実主義 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・親戚・子供・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。