2006年05月25日

オナラおじさんの正体

駅からの帰宅途中、後輩と歩いていました。
すると私達の前を歩いていたおじさんが「ぶっ、ぶー!」とでっかいおならをしました。

私も後輩もくすくす笑っていると、なんとそのおじさんは、私の家に入っていきました…。私の「父」だったのです。

私は他人の振りをするために、近所をもう一周してから自宅に帰りました。

お父さん、近所はやめてよ…。
posted by 現実主義 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

金持ちと貧乏人の差

貧乏な夫婦は旦那が痩せてて女房が太ってる。
逆に金持ちの夫婦は旦那が太ってて女房が痩せてる。

posted by 現実主義 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの現実

父親がアメリカの親戚の家に行ったとき机の上においてあったプレイボーイをぱらぱらと見て
「こんなスタイルのいい女はアメリカのどこに居るのか?」と
そこの主(父の姉の夫)に聞いたら「私も知らない」と言われたらしい
posted by 現実主義 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

恋のライバル撃退法

私の彼氏と同じサークルの先輩(女)が、私という彼女の存在を知っていながら無神経なちょっかいを出してくるので相当頭にきていた時期があった。
平気で二人飲みに誘ったり、宅飲みのあと彼のうちに当たり前のように泊まろうとしたり。
私は当然不愉快。
彼としても困惑するけど、「向こうも恋人がいて、あくまで友達づきあいだし、サークルでの人間関係を考えるとむげにつっぱねるわけにも…」と、強くいえないという状況。

それで我慢して我慢して数ヶ月したころ、先輩は恋人に振られたらしい。
傷心の先輩の行動はますますヒートアップ、
もう昼夜問わず電話かけまくってくるわ
夜通し彼のうちに上がりこんでしゃべるわ。
そしてそれをつっぱねられない彼氏にも腹が立ち結局二人で大喧嘩。

すると、その真っ最中に彼の携帯に先輩からの電話が。
もう我慢の限界だ怒鳴ってやる!と電話をひったくると、彼が
「やめて!気持ちは分かるけど、先輩今ホント傷ついてるから、今怒鳴ったりしたらダメになっちゃう」とブレーキかけてきた。
かといって黙って引き下がるのもプライドが許さなかった私は、何を思ったか受話器に向かって スキャットマンジョンのあの「ピーパッパパラッポッ!パッパッパラッポッ!」ってアレを熱唱。
「ごめんもしもし今チョットいいk うわぁああ!?」とか言って先輩電話切った。
最高に心の中からスカッとさわやかだった。
勝ち誇った笑顔で「はい。怒鳴ってないよ」と電話をつき返すと彼「確かにそうだけど…(´・ω・`)」

コレ以来数回、彼氏と一緒にいるときに先輩から電話がかかってきたら、そのたび電話をひったくってスキャットをうなっていた。
恐れをなしたのか、先輩は彼に絡まなくなった。
私はコレを「ウィットを効かせて恋を守った武勇伝★」と勝ち誇ってその後友人に吹聴しまくった。
今思うとウィット効いてないよ恋守れてないよ彼氏ドンビキだったよ!あぁ〜!
余談だが その後先輩は相談する人も無く、失恋の痛手から立ち直れないまま鬱になってしまい 大学を一年留年した。
コレって私のせい…なんでしょうか…(´・ω・`)

略奪愛

posted by 現実主義 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ターザンのセックス

小さい頃、父の車にいつもポルノ小説が置いてあって、私はそれを父が運転している隙にこっそり読んでいた。
小説のエロシーンの中に、「茂み」という言葉があった。
当時はそれが陰毛だということが分からなかった。
何だろう?と思って、辞典で調べても出てこない。
なので母に「女の人の体の茂みって何?」聞いてみた。
それを聞いた母( ゚д゚ )な顔になって、
「どこで知ったの!」とこってりしぼられた。
で、ある時は父のタンスに隠してあったターザンのセックス特集よんでドキドキしてたら、突然母が帰ってきて ゚ ゚ ( д )、やっぱり怒られた。

ターザンのセックス特集は、性器について、どこがどのぐらい感じやすいかが詳しく書いてあった気がする。
おかげで数年間、ターザンはエロ雑誌だと思ってた。

>>何かの雑誌で「ターザンのセックス」を特集してたんだと思ってた。
どんな野性味溢れるやり方なのか興味津々だったのに。
俺の夢を返せ!

>>木の上でとか水の中でとかワイルドだけど優雅なセクースを
想像してwktkしてたのに…
私の夢も返せ!

>>自分も・・・つかまだターザンっているんだってちょっと感動した

>>結局ターザンのセックスは謎のままか。

仕方ないので住人同士で模索するオフを開催します。
集合:ナナちゃん人形直下
幹事はナナちゃんと同じ服装で待っててください。

posted by 現実主義 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 恥ずかしい体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。